25日午前10時35分ごろ、新潟県村上市蒲萄(ぶどう)の国道7号脇にある車のUターン場所の側溝に、人間の両脚があるのを、車で通りかかった神奈川県の男性会社員(58)が見つけ、110番した。新潟県警は死体遺棄事件として捜査を始めた。

 県警捜査1課によると、両脚はひざ付近で切断されており、側溝に沿って平行に並んでいた。大人のものとみられ、性別は分かっていない。靴下や靴などは身につけていなかった。近くには布で包まれた塊が見つかり、中身を確認している。

 現場は山形県境に近い山の中で、周辺に住宅などはほとんどない。側溝は、冬季の除雪車などがUターンできるよう道路東側に設けられたスペースの一番奥にあり、幅・深さともに30~40センチ。水はほとんど流れていなかった。【畠山哲郎】

【関連ニュース】
鶴見川女性遺体:いかりで沈める 遺棄容疑で捜査
遺体発見:身元不明の女性、袋に入れられ 横浜の鶴見川に
男性遺体:死因は脳の損傷 事故の可能性も…愛知・半田
死体遺棄:草むらに男性遺体 愛知・半田
御殿場女性遺体:元夫の暴力、2月に児相に相談

<タクシー強盗>19歳米兵に懲役3~4年の実刑 那覇地裁(毎日新聞)
<社長殺害>懲役20年破棄、差し戻し 証人尋問却下を批判(毎日新聞)
<サクランボ>4年ぶり豊作 山形県の対策推進協予測(毎日新聞)
「日米合意、全く理解できない」福島党首 困惑の社民党(産経新聞)
<刑務官暴行>革手錠の違法性認め国に賠償命令…名古屋地裁(毎日新聞)
AD