メソポタミア文明

テーマ:

進化する現代社会。

アナログからデジタルへ進化する世の中で時代を逆行するモデルがある。




それがYAMAHA SR400。


バイクにおいても従来のキャブレーターからインジェクション(電子制御)へと変わり

最近では馬力を制御するモード切替、制動をアシストするABS、走りをアシストするトラコン等

電子制御だからこそ可能な様々な機能がバイクに搭載されるようになった。


では、デビュー35年を超えるこのSR400。

どこがどう進化しているのか・・・答えは・・・


何も変わっていない。


当時では当たり前であったキック始動や空冷シングルエンジンも度重なる現代の規制において

継続することが困難。 ましてや前文に挙げた様々な機能を盛り込んだバイクが出回る世の中で

何も変わらずに生き残っているこのSR400は逆に異質な存在と言えるのかもしれません。





発売当初から大幅な変更が無いメカニカルな造形の空冷ビッグシングルエンジン。

キック始動オンリーという男らしい仕様と、粗削りなメカノイズと車体を弾ませるほどの鼓動感。


役に立つのか? と言われれば否。

しかし、バイクという趣味の世界において性能が全てではなく、進化に伴って失われた

アナログな乗り味こそ、35年以上積み重ねて築かれたSR400にしかない個性であり長所なのです。





灯火類・外装・エンジン・ホイールと部品構成も非常にシンプル。

際立った複雑な機構はあえて無くし、発売当初あったキック始動の点火時期やガタを見直し

年度が進むごとに完成度は増していきます。 




  


今回、ご紹介致しますSR400は2008年式。

2008年式と言えば翌年には燃料噴射がインジェクションへと変わってしまったことから

最後のキャブレーターモデル。


キャブレーターだからこその味わい深い機械的な乗り味は古き良き時代を思い返させる。

王道のストリートモデルの風格を感じるには十分すぎるほどの個性はSRならでは!


そんなSR400の最終キャブモデルが入荷致しました。






当社にて前後タイヤ新品交換済、当店販売ワンオーナー車両につき駆動機関も良好!

時代が進めばバイクの性能は良くなっていきます。ですが、性能だけの乗り物ではないのがバイク。

ノスタルジックな佇まいとアナログな乗り味、その最後のテイストを是非体感してください!!


現在、298,000円(税抜)で販売中!(泉バイパス店で展示)


今月、下記のイベントも開催されますので、来店されればさらにお得に!?





是非、ご来店ください^^



店長K

AD