Rosen Konig ローゼンケーニッヒ

ブログタイトルは、シンボリクリスエスと、ローズバドの仔である、サラブレッドのローゼンケーニッヒ(ドイツ語で、薔薇(バラ)の王という意味・牡・毛色・黒鹿毛)に由来しています。


テーマ:

2013年4月23日(日本時間・4月24日)、英国・ジュモントファームで生まれた、凱旋門賞馬・シーザスターズと、女傑・ウオッカの3番仔・タニノアーバンシー(TANINO URBAN SEA=冠名・タニノに、父の母の母・凱旋門賞馬・アーバンシー(URBAN SEA=都会の海・英)より、クリストファー・D・ツイ氏・承認済。)が、今日・京都競馬場で行われた、サラ系3歳未勝利戦(混合・指定・2000メートル)にゼッケン・7番で出走し、2着のマーティンクリベー・3着のナムラルパンを抑えて、1着となり、デビュー6戦目にして初勝利を挙げると共に、母で繁殖牝馬として、アイルランドで繋養生活を送る、女傑・ウオッカの産駒が、待望の初勝利を挙げるに至りました。

 

母 女傑・ウオッカも、角居勝彦厩舎に所属し、第64回・日本ダービーで73年ぶりにダービー馬になるなど、重賞競走を制覇した強者で、2008・2009年の年度代表馬にも選出された牝馬であり、2010年3月にドバイ・メイダン競馬場で行われた、ドバイワールドカップ・マクトゥームチャレンジ・ラウンド3で、レッドディザイアの8着に敗れたのを最後に競争生活を終えて引退するまでに、26戦10勝の成績を残した牝馬jで、同年の4月からは、アイルランド・キルディア近郊・ギルタウンの、アガ・カーンスタッド・ギルタウンで繁殖牝馬として繋養生活を送っていて、現在も繋養生活中です。

 

今回・タニノアーバンシーの1着で、女傑・ウオッカの産駒として、待望の初勝利を挙げるに至ったが、2015年には、VODKA2015(ウオッカの2015年産駒・通称 ウオンケル君 父・フランケル)を、誕生させるなど、繁殖牝馬としての、女傑・ウオッカの更なる活躍を期待したいと想い、願っております。

AD
いいね!(6)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
SUNDAY NREAK

2015年から、Haras Du Lion(リオン牧場)で、繋養生活を送っている、SUNDAY BREAK(サンデーブレイク)は、牧草の生えた放牧場で、戯れております。

SUNDAY BREAK「ヒヒ~ン、ヒヒ~ン!」

SUNDAY BREAK「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

SUNDAY BREAK「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ パカッ。」

SUNDAY BREAK「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」


サンデーブレイクは、大きい雄たけびで、いなないては、鋭い脚で蹴っていました。

SUNDAY BREAK「パカッ。」

SUNDAY BREAK「ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒ~ン。」

SUNDAY BREAK「プ~!」

SUNDAY BREAK「ヒヒ~ン!」

SUNDAY BREAK「ウ~~~!、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト。」

サンデーブレイクは、大きいうんちを、落としていました。

SUNDAY BREAK「ブルルルルルルル。」

サンデーブレイクは、大きい鼻息を鳴らしてやりました。

SUNDAY BREAK「ヒヒ~ン。」

SUNDAY BREAK「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

サンデーブレイクは、大きい蹄を鳴らして、走ってやりました。

サンデーブレイクは、雄大な北海道のたくましい自然に生まれ育った、鹿毛のサラブレッドです。


SUNDAY BREAK[パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

SUNDAY BREAK[パカッ。」

SUNDAY BREAK「ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒ~ン。」

サンデーブレイクは、雄大な北海道・新冠の大地を想い出している為か、大きい雄たけびで、いなないては、過ごしていました。

1999年生まれの、日本産馬で、2015年から、フランス・Haras Du Lionでも、繋養生活を送っている、SUNDAY BREAK(サンデーブレイク)、2016~2017年のシーズンも、さらなる種牡馬としての活躍を、期待したいと想い、願っております。
(終)
AD
いいね!(10)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

http://www.harasdulion.com/

(2015年から、フランス・Haras Du Lionでも繋養生活を送っている、サンデーブレイク)

 

フォーティーナイナーとキャットクイルの仔で、2004年から種牡馬として繋養生活を送っている、SUNDAY BREAK(サンデーブレイク)が、2014年10月になり、2013年から繋養生活を送ってきた、フランス・ラ・エヌーヴ牧場を離れ、同じフランスの、リオン牧場に移動し、2015年から繋養生活を開始しました。

 

サンデーブレイクは、1999年生まれ、北海道・新冠郡・新冠町のノースヒルズマネジメント(現・ノースヒルズ)・生産の日本産馬で、2000年・1歳の時、アメリカ合衆国に渡航し、カリフォルニア州の、ニール・ドライスデール厩舎に入厩し、2004年の春で引退するまで、競争生活を送り、ピーターパンステークスでは、2着のパズルメント以下を抑えて優勝し、重賞初制覇を果たした、鹿毛のサラブレッドです。

 

その後、サンデーブレイクは、2004年から、アメリカ合衆国・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクの、GAINESWAY FARM(ゲインズウェイファーム)で、種牡馬としてスタッドイン、サンデーゲイシャ・ネヴァーオンサンデーなどの代表産駒を輩出しました。

 

サンデーブレイクは、2007年には、お隣のWALMAC FARM(ウォルマックファーム)に移動し、2009年の種牡馬シーズンまでは繋養生活を送りましたが、2009年・フランスのグランカン牧場から、新繋養馬としてのオファーが舞い込んだので、遂に、種牡馬とはいえ、2000年以来長くいた、アメリカを離れることになり、出国検疫検査を受けた後、飛行機で、フランスにむけて渡航しました。

 

フランスに到着した、サンデーブレイクは、2011年~2012年まで、グランカン牧場で繋養生活を送り、2013年~2014年の種牡馬シーズンでは、ラ・エヌ―ヴ牧場で繋養生活を送りました。

 

2014年10月・同じフランスの、リオン牧場から同牧場の新繋養種牡馬として、要請のオファーがあり、2013年から繋養生活を送ってきた、ラ・エヌ―ヴ牧場を後にリオン牧場に移動しました。

 

現在の繋養先・Haras Du Lion(リオン牧場)では、2015年~2016年の種牡馬シーズンから、繋養生活を送るようになりました。

この間、飛行機で移動したり、馬運車での移動をしての、長旅をして来ました。

 

2010年には、マクトゥームチャレンジ・ラウンド2で優勝した、フランキーフォーフィンガーズを出産し輩出しました。

 

競争成績は、13戦4勝・2着1回・3着4回・着外が4回と、いずれもアメリカにいた時に、競争馬として活躍した成績を残しております。

 

2015年から、SUNDAY BREAK(サンデーブレイク)が繋養されている、Haras Du Lion(リオン牧場)。

 

SUNDAY BREAK「ヒヒ~ン、ブルルルルルルル。」

SUNDAY BREAK「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

SUNDAY BREAK「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

SUNDAY BREAK「パカッ。」

 

SUNDAY BREAK「ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒ~ン。」

 

日曜日の休憩という意味のイギリス語に由来する、サンデーブレイク。

 

アメリカで種牡馬入りした、サンデーブレイクは、2010年には、フランスに移動して来ました。

 

SUNDAY BREAK「プ~~!」

SUNDAY BREAK「ヒヒ~ン。」

サンデーブレイクは、大きいおならの匂いを嗅いでは、いななきました。

 

SUNDAY BREAK「ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒ~ン。」

 

サンデーブレイクは、大きい雄たけびで、いななきました。

 

SUNDAY BREAK「ウ~~~!」

SUNDAY BREAK「ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト。」

 

サンデーブレイクは、大きいうんちを出してやりました。

 

フォーティーナイナーを父に、キャットクイルを母に持つ、綺麗で素晴らしい鹿毛のサラブレッド、それが、サンデーブレイクです。


SUNDAY BREAK「ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒ~ン。」
(2へ。)

 

 

AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Link Page Haras du Grand Chesnaie(2014年から・フランス語のページです。)

http://www.harasdugrandchesnaie.com 

(2014年から、Haras du Grand Chesnaieで、新繋養生活を始めた、グレイトジャーニー。)

 

 

サンデーサイレンスの後継産駒の1頭で、2008年から種牡馬として、フランスで繋養生活を送っています、グレイトジャーニー(GREAT JOURNEY=イギリス語で偉大なる旅という意味。)が、5月10日(日本時間・5月11日)で、牡・15歳の、誕生日を迎え、2001年に生まれてから、15周年という記念すべき年を迎えます。

 

グレイトジャーニーも、サンデーサイレンスの産駒の1頭で、ハットトリックと同じく2001年生まれのサラブレッドですが、母・アンブロジンである事、毛色が黒鹿毛であり、北海道・新冠郡・新冠町の生産であることが、ハットトリックとは、異なります。

 

現役時代・栗東・池江泰郎(いけえ やすお)厩舎(調教師の定年退職に伴い、惜しくも解散した。)の管理所属馬として預けられた、グレイトジャーニーは、中央競馬で42戦5勝(シンザン記念・ダービー郷チャレンジトロフイーなど、重賞競走も含む。)の成績を残しました。

 

その後、フランス・ノルマンディー地方の、Haeas de Lonray(ロンレイファーム)から、グレイトジャーニーを、サンデーサイレンスの後継産駒の1頭として種牡馬としてスタッドインして欲しいという要請があり、それに、馬主で生産者のノースヒルズマネジメント(現・ノースヒルズ)が応じ、池江泰郎厩舎の関係者側と、協議した結果、惜しくも現役引退を決め、2008年1月16日付で、グレイトジャーニーは、競争馬登録を抹消、その後・北海道・沙流郡・日高町・門別の日本軽種馬協会・門別種馬場で出国検疫検査を、2月15日まで受けた後、2月16日・飛行機で、名残り惜しい日本を後に、渡仏しました。

 

グレイトジャーニーは、2008年2月20日(日本時間・2月21日)に、スタッドイン先の、フランス・ノルマンディー地方の、Haras De Ronlay(ロンレイファーム)に到着し、ここで着地検査受けた後、同年3月1日(日本時間・3月2日)から、Haras De Ronlay(ロンレイファーム)で、種牡馬として繋養生活を開始し、2013年の種牡馬シーズンまでHaras De Ronlay(ロンレイファーム)で繋養生活を送りました。

この間に、ロンズデールカップを制覇した他、メルボルンカップでも2着に入った、マックスダイナマイト゚が代表産駒として、輩出しました。

 

その後、同じフランスの、Haras du Grand  Chesnaieから、グレイトジャーニーを2014年の新繋養馬として生活をしてほしいという要請のオファーが、Haeas de Ronlay(ロンレイファーム)にあり、同ファームもそれを受け入れることになり、グレイトジャーニーは、遂に、2008年3月のスタッドイン以来、長く繋養生活を送ってきた、Haras De Ronlay(ロンレイファーム)を後に、同じ、フランスのHaras du Grand Chesnaieに移動しました。

 

グレイトジャーニーは、2014年から、Haras du Grand Chesnaieで、新繋養馬として、繋養生活を開始しました。

 

Haras du Grand Chesnaieの放牧場に、Haras De Lonlay(ロンレイファーム)から、移籍してきた、GREAT JOURNEY=グレイトジャーニーが放牧しました。

 

GREAT JOURNEY「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン。」

 

GREAT JOURNEY「ブルルルルルル。」

 

GREAT JOURNEY「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

 

GREAT JOURNEY「パカッ。」

 

GREAT JOURNEY「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン。」

 

グレイトジャーニーは、大きい雄たけびで、いなないていました。

 

GREAT JOURNEY「プ~~!」

 

GREAT JOURNEY「ウ~~~!」

 

GREAT JOURNEY「ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト。」

 

グレイトジャーニーは、大きい💩(うんち)を落としては、Haras du Grand Chesnaieの新生活になれていました。

 

2001年5月10日・アンブロジンの2001として生まれて以来、現在も、フランスで種牡馬生活を送る、グレイトジャーニー(GREAT JOURNEY=偉大なる旅・英)、繋養先が、Haras De Lonlayから、Haras du Grand Chesnaieに変わったとはいえ、今後も海外繋養種牡馬として、多くの産駒を産んで行くことになるとの事で、グレイトジャーニーの、牡・15歳での種牡馬生活を期待したいと想い、願っております。

 

グレイトジャーニー、牡・15歳のお誕生日、おめでとう、フランスで繋養生活を送る種牡馬として、更にたくさんの産駒を輩出して行ってね。

 

いいね!(11)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

http://www.jftajima.com/tsuiyama_shop(津居山港直送の、甘海老(北国赤海老)を使用した、甘海老のお刺身、これぞ、日本海・但馬沖の味。)

 

ぼくは、甘海老(北国赤海老)などの海老が好きな人間で、これまでに、丹後・但馬などの日本海沖で漁穫される、甘海老(北国赤海老)を購入して、お刺身にして、食しております。

 

今年の2月15日から、JF但馬漁協の、船内冷凍甘海老を購入し、お刺身に料理して食しております。

 

今まで、丹後ひもの屋・かに一番・京都 丹後・海鮮の匠 魚政・鮮魚 ぎざなどに甘海老の注文を、インターネットでして来ましたが、いずれも、京丹後市に所在する、鮮魚店であり、甘海老の場合、兵庫県の津居山港(豊岡市)・柴山港(美方郡・香美町・香住区)と、いずれも、漁港である港で水揚げされた、船内で急速冷凍された、甘海老を購入していました、中には、兵庫県側の、豊岡市竹野町の「増田商店」で購入した、500gの甘海老もあり、それもおいしかったのですが、大サイズの甘海老 30尾・中サイズの甘海老 40尾(いずれも、1パック)などに比べて、小サイズになっていることと、捕れ過ぎの問題もあり、購入をやめております。

 

今年の2月15日から、JF但馬(但馬漁業協同組合)から、甘海老などの注文をインターネットで受けており、それ以来、JF但馬からの直送による、甘海老などの海老を購入しております、いずれも、船内にて冷凍させた、新鮮のいい甘海老です。

 

4月15日にも、甘海老(1パック・5・10520円 送料込み価格。)を、桜海老と一緒に注文し、同月17日にようやく届きました。

 

刺身に料理して、食べてみると、但馬沖の大和堆で漁穫され、船内で急速冷凍された、甘海老の味もおいしいとの事です、今後共、兵庫県・但馬沖の、日本海で取れた、甘海老のお刺身を食して行きたいと想い、願っております。

いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2014年2月18日に生まれた、ロゼカラーの2014の馬名が、ローズシュクレ(Rose Sucre)に決まりました。

 

ローズシュクレとは、イギリス語(Rose=薔薇)とフランス語(Sucre=砂糖)の合成語で、薔薇の砂糖という意味です。

 

父が、スマートファルコンという、中央競馬で活躍したり、地方競馬の交流競走でも活躍してきた、現在・種牡馬として活躍中の強者であり、母・ロゼカラー(Rose Color=フランス語で、バラ色のという意味。)も、現役時代・中央競馬で活躍してきた、牝馬であり、繁殖牝馬になった現在も、多くの産駒を輩出していて。活躍中です。

 

今回は、栗東トレーニングセンター・小崎 憲厩舎の管理所属馬になる様で、産地馬体検査を受検後、同厩舎と預託契約を交わしました。

 

ローズシュクレは、栗毛の牝馬であり、今後・調教にむけての育成を現在行っております。

 

ローズシュクレのデビューを期待したいと想い、願っております。

 

いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ぼくの大好きな馬の1頭で、シンボリクリスエスとローズバドの仔であり、ブログタイトル「Rosen Konig ローゼンケーニッヒ」の由来にもなっている、ローゼンケーニッヒ(Rosen Konig・ドイツ語で、バラの王という意味。)が、5月1日・新潟競馬場で行われた、サラ系4歳以上障害戦に出走し、11着でレースを終えた直後、フラフラ倒れたので、診察したところ、急性心不全という、治療処置も施されないという病気と診断されており、残念ながら、その場で息を引き取りました。

(同時に競争馬登録抹消もされたとの事です。)

 

2012年のデビュー以来・栗東・橋口弘次郎厩舎→橋口慎介厩舎の所属管理馬として、35戦4勝の成績を残した、ローゼンケーニッヒ、突然の死亡は、大変ショックを受けたのです。

 

応援馬でもあり、長く活躍した、ローゼンケーニッヒのご冥福を、お祈りしたいと想い、願っております。

 

ぼくの大好きな馬の1頭・ローゼンケーニッヒよ、沢山の想い出をありがとう、安らかに眠ってね、さようなら、ありがとう、ローゼンケーニッヒ(Rosen Konigバラの王・独)!

いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

(に、行ってきた,

京都鉄道博物館(写真は、同館のグランドオープンと同時に、展示収蔵車両として置かれている、EF81形103号機 交直流電気機関車・トワイライトエクスプレス塗装。) )

 

遂に、グランドオープンした、京都鉄道博物館に、一昨日・

行ってきました。

 

JR西日本・JR京都線 桂川(久世)駅で事前に購入した、入館券をもって、電車で、京都駅へ。

 

そして、バスで、梅小路公園前で下車して、京都鉄道博物館に到着、入館券を係員に渡して、初入場しました。

 

まず、世界初の超高速鉄道の代表選手、0系・新幹線電車 4両の先頭車の中に入り、展示されているものを見ました。

 

そして、103系・通勤形直流電車の、トップナンバー クハ103-1号車の車内を見ました。

 

プロムナードには、80系・長距離電車・DD54形33号機・ナシ20形食堂車 24号車などが収蔵展示品として保存されており、内・ナシ20形24号車の1両は、実際にレストランとして営業されており、食堂車のカレー・食堂車の中華丼・食堂車のマーボー丼などのおすすめメニューなどを取り揃えており、この日は金がなかったのか入れはしませんでしたが、いずれはお金をもって入り、食べてみたいと想うことを、実感しました。

 

中に入ると、2014年4月6日に惜しくも閉館された、交通科学博物館(大阪市・港区・波除)から移設された、101系・通勤形直流電車の実物のカットボディなどが入っており、新たに収蔵された、581系・特急形交直流寝台電車(クハ581-35号車)・489系(クハ489-501号車)などの車両や、キハ81形・特急形 液体式ディーゼル気動車(キハ81-3号車・こちらも、交通科学博物館から、移設したもの。)・JR貨物から寄贈された、DD51形700番台(DD51形756号機)・EF66形0番台(EF66形18号機)などの、直流電気機関車・液体式ディーゼル機関車などの機関車たちなどが、展示収蔵されております。

 

中でも、実物の、18.0ミリの、HOゲージの模型を使用した、鉄道模型パノラマレイアウトは、人気の的で、この日は、13時35分の回(13時20分・入場)を選んで、観賞しました。

 

他に、自動券売機の、切符購入体験・自動改札機体験などを楽しみまして、普段・仕事が忙しく、行けなかったりする、京都鉄道博物館での一日を満喫して、帰路に就きました。

いいね!(20)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。