えひめの NC750X と XR125L

バイクとキャンプと釣り


テーマ:
2014.3.22-23

やっとですが、XR125Lの走行距離が、500kmに達したので
とりあえず一回目のオイル交換をしたいと思います。

ここまでの慣らしは、アクセル7分開けくらいで
5速で70km/hくらいに抑えていました。

朝一番に、買ったバイク屋さんでオイル交換したけど
バイク屋さんも、オイルの量がわからんゆうて
ネットで調べてた・・・・

結局、1.1リットル入れていたようです。
 
 
どうなんかな?
まあまあ汚れてる?


そのあと子供のプール見学に行って、昼からのんびりしてたけど
せっかく綺麗になったし、ちょっと走りたいなってことで、
キャンプツーリングに行くことにした。

準備したり、キャリアの台作ったり、荷積したり、ネットで検索したり
いろいろしてたら、もう午後三時過ぎてた・・・

ネットで検索して、太郎川公園 がいいなと思ったので
電話で問い合わせると、感じのいい女性の方が出られて
お待ちしてますよ。ってことだったので、三時半頃出発。

五時半くらいには到着するはず・・・




途中、久万のサークルKで食料を調達して
そのまんま、ほぼ休憩なし、道中で唯一の写真は八釜


はやる気持ちを抑えながら、やっと檮原かー
と思ったら

あまりの町並みの変貌ぶりに、道に迷ったかと思うくらいだった。
   
 

 
 こんなに綺麗になってましたよ。

それまでの道も、昔はほとんど林道のような険しい道でしたが
そんな険しさは、すっかり面影もなく、ズッどーーんと大きな道が開通。

一部狭いところも残っていて、現在工事中ですが、超快適な道でした。
 

五時半頃現地到着。
 
雲の上のレストランとホテル。

 
あっという間につきました。

こんな時期だし、きっと貸切だろうなと思っていたら
同じくバイクでテントを張っている方が一人だけいました。

 


 
きつつき学習館管理棟

 ここで受付。



するはずだったけど、誰もいません・・・・

待ってるって言ったじゃない。

おーい、せっかく来たのにどーすんのー

と、よく見ると窓に張り紙が・・・梼原役場の方へ電話してくれと。

指定の番号に電話すると、これまた感じのいい職員の方が出られて

「どうぞご自由にキャンプしてください。
坂を上がった上にサイトがありますが、下の公園でもいいですよ。
翌朝、係りのものが来たら料金を支払ってください。」 とのこと。

これで安心して、テントを張れると思ったら
上のサイトってのが、どこに設営していいのかわからなかったので
とりあえず、バイクの人のいる、下の公園のほうで設営しました。


 

設営のあとは、お楽しみの温泉

お湯が激アツ!のぼせました・・・
高知県民ってあんなに熱いお湯でも、へっちゃらなのか?
 
 

 レストランは見るだけにして、自炊しました。
コンビニで買った、餃子。

9時過ぎに、松山で地震があったと嫁からLINE
太郎川公園では、ピクリとも揺れず

なんやかんやで、結局10時くらいには就寝zzz

 

翌朝、霜だらけ
  
 
 
 シートも真っ白。

最低気温は、1度でした。


早起きしたので、散策してみました。
 
 
  
 

 
 となりのバイクの方は、早朝に出発されたようです。


 ブランコとか
  

滑り台とか


 
 コテージもあります。




一番上まで上がってみると、そこが本来のキャンプサイトでした。
 

 

砂利じきのサイトでした。こっちのほうが良かったなー 

 

 

炊事棟も綺麗にされています。

 

草スキー場?
レンタルそりを借りて遊ぶところみたいです。
写真だと大した坂に見えませんが、実際にはかなりの急勾配です。

係りの人が来られましたので、料金を支払いました。
人数やテントの大きさに関係なく、一律で520円のようです。
かなり安いですね。

イン・アウトの時間制限もないようだったので
朝ごはんを食べて、ゆっくりのんびり撤収しました。

10時頃キャンプ場をあとにし
帰りは、行きと違うルートで帰りました。

 

R197で、鬼北町の方へ抜けて

 
宝泉坊ロッジ経由

 

道の駅「清流の里ひじかわ」経由

それから、大洲市内を経由して、国道56号線で松山へ

走行距離は、寄り道含めてちょうど 200kmでした。



AD
いいね!(1)  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
 2014.3.16

早くXR125Lの慣らしが終わらしたくて
少し距離を稼ぐために、しまなみ海道をめざして
家を出発したのが、14:30すぎ

 
ゆっくりなので、橋のたもとに着いたのは、16:00です。

 

 
 

しまなみ海道の何がいいって、原付専用の道路があるところ。
(125cc以下は右の専用道を通行できます)
中型と比べて、原付は数百円で通行できてしまうんだよね。

  



 

橋にのってすぐに、馬島がありますが
この島へは、エレベーターに乗って降ります。

  

バイクごと、スケスケのエレベーターに乗って

   
到着

  
エレベーター降りたところ

  
馬島の海岸から、渡ってきた橋を望む

 

30分ほど馬島を探索し、次の伯方島を目指します。

原付道は、伯方島で一旦降りて島内の一般道を走ります。
島内には、ドラッグストアやコンビニ・スーパー・GSなど
買い出しには困らないですね。
地元の魚介類やみかんなども道端で売っていました。

伯方島を10分ほどで通過して、再度橋を渡ります。

次の島に渡る途中に「見近島」という無人島があります。
  
原付・自転車・歩行者しかこの島へは行くことができません。

 



橋を降りるとそこにキャンプ場があります。

 
  
綺麗な炊事棟、芝生のサイト


  
管理棟・東屋


  
無人島だというのに、綺麗な水洗トイレでした。

  
海岸沿いに、ベンチやゴミ箱も設置されています。


  


今日は日帰りなので
おやつを食べて、帰りました。

  
  
  
 帰りに給油。
購入後すぐに満タンにしてから、今回が2回目の給油でした。
最初が20kmだったので、399.5km-20km=約380km。
給油が8リットルだったので、燃費は約47.5km/Lでした。

満タンが12Lなので、500km以上無給油で走れる計算ですね。
今回は半分以上ツーリングの距離なので、街乗りだと40km/L弱かな。

 
AD
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
バイクが来た初日は、午後からあいにくの雨。
二日目も雨予報だったけど、実際にはくもり程度だった。

せっかくXR125L買ったんだから
二日目だけど、午後から林道いってみよう。と思い立ち

とりあえず、久万までいって、小田の林道でもよってみようかと


 
国道から5分ほど入るだけで、もうこんなに山奥感。
ここは、川内から久万に抜ける林道。

昔は多少ガレたダートだったけど
今は全線アスファルト舗装されてるって聞いていた。

 
もしかしてだけど、分岐は右を登ると峠越え
左に行くと、どぶろく工房ながいさん
http://botan-chaya.jimdo.com/どぶろく工房/

ここ東温市は、どぶろく特区の認定を受けていて
小規模でもどぶろく製造の免許が与えられるという。

この看板が見えてきたらもう少し。


 

道)梅ケ谷・永子線(起点)
こっからは急に道が狭くなります。

 

もうちょい行くと、この看板。
こっから先は、昔はダートだった区間ですが現在は舗装済みです。

落石にご注意くださいだって。

除雪もしてないんだって・・・まさかね。

 ムリムリ
こんなの注意できんって。
当たったら死ぬよ!

推定、3tの大岩。
あと、100kgクラスの落石がゴロゴロしてる。



 

そっからほどなくして、小さな滝。
名前はないみたいだけど、結構間近で見えるし
なかなか見ごたえのある滝。

 

さらに登ると、「御来光の滝」
この滝は、おそらくさっきの滝の真上に位置しているんだと思う
ここらへんから、ボチボチ残雪が多くなるが
負けずに進む。

タイヤがアレなので、前輪が何度も取られそうになる。
でも、バイクが軽いので、足で踏ん張るとなんとか耐えられる。
正直言うと、結構不安。。。


最終の大きなヘアピンを曲がると
う少しで頂上のトンネルだ。


 

( ̄▽ ̄;)!!

なにこれ?

もうちょっとで頂上だってのに。

たぶん、あと500mくらいなのに。

 


押して行こうかとも思ったけど、
膝までずぼっとハマるくらい深い雪だったので
無理をせずに、諦めました。
もうちょいだったのに残念。。。

なみに、ここはドコモの携帯はかろうじて、ギリギリ入ります。




 
さっきの峠越えは素直に諦めて
またまた、3週連続で重信川を遡上します。

途中休憩で立ち寄った「菖蒲堰遊園地」
ここも夏には、水遊びの家族連れでごった返す場所。


 

堰堤周辺はかなり深いと思う。
水質はそんなに綺麗ってほどでもないけど
エントリーしやすいのが最大のメリットかな。

キャンプもできるけど、トイレは工事現場にあるような仮設トイレ。
水場はなし。
あと、上流の採石場のダンプが頻繁に通るので、雰囲気は悪い場所。

ここも、ドコモの携帯はバリバリ入ります。

さらに上流を目指して出発します。


 

前回の木地堰堤キャンプ場を過ぎて
どんどん登っていくと、レンコン化石?天然記念物?



 

ここは昔は海だった!
70000000年前の話。

あららー、大事なところ間違ってるよ。
6千年前に地殻変動してないでしょ。


 
レンコン化石で休憩
もう暗くなってきたので、丹原まで抜けるのは諦めて下山します。

途中、野犬の群れに追いかけられる・・・w
20匹くらいいたかな・・・ここいらへん縄張りなんだね。

木地堰堤キャンプ場の少し下流にも
そういえば、むかし子供連れてよく来たなー
どうなってるかなーと思って立ち寄ったら、びっくり。
川原がえらいことになっていたよ。



 
 
 
 




 3・4年前まではここにもよく来てたけど
そんときは、ゴミひとつない綺麗な場所だったよ。
なんでこんなことになっちゃうわけ?
AD
いいね!(0)  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
XR125L 中国ホンダ製
 
 



十年ぶりに、いわゆる、バイクを買いました。

今までは、50ccのスクーターでしたけど
もう一度、昔のように林道ツーリング&キャンプをしたいってことで
去年からバイクを物色していました。

手軽で、取り回しがよくて、維持費がかからないもので
KLX125、XTZ125、YBR125G、DF125、ジェベル125などを
候補に挙げていましたが、けっきょく、デザインが気に入った
中国ホンダの「XR125L」になりました。

たまたま、近所のバイク屋さんで取り扱いしてたってこともあるし
大阪の輸入代理店をしている社長さんも、偶然にも知り合いでした。
(購入を決めるまで、分からなかったんだけど)

2月20日に契約して、手付金を支払って
2月28日に届いて、登録完了しましたと連絡がありました。

で、
3月1日(土)に無事に納車となりました。


 





朝一、9:00開店に受け取りに行き
一通り説明をうけて、さっそく乗ってみました。

 久しぶり過ぎて、ちょっとおっかなびっくりでしたけど。
すぐになれました。


 
左側

 
右側

 
正面

 
後面

 
ライト
これはかなり暗そう・・・夜乗ってないけど。

例えるなら、大きな豆電球

 
メーター周り

 
クラッチ周り
ライトのハイロースイッチ、ウインカー


 
アクセル周り
セルスイッチ


 

シートは、オフにしては幅広で、尻痛になりにくそう
座り心地は悪くはないですね。
でも素材がツルツルで滑るかな?


リアキャリア

気に入ったのが、この標準装備のキャリア。
おまけみたいにチョコっとついてるものでもなく
結構大きくてしっかりとしたキャリアで、キャンプ道具が満載できそうです。


  
 タンデムのシートが、キャリアとツラでフラットなのもいいですね。

 
エンジン周り

  
キャブ周り
黒いレバーがチョークになってます。
少し手が入りにくくて、引くんじゃなくて上に上げるレバーってのが
なんか使いにくそうです


 
 
リザーバータンクのコックはいたって普通。

タンクは、見た目そんなに大きくないですが、
満タンで、12リットルも入ります。(リザーブは4リットル)


マフラー周り
安っぽいクロームメッキです。
音は、カブよりはうるさいけど、 そこそこ静かです。

   
フロントタイヤ
安っぽいディスクブレーキですが制動には問題なし。


  
リアタイヤ
こちらは、ドラムブレーキで必要十分。
新品なのに、あんまりゴム臭のしないタイヤ。
素材は、カッチカチやぞ。なんじゃこりゃ?

始動はセルがありますが、一応キックも標準装備しています。
バッテリーが上がっても、押しがけしなくても大丈夫です。
押しがけの方が掛かりやすいってのもありますが。

というわけで、以上で第一印象の紹介を終わります。

明日は、雨の予報ですが・・・
くもりくらいならちょっと慣らしに行きたいと思います。



 
   
 
いいね!(5)  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。