えひめの NC750X と XR125L

バイクとキャンプと釣り


テーマ:
たぶん、NCの人はみんなやってるんじゃないかな?

NCは、エンジンをかけている間は、
せっかくのラゲッジを開けることができないのが非常に不便。
なので、ラゲッジ用のスペアキーが必要になってきます。

オレのはワンキーシステムで、トップケースまで同じキーなので
何を取り出すにも、いちいちエンジンを切らないといけないのが
非常にめんどくさいのである。

まずは、ホームセンターでスペアキーを作成。¥400でした。
あと、キジマのキーホルダーのパクリのやつ、アマゾンで¥850でした。




このスペアキーで、エンジンがかかるのかやってみたら
セルモーターは勢いよく回るけど、エンジンはかかりませんでした。

これが、ホンダのイモビライザーなのね!

以下HP引用
Hondaの場合はH.I.S.S.と呼んでいる。
これはHonda Ignition security systemの頭文字をとったものだ。

H.I.S.S.の特徴はこうだ。
「純正キーには、コード化された暗証番号を記憶したチップが埋め込まれていて
キーをイグニッションに差し込むと、アンテナがコードを読み取りECUに伝達。
ECUはプログラムされているコード番号を照合し
合致した場合のみエンジンを始動させます。
たとえば純正キーと全く同じ形状の合い鍵を造ったとしても
チップのコードが一致しなければエンジンは始動しません」

なるほど。
スペアキーをうっかり差しっぱなしにして忘れても、安心ですね。

 
ラゲッジキーに差し込んだ時の位置を印しておいて
それに、キーホルダーの掴み代をプラスした長さで、切断!
グラインダーであっさり簡単に切れます。

キーホルダーに差し込みやすいように、面取りと、バリを取ったら
差し込んで、イモネジで固定するだけです!
接着剤とかなくても、かなりがっちり固定できてます。





アルミで良かったのかなー?
ブラックの方が良かったかも?
アクセントにレッドとかでも良かったかなー?
と思いつつ、妥協することにした。

このスペアキーは、常時ラゲッジに放り込んでおいて
エンジンをかける前に、ラゲッジに挿しておけば非常に便利ですね。
NCの人は、これは絶対やったほうがいいと思う。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
みかわ納涼まつり  2015年 8月 22日 (土)

2011年から、毎年参加させていただいております。
去年は、会場までは行って、残念ながら中止だったんですが
2011・2012・2013・2015と、4回目の参加になります。
別に美川村の出身でもないのに、勝手に参加させていただいてます。

ご当地アイドルの「アイキューン」ショーや、大道芸
盆踊り大会などが開催されます。

プログラム
17:30 ミスターウキウキパフォーマンスショー(1回目)
17:50 アイキューンショー(1回目)
18:20 お菓子まき
18:30 美川中学校合唱
19:00 盆踊り大会(前半)
19:20 主催者あいさつ
19:30 盆踊り大会(後半)
19:50 ミスターウキウキパフォーマンスショー(2回目)
20:20 アイキューンショー(2回目)
20:50 もちまき
21:10 花火大会(約1,200発)

なんといっても、メインイベントは
御三戸嶽の河原から打ち上げられる約1,200発の花火。
山々に木霊し迫力満点です。

















河原から見ると、真下から見上げるようになる花火は
とても大きく見えて、火の粉が落ちてくるんじゃ?
と心配になるほどの大迫力でした。

子供たちも、夏休みの良い思い出ができたと思います。

おまつりを準備したり、運営したりしているスタッフの方たちは
本当にいろいろご苦労をされたことと思います。
ありがとうございました。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
エセアドベンチャーであるNC750Xには、ハンドガードがよく似合うと思う。
各メーカーからいろいろ出てたので、かなり吟味してみたつもりです。


GIVI NC750X / 700X ハンドガード

GIVIのは、NC専用品。
全体が樹脂製なので、風防としては最高だろうけど
万が一の時のガード性能は疑問。多分すぐに割れるでしょう。
デザインと形状のバランスが一番良いんだけどなー。
SW-MOTECH: HONDA NC700S / NC700X / NC750X / Cro...
 
SW-MOTECH: HONDA NC700S / NC700X / NC750X / Cro...

SW-MOTECHのは、金属製の芯で、ガード性能は間違いない。
しかも、専用品なので、加工なしで取り付けできそう
でも、デザインがおっさんくさいだよなー(おっさんだけどw)
昔のジェベルXCの純正品みたいだ。

ジータ(ZETA) ARMOR アーマーハンドガード ベンド チタンカラー スタンダード径バー.../ジータ(ZETA)

ジータのハンドガードは、汎用品だけど、デザインが一番気に入った。
そして、極太のアルミ製なので、ガード能力も高そうだ。
その代わり、プロテクターは別売りとなっています。↓

ジータ(ZETA) XC-PROプロテクター ブラック アーマーハンドガード専用 ZE72-4106/ジータ(ZETA)

別売りプロテクターの大きさはいろいろあって
XC PROプロテクターというのが、一番大きくて防風性能が高そうだった。

けっきょく、汎用品だけあって、ちゃんと付くのか不安があったが
ほかの人のブログを見ると、普通についてる人もいたし
少々加工すれば多分大丈夫だろうと、ジータ製を注文してみた。


 

届いてさっそく、無加工のままとりあえず付けてみたら、着くことは着いた。

んが! いろんなものが干渉してるし、角度もおかしいし、
かなり無理矢理な感じで、左右のバランスもおかしい。
バーエンドとの接地面・角度が合ってないし
プロテクターの高さ・位置がベストじゃない! 気に入らない!!

なので、対策を考えてから取り付けようと、対策を練る事・・・40日間

対策=バーエンドを小さいものに変える。という安易な方法に落ち着いた。

純正バーエンドは、馬鹿にデッカくて、ウエイトを兼ねたような物が付いている。
そのせいで、取り付け位置が寄りすぎるんだな。そのせいでいろいろ干渉する。

ポッシュ(POSH) ソリットバーエンド ソリッドタイプ ボルト径6mm ホンダ シルバー 0.../POSH(ポッシュ)
バーエンドは、ポッシュのホンダ(NCなど)専用のものを使った。
中のウエイトのナット部分が、半円状になってるので、これじゃないと合わないんだ。


これで、ちゃんと付くと思ってたんだが・・・




ぱっと見は、ちゃんとついてるように見える。



でも、よく見ると、バーエンドの部分の取り付け角度が、イマイチ合ってない。

それに、取り付け接地面が小さくて、ガタつくんだな。



ブレーキホース側も干渉して、思った角度に決まらない。
そして、これ以上角度をどうすることもできない。
汎用品なので、調整幅があるはずだが、それが一切調整できない。

クラッチレバー側も、下にかわすとなんとかなるが、
そうすると、プロテクターの防風性能が著しく悪くなる。
高さをベストポジションにするには、レバーの上で交わす必要がある。

これをすべて解消するためには、バーエンドをもっと加工する必要があった。



あと、10mm短くなって、接地面に角度を付ければどうにかなりそうだ。

アルミ製なので、グラインダーで簡単に削れる。加工は簡単だった。


↑こうゆうこと。
すこし角度をつけて削ってみました。



やったー(^v^)
角度も、いい感じ。
しっかり付いてるし、手で揺すってもビクともしませんよ。



クラッチ側は、ちょっと、角度ミスった。

だって、目分量なんだもの、かんべんしてー



ブレーキレバー、ホース類、一切干渉なし。
取り付け角度もばっちり、グラグラもしない。
ガッチリ取り付け出来てます。



クラッチ側も、なんにも干渉していません。
グラつきも一切なし、角度もバッチリ決まってますし、多少の余裕も残しています。

干渉していた、クラッチ遊び調整のやつ(名前知らん)
ほーら、ちゃんとかわせてますよ。

最初に干渉していたせいで、ガードに傷が付きまくったよ。





かなり男前になったんじゃないか。と、自画自賛。

ちょっと高速飛ばしてみたら、虫がすっごいついてたよ。
ホントだったら、グローブが虫まみれになってたのかもね?
あとは、冬どうだろうね。夏よりも冬に期待したい。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
天気予報は、雨だったけど
そんなに雨が降る感じもしないので、午後からだけど
ちょい走ってみることに。

四国だって、20年前と比べると道路もずいぶんと良くなりました。
三坂道路開通のおかげで、松山から1時間足らずで久万高原町に行けます。
ここから、新しい440号線で四国カルストを目指します。


きれいで大きな道ができたり、長いトンネルが開通したりして
四国の「三桁酷道」も、かなり良くなりつつあります。

R440号から、険道36号で、四国カルストへ


こちらは、まだまだ良くなってません。
途中、狭くて見通しの悪いところもあったり
離合のためにバックも必要だったりもするので
県外の人が来たら、嫌になるでしょうね。四国の山道は険しいです。



約2時間かけて、姫鶴平に到着。

すごい!!

バイクの人、1人もいない!!



霧で、視界も悪い、景色なんかなんもない。
天気がいい日は、最高に景色がいいんだけどね。

夜なんか、満天の星空、天の川汚いくらい見えるし
ペルセウス座流星群でも、見に来ればよかったかな?

姫鶴平は、5分で終了して
次は、大野ヶ原へ向けて出発します。







ちょっと寒い。
気温20度しかないし、霧で肌寒い。
思わず、カッパを一枚はおり、グリップヒーターON!!

頑張って、狭くてくねくねの山道を、ひたすら走ります。
30分ほどで、大野ヶ原に到着。

こんなに山奥なのに、チーズケーキの有名なカフェ「もみの木」
あいにく、チーズケーキは売り切れでした。
たぶん、午前中に来ないと買えないんでしょう。
15:30に来たんじゃ、買えるわけないよね。





大野ヶ原は、特に何も見るものもないので、5分で終了。
霧で、景色も何もないのでね。




そこから、怒涛のくねくねラッシュで、ちょっとうまくなった気がする。

惣川・・・鹿野川ダム・・・肱川経由・・・内子町へ

山道が嫌になったので、高速に乗ったら、時速10kmの超ノロノロ!

こりゃ、帰省ラッシュか?
と思ったが、30分ほどで快走になり無事帰宅。

IMG_20150817_090402211.jpg
本日の走行距離、約200km
総走行距離が、2100km超えました。

IMG_20150817_090402696.jpg
今回の燃費は、33km/Lでした。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

夏休みといっても、タダの4連休でどこにも行く予定もなし。




初日は雨で、バイクに乗れなかった・・・


2日目は、チェーン清掃。バイクのパーツをお買い物


3日目は、墓参りの予定があるので、キャンツーには行けず。


4日目も、雨の予報・・・


どうしても必要なパーツがあったので、パーツショップで買い物。


ついでに、ちょっと時間があったので。


面河渓まで、往復150kmほどのツーリング






























真夏とは思えないくらい涼しい




メッシュじゃちょっと寒いくらい








行きは、三坂峠で行ったので


帰りは、黒森峠で帰ろうと思ったら


通行止めだって・・・・










それにしても、県外ナンバーも少ないし


バイクも少なかったなー、みんなどこも行かないのかなー?



いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:



スクリーンを、スモークに交換しました。







↓純正 ロングスクリーン クリア




結構印象が変わります。男前が上がった気がします。




あと、ドリームから無料一ヶ月点検のお知らせが届いたので、午後から持って行ってきました。


1400kmを超えてしまいましたが、結果は、チェーンの張り調整程度で、全て異常なしだったので、


調子を確かめるつもりで、流す程度に適当に走ってみました。




どこ行こうかな?


と思いながら、フラフラ走っていると


いつの間にか、高知県の いの町まで来てしまっていました。






仁淀川の名越屋沈下橋
















片岡沈下橋

















そんなに遠くまで来るつもりはなかったのに


知らないあいだに、300kmも走っていました。




燃費は、34.5km/Lでした。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

XR125Lは純正タイヤで、何度か林道走りましたが、滑りまくってどうにもできませんでした。


上手い人なら、スライドさせならがでもどうにかするのかもしれませんが


俺にはそんなスキルも度胸も装備も、なんにもないので、タイヤを変えてみました。




ダンロップD605


オンオフ兼用タイヤですが、とても気に入っています。


アスファルト走行時でも、純正タイヤとほとんど遜色がありません。


ノイズも気にならないし、最高速も全く変わりません。




若干、気持ち程度ですが、スタートの加速と、制動距離は落ちました。


といっても、気になるレベルではありません。気にすれば気がつくって程度です。




一番の気になる点は、ハンドルの振動が増えたことですね。


かろうじて、ミラーに何が写っているのかは、ちゃんと見えますw







交換後、さっそく林道を試してみます。


前に、どうにもならなかった林道です。




久万高原町の管生峠御堂線





たったの3kmしかありませんが、起伏やカーブの多い林道です。


ところところ、ガレてたりもしますが、基本的に砂利の林道です。










全体的に、こんな感じで、大きめの砂利なんですが


林業の人も、ほとんど通ってないんでしょうね。


草がボーボーすぎて、途中前が見えなかったり、藪こぎのところもありました。


あと、景色が全くありません。




肝心のタイヤですが、これはいい!!




ビードストッパーがついてないので、空気圧は前後とも1.5kgの規定値でしたが


グイグイ進むし、パワーが路面に伝わってる感が、全然違います。


全然すべらないし、この程度の砂利道だと、スピードも出ます。


といっても、125ccなんで、せいぜい50kmが限界ですが・・・




これは、感激でした!!








次に、同じく久万高原町の


父野川林道 ~ 不二峰林道に入ってみます。








昔は、愛媛は林道パラダイスで、オフローダーの憧れの地だったんですが


最近じゃ、ちょいちょい舗装が進んでいます。




この林道も、前半の数キロは舗装されてました。


この後どこまで舗装されるんでしょうか・・・





途中までは、ピカピカのアスファルト舗装ですが


ここから先は、未舗装の砂利になります。










ここでも、グイグイ進んでいくXR125L! 惚れ直したぜ!!


砂利道なんて、全然怖くないぜ!!


40-50kmペースで飛ばせます。


飛ばすってほど速くないですがw








分岐がいっぱいあって迷路だったりもしますが


基本的には、走りやすい林道です。ちゃんと標識もありますしね。








こんな感じのフラットな場所が多いです。








途中、県道340号線に合流します。




合流してから、ほんの少しだけ舗装路になりますが、またすぐに未舗装になります。










これでも、県道なんです。険道ってやつですか?




これを抜けると、小田深山に出ます。


下界は、35度の猛暑でしたが、小田深山は22度でした・・・


メッシュジャケットは、ちょっと寒いw




ということで、ぷらっと150kmほど走ってみましたが


D605は、オン・オフ共に最高次元で大満足のタイヤでした。


XR125Lの人には、是非ともおすすめしたいです。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

XR125Lの走行距離が、とうとう11000kmを超えてしまった。






毎日、通勤でアスファルトの上を走ってるから


タイヤがちびるの早いかなと思っていたら、かなり長持ちタイヤだった。





フロントは、もうちょいいける感じ。





リアは、そろそろ交換したほうがよさそう。




純正のタイヤも、完全にオン寄りではないものの


砂利の林道を走行すると、フロントもリアも滑りまくって


俺の腕では、とても走れたもんじゃなかった。


とにかくブレーキをかけるたびに滑る、恐ろしい状態。




しかも、完全にパワー不足で、スピードも全然出ない。




それ以来、林道を走るならタイヤを変えようと思ってはいたんだけど


なかなかちびないタイヤ・・・・




いよいよ1万キロに達したところで、タイヤ探しを初めても


サイズが中途半端すぎて、選択肢があんまりなくて


FR同銘柄となると、IRCのGP1か、ダンロップのD605、くらいしかないの。




結局、安かったので、ダンロップの方にしました。


ネットで買うと、前後で1万円でした。




以下、D605 サイズ表



XR125Lの標準タイヤサイズは


F:90/90-19・リム幅1.85


R:110/90-17・リム幅2.15




D605のサイズ


F:70/100-19・許容リム幅1.40-1.85


R:4.60-17・許容リム幅2.15-2.75




フロントタイヤは、許容リム幅の上限ギリギリ


リアタイヤは、許容の下限ギリギリのサイズでした。


つまり、純正タイヤに比べて、フロントは若干細く、リアは若干太い感じになります。







今回、自分でタイヤ交換作業を行う理由は、経費削減のためです。


貧乏サラリーマンなので、ショップに頼んだ場合の8000円の差額は大きいです。




交換方法や、作業内容は、ほかにいくらでも紹介されてますので省略します。




まあ、しかし暑かったです。松山も、35度ありました。


作業中は、滝のような汗で、頭がクラクラしました。


こんなに暑い思いをするくらいなら、頼めばよかったと、少し後悔もしましたが


なんと、体重が1kg減りました!! が、すぐに戻りました・・・グスン





とりあえず、リアタイヤから先にやりました。




このリム、オールスチール製なもんで


糞重いのなんのって、たぶん、リムだけで10kg以上あるんじゃないかと思います。


リムの内側も、若干サビが出てましたので、シリコンオイルで磨いておいた。





ドラムブレーキも、粉だらけだったので、きれいにしました。


効きも良くなった気がして、気持ちがいいですね。





猛暑の中、ヒィヒィー言いながら、なんとか無事に交換作業が終わりました。






どうですか?


オンオフ兼用タイヤですが、けっこういい感じです。


もともとの純正タイヤがこれですからね。↓




リアも、いい感じです。


アスファルトだと減りは早いと思いますが、安いからいいんです。





純正↓


↑この純正タイヤは、未舗装の林道程度の、フラットダートなら問題ないですが


砂の浮いたような、砂利の林道だと、全く役に立たないタイヤでした。




さぁて、これで、安心して林道ツーリングが楽しめそうです。



前後で、1万円以下で揃います。XR125Lは、タイヤが安くて助かります。

DUNLOP D605F 70/100-19 42P WTダンロップ・D605・フロント用※K...



DUNLOP(ダンロップ)バイクタイヤ Buroro D605 フロント 70/100-19 .../DUNLOP(ダンロップ)



DUNLOP D605 4.60-17 62P WTダンロップ・D605・リア用商品番号231165



ダンロップタイヤ(DUNLOP)Buroro(ブロロ) D605(リア)4.60-17 62P WT



DUNLOP(ダンロップ)バイクタイヤ Buroro D605 リア 4.60-17 62P .../DUNLOP(ダンロップ)

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。