Rosen Konig ローゼンケーニッヒ

ブログタイトルは、シンボリクリスエスと、ローズバドの仔である、サラブレッドのローゼンケーニッヒ(ドイツ語で、薔薇(バラ)の王という意味・牡・毛色・黒鹿毛)に由来しています。


テーマ:

 

http://www.nicotto.jp/

 

絵本のような仮想タウンコミュニティ「ニコッとタウン」が、今月の29日で、8周年を迎えます。

 

ニコッとタウンは、スクエアエニックスグループの一員でもある、スマイルラボという会社が運営する、SNSサイトの1つで、ニコッとタウンが誕生したのは、2008年9月29日のことで、これまでに多くの方が、加入してきました。

 

今では、加入者数が、150万人になり、20代以上が、75パーセントも超える、大人の仮想コミュニティサイトになりました。

 

ぼくも、2010年の1月29日から加入しており、途中1回・メールアドレスが使えなくなり、やむなく再加入をせざる得なくなりましたが、今日まで利用しております。

 

ニックネームが、ROSEKING ローズキング→アルヴィス→モンドシャルナ→プエラPERAと、4回変更しながら、今日まで利用しております。

 

これから、10月4日(火曜日)の23時45分まで、8周年記念パレードを実施するなど、8周年記念イベントを繰り広げることになっており、来年の9周年、再来年の10周年にむけて、さらなる発展を遂げていけるのか、推移を見守っていこうと想い、願っております。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

(9月17日・午後の再現運転から復帰した、DD51形1000番台・後期形 新仕様(暖地形・7008-3 新ロット品・2013年ロットモデル KATO)の1両・1177号機(2代目・2013年10月24日に、今年の3月10日で惜しくも閉店)で、3月10日で惜しくも閉店された、ホビーセンターカトー・大阪店で購入・納車したもの、上・代金引換ゆうパックで、ぼくの家に届いた時の物 下・50系50形・通勤形客車(レッドトレイン) 5両編成を牽引して運転を再開した時の物・9月17日に撮影。)

 

7月20日から、連結部分の破損の為、KATO 京都駅店を通じて、KATO お客様サービス係に、1か月間、修理を依5頼していた、KATOのNゲージ完成品車両製品・DD51形1000番台・後期形 新仕様(暖地形・7008-3 新ロット品・2013年ロットモデル)・3両の内の1両・1177号機が、8月20日に、代金引換ゆうパックで、ぼくの家に戻り、2064円の請求金額があったので、それを支払って、受け取りましたが、9月17日の午後・同じ、KATOのNゲージ完成品車両製品・59系50形・通勤形客車(レッドトレイン) 5両編成(単品・5142 オハ50形・3両 5143・オハフ50形・2両)を牽引させての再現運転から、運用に復帰するに至りました。

 

今後も、KATOのNゲージ完成品車両製品・DD51形1000番台 後期形・新仕様(暖地形・7008-3・新ロット品 2013年ロットモデル)を、大切に扱い、末永いご愛用をして行こうと想い、願っております。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

9月7日(日本時間・9月8日)から、ブラジルのリオデジャネイロで開催されて来た、リオデジャネイロパラリンピックが、今日(日本時間 現地時間・昨日)で、閉会式が行われ、次の開催地・東京都(日本・2020年大会)へ引き継がれます。

 

日本選手団も、たくさんのメダルを獲得しており、4年後の、2020年の東京大会への挑戦が期待されております。

 

リオデジャネイロパラリンピックは、この後・今日の午前6時(日本時間)に閉会式が行われ 車いすなどの障害者スポーツの国際大会が幕を下ろすことになります。

 

夏季オリンピック・パラリンピック リオデジャネイロ大会を成功させた、ブラジルのリオデジャネイロも、次の国際大会への誘致活動への参加などを通して、新たな歴史を踏み出すに違いがないことを、願いたいと想い、願っております。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

イタリア語で貴婦人という意味で、貴婦人のように大きく育ってほしいという願いが込められている、鹿毛の女の子のサラブレッドで、2015年から、北海道・勇払郡・安平町・早来源武275番地の、ノーザンファームで、母・ジェンティルドンナとして繁殖牝馬生活を送っている、ジェンティルドンナ(Gentill Donna 父・ディープインパクト 母・ドナブリーニ・毛色・鹿毛・牝・7歳・2009年2月20日生まれ・血統名・ドナブリーニの2009・愛称・ジェンティー)が、このほど、2016年度の顕彰馬の対象馬に選出されたことが、判明しました。

 

ジェンティルドンナは、現役時代・19戦10勝の成績を上げて、2014年12月28日に中山競馬場で行われた、グランプリ・有馬記念 1着を最後に現役を引退、同日付で競走馬登録を抹消され、2015年3月から繁殖牝馬として、ノーザンファームにて繋養生活を送っていて現在に至っており、今年の2月15日には、ジェンティルドンナは、母馬として、初の仔馬を、当初の予定日であります、2月4日より11日遅れて、無事に出産したとの事です。

 

この間・2012年・2014年の年度代表馬にも選出されている他、2014年にはドバイワールドカップ・シーマクラシックに出走の為、ドバイ・メイダン競馬場に遠征しており、2014年の同競走では、フランスのシリュスデゼーグルを抑えて優勝しています。

 

因みに、ジェンティルドンナへの、記者投票数は、155票となっており、2位のロードカナロア(2013年の年度代表馬に選出された。)が、125票で、3位がブエナビスタ(2010年の年度代表馬)が、113票だったようで、その2頭を抑えて、ジェンティルドンナ(ジェンティー)が、2016年度の顕彰馬に選出されました。

 

10月10日(祝日)の、京都競馬場・ウイナーズサークルにて行う、表彰セレモニーでは、馬主であります、(有)サンデーレーシングの関係者の他、現役時代にお世話になった、石坂 正調教師(栗東)の関係者が出席して表彰されるとの事です。

 

2012・2014年の年度代表馬・ジェンティルドンナ(ジェンティー)の、顕彰馬の授賞、おめでとうございます、繁殖牝馬として、さらなる活躍を期待したいと想い、願っております。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

真夏の札幌競馬場の最終レース・釧路湿原特別(くしろしつげんとくべつ)が、9月4日・同競馬場の第12レースとして13頭のサラブレッドが出走して行われました。

 

アメリカ合衆国生まれのドリームキラリ(冠名・ドリームにキラリ。キラッと光る走り・父・ジャイアンツコーズウエイ 母・Truant 牡・4歳 毛色・青毛 2012年2月18日(日本時間・2月19日)生まれ 馬主・ライオンホースレース(株) 栗東・矢作芳人厩舎・所属 生産者・Colts Neck Stebles LLC)が、1分44秒3で優勝、2着には、北海道・日高郡・新ひだか町出身馬の、スリーアロー(三本の矢=英 父・アルデバラン2 母・ピサノベネチアン 牝・5歳 毛色・黒鹿毛 2011年4月10日生まれ 馬主・松元保氏 栗東・南井克己厩舎・所属(一時・(有)フジワラファームの所有馬として、地方競馬の、笠松・後藤保厩舎に所属したことがある。) 生産者・(有)フジワラファーム)が3馬身差で入り、3着には、北海道・浦河郡・浦河町出身の、エポック(新時代=英 父・ヴァーミリアン 母・セクシーザムライ(アメリカ合衆国生まれの牝馬で、後に繁殖牝馬となり、北海道・浦河郡・浦河町の三嶋牧場で繋養生活中。) 牡・3歳 毛色・黒鹿毛 2013年2月9日生まれ 馬主・吉澤克己氏(アメリカンの冠名で知られる・吉澤ステーブルの代表取締役社長) 栗東・角田晃一厩舎・所属 生産者・三嶋牧場)が、1馬身差で入賞しました。

 

以下・4着には、トミケンシャルゴー(冠名・トミケン+頑固な、辛抱強い=モンゴル語)が、5着には、ベルフィオーレ(美しい花=伊 唯ーのディープインパクトを父に持つ馬として出走しました。)が、入賞しました。

 

優勝した、ドリームキラリは、レヴァンテライオンなどの競走馬を所有している、ライオンレースホースの所有馬で、Truant2012が血統名で、2013年9月のキーンランド1歳上セールに上場され、JS Companyに購買された、青毛のサラブレッドで、2013年10月17日に初来日し、北海道・浦河郡・浦河町の牧場で検疫検査と繋養を行い、2015年5月に競走馬デビューした馬で、中京競馬場で行われた、未勝利戦ではデビュー2戦目にして、初勝利を挙げました。

 

前走・報知杯大雪ハンデでは、3着に入る健闘を見せております。 

 

今後の活躍を期待したいと想い、願っております。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

(遂に、入線した、165系800番台・急行形直流電車 新仕様 「伊那」4両編成セット(10-1335・飯田線シリーズ KATO)

 

遂に、KATOのNゲージ完成品車両製品・165系800番台・急行形直流電車 新仕様 「伊那」4両編成セット(10-1335・飯田線シリーズ)が、入線しました。

 

8月15日・ポポンデッタ・イオンモールKYOTO店で購入・納車したもので、夜間運転もするので、LED室内灯・クリア 6両分を購入して取り付けたのですが、先頭車・2両(クハ165形)だけは、KATO 京都駅店購入した、LED室内灯・クリア(11-211・1両分 2個)に交換・取り付けする為、同店を通して、KATO お客様サービス係(ホビーセンターカトー・東京店 東京都・新宿区・西落合)に送って、取り付けて、8月22日に完了し、9月8日・代金引換ゆうパックで、ぼくの家に届けられ、1848円(請求金額)を支払って、受け取り、ユニトラック・複線線路(V11・20-820 KATO)のレールに乗せて入線しました。

 

走らせてみると、フライホイール動力ユニットの動きと、LED室内灯・クリア(室内灯)の輝きも相俟って、素晴らしい走りを見せましたが、後ろの先頭車・クハ165形の室内灯がチラついたり、つかないなどで付け直したりするなど、悪戦苦闘の末、見事に室内灯は正常につきました。

 

KATOのNゲージ完成品車両製品・165系は、新品・中古を問わず、発売されている、ベストセラーモデルで、ぼくも、シールドビーム搭載車(クハ165形・4277 クモハ165形・4278)・モハ164(4055→同・800番台・4055-6 T-4058)・サロ165(4059-4)・モハ165形(4276) 2両など、旧製品を所有したり、165系・JR東海仕様車6両編成セット(10-451)も所有したりしたこともありましたが、これらは、ウオームギアを搭載した旧仕様であり、すでに売却されているとの事で、今回・久々に、165系・急行形直流電車を購入・納車しました。

 

今回・購入・納車しました、KATOのNゲージ完成品車両製品・165系800番台・急行形直流電車は、新仕様(フライホイール動力ユニット・DCCフレンドリー)の、現行電車仕様にアップデートして、リニューアル製品に仕立てた、今年6月発売のニューモデルで、飯田線シリーズの1つであり、「こまがね」・4両編成セット(10-1334)と、「伊那」・4両編成セット(10-1335)の2種類があり、今回は、予算の都合から、「伊那」・4両編成セット(10-1335)を、8月15日に、ポポンデッタ・イオンモールKYOTO店で購入・納車し、今まで購入・納車して来た、KATO・飯田線シリーズでは、初の新仕様電車模型として、導入・ゲットするに至りました。

 

旧製品に比べて、新製品のリニューアルモデルに仕上げられた、KATOのNゲージ完成品車両製品・165系800番台・急行形直流電車 「伊那」4両編成セット(10-1335・飯田線シリーズ)を今後共、大切に扱い末永くご愛用して頂こうと想い、願っております。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

22戦4勝の成績を残し、フェアリーステークスなどで優勝を成し遂げるなど、現役競争牝馬として活躍した、クラウンロゼ(冠名クラウンに、フランス語で薔薇色のという意味・薔薇色の未来が開けます様に。)が、9月3日・新潟競馬場で行われた、長岡ステークス・1着を最後に現役引退、昨日付で、競走馬登録を抹消され、繋養先のクラウン日高牧場に繁殖牝馬として送る為、旅立って行きました。

 

2010年3月18日・北海道・新冠郡・新冠町のカミイスタッドで、父・ロサー 母・ヒシアスカの仔として、ヒシアスカの2010として生まれた、クラウンロゼは、矢野 恭裕氏の所有馬として、2012年11月24日・東京競馬場で行われた、メイクデビュー・東京(サラ系2歳新馬戦)・1着で、中央競馬にデビュー、フェアリーステークス(中山競馬場)・アネモネ賞(同)などで優勝するなど活躍しました。

2015年11月1日の紅葉ステークス(東京競馬場)では、アメリカ生まれのダッシングブレイズ(威勢のいい炎=英・父・キティンズジョイ)の11着に敗れるなど、競争成績も不振に陥っていましたが、今年の9月3日・新潟競馬場で行われた、長岡ステークスで、2着のネオスターダムを抑えて優勝、4勝目を挙げたのが、最後の競争となり、ラストランとなりました。

 

クラウンロゼの今後の対応について、産地馬体検査を受検、同時に預託契約をかわした、所属厩舎の、美浦・天間昭一調教師と協議した結果、来年3月は、繁殖牝馬として、繋養生活を送り、種付け交配シーズンに入ることから、現役引退を決め、昨日付で競走馬登録を抹消しました。

 

来年から、北海道・日高の、クラウン日高牧場で、繁殖牝馬として、繋養生活を送ることになる、ロサードと、ヒシアスカ、牝馬の仔馬、クラウンロゼ、繁殖牝馬として、第2の馬生を贈っていく事を、願いたいと想います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

(今年の10月15日で、購入・納車 1周年を迎える、阪急電鉄 9300系・通勤電車 4両編成セット(10-1278・基本 10-1279・増結 通常品)

 

ぼくの所有する、Nゲージ・阪急電鉄 9300系・4両編成セット(10-1278・基本 10-1279・増結 通常品) 2本1セットが、今年の10月15日で、購入・納車1周年を、迎えます。

 

1年前の10月15日・ぼくは、大阪府・吹田市豊津町12-15番地の、ホビーセンターカトー・大阪店で、KATOのNゲージ完成品車両製品・阪急電鉄 9300系・通勤電車 4両編成セット(10-1278・基本 10-1279・増結 通常品)・2本1セットを、購入・納車しました。

夜間運転もするので、LED室内灯・クリア(11-211・1両分 2個 11-212・6両分 1セット)を、取り付けた、豪華版としました。

 

その為、購入金額が、前回の8月28日に購入・納車した、同・8両編成セット(10-1280・特別企画品)が、29202円であるのに対し、今回は、29310円と、いずれも痛い出費になりましたが、定価販売で、購入・納車し、導入・ゲットするに至りました。

 

あれから、1年が過ぎます。

 

ぼくが、足しげく通った、KATO(関水金属)の直営ショールームであった、ホビーセンターカトー・大阪店は、今年の3月10日の午後17時00分(5時00分)で、惜しまれつつ閉店し、1999年10月16日のオープン以来、長きにわたる営業を終え、京都市下京区東塩小路町の、京都駅ビル9階に移転、3月19日から、KATO 京都駅店として、午前11時00分のオープンと同時に営業を開始し、現在も、営業中です。

 

その為・ぼくが、ホビーセンターカトー・大阪店で購入・納車した、KATOのNゲージ完成品車両製品は、阪急電鉄 9300系・4両編成セット(10-1278・基本 10-1279・増結 通常品) 2本1セットが、最後のケースとなりました。

 

ぼくが、所有する、KATOのNゲージ完成品車両製品・阪急電鉄 9300系・4両編成セット(10-1278・基本 10-1279・増結 通常品) 2本1セットは、現在も所有しており、フライホイール動力ユニットの動きとLED室内灯・クリアを使用した、室内灯の輝きも相俟って、素晴らしいですねおりますが、今年の11月には、同・4両編成セット(10-1278・基本 10-1279・増結 通常品) 2本1セットのみではありますが、再生産発売の予定が、KATOからあり、今後も、目が離せない車両であって、推移を見守りながら、大切に扱い、末永くご愛用して頂こうと想い、願っております。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

札幌スポニチ賞が、9月3日(土曜日)・札幌競馬場の第10レースで行われまして、外国産馬が、3頭出走しました。

アイルランド生まれの、イッテツ(一徹・想いこんだら、頑なに押し通す事・父・インビンシブルスピリット 母・テンプルストリート・毛色・鹿毛・牡・4歳・馬主・林正道氏・美浦・斉藤誠厩舎・所2012年3月2日(日本時間・3月3日)生まれ・血統名・テンプルストリートの2012・生産者・Swordlest Stud)と呼ばれる名前が付いた、この単勝4番人気の馬が、1分9秒4のタイムで優勝、2着には、北海道・新ひだか町出身の、ペイシャフェリシタ(冠名・ペイシャ+幸せ=イタリア語 父・ハーツクライ 母・プレザントケイプ・毛色・黒鹿毛・牝・3歳・馬主・北所直人氏・美浦・高木登厩舎・所属・血統名・プレザントケイプの2013・生産者・友田牧場)が入り、3着も、2着のペイシャフェリシタと同じ、北所直人氏の所有馬で、北海道・平取町の出身生産馬・ペイシャオブロー(冠名・ペイシャ+父名の一部 父・ルールオブロー 母・ダンスレッスン 毛色・鹿毛・牡・4歳・2012年3月12日生まれ・馬主・北所直人氏・美浦・菅原泰人厩舎・所属・血統名・ダンスレッスンの2012・生産者・二風谷ファーム)がイーグルアモンとの写真判定の末入りました。

 

優勝した、イッテツは、2013年・1歳の時に初来日し、2014年・2歳の時の、メイクデビュー・札幌(サラ系2歳新馬戦・札幌競馬場)・3着で、中央競馬にデビューしていて、前走は、2着に敗れていたが、札幌スポニチ賞を制覇したことで、16戦4勝の成績を上げる馬になりました。

 

一方・イッテツの父・インビンシヴルスピリットは、2015年に、アイルランド・キルディア州・キルディア近郊・ギルタウンの、アガ・カーン・スタッド・ギルタウンで、日本産馬の1頭で、2010年3月16日に、遠征先のドバイから繁殖牝馬として、アガ・カーン・スタッド・ギルタウンに、イギリス経由でやって来た、女傑・ウオッカ(VODKA=タニノシスターの2004)と種付け交配し、受胎して成功、今年の3月5日(日本時間・3月6智)には、同場で、VODKA2016を無事に出産した、アイルランドで繋養生活を送っている、種牡馬であり、今後共さらなる活躍を期待したいと想い、願っている名種牡馬です。

 

今回・札幌スポニチ賞を制覇した、インビンシヴルスピリットの日本での代表産駒の1頭・イッテツの、今後の活躍を期待したいと想い、願っております。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

(映像・WALMAC FARM LLCで、繋養されていたころの、HAT  TRICK=ハットトリック)HAT TRICK GAINESWAY(2012年~2013年の種牡馬シーズンから、GAINESWAY FARM(ゲインズウェイファーム)で、繋養生活を送っている、HAT  TRICK=ハットトリック。)

http://www.gainesway.com/horses/hat-trick-2783.html

 

サンデーサイレンスの後継産駒馬で、トリッキーコードの仔・HAT  TRICK=ハットトリック、2001年4月26日(日本時間・4月27日)・北海道・勇払郡・追分町(現・安平町)の、追分ファーム生産の、日本産馬で、現役時代・美浦 清水美波 栗東 角居勝彦 両厩舎に所属し、21戦8勝の成績を残した、キャロットファームの所有馬として、中央競馬で活躍した、1試合で1選手が3得点以上を挙げることの意味の、イギリス語のサッカー用語に由来する、青鹿毛の馬、それが、HAT  TRICK=ハットトリックです。

 

HAT  TRICK=ハットトリックは、2007年 牡・6歳の時、種牡馬としてアメリカ合衆国に輸入され、ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクの、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)を拠点に、インディペンデントスタリオンズ(オーストラリア)・エルマリン牧場(アルゼンチン)にも、半年間・シャトル種牡馬として、繋養されるなど、4年間・繋養生活を送りました。

 

HAT  TRICK=ハットトリックが、牡・10歳の時の、2011年・アメリカ合衆国・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、ケンタッキー州の有力牧場の1つで、現在の繋養先であり、お隣のGAINESWAY FARM(ゲインズウェイファーム・代表 アントニー・ペック氏)に売却され、2008年・牡・7歳の時に、スタッドインして以来、4年間繋養生活を送った、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)を後に、馬運車で、お隣の、GAINESWAY FARM(ゲインズウェイファーム)に移動、2012年~2013年の種牡馬シーズンから、同ファームで繋養生活を送り、現在も現役種牡馬として繋養生活を送っています。

 

HAT  TRICK=ハットトリックが、ウォルマックファームでスタッドインした当時・サンデーブレイクも、繋養種牡馬として、ゲインズウェイファームから移籍して、在籍していましたが、2010~2011年のシーズンから、フランス共和国に輸出し、グランカン牧場で繋養生活をする為、検疫検査の後、WALMAC FARM(ウォルマックファーム)を後に、馬運車でブルーグラス空港に移動し、飛行機で、アメリカ合衆国を後に渡航しました。

 

WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)で、4年間繋養された、HAT  TRICK=ハットトリックは、サンデーブレイクがフランス共和国に輸出した後の日本産馬として、ゲインズウェイファームへの新繋養種牡馬としての繋養生活を送ってほしいという要請のオファーがGAINESWAY FARM(ゲインズウェイファーム)からあり、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)もそれに応じ、牡・10歳の時の、2011年11月上旬・GAINESWAY FARM(ゲインズウェイファーム)に売却され、11月18日(日本時間・11月19日)には馬運車で、お隣のゲインズウェイファームに移動し、2012~2013年の種牡馬シーズンから、繋養生活を送るようになり、現在も、繋養生活を送っております。

 

2016年7月、GAINESWAY FARM(ゲインズウェイファーム)の放牧場に、種牡馬厩舎から、HAT  TRICK=ハットトリックがきて、放牧を始めました。

 

HAT TRICK「ヒュヒュヒュ~ン、ヒュン。」

 

HAT  TRICK「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

 

サンデーサイレンスの血は、世界中に広めるべきだと考えた、アメリカ合衆国・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクのWALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)などの牧場が、馬主のキャロットファームに対し、種牡馬としてスタッドインしてほしいという要請を受けて、HAT  TRICK=ハットトリックは、2007年6月に日本から輸入されたのです。

 

この間・2005年12月11日に、香港・シャーティン競馬場で行われた、香港マイルで優勝するなど、世界マイルの頂点に達したことがあり、最優秀短距離馬にも選出された経歴を持つ、HAT  TRICK=ハットトリックは、種牡馬としてスタッドイン後、世界各地の牧場から、種付の申し込みが殺到した、ケンタッキー州で、もっととも多く種付ける馬の1頭になりました。

 

HAT  TRICK「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

HAT TRICK「パカッ。」

 

HAT TRICK「ヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュ~ン。」

 

ハットトリックは、大きい雄たけびでいななきました。

 

HAT  TRICK「ウ~~~!」

 

HAT TRICK「ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト。」

 

ハットトリックは、大きい緑色の💩(うんこ)を落としてやりました。

 

HAT TRICK「ニョロ、ニョロ、ニョロ、ニョロ、ニョロ。」

 

HAT TRICK「バシャ~~~~~~!」

 

ハットトリックは、大きくて気持ちいい尿を出してやりました。

 

北海道の大地が育んだ、サンデーサイレンスの後継産駒馬であり、トリッキーコードの仔・HAT  TRICK=ハットトリックは、これまでに多くの牝馬の種付けをこなしていて、多くの産駒を輩出しました。

 

中には、HAT PLAY=ハットプレイ(栗東・森田直行厩舎・所属)みたいに、日本の中央競馬で

現役競走馬として活躍している産駒もいます。

 

又・HAT  TRICK=ハットトリックが繋養生活を送っている、GAINESWAY FARM(ゲインズウェ

イファーム)には、今年から、1頭の日本産鹿毛馬が繋養されております、KARACONTIE=カラコンティです。

 

カラコンティも、北海道の社台ファームで生産された、バーンスタインを父に持つ、日本産馬の1頭ですが、こちらは、ヴェルトハイマー氏(フランス共和国)の名義で生産された鹿毛馬で、現役時代・フランス共和国に輸出され、同国で競走馬として活躍したもので、2015年には、ブリーダーズカップ・マイルに参戦する為、アメリカ合衆国に遠征し、2着馬を抑えて優勝した馬で、このレースを最後に現役を引退し、今年から種牡馬として、ゲインズウェイファームにてスタッドインしていて、現在に至っており、日本産種牡馬の新米として、さらなる活躍を期待したいと想い、願っております。

 

夜のGAINESWAY FARM(ゲインズウェイファーム)の、種牡馬厩舎に、HAT  TRICK=ハットトリックが戻り、入厩しました。

 

餌が来ると、HAT  TRICK=ハットトリックなどの種牡馬たちは、いなないては、はんでいました。

 

HAT  TRICK「もぐ、もぐ、もぐ、もぐ。」

 

ハットトリックは大きい餌をはんでは、過ごしておりました。

 

寝る時間、ハットトリックは、寝床の牧草にごろんと寝ころんで、夢を見ていました。

 

トリッキーコードの2001が血統名である、HAT  TRICK=ハットトリックも、現在、牡・15歳、2012年の種牡馬シーズンから、GAINESWAY FARM(ゲインズウェイファーム)の種牡馬の1頭として、繋養生活を送っており、牡・16歳になる来年も、現役種牡馬でのさらなる活躍を期待したいと想い、願っております。

 

HAT  TRICK「ヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルルルル、フー!」

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。