女神転生3 改造人間はつらいよ

テーマ:

(これまでのあらすじ)


高校生ぼくさは悪の秘密結社に改造された・・・(以下略)


目が覚めるとそこは病院の地下でした・・・・

体を見ると体全体に青く輝く刺青が(´・ω・`)

さらに体になんか力が漲っている。


やっぱ俺改造されてしまったんだ・・・・

おのれ!○○ッカー!(゜Д゜)(それはもう良いって)


まあ凹んでても仕方ないので(復帰はや!)、辺りを探索してみることに。

探索してすぐ、何かゴソゴソ音が聞こえる部屋発見!

・・・・・・て、ここ氷川氏いたとこじゃん(;´Д`)

ちょっとビビったが俺は昔の俺じゃねえ!(゜Д゜)


9人の戦鬼と人の言う・・・・・


・・・・・それ違いますから!ヽ(;´д`)ノ

さあ愛のため戦い忘れた人のためこの扉を開けるんDA!


ぼくさ カチャッ(´・ω・`)

ヒジリ やべΣ(゜д゜|||)見つかちゃった?(´・ω・`)・・・・・て、あんた公園であった青年?(;´Д`)


彼は怪しげなオカルト雑誌「アヤカシ」の記者ヒジリさん。

彼に病院に行く途中に会って雑誌をもらってたのです(´・ω・`)

その雑誌をあのお嬢め!(注 彼は根にもつタイプです)

そういやその記事に


ガイア教とかいうカルト集団があって、そのミロク経典とかに世界が滅ぶとか書いてあったっけ(´・ω・`)

それに氷川さんがかかわってるとかなんとか・・・・


て、この記事マヂだったんΣ(゜д゜|||)

てっきりパチもんかと(笑)


ヒジリ で、あんたなんで刺青してんの?(´・ω・`)

ぼくさ 改造されました(´・ω・`)

ヒジリ あ。そ(´・ω・`)


反応それだけかい!

なんか理不尽なものを感じたが・・・・


ヒジリ じゃ。丁度良かったじゃん(*´д`*)ここら辺回って来てよ。

ぼくさ ・・・・・

ヒジリ だって、なんか怪物歩き回ってるし俺無理ジャン(´・ω・`)

ぼくさ ・・・・・

ヒジリ あんた改造人間だから全然オッケーだよな!w


なんか釈然としないが・・・・・・

ま。良いか(´・ω・`)

どうせ回るつもりだったし。


ヒジリ じゃあ、俺は氷川が大事にしてたこの不思議な円筒調べてみっから。

ぼくさ ・・・・・・

ヒジリ あとはヨロw

ぼくさ ・・・・・パタン(ドアを閉める)


ま。いいやアイツなんて(´・ω・`)

自分勝手にやってよ。

でも、なんだこの頬を伝う水は・・・・・

ここには愛はナイノデスカ?


(つづく?)



AD