天然酵母のパン屋 レトワールフリヨンのオーナーブーラーンジェBlog

八丁堀(広島市中区)の天然酵母のパン屋 L’etoile Filante のオーナーブログです。


テーマ:

昨日は、安佐北区久地で出店イベントに参加して来ました。

 

photo&green イベントと言うイベントで、タイトル通り、グリーンと子供たちのファッションショーやドックショーがあり、写真を効果的に生かすイベントでした。

 

天気も良かったので、とても気持ちよくイベントに参加出来ました。

 

おかげさまで、パンもお昼過ぎには完売しました。

 

ところで、最近思う事は「人のやる気をどの様に引き出すか」という事。

 

何故、この様な事を強く思い始めたかと言うと、4月に入ってから私もやっとメインの製造スタッフから抜ける事が出来て、今は接客面とサービス面に力を入れて、朝は9時45分から朝礼をしています。

 

そこで、経営理念の読み合わせをしたり、その他フリヨンフィロソフィーの読み合わせをしたり、連絡事項を説明したりとしているのですが、スタッフによっては読み合わせをする声に「覇気」を感じにくい者がいると感じたからです。

 

仕事は何のためにするのでしょうか?

 

私も創業当初は「ゆるい気持ちでスタート」しましたが、仕事の環境が自分を成長させ、今は「人の為に仕事を」とより考えられるようになりました。

 

最初からそんな高い志で仕事をする人がいたら、それは素晴らしい事ですが、なかなかそうもいかないと言うのが現実だと思います。

 

現時点での日本の企業生存率は、登記している会社で10年生き残れる会社が6%だそうです。

会社をやっていると本当につらい事がたくさんあるのです。

 

思うようにいく事って30%くらいあれば充分かもしれません。

 

リスクを背負う事で体験出来る事ってたくさんある。

私の場合は、結構な融資を受けている事と、正社員(社会保険あり)で抱えている事など。

逃げれない環境が本当に良かったのです。

 

ただの主婦。それだけは、もう戻りたくありません。

 

先にもお話していますが、「仕事をしていると本当に辛い事たくさんあります」。

殆どの人が想像するほど、社長業って簡単じゃないですし、本当に投資の連続なのです。

 

自分が悩んだ時にいつも私は京セラフィロソフィーのCDを聞きます。

体験した事の無いつらい事の答えは今のところここにあるからです。

 

では、自分のやる気は一体どこから出て来るのかというと、「自分が逃げていた事から真正面に向き合い、それを打破する」事で、成長した自分に出会えるからなのです。

 

成長した自分の世界。それは、スタッフ達にも良く話をするのですが、「ロケットが大気圏を超えるようなものだよ」と。

 

大気圏を超える事は物凄いエネルギーを使うと聞いたことがあります。出産も同じかもしれませんね。覚えていませんが、赤ちゃんがお母さんの産道を通って出て来る時って「凄く苦しい」ものだと思います。

そこを抜けたら体験した事無い恐怖とワクワクが混同する世界

 

この恐怖とワクワクを体験する事に喜びを見つける事が実は「やる気」では無いかと思います。

 

やる気は人や世間や自己啓発本やセミナーなどで引き出すのでは無くて、「体験その物」が自分を変容させる事だと思います。

 

体験こそが全て。

 

だから、私はスタッフ達を絶対に甘やかしません。

 

それは、そのスタッフ達個人個人の為でもありますが、パンを買ってくれるお客様に喜んでもらいたいからこそ、同じ意識で仕事をしてもらわなくては困るからです。

 

頑張り続ける。やる気の炎が燃え続ける限り、スタミナ切れはありませんから。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
4月14日、昨日になりますが、ちょうど10年前に夫の経営する産婦人科医院フジハラレディースクリニックが開院しました。

あっという間の10年間。

あの頃は私もまだ32歳。若かった。


「夫が開業したい。」と言うから、「やればいいじゃん」何て、その当初は夫の背中を強く押しました。
二人三脚で仕事を手伝うかどうかは、その時は何も考えていませんでしたが、その時はただ「男が勝負に挑むのだから応援してあげなくては」という気持ちだけ。

でも、経営するのは主人ですからね。そんな軽い気持ちでいました。


途中3年から4年くらいの時に私がおかしくなり、全く病院の仕事を手伝うという事をしなくなりました。
人前に顔を出すのが嫌で、嫌で仕方が無かったのです。



そして、2011年にひょんなきっかけで、私もお店を開業し、今に至る。
あの時はただ、現実から逃げたかっただけでした。


昨日の朝礼で私はそんな話をスタッフにしました。

何が言いたいかと言うと、10年経つのも早いけど、自分が開業した事により実のある生き方をしているなぁと。


昨日は、あるスタッフに物凄い雷を落とした。

まあ、いつもの事だけど。

大きな失敗をして、人に話を聞いてもらって、慰めてもらおうとしていたので、私がすかさず、
「そんな事人に話していったい何になるんだ!」と。

仕事は常に現実的、建設的に捉えなければならない。

はっきり言って慰めってそんなに必要無い。

これは、私がこの10年間で得た事実。

仕事に失敗して、「大変だったね」とか「仕方ないよ」とか「運が悪かったよね」とでも言ってもらいたいのか。

「女の腐ったような生き方をしやがって気持ちわりぃ!!」と正直に言ってやった。女に女の腐ったの何て言われて悔しくないのか。

敢えて、傷口に物凄いあら塩を塗りこんでやる!!という感じです。


まだ、正直言って働くスタッフたちは私に守られているからいい。全責任を負うのは結局私なのだ。

ご迷惑をお客様や周りの人にかけた分、同じ間違いを二度としない。そして、過去の出来事は反省しつつ、前に進まなくてはならないのです。

その為に、失敗しないマニュアル作りをする事がそのスタッフに一番して欲しい事でした。

子供の脳を捨てる事。

甘やかしは結局自分たちを何の成長もさせない事実なのです。


10年前。そんな考え方は持っていなかったなぁ。
32歳の当初は失敗しても誰かに愚痴を聞いてもらっていたかもしれませんが、もうそんな生き方はしないと10年の間で気が付いたのでした。

大体、もう甘えが許されない年齢だし。

いつかみんな歳を取るし、甘えが許されない日がやってくる。

だから早く自立して欲しいという想いで、スパルタ経営は続くのです。

やっぱりアリ地獄ですね(笑)
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
毎月、給与明細と共に社内会報誌を発行しています。
これは、私がお店を通して学んだことや気づきをスタッフとシェアする物です。

まだまだ、未熟な面はたくさんありますが、この様な思いで仕事をしています。

以下、社内会報誌 vol.17です。
移転してからになりますので、17回目になりました。



 今月から営業時間も10時からに変更になり、製造スタッフの出社時間も6時からに変更になりました。11月から2月まで、主に4時出社の者が私を含め、たった3名。しかも、日曜日の三越の納品がある為にほぼ、毎日営業すると言うスタイルでした。

つくづく、職人の求人の難しさを痛感する3か月。その結果、少子高齢化の将来を見越して、スタッフたちが少しでも働きやすい環境を作るという事に考え方をシフトしました。

これは、働く仲間たちを甘やかすという事ではなく、より長期に亘る仕事の継続の環境を確保するという意味です。
過酷な労働状況を果たして何年も続けられるかというと、そうではありません。
一番大事な事は、継続して物事を成し遂げる事なのです。
質の高い仕事を継続してやり続ける事です。

学び多き3か月でした。
まだまだ、すぐにはいろいろな事を改善は出来ませんが、徐々に共に働く仲間たちが働きやすい環境づくりを整えて行きたいと思います。
経営理念にのっとり「全従業員の物心両面の幸福を追求する」という事です。


しかし、忘れてはならない事は「お客様の為を思った行為かどうか」。
今月から主に私も店頭に立ち、お客様に酵母の説明や新商品、おススメの商品などを可能な限りお話させて頂いています。
販売の者の本来の仕事は「来店するお客様を心からおもてなしする事」なのです。

2年ほど前に、東京へ「最強の組織づくりをする」ためのセミナーに約半年間にわたり参加しました。
その時に、門下生の方に埼玉県にある超繁盛店「ピーターパン」のお話を聞きました。ピーターパンは5店舗経営する中で、トータルの年商が7億以上ある超繁盛店です。
実際に私もきっかけをつくり、オーナーさんにお話を聞きに行ってみましたが、平日にも関わらず、人がひっきりなしに来るお店でした。

焼き立てのパンがどんどん出て来るし、商品数も多い中、やはり顧客サービスという面では力を抜くという事をしていないお店でした。
ちょっとした事なのです。焼き立てのパンが出て来たら、すでにトレーに盛っている前回に焼いたパンと取り替える機転が利くかという事です。
お店側としては、古いパンから買ってもらった方がロスにも繋がらないのでいいかもしれませんが、ブレてはならない事は常にお客様の立場になり、物事を考えるという事です。
「どうしてあげたらお客様は喜ぶか」「自分がお客様だったら、こんなサービスがあったら嬉しい」という事だけを追求して行けばいい事なのです。

人員の不足により、出来ないサービスも多々ありました。
少しでもゆとりがある今、「心からのサービスを追求する」という事を全員が考えてみて下さい。

「人々に心の豊かさと輝きを与える」という事です。

「私の行いは人々の心に豊かさを与えているか?」という自問自答が必要なのです。
たかが販売ではありません。販売を通してお客様に接するのです。

毎日の仕事をこなす中で、恐らく販売員のベクトルは「任されている事をこなす」という事に向いていると思います。それはただの販売員なのです。レトワールフリヨンの販売員はプラスアルファが必要なのです。
より質の高いサービスと御もてなし。お客様がどうしてくれたら嬉しいか、自分がお客様だったらどうして欲しいか。どう接して頂いたら、「心があったかい気持ちになるか」という事です。

自分の視野をもう少し広げてみて下さい。
判断を常に私に求めるのではなく、「これをする事でよりお客様が喜ぶ」という事を勝手にしていいのです。それは、何が正しいかという判断基準。販売員の原理原則に従って生きるという事なのです。

追求する人生。これにより私たち人間の質もより高くなって行きます。
物事を見る角度を変えるだけで、気づきはたくさんあります。

力を合わせて頑張りましょう。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
4月に入りお花見の季節になりました。

今年の春はなかなか暖かくなりにくく、3月までは朝はダウンジャケットを手放せないでいましたが、やっと春物の上着に変える事が出来るようになりました。

4月から当店では営業時間も変更になった事もあり、9時45分から朝礼をしています。


この朝礼では、前日に頑張った人を表彰する事をしています。

何でもいいのです。「笑顔が輝いていた」とか、「綺麗にパンが成形出来た」とか「元気に声出し出来ていた」「素晴らしい御もてなしが出来ていた」など。


2カ月累積で上位3名のスタッフは私が神戸に日帰りで連れて行くと言う特典が付いております!


職場はしらけた職場雰囲気になる事が一番良くなく、活気のあるフレッシュな職場である事が一番大事だと思っていて、少しでもみんなの雰囲気を高めるためと同時に「毎日私はあななたちをちゃんと見ているよ!」というサインを送っているつもりです。


そして「フリヨンフィロソフィーの浸透」

これは、私の尊敬する京セラの稲盛さんの昨年度の世界大会で稲盛塾長が「フィロソフィーの浸透の重要性」についてお話をされた事がきっかけでした。


現在84歳になられた稲盛塾長がわざわざ、塾生の為に2時間近くお話をして下さいました。
経営者人生半世紀以上の方がおっしゃる事「それこそが会社を発展させていく王道」だと感じました。


当店の経営理念は「輝いたスタッフから輝いたパンが生まれ、人々に輝きと心の豊かさを与える。同時に、全従業員の物心両面の幸福を追求する」という物です。

毎日、朝礼でこの言葉を読み合わせています。そして、5つの部門からなるフリヨンフィロソフィーを読み合わる事をしています。

事業を始めて4年9カ月。時にとても辛くて逃げたくなる事もたくさんありました。しかし、この辛い時こそ「自分が成長する、最大のチャンス!!」だと捉え「何が今の自分に欠けているのか」と見つめなおす良いきっかけになります。

辛い時にフリヨンフィロソフィーが一つ一つ生まれて行くのです。

今回はこのフリヨンフィロソフィーの一説を紹介します。




レトワールフリヨンは心を強くし、自立する集団
レトワールフリヨンはただのパン屋ではありません。ただ、パンを作って一日の仕事を終えてそれで終わりという組織では無いのです。職場は修行の場。捉え方次第で、人生は大きく開けます。人に甘えず、「自分は楽をしていないか?」「クリエートする事をしているか?」と常に自問自答する。それが、将来の自分への投資になるのです。
必ず、それを行えば、1年後、3年後、10年後の自分を好きになっています。



「そんな考え方、今の若い子達には通用しないよ!」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、そんな事は絶対にありません!!


情熱を持って、その子を本気で育てる事をすれば、最初は響かないかもしれませんが、少しづつ、少しづつ気づいてくれるのです。

パッション、継続。これが大事です!


いい時も悪い時もある。でも、諦めず継続。これが一番大事だと思います。


現在は「人々に輝きと心の豊かさを与える」という段階にやっと来ました。


私も店頭に立って、お客様とお話をするきっかけがやっと出来たので、酵母の説明やパンの事。時に雑談も含めマシンガンの様にしゃべっている奴がいたら、あいつか!と思ってくれたら幸いです。

パン、人材教育、力を入れて来ましたが、今後はお客様へのサービス面により力を入れてまいります。

今後ともどうぞよろしくお願いします。


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
先日、20代の若いスタッフに話したことがある。

「私も20代の時は、すぐに何でも飽きちゃてね。一つの事が続けられなかったんだよ。」って。


ある程度要領がいいものですから、そこそこの事はいつでも出来ましたね。

転職も2年に一度くらいはして。

若い時はとにかくたくさんの事を体験したかった。


それも必要だけど、もっと大事な事は「自分の直観でこれだ!という物を継続して信じて続ける事」。


いろいろな人の人生や、過去の自分の行いの結果を思い返して見ると、まず人や周りの環境に幸せを求めている人は絶対に幸せになっていない。
物やお金もそうですね。もっと、もっとはダメ。

欲を向ける方向が違うのです。自分の夢に向けなくちゃ。


相手や周りに「もっと、もっと私にちょうだい」の生き方をしている人は幸せになっていない。
言い切れる理由は過去の自分がそうだったから。

だから、うつ病になった。


開業して、求める事から与える事に立場が変わって「意を決めた」

「やるしかない!!」と。

そして、コツコツやってきた。4年半と言う短い期間でしたが、数々の自己実現をしてきた。
それは、意識を集中して仕事に取り組んでいるから。本当にわき目も振らずに。

365日24時間、仕事の事を考え続けてきた。

切羽詰った環境が良かった。

切実だった。

どうやって、賃料を払い、どうやって材料代を払い、どうやって従業員に給料を払うか。

必死に今でもやっている。

必死にやればほとんどの願い事は叶うのです。

途中で諦めるから、願い事は叶わない。


若い時はいろいろな事にわき目を振るものだと思う。でも、その気づきが早ければ早い程、その子たちは幸せになれる。自分で勝ち取った幸せだ。

私は、いつも従業員に「もっと仕事の楽しさに20代の頃に気が付いていたかった。そうすれば、自分の人生はどんなに楽しい物になっていただろうか」と。

どんなに頑張っても年齢だけは元に戻せない。

だから、今、若い時に一生懸命に頑張って、自分の可能性を信じて一つの事を貫いて欲しい。

そんな想いでいつも従業員には話をします。

正直、うるさいかもしれないけど、まあ、未来になったら分かる話かもしれないね。




いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。