えひめの NC750X と XR125L

バイクとキャンプと釣り


テーマ:
 桂川渓谷キャンプ場   2013.6.22-23
 
 ここ桂川渓谷キャンプ場は、二年前に来たことのあるキャンプ場ですが
前回は7月で蒸し暑くて寝苦しく、しかも帰る日は大雨という嫌な思い出。
かと思いきや、子供たちがキャンプを気に入ってくれるきっかけとなった
大事にしたいキャンプ場です。

二年前の記事 ★1 ★2 ★3

本当は、午前中に出発するはずでしたが、4月に岡山に転校したはずの
息子が赤ん坊のときから一番仲がよかった大切な友達が
突然遊びに来てくれたので、思う存分遊んで、
昼ごはんも一緒に大好きなくら寿司に食べに行って。

結局出発したのが、16時すぎで、キャンプ場到着したら18時くらい。


 
 
こちらは、「第3キャンプ場」です。

駐車場から150mくらい荷物を運ばなくてはならないのが難点ですが
林の中の落ち着いた感じのキャンプ場です。


 

 

ちょっとピンボケですが、こんな感じで小さい区画が
上下に二段、左右に二箇所、合計4箇所のサイトに分かれています。
中央に見えるのが炊事場です。

トイレはサイトちかくにはありませんが
前述の150mくらい離れたところにある駐車場にあります。
(簡易水洗式です)

相変わらず人気のないキャンプ場で、案の定、貸切。

とにかく設営して、食事をしたらもう辺りは真っ暗・・・

今回は、ホタルを見せてやりたいと思いましてここにきました。
(まあ、家のすぐ近所で蛍なんていくらでも見られるのですが)

ところが、ちょっと時期が遅かったみたいでして
ホタルは、2-3匹確認できただけでした・・・・

時間を気にしてなかったのですが
ここで気がつくと、既に20時を過ぎていました。
ヤバイ、温泉閉まっちゃうよ。てことで大急ぎで
ユートピア宇和に向かいます。



 

ギリギリセーフ!
20:30札止め・21:00閉館のところ
入ったのがちょうど20:30でした。
あんまりゆったりできませんでしたが、いいお湯でした。


 

 
 ここの温泉に併設されているキャンプ場もあるんですよね。
この日は、グループの大人数で大騒ぎしていました。
良かった、この日に利用しなくて・・・

次回は、12月ごろにゆっくり来てみたいと思います。


 

 
温泉のあとは、テントに戻って、焚き火の炎で癒しのひととき。

 
 
 で、夜はパラパラと雨がうるさくって
あんまり寝られませんでした・・・・

雨の中、朝食を済ませたら、憂鬱な撤収です。

時間をかけて、小雨を見計らっては、少しばかり雨に濡れながらの撤収が済んだら
有名な、観音水のそうめん流しで昼食をとることにしました。
このキャンプ場から、車で15分くらいのところにあるんです。


 

オレンジのテントが売店で、その左側がそうめん流しです。
右端に見える山道を登っていくと、湧水のところに行けます。



 

薬味は、いろいろありますが、全部使い放題。
だしも追加無料です。


 
 
ここのそうめん流しは、流しレーンが2レーンあるのですが
第一レーンは満席で、ちょうど我々が第二レーン一番乗りだったようで
ひろい場所を貸切で食べ放題でした。




名水の湧水なので、水が美味しいのは当たり前ですが
そうめんの茹で加減もバッチリで、よく冷えてて、コシがあって最高にうまい。

子供たちも、ハイペースでいつもよりもたくさん食べていました。

小窓から、おばちゃんが加減しながら流してくれるんだけど
早い早い、我々しかいないのに、次から次へと連発で流してくれるもんだから
食べきれないくらいでした。
「おばちゃん、ちょっとまってよ」とか言いながら
最後のほうはゆっくり目で流してもらいました。

今までいろいろな場所でそうめん流しを食べましたが
ダントツぶっちぎりで、ここが一番うまかったです。
もう、ほか行けないんじゃないかってくらい。


 


 
 名水百選です。観音水



 
 山を300mくらいのぼると
洞窟の奥から、コンコンと湧水が湧いているところに行けます。

今回は、キャンプの目的を果たせずに
ただ風呂に入って寝ただけでしたが
そうめん流しは本当に美味しかったので、
それだけでも行った価値がありました。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。