えひめの NC750X と XR125L

バイクとキャンプと釣り


テーマ:

2015.12.30

2015年の走り納めといっても、とくに行きたいって場所もないので
朝からのんびり、だらだらと準備します。
キャンプ道具をバイクに積み込んで、昼前に出発。

さて、いよいよ、ラスト2日のかめやうどん。
行っとかないとな。
開店15分前に並ぶと、すでに80人以上並んでました。
開店しても座れず、2回転してやっと座れました。

注文はいつもの、肉うどんと、いなりと、おでん2本。
座るまでに、1時間半も待ちましたが、食べるのは5分でした。
最後の別れを、味わって、噛み締めて食べました。
おじさんも、一人一人にレジでお礼を言っていました。
お世話になりました。寂しくなるなー

その後、実家でコーヒーを飲んで、ふと時計を見ると
14:00
やべー、下道で行くつもりだったのに、高速に変更。

目的地は、高知のうどん屋さん。また、うどん。
そして、お楽しみは「温泉」
途中、キャンプで一泊の予定。

最初の休憩ポイントは、鬼北町の「道の駅 森の三角ぼうし」
のんびり寄り道ばかりしていたら、17:00になってました。


前は、こんなのなかったな・・・リアルすぎて、怖いでしょ!

ほどなくして、高知県入り。


17:30
キャンプ場着。
「四万十ひろば」にしました。
何故かって、そりゃ近くに温泉があるからです。
受付で、料金350円を払って、使用説明をしてくれた時に
周辺の情報もいただけました。親切丁寧な対応で感じよかったです。

情報によると、すぐ近所にスーパーが2件。温泉が2件。
でも、温泉のうちの1件は、年末でお休みとのこと。
スーパーは閉店が19:00と、かなり早いので、要注意と。

すぐに設営して、スーパーが締まらないうちに買い物して、簡単な食事を済ませました。


お楽しみの温泉は、ホテル「星羅四万十」
キャンプ場から、バイクで3分で行けます。歩いても10分以内でしょう。

料金は、800円と少しお高いですが、非常に清潔感があって、
フロントの方の対応もよかったです。

タオルは、1枚もらえるシステムのようです。
シャンプー、リンス、石鹸、カミソリ、ヘアブラシ、など一式揃っています。
脱衣所にもタオルが用意されていますので、持参しなくても大丈夫です。
サービスを考えると、800円は高くないと思いました。

ゆっくりと温泉に浸かって出ると・・・もう21:00。
テントに戻って、座っていたら、いつの間にか寝入ってましたが、寒くておきました。
そして、トイレに行って、寝袋に入ってちゃんと寝ました。

2015.12.31
6:00起床。
朝食は、パンとコーヒー。
寒い中トイレに出てみると。

気温1度
霜が降りて、シートもバイクも、カチカチになってました。

明るくなってきたので、薪拾いがてら、付近を散策してみました。
キャンプ場レポートです。

↑奥の方のサイト
川沿いのサイトなので、狭いですが、かなりの距離があります。
全面芝生敷で、寝心地は抜群です。
基本的に、車の乗り入れはできませんので、オートキャンプはできません。

所々に、焚き火のカマドがあります。
といっても、7箇所くらいしかなかったかな。
シーズン中でも予約はできないそうですので、早い者勝ちになると思います。


きれいに掃除されているので、燃やせるような木などは、ほとんど落ちていません。
焚き火がしたい人は、持参するか、受付で買ったほうがいいようです。



目の前には、最後の清流と言われる「四万十川」が流れています。
夜間は橋の街灯が点いているので、夜中でも真っ暗になることはありません。
トイレに行く時などに安心です。



↑メインサイト全景。

こっちのほうが、メインサイトというか、広くて、駐車場に近いです。
ファミリーには、こっちのほうが使いやすいと思います。
ほかに遊具もあったり、テニスコート、ゲートボール場もあります。


テントサイトの一段上に、トイレと、予約制のバンガローとBBQ場があります。
水場は橋の下にあります。

ゴミ箱も設置されていますが、有料です。
ゴミ袋を買うとゴミを捨てられるシステムです。


↑受付は、「カヌー館」です。
カヌースクールがメインのようです。
夏は、ファミリーでいっぱいでしょうね。


近所にスーパーが2件もあります。
どちらもバイクで3分以内で行けます。
ただ、閉店が19:00とかなり早いので、要注意です。
他にも、お食事処、居酒屋、焼肉屋などもあり、手抜きしたい人には便利です。


カヌー館の施設では、薪や炭も販売しているそうです。
シャワーもあるし、コインランドリーや、自動販売機もありますので、非常に便利。
付近には、ほかに無料キャンプ場もたくさんあるので、ここがいっぱいでも案内してくれるそうです。
バイクの場合は、シーズン中でも場所取りに困ることはないと思います。
以上、キャンプ場「四万十ひろば」のレポートでした。

チェックアウトの時間もないというので、余裕かまして
テントを乾かしたり、バイクの霜を溶かしたり、焚き火をして遊んだり
あんまりのんびりしていたら、出発が10:30過ぎてしまいました。


慌てて撤収。
国道441、四万十川沿いを下流に向かって走ります。

雄大な四万十川の景色と、大自然を楽しみながら。

1時間走って、到着しました。
「いろりや」さんです。


水曜どうでしょう。で大泉さんが大絶賛し、どうしても行きたいと言っていたうどん屋さんです。
11:00開店に来たかったのだけど、11:30になってしまいました。
座れるのか不安でしたが、あれ??意外と空いてましたね。
席も半分以上空いてました。焦らなくてよかったみたいです。

6いろり屋2.JPG

メニューは、温かいうどんと、冷たいうどんがあります。
ほかの席の人がみんな注文していて、人気メニューのようなので
土佐ジローの鍋焼きうどんを注文しました。

IMG_20160101_143430530.jpg
讃岐うどんに近い食感で、非常にコシがあり、少し太めでしっかりとしたうどんです。
具材は、土佐ジローの鶏肉・有精卵・海老の天ぷら・しいたけ・しめじなど
特筆するべきは、お出汁の味。
うどんの出汁にしては、非常に濃厚で深みがあり、しかし、さっぱりとしていて美味い。
ゆずの香りが、ほんのりと香る。
ゆずが一番大嫌いなオレでも、飲み干してしまうほど、美味しかったです。

帰りに、奮発してお土産も買い込んでしまいました。
たまごかけご飯用特製醤油、四万十海苔、半生うどん、

さて、あとは帰るだけですが
遠回りだけど、檮原まわりで帰ることにしました。

途中の道の駅で、5000km達成しました。
ちょうど半年で、ちょうど5000です。
6帰路1.JPG

目に見えてちびるなどと、酷評されているタイヤですが
オレのは、そんなことはないと思います。
明らかに、1万kmは大丈夫そうです。
走り方によるんでしょうかね。


6帰路2.JPG
檮原の道の駅・雲の上のホテルで、トイレ休憩。
パラパラと、小雨が降り始めました。

小雨の中、頑張って「地芳峠」を越えて、美川を越えて
久万高原町の町に入ったくらいで、本降りの大雨。
6帰路3.JPG
たまらず、コンビニで雨宿り。
1時間ほど暇つぶしして、小雨になるのを待って、無事に帰りました。

走行距離・約400km(1日目:150km・2日目:250km)
燃費・29.1km

長距離なのに、30行かなかった。
荷物が満載だと、燃費が急に落ちるな。
高速での追い越しも、ちょっと物足りない感じがした。

20160102_080456.jpg
かめやうどんさん、長い間お疲れ様でした。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

yuziさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。