Commuter Express!!

テーマ:

もう1月ですが、今年の冬は今のところ全くと言っていいほど雪が降りませんね。

いつも125ccで通勤している私にとっては助かりますが、雪が少なくてスノーボードができないのが残念です。

最近は小排気量のスクーターも増えてきました。

小排気量と言っても、125ccでもなく、250ccでもなく…、




皆さんもご存じであろうPCX150とMajesty Sです!

こちらの2台は発売から、軽量・コンパクトさを売りに大ヒットを飛ばしております。


小排気量のスクーターといえば、通勤で使っている方も多いと思います。

125ccは経済的で使い勝手がよいのですが、仙台の場合だと通行できない道路(西道路)もありますね。
ご紹介した2台であれば、なんの制限もなくストレスフリー!

PCX150とMajesty Sは同じタイプなので、よく比較対象となります。


PCX150は、125ccベースの車体でバイクでは初となるアイドリングストップ機能がついています。

全体的な質感など細部の作りに高級感があり、まさにプレミアムスクーターと言えるでしょう。

Majesty Sは、まず排気量が155ccなのですが、これは車体に対する限界が155ccだったためだそうです。

そのため走りは、加速もよく、パワフル!

またフロアもフラットですので乗り降りも楽です。



150ccでは物足りない方はBurgman200という選択もあります。



Burgman200は、150ccクラスより少し大柄にはなりますが、250ccクラスのビッグスクーターよりも加速がいいのが魅力!

さらに、250ccクラス同等のシート収納もあり、幅広な形状なのでフルフェイスヘルメットも2個入ります。



このクラスの特徴として、125ccに迫るコンパクトなサイズなのに、250ccにも負けないパワーやパフォーマンスですね。

そして、通勤快速としては、サイズもパワーもちょうどいい、絶妙なクラスなのです。

また、高速主体のロングは少し厳しいですが、意外とツーリングも楽しめてしまうんですよ。


ご紹介した3台は当社に展示車もございます。

Majesty SとBurgman200は、レンタルバイクにラインナップとしてありますので、お乗りいただくことも可能です。

一度ご覧になってみてはいかがでしょうか!



BP Jr

AD