えひめの NC750X と XR125L

バイクとキャンプと釣り


テーマ:

前回作ったアルコールストーブは、副室加圧式といって 


 

センターのアルコールが燃えて、その熱でアルコールが沸いて


 

副室で気化したガスが、ジェット孔から噴出する。という仕組みでした。


 

 


 

図で書くと、こんな感じになります。


 

(仮称)えひめの大爆釣のきろく。。。
 


 

このタイプのものは、まだまだ火力の制御方法が分からずに、


 

何を作っても、結局同じような火力になってしまいます。 


 

 


 

そこで、今度は単室加圧式というものを作ってみようと思います。


 

 


 

図で書くと、こんな感じです。


 

(仮称)えひめの大爆釣のきろく。。。


 


これだと、無駄に火力が強くなりすぎずに、


 

燃焼時間が長くなるのではないか?と考えたのです。


 

 


 他の方のブログを見ると、センターに蝶ボルトを刺して、熱伝導により 

アルコールの温度が下がらないように工夫している方がいました。


 

また、より熱が回りやすいように


スチールウールを入れていましたので参考にしました。


 

 


 

 


 

しかし、プレヒートの方法は人それぞれで、他の皿で加熱したり


 

真ん中のくぼみにアルコールを溜めて燃やしたり、いろいろありました。


 

 


 

(仮称)えひめの大爆釣のきろく。。。
 


 

 


 

実際に作ってみます。


 

途中までは、前回と同じです。


 

 


 

オレは、缶の底を逆向きにして、回りの溝でプレヒートさせる方法にしました。


 

また、底部分が平らな缶を用意しました。


このほうが容量が大きくなるからです。


 

 


 

また、内部アルコールの加熱用熱伝導には、


より熱伝導率の高い、アルミの針金を使いました。


 

 


 

(仮称)えひめの大爆釣のきろく。。。
 


組み立てるとこうなります。 

 


 

 


 

この、内側の外周にアルコールを注ぐと、中にアルコールが入っていきます。


 

溝の部分にもアルコールを溜めて置きます。プレヒート用のアルコールです。


 

 


 

満タンに入れると。50cc入りました。


 

容量は、缶の切る高さを調整するだけなので簡単です。


 

(仮称)えひめの大爆釣のきろく。。。
 


 

 


 

 


 

こんな感じで、プレヒートさせます。 


 

その熱で、中のアルコールが沸騰して、


ガス化したアルコールがジェット孔から噴出します。


 

 


 

(仮称)えひめの大爆釣のきろく。。。
 


 

 


 

 



思惑通り、うまくいきました。

ジェット孔からガスが噴出し、本燃焼になりました。


 

 


 

 


 

(仮称)えひめの大爆釣のきろく。。。
 


 

この後、アルミコッヘルを乗せてみました。


 

300ccの水が5分で沸騰しました。


 

 


 

ちょっと火力が弱すぎたかな?


 

まあ、弱い火力にしたかったので予定通りではありますね。


 

もうちょっと工夫してみます。


 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。