Rosen Konig ローゼンケーニッヒ

ブログタイトルは、シンボリクリスエスと、ローズバドの仔である、サラブレッドのローゼンケーニッヒ(ドイツ語で、薔薇(バラ)の王という意味・牡・毛色・黒鹿毛)に由来しています。


テーマ:

に、行ってきた,

京都鉄道博物館(写真は、同館のグランドオープンと同時に、展示収蔵車両として置かれている、EF81形103号機 交直流電気機関車・トワイライトエクスプレス塗装。)

 

遂に、グランドオープンした、京都鉄道博物館に、一昨日・

行ってきました。

 

JR西日本・JR京都線 桂川(久世)駅で事前に購入した、入館券をもって、電車で、京都駅へ。

 

そして、バスで、梅小路公園前で下車して、京都鉄道博物館に到着、入館券を係員に渡して、初入場しました。

 

まず、世界初の超高速鉄道の代表選手、0系・新幹線電車 4両の先頭車の中に入り、展示されているものを見ました。

 

そして、103系・通勤形直流電車の、トップナンバー クハ103-1号車の車内を見ました。

 

プロムナードには、80系・長距離電車・DD54形33号機・ナシ20形食堂車 24号車などが収蔵展示品として保存されており、内・ナシ20形24号車の1両は、実際にレストランとして営業されており、食堂車のカレー・食堂車の中華丼・食堂車のマーボー丼などのおすすめメニューなどを取り揃えており、この日は金がなかったのか入れはしませんでしたが、いずれはお金をもって入り、食べてみたいと想うことを、実感しました。

 

中に入ると、2014年4月6日に惜しくも閉館された、交通科学博物館(大阪市・港区・波除)から移設された、101系・通勤形直流電車の実物のカットボディなどが入っており、新たに収蔵された、581系・特急形交直流寝台電車(クハ581-35号車)・489系(クハ489-501号車)などの車両や、キハ81形・特急形 液体式ディーゼル気動車(キハ81-3号車・こちらも、交通科学博物館から、移設したもの。)・JR貨物から寄贈された、DD51形700番台(DD51形756号機)・EF66形0番台(EF66形18号機)などの、直流電気機関車・液体式ディーゼル機関車などの機関車たちなどが、展示収蔵されております。

 

中でも、実物の、18.0ミリの、HOゲージの模型を使用した、鉄道模型パノラマレイアウトは、人気の的で、この日は、13時35分の回(13時20分・入場)を選んで、観賞しました。

 

他に、自動券売機の、切符購入体験・自動改札機体験などを楽しみまして、普段・仕事が忙しく、行けなかったりする、京都鉄道博物館での一日を満喫して、帰路に就きました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

 

(牡・15歳の誕生日を迎えた、ハットトリック。)

Link Page GAINESWAY FARM(ゲインズウェイファーム・英語のページです。)

http://www.gainesway.com

サンデーサイレンスと、トリッキーコードの仔で、サンデーサイレンスの後継産駒・後継種牡馬では、アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクで繋養生活を送っている、青鹿毛のサラブレッド・ハットトリック(HAT TRICK=1試合で1選手が3得点以上を挙げることの意味・英 サッカー用語 毛色・青鹿毛・牡・2001年4月26日生まれ・血統名 トリッキーコードの2001。)が、昨日・4月26日(日本時間・4月27日)で、牡・15歳の誕生日を迎えました。

 

ハットトリックは、北海道・勇払郡・追分町(現・安平町)・追分向陽1233-1の、追分ファーム生産の日本産男馬で、1歳のセリで、斎藤 四方司氏が購買したが、同氏が死去したので、やむなく、(有)キャロットファーム(北海道・沙流郡・門別町(現・日高町)・門別)の所有馬となりました。

 

2004年・3歳の時、産地馬体検査を受検、同時に美浦・清水 美波(しみず よしなみ)厩舎と、預託契約をかわし、東京競馬場のサラ系3歳未勝利戦(1着)でデビューを果たしましたが、放牧休養の間に、栗東・角居勝彦(すみい かつひこ)・厩舎に転厩、2007年5月10日付で競走馬登録抹消されるまで、21戦8勝の成績を上げ、マイルチャンピオンシップ・香港マイルなど、マイルの重賞競走を制覇するまでになり、2005年の最優秀短距離馬にも選定されるなど、日本の中央競馬で活躍しました。

ハットトリックは、2007年・牡6歳の時、アメリカの牧場などから、種牡馬などとしてスタッドインほしいというオファーにも応じ、5月8日に現役引退を発表、宮城県・亘理郡・山元町の山元トレーニングセンター(すでに閉鎖済。)にて、5月26日まで、出国検疫検査を受けた後、5月27日・飛行機で二度と戻ることのない、日本を後に、渡航しました。

 

ハットトリックは、2007年6月・種牡馬(シャトル種牡馬)として、アメリカ合衆国に輸入され、ケンタッキー州レキシントン近郊パリスパイクの、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)を拠点に、2011年11月中旬まで、4年間・繋養生活を送り、この間・オーストラリア・インディペンデントスタッド アルゼンチン・エルマリン牧場へも、半年間・繋養生活を送りました。

 

その後、ハットトリックが、アメリカ・ケンタッキー州で最も多く種付を行う種牡馬に成長した、10歳の時の、2011年11月上旬・WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)は、マイラーチャンピオンホース・ハットトリックを、同じ、ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、お隣のGAINESWAYFARM(ゲインズウェイファーム)に売却、11月18日(日本時間・11月19日)・2008年~2009年の種牡馬シーズンからスタッドインして以来、長く繋養生活を送った、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)を後にしました。

 

マイラーチャンピオンホースとしてスタッドイン以来、種牡馬生活を送っている、HAT TRICK=ハットトリックは、牡・11歳の時の、2012年になり、2012年~2013年の種牡馬シーズンから、同じ、ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、お隣のGAINESWAYFARM(ゲインズウェイファーム)で新繋養生活を送っており、現在に至っていて、日本にも、毎年・1~2頭ずつ、持込及び外国産馬として、ハットトリックの産駒が輸入されており、2016年~2017年の種牡馬シーズンも、さらなる活躍を期待してやまない、HAT TRICK=ハットトリックの今後の種牡馬としての繋養生活を期待したいと想い、願っております。

 

ハットトリック、牡・15歳の誕生日、おめでとう、種牡馬として、今後共、沢山の仔馬を産んで行ってね。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
  • 223系2000番台・クモハ53形
  • (今回・遂に、売却された、KATOのNゲージ完成品車両・JR西日本 223系2000(3000)番台・近郊形直流電車「新快速」 4両編成セット(10-537) 写真は、クモハ53008+クハ47009・飯田線 2両セット(こちらも、既に売却済・10-1173 KATO)と一緒に購入・納車した時のもの。)
  •  
  • 2014年2月20日・今年の3月10日で、惜しくも閉店された、ホビーセンターカトー・大阪店で購入・納車された、KATOのNゲージ完成品車両・JR西日本 223系2000(3000)番台「新快速」 4両編成セット(10-537) 1セットが、昨日・ポポンデッタ イオンモールKyoto店に持ち込み、3950円で売却されました。
  • 同車は、225系0番台「新快速」8両セット(10-871・KATO)の増結用として購入・納車しましたが、整理の際・225系0番台・8両編成セットを失くして以来、運用に就けず、休車になっていました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

(遂に、3月19日に、オールしたばかりの、KATO 京都駅店で、4月17日に購入・納車した、、Nゲージ JR西日本・223系6000番台近郊形直流電車 東海道・山陽本線「快速」 仕様車 4両基本セット・10-1205(KATO製) しかも、同店・特製品で、LED室内灯・クリア(11-211・1両分)・4個を標準装備で取り付けた、19008円(税込)の、豪華版です。)

 

ぼくは、昨日・3月19日にオープンしたばかりの、KATO 京都駅店で、KATOのNゲージ・JR西日本 223系6000番台 近郊形直流電車 東海道・山陽本線「快速」 仕様車・4両編成基本セット(10-1205) 1セットを購入・納車して来ました。

 

2014年5月8日に新発売されたばかりの、KATOのNゲージ・完成品電車模型車両で、2014年モデルの1つとなっており、当然、フライホイール動力ユニットと、DCCフレンドリーとした仕様としており、新品模型車両となっており、KATOの、Nゲージ・JR西日本 223系・近郊形直流電車シリーズの最新作車両といえます。

 

実は、2014年5月8日にも、KATOのNゲージ・JR西日本 223系6000番台 東海道・山陽本線「快速」仕様車 4両編成基本セット(10-1205)・1セットを購入・納車しましたが、この時は、同・4両増結セット(10-1206)・1セットと同時に、ホビーセンターカトー・大阪店(今年の3月10日で、惜しくも閉店しました。)にて、購入・納車していて、32710円という、定価販売にて、購入・納車しましたが、その後整理の際に失くしていて、行方不明になっておりました。

 

今回・購入・納車しました、KATOのNゲージ・JR西日本 223系6000番台・近郊形直流電車 東海道・山陽本線「快速」仕様車 4両基本セット(10-1205)・1セットは、KATO 京都駅店の特製品で、車内に、LED室内灯・クリア(11-211・1両分 KATO・純正品です。)を、4個取り付け加工した豪華版で、19008円と痛い出費になりましたが、定価販売で、購入・納車しました、豪華版となっております。

 

今後は失くさないように、大切に扱い、末永いご愛用を心がけて行こうと想い、願っております。

いいね!した人  |  コメント(8)

テーマ:

(今日で、購入・納車してから、1周年を迎えた、Nゲージ・50系50形 通勤形客車(レッドトレイン)・8両・KATO)

 

ぼくの所有しております、KATOのNゲージ・50系50形・通勤形客車(レッドトレイン・5両基本セット 10-1276 特別企画品+単品 オハ50形・5142 2両 オハフ50形・5143 1両・計 8両)が、今日で、購入・納車1周年を迎えました。

 

昨年3月下旬に、KATOから新発売されました、Nゲージ・50系 50形通勤形客車(レッドトレイン)は、福島客貨車区(すでに廃止。)に所属しておりました、50系2000番台をプロトタイプに、rw際よく、リアルにNゲージ模型に再現しました。

 

2015年4月15日・ぼくは、大阪府・吹田市・豊津町12-15番地にあります、今年の3月10日で惜しくも閉店された、ホビーセンターカトー・大阪店に行き、かねてから購入・納車したかった、50系50形・通勤形客車(レッドトレイン)・8両を、定価販売にて、痛い出費になったとはいえ、購入・納車しするに至りました。

 

室内灯(LED室内灯・クリア 11-211 1両分・2個 11-212 6両分・1セット)を標準装備で、取り付け、夜間運転仕様車に仕立てるため、預かったので、4月16(17)日には、宅配便で、ぼくの家に、届けられました。

 

Nゲージ・50系50形・通勤形客車(レッドトレイン)を巡っては、TOMIXが 0番台をプロトタイプに、完成品車両製品で、発売されている他、MICRO ACE(マイクロエース)が、JR九州の、更新車両の様である、1000番台が完成品車両として発売されるなどしておりますが、ぼくが選んだ、Nゲージ・50系50形・通勤形客車(レッドトレイン)は、KATO製品の物で、昨年3月下旬に新発売されたモデルです。

 

全車・トレーラー車の完成品車両模型製品で購入・納車しているので、動かす時は、同じ、KATOのNゲージ・DD51形1000番台 新仕様・後期 暖地形(7008-3・新ロット品 2013年ロットモデル)及び、DE10形 新仕様・暖地形(7011-2)に牽引させて、走らせます。

 

あれから、1年が過ぎようしており、北近畿・三丹(丹波・丹後・但馬)・若狭・山陰(北陸)など、環日本海圏地方(通称 海の京都地方)の鉄道に縁の深い車両の1つとして、KATOのNゲージ・50系50形・通勤形客車(レッドトレイン)を、今後共、大切に扱い、末永いご愛用をして行こうと想い、願っております。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

4月6日に、おかあさんといっしょ(NHK・Eテレ)で放送中の「かぞえてんぐ」の、2016年度版を拝見ました。

 

出演者の、かぞえてんぐには、昨年に引き続き、横山だいすけ(第11代・歌のおにいさん)が、出演しておりますが、進行役が、4月4日にスタートしたばかりの、人形劇 「ガラピコぷ~」の、チョロミー(声・吉田 仁美)に変わっての放送になりました。

 

横山だいすけさん(第11代・歌のおにいさん)は、過去・「ポコ ポッテイト」の、ミーニャ(声・加藤 英美里)さんと共演したことがありますが、「ガラピコぷ~」の、チョロミー(声・吉田 仁美)の共演は、おそらく初めてのケースになりました。

 

進行役が、「ガラピコぷ~」の、チョロミーに変えての放送となった、 おかあさんといっしょの人気コーナー「かぞえてんぐ」の、さらなる放送を期待したいと想い、願っております。

いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:

 

(今年の4月15日で、購入・納車から1周年を迎える、KATOのNゲージ・50系 通勤形客車(レッドトレイン) 5両基本セット(10-1276・特別企画品)と、単品・3両(オハ50形・5142 2両 オハフ50形・5143 1両。) 計・8両)

 

Link:KATO N 50系/50系51形客車

http://www.katomodels.com/n/50kei/

 

ぼくの所有する、KATOのNゲージ・50系 通勤形客車(レッドトレイン 5両基本セット・10-1276 

特別企画品 単品 オハ50形・5142 2両 オハフ50形・5143 1両・計 8両)が、今年の4月15日で、購入・納車1周年を迎えます。

 

2015年4月15日に、ぼくは、今年の3月10日で惜しくも閉店された、ホビーセンターカトー・大阪店(大阪府・吹田市・豊津町・12-15番地)に行き、かねてから、購入・納車したかった、50系・通勤形客車(レッドトレイン)を、5両基本セット・10-1276(特別企画品)と、単品 オハ50形・5142 2両・オハフ50形・5143 1両・計・8両を、定価販売にて、痛い出費だったとはいえ、購入・納車するのに至ったのです。

 

KATOから、今年3月下旬から、新発売された、50系・通勤形客車(レッドトレイン)は、福島客貨車区(すでに廃止された。)に長く在籍し、活躍した2000番台をプロトタイプに、かつ手際よく、Nゲージにモデル化し、再現させるに至りました。

 

50系・通勤形客車(レッドトレイン)を巡ってはTOMIX(トミックス)が、0番台をプロトタイプに、発売されている他、MICRO ACE(マイクロ エース)も、JR九州の更新車の1000番台も完成品車両として、発売されているようですが、今回・ぼくが、購入・納車したのは、KATO製品の50系・通勤形客車(レッドトレイン)です。

 

国鉄時代・全盛期から、JR西日本(西日本旅客鉄道)・発足後にかけての、山陰本線・京都口・福知山以西(愛称 嵯峨野線・山陰海岸ジオパーク線)・福知山線(愛称 JR宝塚線)・播但線などの、北近畿・三丹(丹波・丹後・但馬)地方・山陰地方などの、ローカル列車運用をイメージしており、夜間運転もするので、室内灯も、287系・特急形直流電車「こうのとり」(10-1107・4両基本セット 10-1108・3両増結セット)などで、採用実績のある、LED室内灯・クリア(11-211・1両分・2個 11-212・6両分 1セット)を、標準装備で取り付けた上で使用するという、豪華版に仕立てております。

 

ぼくが導入した、KATO製品のNゲージ完成品車両としては、久々の動力集中方式(客車列車)としており、中古でお安く手に入れるのが困難なことから、やむなく新品での導入となりました。

 

その後、2015年6月17日には、オハフ50形・単品(5143)・1両を、ホビーセンターカトー・大阪店で追加購入した他、今年の2月16日には、ヨドバシ・ドット・コム(ヨドバシカメラのインターネット通信販売サービス。)にも、オハ50形・単品(5142) 1両を追加注文で、購入しており現在に至っております。

 

因みに、KATO製品のNゲージ・50系・通勤形客車(レッドトレイン 50形・本州むけ。)は、全車が、トレーラーでの購入・納車となっているので、動かす時は、モーターの付いた、DD51形1000番台・新仕様 後期・暖地形(7008-3・新ロット品 2013年ロットモデル)または、DE10形・新仕様 暖地形(7011-2)の、いずれかのディーゼル機関車に牽引させて走らせます。

 

走らせると、LED室内灯・クリアの光輝きも相俟って、素晴らしい走りも見せており、今後共、北近畿・三丹(丹波・丹後・但馬)・山陰の鉄道に縁の深い車両の1つとして、KATO製品のNゲージ・50系50形・通勤形客車(レッドトレイン)を、大切に扱い、末永くご愛用して頂こうと想い、願っております。

いいね!した人  |  コメント(4)

テーマ:

(一昨日・ホビーショップ コスモで、購入した、KATOカプラーN 11-702 KATO)

 

一昨日・ぼくは、ホビーショップ コスモ(京都市・西京区・川島三重町85-3)に行き、KATOカプラーN(11-702・アーノルドタイプ交換用・KATO 純正品)を、1つ購入しました。

 

345円の品物で、500円を渡して、お釣りをもらいました。

 

閉店間際だったので、急いで購入しました。

 

KATOカプラーNは、KATOが開発したカプラーで、現在・KATOのNゲージのほとんどの車両に取り付けられる、カプラーとなっており、ぼくも、KATOのNゲージ、キハ58系・急行形 液体式ディーゼル気動車(キハ58形・キハ28形・キロ28形)以降、KATOカプラーN(11-702・純正品)を採用しており、現在・キハ58形・キハ28形・キロ28形などの、キハ58系・急行形 液体式ディーゼル気動車や、キハ47系・近郊形 液体式ディーゼル気動車(キハ47形0番台・6090 M 6091・T トイレ付き+キハ47形1000番台・6021 T トイレ無し)・50系50形 通勤形客車(レッドトレイン)などに、KATOカプラーN(11-702)を取り付けて使用しております。

 

今回・購入しました、KATOカプラーN(11-702・KATO 純正品))も、オハ50形(単品・5142 KATO)の台車の連結部に取り付けて、北近畿・三丹地方(丹波・丹後・但馬)・山陰地方を走る、普通列車の再現に使用していこうと想い、願っております。

いいね!した人  |  コメント(12)

テーマ:

2011年5月8日生まれの、青鹿毛の牝馬で、サンケイスポーツ賞フローラステークスなどで優勝するなどとして活躍した、ゼンノロブロイとビワハイジの産駒・サングレアル(フランス語で、王家の血脈という意味)が、3月23日付で登録を抹消されたことが判明しました。

 

13戦2勝を挙げた、サングレアルの今後の対応について、3月~4月は、繁殖牝馬として繋養生活を送るシーズンに入るlことから、協議の結果、現役を引退することになりました。

 

この間、所属厩舎も、栗東・松田博貨厩舎(マツパク)が、今年の2月29日の同調教師の定年退職による厩舎解散に伴い、池添 学厩舎に転厩しておりました。

 

今後、サングレアルは、北海道・勇払郡・安平町・早来源武275番地の、ノーザンファームで繁殖牝馬として繋養生活を送ることになり、既に栗東トレーニングセンターを後にしました。

 

サングレアルが繁殖牝馬生活を送る、ノーザンファームには、昨年から、2012年・2014年の年度代表馬・最優秀4歳上牝馬に選出された、ジェンティルドンナ(Gentil Donna=イタリア語で貴婦人という意味・ジェンディーの愛称で知られる)が、母・ジェンティルドンナとして、繁殖牝馬生活を送っており、サングレアルも、その後を追って、繁殖牝馬生活を送るとの事です。

 

2勝しか挙げられなかったが、繁殖牝馬として、第2の馬生を送ってね、ありがとう、サングレアル。

 

サングレアル「ヒヒ~ン!」

 

さようなら、サングレアル、母・サングレアルとして、いい仔馬を産んで行ってね。

 

サングレアル「ヒヒ~~ン、ブルルルルルル。」

いいね!した人  |  コメント(4)

テーマ:

(昨日まで、京都駅前広場(北口)にて3日間開催された、京都鉄道博物館開館記念イベントの、鉄道パラダイスの、KATO 京都駅店ブースの看板。)

 

昨日・京都駅前広場(北口)に行き、3月19日から、3日間開催された、京都鉄道博物館開館記念イベント「鉄道パラダイス」の最終日の、KATO 京都駅店のブースの様子を見て来ました。(KATO 京都駅店のブースの鉄道模型レイアウト。)

 

KATO 京都駅店のブースの中には、鉄道模型レイアウトがおいてあり、同社のSOUND BOXの音で鳴らす、Nゲージの蒸気機関車が、1両、1周して、山の手前で停車させては、扇形車庫に、転車台を通って入庫する様子が見られました。

 

3月19日・20日・21日の、3日間、京都駅前広場(北口)にて、開催された、京都鉄道博物館開館記念イベント「鉄道パラダイス」も、無事に終了し、ぼくも、普段は、仕事が忙しく行けなかったりする、京都駅前広場(北口)での、鉄道イベントを、楽しんできました。

いいね!した人  |  コメント(2)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。