親友は何処へ行ったのか

テーマ:
イギリスは昨日のEU残留、離脱選挙の話題で持ち切り。ロンドンは特に残留はが多いので、まさかの離脱に驚愕しているのが今の現状でしょうか。

僕も含め周りは残留派だったので、”これからイギリスはどうなるんだろう、、、、。”という不安感が拭えないのが正直な所の本音です。

これからイギリスはヨーロッパの嫌われ者として生きていくのはどうやら次の2-3年は確実の様ですね。あとはアメリカとの関係性を深めて貿易や経済の面で維持出来るかでしょうか。これからのEUとの関係が何処まで冷え込むのか、または今までとは言わずも良好な関係が築けるのか、そこがポイントでしょうね。

Facebook上もこの事について沢山の投稿がありますが、、、、。もう決まってしまった事は、事実として受け入れるしかありませんからね。スコットランドに北アイルランドは過半数以上が在留を支持していて、この離脱結果にまた独立の動きもありイギリスという国の行く末も不透明になっていますが、窮地の時こそ力を合わせて乗り越えていかなければいけないなと考えている次第です。

EUという親友を無くしてイギリスは何処へ向かうのでしょうね?

もし、親友が突然いなくなったらあなたはどうします?ある突然に家に行っても姿も見えず、手がかりもない。警察も相手にしてくれない。しかも、自分の記憶が上手く頭の中でまとまらずに、過去と今の時間軸がごちゃ混ぜになってしまう、そんな状況下であなたはどうやって失踪した友達を捜し出しますか?

続きは僕のブログサイトでお願いします


AD

好き嫌いな子

テーマ:
そういえばドイツのユリ君の実家を訪ねている時にお母さんが、”ユリは、好き嫌いが多いからねー。と言う事をいっていて。その時は、”そうかな?”何て思っていたのですが、、。

どうやら、本当の様です。

ユリアン、ご飯を本当に綺麗に食べるんですよね。日本人ってお米の一粒も残さずに食べましょうという精神が強いでしょ?僕も出された物はちゃんと残さず食べるを突き通しているのですが、時に小さな野菜片とかが残っている事も。そんな小さなものも含めて、綺麗にお皿から無くしてしまえるのがユリの食べ方。

そんな子がまさか、好き嫌い王だったとは、、、、。

事件は今回、ユリアンが僕の家にいる時に起きました。

続きは僕のブログページでどうぞ



AD
ユリアンとの最後の1日を過ごしている今。特に何をする訳でもなく、穏やかな午後の時間を過ごしています。“何もしない日、万歳!!”ってこんな気分なのかも知れませんね。

さて、ユリアンからのもう1つの誕生日プレゼントがあったんです。それが、僕のオリジナルのブログのウェブサイト。コンピューターに強い彼ならではのプレゼントだなって思いました。

なので、これからはこのウェブに直接書くのではなく、僕のサイトからブログを書いてそのリンクを貼って全文を読める様に変えようと。それなので読者のみなさん、お手数ですが僕のブログ更新のごとにそこに貼られているリンクにとんでいただくと有り難いです。(全てが上手くいったらの話なのですがね、、、。僕、あまり器用じゃないので上手く動かないかも、、、、。)

僕の新しいブログサイトへのリンク




AD