夢老い人の呟き

人に夢と書き儚
  逆に読めば「夢人」
     儚い中に老いが入れば「夢・老い・人」
       
           儚く老いた 路傍の石の独り言


NEW !
テーマ:
巷報道される参院選の争点。
だいぶヘタレ親父とは違うようだ。
原発も語らない、税制は消費税しか語らずアベノミクス失敗のみをいうような候補には全く関心がわかない。税の取り方を変えずに格差是正だ、富の再配分だ、弱者救済だと言っても財源はどうする?
ヘリコプターマネーをできるような財政状態ではないだろう。


未だにどこにあるのかさえ分からない、1基当たり100トンのメルトスルー(溶け落ちて圧力容器を貫通)した福島第一原発の燃料デブリ。凍らず遮水できないザル状態の凍土壁。
溜まり続ける汚染水と汚染水処理で発生した放射性廃棄物。
除染で発生し増え続け、置き場所にも困り公共事業に使おうという除染土。
溜まりに溜まった、冷却し続けなければならない16000トン以上の使用済み核燃料。

アメリカやドイツでさ地下水問題で建設場所が決まらない最終処分場。
地下水脈だらけ、日本中どこでも1500m以上掘れば温泉に当たるとさえ言われる日本に、地下水が出ない場所など無いだろう。

原発は世代が新しいほど、安全性と引き換えに建設費が高くなる
米国でほぼ同程度の規模の原発を比べると、1970年代初めは1億7000万ドル、約10年後の1983年になると10倍の17億ドルに。そしてその約5年後には更に3倍の50億ドル
さらに計画中の第3世代+原子炉になると100億ドになる。
欧州も85億ユーロといわれる欧州加圧水型炉EPR。
建設費が掛かり過ぎ発電コストは再エネに敵わない。
アレバ社は経営危機に陥った。

コストの差は安全性の差
どんどん高まる安全要件に適合するためにはやむを得ない。

さて日本の原発の建設時期はいつ頃だろう?
平成24年に改訂された原子炉等規制法で原発が運転できるのは40年と規定された。原子力規制委員会が認めればさらに20年まで延長できる。高浜原発1,2号機が今年延長を認可された。

何も語らずスルーして良い問題とは思わないが、電力労連や関連企業、立地自治体や住民は語って欲しくないだろう。



格差が拡大した社会。
格差是正、所得再配分をいうが税制を見直さずにどうする?
ピケティ教授が言ったのはR>Gだけではない。
市場原理に任せれば格差は拡大するのみ。
ピケティさんは資本課税を含む累進課税と社会的国家(福祉国家に加え、国が教育に関わる国家)を言ったが、税制に触れずに埋蔵金だの無駄な支出を省くだのでは掛け声だけに終わるだろう。

構造改革。規制緩和、公務員削減、etc、耳障りは良いが、日本の公務員は決して多くはない。
本当に公務員は余っているのだろうか?
労働規制、農業規制、医療規制・・・・労働規制は緩和されたが、これらは無駄な規制だろうか?

確かに規制など無い方が企業は儲けやすい。
しかしそれは良いことだろうか?
規制を見直す必要はあるが、緩和を前提という考え方はどうだろうか?


憲法は争点としてはどうだろう?
護憲か改憲かの議論となってしまうと、ガチガチの護憲は嫌、立憲主義に反するような改憲も嫌という人は選択に困ってしまう。


安保法案についても、派兵は嫌、集団的自衛権も嫌という人でも、イデオロギー臭がしてしまうと引いてしまう人も多いだろう。


ちょっと考えさせられたこの人のスピーチ。
右だ左に捕らわれてはいけない。
そしてやはり原発と税制は外せないと思う。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。