パリの無愛想な寿司屋

テーマ:

 パリのおしゃれエリアにある日本人経営の寿司屋の味は、日本の味レベルのお寿司が食べられるので割と有名なのですが、

 

寿司職人が不愛想ガーンです。お店に入るとき挨拶しても睨み返されますえーん

 

が帰る時に、日本語でごちそうさまと言うものなら

完全無視されましたポーン

 

アンチジャパンの空気すら感じられます。

 

他のパリのブロガーさん達の記事を読んだことがあるのですが、フランス人贔屓大将不機嫌無愛想でも味はまあまあいけると皆さん書かれています。

 

私も概ね同じ意見です。トリップアドバイザーを見ると我々と同じようなことを書かれているフランス人客もいるようです。

 

どうやら、贔屓客と一般客の接客が雲泥の差があるようです。

 

またお値段が高めです。お昼のセットメニューは確か20ユーロとパリでのお寿司の値段と考えたらまあまあかなと思いきや、量がかなり少ないので、追加注文する必要があります。

 

追加でオーダーすると1カン8ユーロ近くもして、お腹いっぱい食べようと何カンか追加していたら昼でも50ユーロの予算。

 

こんなに高いと他のサービスのいいパリの高級寿司屋さんに行った方がマシチュー

 

高級寿司屋でもないのにあの料金は正直言って高い

 

あくまで高くない気軽によく行ける日本人経営の

お寿司屋さんは、何軒かあるのでこんな愛想のないゲロー気分の害する寿司屋には、もう行きません。爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾

 

ブログをお読みいただきありがとうございます。

現在ブログランキングに登録中です。
ボタンをクリックしていただければ嬉しいです。

ジモモ パリ

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ      どくしゃになってね…

AD