Rosen Konig ローゼンケーニッヒ

ブログタイトルは、シンボリクリスエスと、ローズバドの仔である、サラブレッドのローゼンケーニッヒ(ドイツ語で、薔薇(バラ)の王という意味・牡・毛色・黒鹿毛)に由来しています。


テーマ:
マタニティライフを送る、ジェンティルドンナ (ノーザンファームで繁殖牝馬として繋養生活を送る、ジェンティルドンナ。)
イタリア語で貴婦人という意味であり、貴婦人のように大きく活躍する馬になってほしいという願いが込められている馬で、ディープインパクトと、ドナブリーニの仔であって、ジェンティーの愛称で知られていて、2015年から、北海道・勇払郡・安平町・早来源武275番地のノーザンファームで母・ジェンティルドンナとして、繁殖牝馬生活を送っている、鹿毛の女の子のサラブレッド・ジェンティルドンナが、3月4日・同ファームの種付交配場で、初年度の配合種牡馬である、キングカメハメハと種付交配に初めて挑みました。

ジェンティルドンナは、2009年2月20日生まれの牝・6歳で、現役時代、桜花賞・オークス・ジャパンカップ(2回)・ドバイシーマクラシックなど、重賞競走を制覇した、ノーザンファームの生産牝馬で、サンデーレーシング(サンデーサラブレッドクラブ)の所有になる、鹿毛の女の子のサラブレッドです。

2012年・2014年の、年度代表馬に2回選出されるなど、いろいろ活躍して来ましたが、2014年12月28日に、中山競馬場で行われた、グランプリ・有馬記念 1着を最後に、惜しくも現役を引退、同日付で競走馬登録を抹消され、競走馬生活に終止符を打ちました。
(レース後、中山競馬場で行われた、引退式には、多くの競馬ファンが、ジェンティルドンナの別れを惜しんでいました。)

ジェンティルドンナは、2015年・牝6歳の馬に成長した時から、ノーザンファームで繁殖牝馬として繋養生活を送っていて、現在に至っており、種付前の 3月2日には、管理厩舎で、ジェンティルドンナが現役時代にお世話になった、栗東トレーニングセンター・石坂正調教師が、繁殖牝馬として繋養生活を送っている、ジェンティルドンナに再会し、ドバイシーマクラシックを制覇した時の競走生活などの想い出を囁いていました。

3月4日、ノーザンファームの種付交配場に、ジェンティルドンナは、初年度の配合種牡馬・キングカメハメハと一緒に入りました。

ジェンティルドンナの上に、配合種牡馬・キングカメハメハがのしかかり、かみこんでは、いなないていました。

ジェンティルドンナ「ヒュヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュヒュ~ン。」

ジェンティルドンナ「ヒュヒュヒュヒュ~ン。」

ジェンティルドンナの体に、キングカメハメハが流す尿がかけられていて行きました。

ジェンティルドンナは、配合種牡馬・キングカメハメハの間の交配を、無事終了しました。

その後、ジェンティルドンナは、無事に、キングカメハメハの仔を受胎を確認し、成功しました。

2015年から、母・ジェンティルドンナとして、ノーザンファームで繁殖牝馬として繋養生活を送っている、ジェンティルドンナ、待望の初年度産駒は、2016年2月4日に出産し、その後・幼年生活を送った後、2018年には競走馬としてデビューする予定になっている様で、今回・キングカメハメハと種付交配に挑み、無事に受胎した、ジェンティルドンナは、マタニティライフを送っているとの事で、イタリア語で貴婦人という意味であり、貴婦人のように大きく活躍する馬になってほしいという願いが込められている、ディープインパクトと、ドナブリーニの仔である、鹿毛の女の子のサラブレッド・ジェンティルドンナの繁殖牝馬としての活躍を期待したいと想い、願っております。

ジェンティルドンナ「ヒュヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルルルルル。」
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
サンデーサイレンスの後継産駒の1頭で、北海道・千歳市の社台ファーム・生産出身馬の1頭・マンハッタンカフェ(マンカフェ・母・サトルチェンジ 牡・17歳)が、8月13日・腹腔内腫瘍の為、繋養先の、社台スタリオンステーション・早来(北海道・勇払郡・安平町・早来源武276番地・ノーザンファーム(同・275番地)に隣接する牧場。)で、死亡していたことが、同スタリオンステーションから、日本中央競馬会に入った連絡で判明しました。 

マンハッタンカフェ(マンカフェ)は、駐車場運営会社・パーク24の代表取締役会長・西川清氏(すでに故人となった方で、同社・代表取締役社長・西川光一氏の父)の所有馬として、美浦・小島太厩舎に預託され、菊花賞・有馬記念など、12戦6勝の成績を残した、青鹿毛馬でしたが、凱旋門賞を最後に、屈腱炎がもとで現役を引退しました。

2003年から、社台スタリオンステーション・早来にて種牡馬として繋養生活を開始した、マンハッタンカフェ(マンカフェ)は、ヒルノダムールなどの産駒を輩出するなど、種牡馬として確立しました。

関西テレビ制作の「サンデーサイレンスにかけた夢」という、特別番組にて、マンハッタンカフェ(マンカフェ)は、父・サンデーサイレンス役に抜擢され、出演されたこともありました。

マンハッタンカフェ(マンカフェ)は、今年に入って、体調を崩していて、夏以降、種付をこなして居ない事から、今回・惜しくも死亡したとの事です。

牡・17歳という、現役種牡馬として活躍していながら、若くして急死した、マンハッタンカフェ(マンカフェ)の、ご冥福をお祈りしたいと想い、願っております。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
 (8月28日に発売される予定の、阪急電鉄・9300系 8両編成セット・KATO)
 
昨日・大阪・梅田の、阪急百貨店 うめだ本店・9階の、阪急うめだギャラリーで、「鉄道模型フェスティバル 2015」が、12日から開催されているというので、行ってきました。

入場料・600円を支払って、入場すると、昨年は、出展がなかった、KATO(関水金属)の、Nゲージ・阪急電鉄 9300系が、試作品で参考出品されておりました。

他に、じゃりちゃん鉄道のブースなどの、鉄道模型体験運転などのコーナーがあり、大人から、子供まで、大勢の人がつめかけては、鉄道模型の世界に浸っておりました。

中には、補習などがあり、行けなかった人が多くいましたが、それでも、入館者たちは、Nゲージなどの鉄道模型イベントに興味津々であり、ぼくも、普段は仕事が忙しくて行く事が出来ない、鉄道模型のイベントの1つ、鉄道模型フェスティバルを満喫して、帰路に就きました。

鉄道模型フェスティバル 2015は、大阪・梅田の、阪急百貨店・うめだ本店 9階・阪急うめだギャラリーにて、8月17日の、午後・18時00分まで開催されておりますので、是非・足をお運び下さい、待っております。
(現地問い合わせ先・06-6361-1381番 (大代表) )


AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
京都2歳ステークス・神戸新聞杯・菊花賞など重賞競走など含めて、6勝を挙げた牡馬で、2014年11月30日に、東京競馬場で行われた、ジャパンカップでは、3連覇を目指して出走した、ジェンティルドンナ(貴婦人・伊)・ジャスタウエイなどを抑えて、優勝した、エピファネイアが、このほど、現役を引退、7月31日付で、競走馬登録を抹消されたことが、判明しました。

ギリシャ語で、クリスマスから12日目にあたる、1月6日の「公現祭」という意味を持つ、エピファネイアは、父がシンボリクリスエス、母がシーザリオの血統で、12戦6勝の成績を残しております。

エピファネイアは、2014年11月30日に東京競馬場で行われた、ジャパンカップで、当時・3連覇を目指して参戦した、ジェンティルドンナ(イタリア語で、貴婦人という意味・愛称・ジェンティー)・ジャスタウエイなどの有力馬を抑えて優勝したことは、記憶にも新しいところです。

今年の3月28日(日本時間・3月29日)・アラブ首長国連邦・ドバイ・メイダン競馬場で行われた、ドバイワールドカップ・9着以降、休養にあてていました。

エピファネイアの今後の対応に付いて、馬主のキャロットファームが、所属厩舎の角居勝彦厩舎(栗東)と協議した結果、現役を引退することが決まりました。

来年から種牡馬として繋養生活を送ることになった、エピファネイアは、すでに繋養先の、社台スタリオンステーション・早来(北海道・勇払郡・安平町・早来源武276番地 ノーザンファームに隣接する牧場)にむけて、馬運車で、栗東トレーニングセンターを後にしました。

エピファネイアの、種牡馬としての、第2の馬生を送りたいと想い、願っております。
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
ネオユニヴァースと、ウインドインハーヘアの仔で、栗東トレーニングセンター・角居勝彦厩舎に所属する、モンドシャルナ(Mond Challna=世界の猫(キャット)・仏+人名 さしずめ、世界の陽菜・仏ともいう。)が、8月8日・帯広特別(札幌競馬場)に出走し、惜しくも、敗れはしましたが、6着に入賞しました。

モンドシャルナは、5月9日の六波羅特別(京都競馬場)で、11着に終わって以降、放牧休養に出されておりましたが、今回の帯広特別でレースに復帰しました。

ニコッとタウンの、ニコッとネームの由来共なっている馬だけに、次走の勝利を期待したいと想い、願っております。
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
DD51形+50系(1) 
 DD51形+50系(2) 
 DD51形+50系(3) 
 
 JR西日本・山陰本線では、国鉄時代の昭和59年ごろから、ナハ10(11)系・軽量客車・スハ43系 オハ35系・旧形客車 ブルーなどを、50系・通勤形客車(レッドトレイン)に置換えて運用して来ました。

その1つに、豊岡~米子間の、普通列車・531レがあります。

DD51形1000番台・後期・暖地形に牽引されて、豊岡を発車した、531レは、4両の50系・通勤形客車(レッドトレイン)を連ねて、玄武洞・城崎(現・城崎温泉)・竹野・佐津・柴山・香住・鎧・餘部・久谷・浜坂・諸寄・居組と停車し、次の東浜駅から鳥取県に入り、岩美郡内の、岩美・大岩の岩美町内の2つの駅を過ぎ、鳥取市に合併された、福部村の福部駅を経由し、鳥取駅に入り、赤碕駅・大山口駅・淀江駅・伯耆大山駅を経由して、終点の米子駅を結ぶ列車として運転されておりました。

それを、Nゲージの DD51形1000番台 後期・暖地形(7008-3・新ロット品 2013年ロット)と、今年の3月に発売された、50系・通勤形客車(レッドトレイン)の、単品・4両(5142・オハ50 2両 5143・オハㇷ50形 いずれも、KATO製)で再現しました。




いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
2008年のサービス開始と共に、加入し、長く利用してきた、鉄道模型のコミュニティサイト『トレイン・トレイン』が、今年の12月18日で終了することが、判明しました。

ぼくも、2008年5月10日に、新人会員として、加入して以来7年間、活動していて、オールKATOのNゲージ完成品車両を、新仕様を中心に、新製配置にて購入・納車し、導入・ゲットして、紹介して来ました。

今年の5月10日に、新規入会7周年を迎えたばかりで、来年の新規入会8周年にむけて、更なる活動して行こうとしていた矢先、突然のサービス終了が決まって、ショックを受けました。

今後、Facebookの「鉄道模型が好き。」などの、ほかのコミュニティサイトで活動を余儀なくされることになりますが、2008年の加入以来、長く活動して来た、鉄道模型のコミュニティサイト『トレイン・トレイン』(運営会社・アシアル株式会社 トレイン・トレイン運営事務局)に、お礼を申し上げたいと想い、願っております。

アシアル株式会社 トレイン・トレイン運営事務局さん、及び、『トレイン・トレイン』ユーザーのみなさん、7年間、鉄道模型のコミュニティサイト『トレイン・トレイン』 で、活動して頂き、本当に、ありがとうございました。

今後、Facebook「鉄道模型が好き。」及び、Ameba グルっぽ「鉄道模型 Nゲージ専用」などの、他の鉄道模型のコミュニティサイトで活動することになりますが、いつまでもお元気で鉄模活動にいそしんでほしいと想い、願っております。

本当に、ありがとうございました。
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:
サラ系3歳上1400m戦が、7月26日に中京競馬場で行われ、15頭のサラブレッド(牡・牝)が争いました。

アメリカ・ケンタッキー州生まれの、フォンタネットポー(Fontanetto Po=イタリア共和国ピエモンテ州・ヴェルチェッリ県のコムーネの1つ・父・ダンカーク・母・フラーテイシャスミス・毛色・栗毛・牝・3歳・馬主・吉田和美氏・所属・石坂 正厩舎(栗東)・2012年3月2日(日本時間・3月3日)生まれ・生産者・Buck Pond Farm Inc・血統名・フラーテイシャスミスの2012)が、1分24秒2で優勝、2着には、北海道・勇払郡・安平町出身の、コロマンデル(COLOMANDEL=マハーバリプラムが面するインド南東部の海岸・父・キングカメハメハ・母・マハーバリプラム・毛色・黒鹿毛・牡・3歳・馬主・吉田勝巳氏・所属・安田隆行厩舎(栗東)・2012年5月28日生まれ・生産者・ノーザンファーム・血統名マハーバリプラムの2012)が入り、3着には、北海道・白老郡・白老町出身馬のチーフアセスメント(CHIEFACESEMENT=重要な評価・父・FUJIKISEKI・母・チームオフィサー⒉・毛色・鹿毛・牡・4歳・馬主・社台レースホース・所属・五十嵐忠男厩舎(栗東)・2011年3月16日生まれ・生産者・社台コーポレーション白老ファーム・血統名・チームオフィサー2の2011)が入りました。

北海道・千歳市を本拠地に、勇払郡・安平町に拠点を持つ、社台ファームグループおよび、同社の代表者の個人所有馬では、北海道・勇払郡・安平町出身の、グル―ヴァ―(GROOVAR=かっこいいやつ・父・シンボリクリスエス・母・イントゥザグルーヴ・毛色・青鹿毛・牝・4歳・馬主・吉田勝巳氏・所属・笹田和秀厩舎(栗東)・2011年4月14日生まれ・生産者・ノーザンファーム・血統名・イントゥザグルーヴの2011)が12着に終わったほか、チーフアセスメントと同じ、北海道・白老郡・白老町出身馬の、ディーセントワーク(DCENTWORK=働ぎがいのある仕事・父・シンボリクリスエス・母・ワーキングウーマン・毛色・黒鹿毛・牡・4歳・馬主・サンデーレーシング・所属・松下武士厩舎(栗東・2014年に開業したばかりの厩舎)・2011年2月27日生まれ・生産者・社台コーポレーション白老ファーム・血統名・ワーキングウーマンの2011)最下位の15着に終わったとはいえ、1着~15着までを、社台ファームグループおよび代表者の所有馬で占めました。

優勝した、フォンタネットポーは、アメリカ・バレッツ3月セールで、ナーヴィックインターナショナル インクの名義により落札された栗毛の牝馬で、2013年に日本に輸入されて、初来日したサラブレッドであり、3着が3回・2着が2回の成績を誇る牝馬で、今回を入れれば、7戦2勝となりました。

フォンタネットポーの母・フラーテイシャスミスも、2013年の11月には、ノーザンファームにより、日本に輸入されており、現在も同ファーム(北海道・勇払郡・安平町)で繁殖牝馬として繋養生活を送る、牝馬のサラブレッドで、すでに、ベストウオーリア(最高の戦士・馬場幸夫の所有馬)などを輩出しております。

1着~15着までを、社台ファームグループ及び、同社の代表者の所有馬で占めた、中京競馬場での、最終12レースが、終わりました。



いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
2004年から、繁殖牝馬として繋養生活を送る、ビリーヴ=BELIVE(父・サンデーサイレンス 母・グレートクリスティーヌ)の、最新鋭産駒で、2013年2月27日(日本時間・2月28日)に、アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊 レーンズエンドファーム・オークリースタッドで、株式会社・ノーズヒルズ(旧社名・ノーズヒルズマネジメントスタッド)の名義により、スマートストライクを父に持つ馬として生まれた、可愛い鹿毛の女の子の馬・エリシェヴァ(わが神はわが誓い・へプライ語)が、7月6日付で、新規馬名登録を受けました。

馬主は、前田幸治氏の妻・前田葉子氏で、ビリーヴ=BELIVEの2013が、血統名のサラブレッドであり、今後の活躍が期待されている、牝馬のサラブレッドです。

既に、栗東トレーニングセンター・角田晃一厩舎と預託契約をかわしていて、すでに入厩しております。

既に、ゲート試験も合格しており、エリシェヴァ(わが神はわが誓い)は、今後・小倉競馬場でのメイクデビューで初勝利をあげられるのか、期待したいと想い、願っております。

ビリーヴ=BELIVEを母に持つ馬では、フィドウーシア(信頼・伊)が、2勝を挙げるなど、現役競走馬として活躍しており、エリシェヴァ(わが神はわが誓い)を加えれば、ビリーヴ=BELIVE産駒は、エリシェヴァ(わが神はわが誓い)で、6頭目になります。

エリシェヴァ(わが神はわが誓い)の、中央競馬での初勝利をを期待したいと想い、願っております。
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

オハフ50形・単品(5143・KATO)

 (遂に、ぼくのレールに入線した、Nゲージ・オハフ50形・単品(5143・KATO) )

ぼくの所有しております、KATOのNゲージ・50系・通勤形客車(レッドトレイン)が、6月17日にまた1両を、購入・納車しました。

オハフ50形・単品(5143)・1両です。

本来は、ホビーショップ・コスモ(京都市・西京区・川島三重町85-3番地)にて、割引価格で購入・納車する予定でしたが、あいにく、定休日でお休みだったので、ホビーセンターカトー・大阪店(大阪府・吹田市・豊津町12-15番地)にて、定価販売にて、購入・納車するに至りました。

もちろん、LED室内灯・クリア(11-211・KATO 純正品です。)を、標準装備で取り付けた、豪華版になっております。

7月14日に、ぼくの家にて、カプラーを、KATOカプラーN(11-702)に交換・取り付けを行い、翌・15日に、ぼくの家のレールに、ようやく入線し、既に購入・納車してある、KATOのNゲージ・50系・通勤形客車(レッドトレイン) 単品・3両(5142 オハ50形・2両 5143 オハフ50形・1両)に組み込み、DD51形1000番台・後期 暖地形(7008-3 2013年ロット)に牽引させて、試運転を行い成功し、同日から運用を開始しました。

これで、KATOのNゲージ・50系・通勤形客車(レッドトレイン) 単品は、既に購入・納車した、3両に加えて、オハフ50形(5143)・1両が入ったので、4両になりました。

今後共、大切に扱い、末永くご愛用して頂こうと想い、願っております。
 
いいね!した人  |  コメント(2)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇