Rosen Konig ローゼンケーニッヒ

ブログタイトルは、シンボリクリスエスと、ローズバドの仔である、サラブレッドのローゼンケーニッヒ(ドイツ語で、薔薇(バラ)の王という意味・牡・毛色・黒鹿毛)に由来しています。

NEW !
テーマ:
ぼくの大好きな馬の1頭で、2011年から、母・ブーケフレグランス(DAM・BOUQUETFRAGRANCE)という、繁殖牝馬として、北海道・千歳市の、社台ファームで繫養生活を送っているサラブレッド・ブーケフレグランス(BOUQUETFRAGRANCE=イギリス語で花束の香りという意味・父・ダンスインザダーク・母・スカーレットブーケ・毛色・栗毛・牝・2005年5月20日生まれ・同ファーム・生産・血統名・スカーレットブーケの2005)の初の子供馬・パルファンデュロワ(Palfan Du Roi=フランス語で、王様の香りという意味・父・キングカメハメハ ・2012年3月11日生まれ・同ファーム・生産・栗東・西園政都厩舎・所属・血統名・ブーケフレグランスの2012)が、一昨日・京都競馬場で行われた、メイクデビュー・京都(サラ系2歳新馬戦・第6レース)に、出走しました。

惜しくも敗れたとはいえ、15着という、悪夢のレース結末となりはしましたが、無事にデビューして、くれました。
今年の、7月25日に入厩したばかりの、パルファンデュロワ(Palfan Du Roi=フランス語で、王様の香りという意味。)は、ゲート試験・合格後、成長放牧のため、グリーンウッドTに出されており、10月17日には帰厩して、調教を再開し、今回のデビューとなりました。

パルファンデュロワは、大きくて、鋭く、かわいい雄たけびでいななきながら、成長して行く牡2歳の馬です。

次走はさらに鍛えて、パルファンデュロワが、待望の初勝利をめざしてほしいと、願っております。


惜しくも15着と敗れたとはいえ、無事にデビューして、よかったね、パルファンデュロワ。

パルファンデュロワ「ヒュヒュヒュ~ン。」

次走は、さらに鍛えて、初勝利をめざしてほしい。

なあ、ぼくの好きな、パルファンデュロワ(王様の香り=仏)よ、次走は初勝利をめざして、走れ。

パルファンデュロワ「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン!」


AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
 (遂に、12月13日で、購入・納車して1周年を迎える、KATOのNゲージ・JR西日本 225系0番台 近郊形直流電車「新快速・快速」8両セット(10-871)  )
Nゲージ 10-871 225系0番台「新快速」 8両セット/カトー
¥20,304
Amazon.co.jp

ぼくが所有しております、KATOのNゲージ・JR西日本 225系0番台近郊形直流電車 「新快速・快速」 8両セット(10-871)が、12月13日で購入・納車してから、1周年を迎えます。

1年前の2013年12月13日・ホビーセンターカトー・大阪店に来た、ぼくは、かねてから購入・納車して見たかった、JR西日本 225系0番台近郊形直流電車「新快速・快速」 8両セット(10-871)を、手に取って、早速 購入・納車を決めました。

オールクロスシートを備える、JR西日本の、新形近郊形直流電車・225系は、2010年11月6日のダイヤ改正でデビューした、最新鋭電車で、0番台・110両が、網干総合車両所に、5000番台・116両が、日根野電車区(現・吹田総合車両所・日根野支所)に、新製配置されましたか、内・42両が、120キロ仕様車にされて、6000番台に改番の上、網干総合車両所・宮原支所に転じており、現在は、0番台・68両が、網干総合車両所に、5000番台・116両が、吹田総合車両所・日根野支所に配置されており、「新快速・快速」・「関空・紀州路快速」にて活躍中です。

Nゲージの、JR西日本・225系0番台「新快速」 8両セットは、KATOとTOMIXの両社が競作で製造され、完成品車両として製品化されて発売されておりますが、ぼくが購入した、JR西日本・225系0番台は、KATO製品のものです。

室内灯には、287系・新形直流特急電車「こうのとり」で公式室内灯として採用しております、LED室内灯・クリアを、採用しております。

この室内灯は、自分で簡単に取り付けられるように開発・製造した、経費節減を狙った仕様になっており、自作気分で取付けが出来るようにした、KATOが新開発した、純正品の室内灯で、従来の白色室内灯に比べて、60%もアップした室内灯になっております。

ホビーセンターカトー・大阪店にて購入・納車した、JR西日本 225系0番台にも、LED室内灯・クリアを標準装備して取付けた上、DD51形1000番台・後期・暖地形(7008-3・ワイパー窓)・2013年ロット2両も購入・納車したので、38262円の定価販売にて、購入・納車するという、痛い出費になったとはいえ、導入しました。

あれから、1年が過ぎようとしております。

ぼくが購入・納車した、KATOのNゲージ  JR西日本・225系0番台「新快速・快速」・8両セット(10-871)は、1年目を迎える現在も、所有しており、今後共大切に扱い、末永くご愛用頂こう想い、願っております。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:
2001年4月26日に、北海道・勇払郡・追分町(現・安平町)・追分向陽1233-1の追分ファームの生産になる、日本産馬で、2008年から種牡馬として、アメリカで繫養されている、サンデーサイレンスとトリッキーコードの仔、HAT TRICK=ハットトリックが、今日(日本時間・19日)で、ゲインズウェイファームに来て、3周年を迎えました。

ハットトリックとは、イギリス語のサッカー用語で、1試合で1選手が3得点以上を挙げることの意味で、現役時代・キャロットファームの所有競走馬として、美浦・清水美波・栗東・角居勝彦 両厩舎に預託されて所属しており、21戦8勝の成績を上げていて、2005年の最優秀短距離馬に選定されるなど活躍しましたが、2007年5月8日に現役を引退、5月10日には競走馬登録を抹消、その後・出国検疫検査を受けた後、5月27日に飛行機で名残惜しい日本を後に渡航しました。

チャンピオンマイラーホース・ハットトリックは、2007年6月に、種牡馬としてアメリカに輸入され、2008年から、ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、ウォルマックファーム(WALMAC FARM LLC)を拠点に、シャトル種牡馬として、オーストラリア・インディペンデントスタリスタリオンズ アルゼンチン・エルマリン牧場で、4年間・繫養生活を送りましたが、牡・10歳の時の、2011年11月上旬には、現在の繋養先である、同じ、ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、お隣のゲインズウェイファーム(GAINESWAY FARM)に売却されました。

そして、11月18日(日本時間・19日)に、2008年のスタッドイン以来、4年間繫養されて来た、ウォルマックファーム(WALMAC FARM LLC)を後に、馬運車でお隣のゲインズウェイファーム(GAINESWAY FARM)移動し、到着しました。

ハットトリックは、翌日の11月19日(日本時間・11月20日)、ゲインズウェイファーム(GAINESWAY FARM)にて行われた、お披露目会に初めて登場し、ブリーダーたちの関心を集めていました。

ハットトリックは、2012年から、ゲインズウェイファームの新繋養馬として、生活を開始しました。

あれから、3年が過ぎます。

2012年~2013年の種牡馬シーズンから、ゲインズウェイファームで、同ファームで、唯一のサンデーサイレンスの後継産駒として繫養生活を送っている、HAT TRICK=ハットトリックは、2015年~2016年の種牡馬シーズンでも、更なる活躍を期待したいと想い、願っております。












AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
ぼくの応援馬の1頭で、大好きな馬の1頭、サングレアル(Sang Real=王家の血脈・仏)が、昨日・京都競馬場で行われた、第39回・エリザベス女王杯に、ゼッケン14番で、出走しました。

惜しくも、敗れてしまいましたが、14着に入る健闘を見せました。

優勝したのは、ラキシスで、サングレアル(Sang Real=王家の血脈・仏)と同じ、ノーザンファームの生産馬でありながら、愛馬の1頭で、応援馬でもある、大好きな馬の1頭・エアハリファが所属している、角居勝彦厩舎・所属馬で、馬主が大島昌也氏の所有馬になる、4歳の牝馬です。

2011年5月8日に、ゼンノロブロイと、ビワハイジの仔として生まれた、大好きな、サングレアルも、サンケイスポーツ賞フローラステークス以降、勝ち星から遠ざかっており、次走こそは、優勝をめざしてほしいと想い、願っております。

惜しくも、敗れてしまったが、無事に走ってくれたね、なあ、サングレアル(Sang Real)。

サングレアル「ヒヒ~ン!」

次走は、疲れをとって、優勝をめざしてほしい、しかも重賞競走に出るのは、初めての経験になったね、なあ、サングレアル。

サングレアル「ヒヒ~ン、ブルルルルルルル。」

さらに調教させて、元気よく、快勝できる馬に成長してほしい、なあ、たのむ、大好きな、サングレアル(Sang Real=王家の血脈・仏・毛色・青鹿毛。)、次走も元気で、走ってね。

サングレアル「ヒヒ~~~ン!」
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
最近買ったものは? ブログネタ:最近買ったものは? 参加中
本文はここから


381系100番台 

写真と一言で簡単に♪Amebloでフォトログを書こう

ぼくは、8月20日に、KATOのNゲージ・381系100番台・6両基本セット(10-1112)を、ホビーセンターカトー・大阪店にて、購入・納車したことです。

室内灯には、LED室内灯・クリア 6両分(11-212・KATO 純正品です。)を、ホビーセンターカトー・大阪店にて、預かりの上、標準装備で取付けました。

その為、送料・700円を加算されて、22948円の、定価販売にて購入・納車した様で、翌・8月21日には、宅配便でぼくの家に届きました。

今後共、大切に扱い、末永くご愛用頂こうと想い、願っております。
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
ぼくの愛馬の1頭で、大好きな、応援馬の1頭でもあり、現在も、株式会社・ラッキーフィールドが所有する、エアハリファ(冠名・エアに、人名・父・ディスクリートキャット・母・チェズラフェイム・毛色・鹿毛・2009年2月14日生まれ・アメリカ・ケンタッキー州・ウインチェスターファーム・生産・栗東・角居勝彦厩舎・所属・血統名 チェズラフェイムの2009)が、昨日・東京中日スポーツ賞武蔵野ステークスに1番人気で出走し、惜しくも2着に敗れたものの、初の重賞に挑戦する活躍を見せました。

エアハリファは、前走・アハルテケステークスに出走して優勝した後、放牧休養に出されていましたが、今回のレースで2着に終わったとはいえ、復帰後、初の重賞挑戦を果たしたのです。

次走は、1着をめざしてほしいと想い、願っております。

7連勝はならなかったが、初の重賞挑戦を果たしたね、なあ、エアハリファ。

エアハリファ「ネイ!」

次走は、1着をめざして、走っていこうね、なあ、大好きなエアハリファ、次走は1着をめざして、走れ。

エアハリファ「ネイ、ブルルルルルルル。」
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
丹後のお土産処 ごちそう市場 「かに一番」

甘海老 (遂に、昨日・到着した、甘海老(500g) 北畿リゾート・水産部 かに一番より購入したもの。)
 
遂に、かに一番(北畿リゾート・水産部)からも、新物の甘海老(北國赤海老)が、到着しました。

昨日の夜・10月15日に、銀行振込で注文していた、甘海老(北國赤海老) 500g・2が、宅配便で届けられ、受け取りました。

北畿リゾート・水産部の甘海老(北国赤海老)の場合、値段が1つだと1980円の品物であり、2つ注文している事から、4910円になりました。

早速・お刺身にして、食しました。

かけむらさきという、小野甚味噌醤油醸造株式会社製のかけ醤油につけて、食べてみると、甘い香りの海老ということもあり、美味しく頂けました。

今日の、夜にも、今度は、手造りの、烏賊(いか)の塩辛が、丹後から届くことになっており、今後共産地直送の食品が、続けて入ることになりそうです。

いいね!した人  |  コメント(4)

テーマ:

2014年~2015年の種牡馬シーズンをはじめた、ハットトリックでしたが。
6月になり、ハットトリックと同じく、2008年から種牡馬としてスタッドインしていた、ユートピア(ユーティー)が、トルコのエージェントに売却され、カラカベイ・ナショナルスタッドで新生活を送るためアメリカを離れる事になったのです。
すでに、繋養先のマクマホン・サラトガ・サラブレッズを後にエルメンドルフファームに移動し。出国検疫検査を受けた後、9月中旬・飛行機でアメリカを後に渡航しました。
サンデーサイレンスとトリッキーコードの仔・ハットトリックにとって、同期スタッドイン組のユートピア(ユーティー)の、トルコへの輸出は、寂しい感があるのか、大きな影響を受けました。

HAT TRICK「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン!」
ハットトリックは、大きい雄たけびで、いななき、ケンタッキーの空に鳴いていました。
同期スタッドイン組の、ユートピア(ユーティー)が、トルコに行ってしまい、寂しい観がある。ハットトリックは、今後も種牡馬として、さらなる活躍を期待したいと、誓っては、新たな活躍を夢見ていました。
2014年11月18日(日本時間・11月19日)で、ゲインズウェイファームに来て、3周年を迎える、マイラーチャピオンホース・ハットトリック、2015年~2016年の種牡馬シーズンもさらなる活躍を期待したいと想い、願っております。

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
2007年6月に、種牡馬として、アメリカに輸入された、サンデーサイレンスの後継産駒で、トリッキーコードの仔である、HAT TRICK=ハットトリックが、今年の11月18日(日本時間・11月19日)で、GAINESWAY FARMに来て、3年を迎えます\。
ハットトリックは、2001年4月26日(日本時間・4月27日)・北海道・勇払郡・追分町(現・安平町)産の日本産馬で、現役時代・キャロットファームの所有馬として、美浦・清水美波・栗東・角居勝彦 両編厩舎に所属していて、マイルチャンピオンシップ・香港マイルなど、21戦8勝の成績を残しており、2005年の最優秀短距離馬に選定され受賞するなど、競走馬として活躍しましたが、2007年5月8日には現役を引退、同年の5月10日には競走馬登録を抹消され、すでに閉鎖された、山元トレーニングセンターにて出国検疫検査を受けた後、5月27日には、飛行機で名残惜しい日本を跡に渡航しました。

マイラーチャピオンホース・ハットトリックは、2007年には種牡馬としてアメリカに輸入され、2008年から、ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、WALLMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)を拠点に、シャトル種牡馬として、4年間繋養され、オーストラリア・インディペンデントスタリオンズ・アルゼンチン・エルマリン牧場でも半年間繫養生活を送りました。
2011年11月上旬・現在の繋養先である、同じ、ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、GAINESWAY FARM(ゲインズウェイファーム)に売却され、11月18日(日本時間・11月19日)には、同ファームにやって来ました。
2012年の種牡馬シーズンから、新繋養馬として、GAINESWAY FARM(ゲインズウェイファーム)で生活を開始した、ハットトリックは、これまでに、ダビルシム・ハウグレート・キングデービッドなど、多くの産駒を輩出しました。
(その2へ。)
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
287系「こうのとり」(KATO) (遂に 1月以降に再発売されることになった、287系「こうのとり」 4両基本セット・10-1107  3両増結セット・10-1108  いずれも、KATO)

ぼくが、所有しております、KATOのNゲージ・JR西日本 287系・新形直流特急電車「こうのとり」(4両基本セット ・10-1107  3両増結セット・10-1108)が、来年1月以降に、再生産発売されることが、KATOから明らかになりました。

2013年5月23日に、KATOからニューモデルとして新発売された、JR西日本・287系 新形特急直流電車の実車は、2011年3月12日のダイヤ改正にてデビューした、新形特急形電車で、現在・福知山電車区に所属し、福知山線(JR宝塚線)・山陰本線の特急「こうのとり」(新大阪駅~城崎温泉駅間)を始め、山陰本線・京都口(愛称・嵯峨野線)の特急「はしだて」・「きのさき」・「まいつ゛る」(京都駅~天橋立駅・城崎温泉駅・東舞鶴駅間)でも使用され、綾部駅での連結・切離も貫通式の構造を生かして、フルに活用されている他、2012年からは、阪和線・紀勢線(愛称・きのくに線)の特急「くろしお」(京都駅・新大阪駅・天王寺駅~白浜駅・紀伊勝浦駅・新宮駅間)にも使用されております。

KATOのNゲージ・JR西日本 287系・新形直流特急電車「こうのとり」は、4両基本と3両増結の2セットからなるもので、セットのみの発売となっており、フライホイール動力ユニットを採用していて、素晴らしい走りを見せており、ぼくも、2013年5月25日に、ホビーセンターカトー・大阪店の通信販売にて、初めて購入・納車し、その後、5月28日と8月15日の2回、ホビーショップ・コスモで2本目の287系を購入・納車した他、翌日の8月16日には、ホビーセンターカトー・大阪店で、同店特製品の、LED室内灯・クリアを取り付けた、3本目の287系を購入・納車し、現在は3本6セットを所有しております。

いずれも、フライホイール動力ユニットを採用していて、DCCフレンドリーとした仕様となっております。

今回・再生産発売される、JR西日本・287系 特急形直流電車は、「こうのとり」 4両基本と3両増結の,2セットのみで、来年1月以降には、ホビーセンターカトー・大阪店などの、全国の模型店・量販店などで発売される様で、発売次第、4本目の287系「こうのとり」を購入・納車して行こうと想い、願っております。
 
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード