仙台・盛岡でNLP・催眠療法を学び資格を取るブレイントレイン東北

東北・仙台・盛岡で経験豊かな現役カウンセラー・コーチとして活動中の脳と心の学校 ブレイントレイン東北 代表川村幸恵です。
NLP資格講座・催眠療法・コーチング・色彩心理診断士・交流分析などの心の講座と問題解決のお手伝いとしての個人セッションを行っています


テーマ:

いつからこんなことに

ブレイントレイン東北 

アシスタント・色彩心理診断士の大友です

 

・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。・゜・☆

なぜか元気がなかった祖母
 
胸のうちを話してくれて
「もっと顔を見せます」
というところで
前回、終わりました
 
その後、おかげさまで
ばあちゃんは元気です。
↓日課の散歩中↓
この日は近所のお友達と。
 
IMG_20170422_090400193.jpg
 
今回のことで
気づいたことが一つ…
 
家族の会話が
噛み合っていない
ということ
 
どうしてこんなに
噛み合わないのか
 
みんな
家のどこかにいる
相手に対して
「ばあちゃーん、お湯沸いたよー」
「お父さーん、ご飯できたよー」
「お母さーん、ちょっと来てー」
 
\その場から叫びます/
 
両親も歳を重ね
なるべく最小限の動きで
済ませようとします
それも
一つの手段だと思いますが
 
耳が遠い祖母に対しては
何度も呼んでいるうちに
口調は強めになります
 
「ば あ ち ゃ ん っ て ば !!」
祖母が気づく頃には
怒鳴っているような
大きな声
 
祖母からすると
「いつも怒っている家族」
 
両親からすると
「呼んでも気づいてくれない祖母」
 
噛み合わない
原因のひとつは
目を見て話していない
からじゃないかと思いました
 
聞き手は最初の名前を
聞き逃したら
誰に対して言ってるのか
分かりません

家族だからコミュニケーションが
取れていて当たり前って
少し思っていました。
 
家族だからこそ
ちゃんと目を見て話そうって
私も気づかされました。
 
相手の目を見るって
「私はあなたと話がしたい」って
コミュニケーションの
第一段階なんですね。
 

二人合わせて178歳

5分歩いて、10分休憩。

元気の秘訣は笑うこと・歩くこと

いつも二人でゲラゲラ笑います

 

☆。・゜。・。・゜・☆

 

ブレイントレイン東北のホームページがリニューアルしました

 

 

 

 


記事が少しでも参考になりましたら下の画像をクリックして応援してもらえたら嬉しいです。
にほんブログ村 健康ブログ NLPへ にほんブログ村 健康ブログ ヒプノセラピーへ
にほんブログ村     にほんブログ村

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

気を使う子ども 気を使わせる大人

ブレイントレイン東北 

アシスタント・色彩心理診断士の大友です

 

 

・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。・゜・☆

 

【登場人物】
⚫小3 男の子
⚫おじいちゃん
⚫お母さん

おじいちゃんは孫が
可愛くて♪ 可愛くて♪ 可愛くて♪

「いっぱい食べろよ~照れ
あれも、これも男の子の前に
お菓子をどんどん並べます

そこへ、席を外していた
お母さんが戻ってきて

「もうっプンプン何やってんの!?
ご飯の前にお菓子に食べてムカムカ

「食べろ」という祖父
「食べるな」という母

どちらの大人の言うことを
聞いたらいいのか

男の子、ただただ苦笑い
そりゃそうなりますよね

とても優しい子なので
みんなの要望に応えようとして
いつも悩む子なんです

【A】か【B】か
大人でも二択を迫られて
悩むことはあります

悩んでいる最中は見落としがちですが
A B C D E F G ....

実は、選択肢は何通りもあります
 

   食べる
   食べない
▶️食後に食べる

という選択もアリですよね

 


その前に男の子は
そのお菓子
本当に食べたかったのかな
 
「子どもはお菓子が好き」は
大人の思い込みかもしれない
 
「優しい子だから
みんなの要望に応えようと」
というのも
私の思い込みかもしれない
 
お母さんは言います
「自分がどうしたいのか
ハッキリ言いなさい」
 
言えない男の子が悪いのではなく
言えない環境を作ったのは大人の方
 
本当の事、言ったら悪いな
子どもに気をつかわせて
いただけかもしれない
 
子どもの目線に立つ
勉強しなくちゃいけないのは
大人の方なのかもしれませんね

 

☆。・゜。・。・゜・☆

 

ブレイントレイン東北のホームページがリニューアルしました

 

 

 

 


記事が少しでも参考になりましたら下の画像をクリックして応援してもらえたら嬉しいです。
にほんブログ村 健康ブログ NLPへ にほんブログ村 健康ブログ ヒプノセラピーへ
にほんブログ村     にほんブログ村

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

こっちのものです


ブレイントレイン東北 
アシスタント・色彩心理診断士の大友です

 


 
・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。・゜・☆

 

あの人が言ってくれないから

この人が○○してくれないから

 

お金がないから

時間がないから

 

あれがないから

これがないから

 

【ないから】の後に続くのは

(できない)

(分からない)

 

こうなると

思考停止

行動力ゼロ
あの人のせい
あの人が悪い
イライラ

 

ところが

 

そこまで理由が

分かったんですから

あと少し
こっちのものです

 

あの人が言ってくれないなら

この人が○○してくれないなら

 

お金がないなら

時間がないなら

 

あれがないなら

これがないなら

 

ないなら

と言い換えるてみると

「こうしてみよう」

 

自分が次にとる行動や

新しいアイデアが

見えてくるかもしれません

 

 

そう思ったのは

今日の占いで最下位だった日

最下位だった

朝からツイてない

と朝からグチをこぼしていたら

 

どうせ

ツイてないなら

好きなようにやろう
って私なら思うけどね

 

と、サラ~っと言った方がいて
 

そんな風にプラスに考えられたら

気持ちも行動も

1日の過ごし方も

きっと違ってくるだろうなと思い

真似をしています。

 

人のせいにしてしまったり

マイナス思考な時は特に

プラスに考える練習の時です。


☆。・゜。・。・゜・☆

 

ブレイントレイン東北のホームページがリニューアルしました



 

 
◆川村幸恵 心理学講座・個人セッションお問い合わせ、申し込みはコチラ

 

 

 

 


記事が少しでも参考になりましたら下の画像をクリックして応援してもらえたら嬉しいです。
にほんブログ村 健康ブログ NLPへ にほんブログ村 健康ブログ ヒプノセラピーへ
にほんブログ村     にほんブログ村

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

どうして本当だと思ったの?


ブレイントレイン東北 
アシスタント・色彩心理診断士の大友です

 


 
・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。・゜・☆

 

ーーーーーーーーーー
旦那と大喧嘩したので
今、息子と二人で
ディズニーランドに
家出中
ーーーーーーーーーー

 

エイプリルフールに

毎年メールで嘘をついてくる

友人がおりまして

 

上記の内容も

いつかの

エイプリルフールに
送られてきた
嘘メールです。

 

本気で驚きましたし

本気で心配しました

 

喧嘩の原因は何?

大丈夫?

いつ帰ってくるの?
お土産いらないよ
と返信しますと

 

ーーーーーーーーーーー

エイプリルフールだよー

まさか本気にした?
ーーーーーーーーーーー
や  ら  れ  たもやもや

 

悔しいけど

嘘で良かった

 

嘘で良かったけど

コノヤロー

 

彼女から言わせると

「考えたら分かるでしょ?」

 

考えた結果が

旦那さんと大喧嘩
家出
ディズニーランド
あり得る
やりかねない

 

という答えに

たどり着いたから

心配したのよ

 

コミュニケーションをとる時

言葉は全体の7%

でしかないそうです

 

残りは

言葉以外の情報で

例えば
声のトーンとか
相手の表情などを見て
「楽しい」「悲しい」
「怒っている」などと
判断しているそうです

 

楽しい話をしている人が

眉間にシワを寄せ

難しい顔をしていたら

 

聞いている方は

「楽しかったのよね?」

と、混乱しますよね

 

メールでの場合

声のトーンや

相手の表情は
絵文字を使っても
伝わりにくいので

 

エイプリルフールは
対面で

分かりやすく

相手も自分も
笑える嘘をついてください

 

分かりにくい嘘は

寿命縮むから

ホントにやめて
 


 

エイプリルフールに
嘘メールが届くと

もうそんな季節か…

と風物詩として
受け止めている自分がおりますが
 
言葉は全体の7%
と彼女に説明するのも
風物詩となりつつあります
 

☆。・゜。・。・゜・☆
 

ブレイントレイン東北のホームページがリニューアルしました





 
◆川村幸恵 心理学講座・個人セッションお問い合わせ、申し込みはコチラ

 

 

 

 


記事が少しでも参考になりましたら下の画像をクリックして応援してもらえたら嬉しいです。
にほんブログ村 健康ブログ NLPへ にほんブログ村 健康ブログ ヒプノセラピーへ
にほんブログ村     にほんブログ村

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

普通のお話です


ブレイントレイン東北 
アシスタント・色彩心理診断士の大友です

 


 
・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。・゜・☆

 

「みんなで来たよ」

「お花キレイでしょ」

「今日は暖かいね」

 

友人はご先祖様に

話し掛けながら

お墓参りをする
家庭で育ちました。

 

その友人が結婚し

旦那さんと初めて

お墓参りに行った時

 

もちろん

いつも通り

お墓に話し掛けます
 
「はじめまして○○と申します
よろしくお願いいたします」

 

「怖いんですけど・・

と旦那さんに言われ

 

初めて

黙ってお墓参りをする

家庭があることを
知ったそうです。

 

話し掛けるのが普通の家庭と

 

心の中で話し掛けるのが

普通の家庭と

 

どちらが

良いとか正しい

ではなくて

 

どちらも

それが普通で育った

ということです。
 

 

よく使う言葉ですが

普通って何なんでしょうね

 

「普通」になりたいと言う人もいれば
 
「普通」は嫌だと言う人もいる
 
「普通じゃない」と言われると

不安になる人もいれば

 

「普通じゃない」と言われて

喜ぶ人もいる

 
自分の事を
「私は普通です」と
言う人の中には
相当変わっている人もいて
 
自分の事を
「俺は変わり者だ」って
言う人の中には
びっくりするくらい
普通の人もいたり
 
一般的な普通の定義はなく
個人の捉え方、感じ方が
創り上げたものが
「普通」
なのかな・・・?
 
よく使うけど
普遍的過ぎて
正体不明です。

 

「普通は こうだよ!」と

自分の普通を

相手に押し付けて
イライラぐらいするなら

 

捕まえたポケモンを

見せ合うみたいに

 

「私の普通これー」

「何それー面白い」

「じゃ私の普通見て見て」
「凄ーい、ウケるー」

ぐらいでいいんじゃないかと

最近思います。

 
だって
正体不明なんですもん
自分と違う普通
面白がった方が
楽しそうじゃないですか
 
☆。・゜。・。・゜・☆
 

ブレイントレイン東北のホームページがリニューアルしました




 

 
◆川村幸恵 心理学講座 お問い合わせ、申し込みはコチラ

 

 

 

 


記事が少しでも参考になりましたら下の画像をクリックして応援してもらえたら嬉しいです。
にほんブログ村 健康ブログ NLPへ にほんブログ村 健康ブログ ヒプノセラピーへ
にほんブログ村     にほんブログ村

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)