えひめの NC750X と XR125L

バイクとキャンプと釣り


テーマ:

2015.12.30

2015年の走り納めといっても、とくに行きたいって場所もないので
朝からのんびり、だらだらと準備します。
キャンプ道具をバイクに積み込んで、昼前に出発。

さて、いよいよ、ラスト2日のかめやうどん。
行っとかないとな。
開店15分前に並ぶと、すでに80人以上並んでました。
開店しても座れず、2回転してやっと座れました。

注文はいつもの、肉うどんと、いなりと、おでん2本。
座るまでに、1時間半も待ちましたが、食べるのは5分でした。
最後の別れを、味わって、噛み締めて食べました。
おじさんも、一人一人にレジでお礼を言っていました。
お世話になりました。寂しくなるなー

その後、実家でコーヒーを飲んで、ふと時計を見ると
14:00
やべー、下道で行くつもりだったのに、高速に変更。

目的地は、高知のうどん屋さん。また、うどん。
そして、お楽しみは「温泉」
途中、キャンプで一泊の予定。

最初の休憩ポイントは、鬼北町の「道の駅 森の三角ぼうし」
のんびり寄り道ばかりしていたら、17:00になってました。


前は、こんなのなかったな・・・リアルすぎて、怖いでしょ!

ほどなくして、高知県入り。


17:30
キャンプ場着。
「四万十ひろば」にしました。
何故かって、そりゃ近くに温泉があるからです。
受付で、料金350円を払って、使用説明をしてくれた時に
周辺の情報もいただけました。親切丁寧な対応で感じよかったです。

情報によると、すぐ近所にスーパーが2件。温泉が2件。
でも、温泉のうちの1件は、年末でお休みとのこと。
スーパーは閉店が19:00と、かなり早いので、要注意と。

すぐに設営して、スーパーが締まらないうちに買い物して、簡単な食事を済ませました。


お楽しみの温泉は、ホテル「星羅四万十」
キャンプ場から、バイクで3分で行けます。歩いても10分以内でしょう。

料金は、800円と少しお高いですが、非常に清潔感があって、
フロントの方の対応もよかったです。

タオルは、1枚もらえるシステムのようです。
シャンプー、リンス、石鹸、カミソリ、ヘアブラシ、など一式揃っています。
脱衣所にもタオルが用意されていますので、持参しなくても大丈夫です。
サービスを考えると、800円は高くないと思いました。

ゆっくりと温泉に浸かって出ると・・・もう21:00。
テントに戻って、座っていたら、いつの間にか寝入ってましたが、寒くておきました。
そして、トイレに行って、寝袋に入ってちゃんと寝ました。

2015.12.31
6:00起床。
朝食は、パンとコーヒー。
寒い中トイレに出てみると。

気温1度
霜が降りて、シートもバイクも、カチカチになってました。

明るくなってきたので、薪拾いがてら、付近を散策してみました。
キャンプ場レポートです。

↑奥の方のサイト
川沿いのサイトなので、狭いですが、かなりの距離があります。
全面芝生敷で、寝心地は抜群です。
基本的に、車の乗り入れはできませんので、オートキャンプはできません。

所々に、焚き火のカマドがあります。
といっても、7箇所くらいしかなかったかな。
シーズン中でも予約はできないそうですので、早い者勝ちになると思います。


きれいに掃除されているので、燃やせるような木などは、ほとんど落ちていません。
焚き火がしたい人は、持参するか、受付で買ったほうがいいようです。



目の前には、最後の清流と言われる「四万十川」が流れています。
夜間は橋の街灯が点いているので、夜中でも真っ暗になることはありません。
トイレに行く時などに安心です。



↑メインサイト全景。

こっちのほうが、メインサイトというか、広くて、駐車場に近いです。
ファミリーには、こっちのほうが使いやすいと思います。
ほかに遊具もあったり、テニスコート、ゲートボール場もあります。


テントサイトの一段上に、トイレと、予約制のバンガローとBBQ場があります。
水場は橋の下にあります。

ゴミ箱も設置されていますが、有料です。
ゴミ袋を買うとゴミを捨てられるシステムです。


↑受付は、「カヌー館」です。
カヌースクールがメインのようです。
夏は、ファミリーでいっぱいでしょうね。


近所にスーパーが2件もあります。
どちらもバイクで3分以内で行けます。
ただ、閉店が19:00とかなり早いので、要注意です。
他にも、お食事処、居酒屋、焼肉屋などもあり、手抜きしたい人には便利です。


カヌー館の施設では、薪や炭も販売しているそうです。
シャワーもあるし、コインランドリーや、自動販売機もありますので、非常に便利。
付近には、ほかに無料キャンプ場もたくさんあるので、ここがいっぱいでも案内してくれるそうです。
バイクの場合は、シーズン中でも場所取りに困ることはないと思います。
以上、キャンプ場「四万十ひろば」のレポートでした。

チェックアウトの時間もないというので、余裕かまして
テントを乾かしたり、バイクの霜を溶かしたり、焚き火をして遊んだり
あんまりのんびりしていたら、出発が10:30過ぎてしまいました。


慌てて撤収。
国道441、四万十川沿いを下流に向かって走ります。

雄大な四万十川の景色と、大自然を楽しみながら。

1時間走って、到着しました。
「いろりや」さんです。


水曜どうでしょう。で大泉さんが大絶賛し、どうしても行きたいと言っていたうどん屋さんです。
11:00開店に来たかったのだけど、11:30になってしまいました。
座れるのか不安でしたが、あれ??意外と空いてましたね。
席も半分以上空いてました。焦らなくてよかったみたいです。

6いろり屋2.JPG

メニューは、温かいうどんと、冷たいうどんがあります。
ほかの席の人がみんな注文していて、人気メニューのようなので
土佐ジローの鍋焼きうどんを注文しました。

IMG_20160101_143430530.jpg
讃岐うどんに近い食感で、非常にコシがあり、少し太めでしっかりとしたうどんです。
具材は、土佐ジローの鶏肉・有精卵・海老の天ぷら・しいたけ・しめじなど
特筆するべきは、お出汁の味。
うどんの出汁にしては、非常に濃厚で深みがあり、しかし、さっぱりとしていて美味い。
ゆずの香りが、ほんのりと香る。
ゆずが一番大嫌いなオレでも、飲み干してしまうほど、美味しかったです。

帰りに、奮発してお土産も買い込んでしまいました。
たまごかけご飯用特製醤油、四万十海苔、半生うどん、

さて、あとは帰るだけですが
遠回りだけど、檮原まわりで帰ることにしました。

途中の道の駅で、5000km達成しました。
ちょうど半年で、ちょうど5000です。
6帰路1.JPG

目に見えてちびるなどと、酷評されているタイヤですが
オレのは、そんなことはないと思います。
明らかに、1万kmは大丈夫そうです。
走り方によるんでしょうかね。


6帰路2.JPG
檮原の道の駅・雲の上のホテルで、トイレ休憩。
パラパラと、小雨が降り始めました。

小雨の中、頑張って「地芳峠」を越えて、美川を越えて
久万高原町の町に入ったくらいで、本降りの大雨。
6帰路3.JPG
たまらず、コンビニで雨宿り。
1時間ほど暇つぶしして、小雨になるのを待って、無事に帰りました。

走行距離・約400km(1日目:150km・2日目:250km)
燃費・29.1km

長距離なのに、30行かなかった。
荷物が満載だと、燃費が急に落ちるな。
高速での追い越しも、ちょっと物足りない感じがした。

20160102_080456.jpg
かめやうどんさん、長い間お疲れ様でした。

AD
いいね!(25)  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
今年は、冬とは思えないくらい暖かいですね。
日中は、15度くらいあったと思います。



天気がいいので、洗車しました。今年最後の洗車。
箱類も、外して洗って。
チェーンも洗浄・注油。

これで、気持ちよく走り納めができそうです!


実家に行くと
母親から、衝撃の事実を聞かされました・・・


オレが物心着いた時からお世話になっている
「かめや」さんが、年内いっぱいで閉店だというのです。

おそらく、松山の人間なら、誰でも一度は食べたことのあるうどん。
甘い甘い出汁に、ふにゃふにゃで、一切コシのない柔らかいうどん。
讃岐うどんの対極の「うどん」ですが、松山の人々に愛され続けて38年。
松山でうどんと言えば、かめやさんです。

家が近所で、娘さんと幼稚園からの幼馴染だったこともあり
ガキの頃は、毎日のように遊びに行って、ご馳走になってました。

あの頃の、オヤジさんと、おばちゃんは、とても若々しくて
美味しいうどんを作ってくれる、憧れの存在でありました。

あれから、38年。
ご主人の年齢的・体力的な限界だということで、
閉店の決断をされたそうです。
仕方のないことですが、非常に残念です。
オレが無職なら、跡を継ぎたいくらいです。

11:35
開店10分前に行きましたが、すでに40人以上並んでました。

開店と同時に入店
店内に席を探しますが、既に満席。
20分ほど待って、ようやく座れました。

注文は、定番の肉うどんと、おいなりさん。



うどんを待ってる間は、もちろん、おでん。
1本70円は、今時安すぎでしょう。
売れすぎて味がしみてませんでしたが、懐かしい味でした。



これですよ。
かめやといえば、肉うどんです。

甘い出汁に、甘い肉、柔らかいうどん。
オレの原風景ともいえる、お出汁の香りです。
癒されます。

年内いっぱいってことなので、あと何回か行こうと思います。
AD
いいね!(19)  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
2015.12.19

四国は、山間部以外は、滅多に雪が積もらないので
ライダーは一年中楽しめるいいところだと思います。

ここ数日は、冬らしい寒さがやってきたように思えますが
それでも、朝は0度、昼間は10度超えますので
まだまだ冬本番とは言えませんね。

いつものように、朝からのんびり
暖かくなってから、ゴソゴソと用意します。

10:30
特に目的もないので、昼飯を食いに
ひばり食堂を目指し出発

松山から小松までは、高速移動
真冬の格好だと、汗をかくくらいの陽気でした。

12:00
寒風山を抜けて、高知県の道の駅「木の香」で、最初の休憩。


そこから、早明浦ダムの上流に沿って
川沿いの曲がりくねった道を、楽しみながらのんびりと行きます。



景色を楽しみながら、ゆっくりと。



夏に飛び込むのにいい場所を発見。



大川村の役場が、めっちゃ綺麗になっててびっくりしました。



早明浦ダムの最上流部分です。バス釣りで有名です。
最近は、会員制で、金を取るようになり行かなくなりました。

3時間かけてやっと、到着しました。
ひばり食堂


いろんな人のブログで、やたらに見かけるので
どんなもんだろうと、一度来てみたかったのです。

13:30
中に入ってみると、かなり席数が少なくて、驚きました。
昼過ぎとはいえ、数人の方が待っておられましたが
一人だったので、知らないおじさんと相席で、すぐに座れました。

メニューはいろいろあって、どれも食べたいんだけど
悩んだ結果、名物の「カツ丼」にしました。


これは確かに、うまいですね。有名なのも納得です。

お肉屋さんがやってるお店ってのもあるのでしょうか。
普通は、肉が先になくなって、ご飯が余りますが
逆に、ご飯が先になくなるくらい、お肉がめっちゃ多いです。
量もそこそこ多いので、かなり満腹になりました。

飯を食ったあとは、俺が世界一尊敬する歌手
「美空ひばり」さんが願をかけに来たという
日本一の大杉を見に行きたいと思います。

食堂から近くて、10分くらいで行けます。



専用の駐車場があります。
見物料は200円、料金所で支払うと
料金所の方が親切に案内してくれて、パンフレットも頂けました。



「杉の大杉」
樹齢、3000年
幹周り20mと、16.5mの巨大な杉が、2本並んでます。



でかすぎて、カメラに入りきりません。
高さは、60m以上あるそうです。



樹皮が剥がれた部分は、銅板や、FRPのようなもので保護されていました。
なんか、有機物と無機物が融合してるのは、なんだか不思議な感じがします。



すぐ隣には、その大杉に日本一の歌手になれるようにと願掛けに来たという
美空ひばりさんを偲ぶ石碑があります。



川の流れのように
竜馬残影
悲しき口笛

ボタンを押すと、曲が流れるようになっております。
川の流れのように、のボタンを押して、フルコーラス聞きました。
やはり、何度聞いてもいい歌です。
ちょっとムカツクけど、秋元康は偉大です。

さっきの、ひばり食堂、は美空ひばりさんにちなんでるんでしょうね。

さて、大杉を後にし、大歩危峡を目指します。
大杉から近くて、40分くらいで行けます。

ラフティングで有名な、峡谷沿いの道を景色を楽しみながら走ります。

こんな、クソ山奥なのに?
モンベル大ボケ店があります。



店内は、かなり規模は小さいですが
登山やラフティングの用品に絞って、品揃えは悪くないと思いましたよ。
でも、キャンプ用品は、ほとんどない感じです。
バーナーと、ガス缶と、テントくらいしかありません。

ここには、モンベル以外にも、徳島ラーメン、カフェ、セブンイレブンもあります。

本当に何もない山奥に、コンビニがあると嬉しいですね。

いつものコーヒーを頂いてベンチで温まっていると
CB1300のライダーが、となりいいですか?と、
彼も同じようにコーヒーを飲みながら、30分ほど雑談をしてると
急に気温が下がり始めました。気がつくと、16:00。

最初は、下道でのんびり帰るつもりでしたが
思いのほか眠気が来てたので、高速で帰ることにしました。

国道319で、新宮インターを目指します。


↑これ、国道319。

途中に、塩塚高原への入口があったので、夏に行ってみよう。と思った。

高速だと、あっという間。
下道だと、3時間以上かかるところ、1時間ちょいで帰宅できました。

走行距離、約300km
燃費、29.5km/L
AD
いいね!(30)  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
1ヶ月、バイクほったらかしでした。

風邪ひいて、ぎっくり腰になりかけて、風邪が長引いて
仕事忙しすぎて、休みは寝てばかりで、パソコン壊れて
SBのサーバーのシステムのせいで、ネットが繋がらなくなって・・・


そんなんで、バイクに乗ってませんが
ヘルメットを買いました。



OGKのカムイ・2 トライラグ

初めてのOGKだし、そもそも、フルフェイス自体初めて買いました。
俺の頭は大きいから、一番大きい「XL」になりました。

かぶると、頭のサイズはいいんだけど、形状が合わなくて
隙間スポンジを買ってきて、調整しました。
OGKのには、調整スポンジは付いてないんだね。

あと、チークパッドがきつすぎて、ほっぺがアンパンマンになります。
これは、どうしたらいいの? こんなもんなの?

いままで、オフのメットしかかぶったことなかったし
風きり音がうるさいのと、高速で首を動かすと、首がもげそうになるのが嫌でしたが
どんくらい静かなんだろうと思って、高速に乗ってみました。

松山から乗って、石鎚SAでお昼ご飯を食べました。




高速を走ってるバイクは、あんまりいませんでしたが
クラシカルな感じのドゥカティが、アホみたいに飛ばしてたので
後ろを付いて行ってみました。
それにしても、クラシックな見た目と大違いで、メチャ速い。

遅い遅いと酷評されているNC750が付いてきてるので
なかなか速いじゃんかと、思ってもらえたと思う。

そこへ、フェラーリがやってきて、何事もなかったかのように
静かに、スーーーーーーーっと抜いて行きやがりました。
くそー、さすがフェラーリだな。
日本車だったらメーター余裕で振り切ってるくらい出てたな。



帰りは、西日まぶしーぃになりましたけど
このサングラスのような奴が、シュッと出てきて快適でした。
これはいいです。全然眩しくありません。

デザインは、今まで無地しか買ったことなかったけど
初めて派手目のものにしてみました。
ちょっとは、若く見られるんじゃないかと、期待しています。

いいね!(21)  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。