傍観者のブログ

主に変愚蛮怒のプレイ記事書いてます。他にも自分の趣味の話書いたりすることもあります


テーマ:

この記事はRoguelike Advent Calendar 2016の16日目の記事です。

というか元々このゲームのレビュー書こうと思いながら先延ばしにしてたんだけれども、丁度いい機会だったので便乗して書くことにした。

 

Steamでは、Roguelikeの要素に何か別の要素を付け足した、Roguelikelike…とでも言うべきゲームがそこそこ人気になったりする。

・Roguelikeに強制横スクロール要素を追加した片道勇者

・Roguelikeにリズム要素を追加したCrypt of the NecroDancer

 (自分は未プレイだけど、Calendarで先にレビュー書いた方がいるのでご参考に)

・Roguelikeに横スクロールアクション要素を追加したRisk of Rain

…等など。

 

正直Risk of RainはRoguelikeじゃなくてフツーに横スクロールアクションゲームじゃないのかと思っているが、Roguelikeの一部扱いされている。ゲーム自体はとても面白い良作。

 

さて、今回紹介するNuclearThroneはというと、Roguelikeにシューティングゲーム要素を付けた感じ…だろうか。

世界が核の炎に包まれ人類が(ほぼ)絶滅し、ミュータントやらモンスターやらの怪物が蔓延るようになった、いわゆるポストアポカリプスの世界が舞台である。

この世界でミュータント(操作キャラ)が銃器や近接武器とともに敵の大群を全て薙ぎ払い、Radと呼ばれる放射能の経験値を集めてレベルアップし、様々なMutation(新たなパッシブスキル)を得て自身を強化し、"Throne"を目指す…というのがこのゲームの大雑把な内容。

 

まず、武器は2個持ち運べる。入手手段は赤の武器箱か、敵がたまにドロップするか、の2通り。エリアが進む毎に武器もより強力なものが出現する可能性があるが、運が悪いとずっと最初の方の弱めの武器しか出ないこともあるので辛い。

後から出てくる武器にしたって、弾薬の消費が荒かったり使いづらかったりで、交換するのをためらう時も多々ある。

 

Mutationは、ポータルに入った際にレベルアップしていると、ランダムに表示される4つのうち1つを選択することが出来、レベル9まで計8つのMutationを選択できる。当たり外れが激しく、場合によってはそこまで欲しくないMutationばかり表示されたり…

レベル10に相当するレベルはLvUltraと呼ばれ、この時はキャラ固有の2つのUltraMutationの内、どちらかを選択する。キャラにもよるが基本的に超強力。

 

操作キャラは最初は2体だけだが、様々な条件(大抵は特定のエリアまで到達すること)を達成することで12体まで増加する。実はそれ以外にも2体隠しキャラがいたり…

これらのキャラは常時発動するパッシブスキルと、右クリックで使用できるアクティブスキルが設定されており、いずれも異なったものになっているので操作感が全く違う。また、Mutationの一つであるThroneButtを取得するとアクティブスキルが強化される。

一例として、最初から使える2キャラを紹介してみよう。

 

・Fish

元は警官だったらしいが、放射能によって魚人に変異したらしい。

パッシブスキルは、他のキャラより少し多めに弾薬が得られるという効果。無駄撃ちのリスクを減らせる。

アクティブスキルは、短距離を素早く移動するローリング。

ThorneButtを取得すると、スキル使用中はずっと高速移動できるWaterBoostになる。

最初から使えるだけあって癖が少なめ。ローリングは地味だが結構役立つ。かと言ってThroneButtを優先して取りたいほどでもないが…

 

・Crystal

エリア4のCrystalCaveにあるCrystalたちの中で、唯一動ける存在なんだとか。あと女性。

パッシブスキルは、最大HPが通常より2多い10になるという効果。たかが2、されど2。

アクティブスキルは、結晶化し、敵弾を反射したり打ち消したりするシールド。体当たりとかレーザー攻撃とかは防げない。

ThroneButtを取得するとシールド展開できる時間が短くなるが、時間切れまで展開していた時に(可能なら)カーソルの位置にテレポートする。Crystalの場合強化と言って良いのかわからないが、このゲームでは唯一のテレポート手段である。

タフなことに加え、敵弾がかなりばらまかれるこのゲームではアクティブスキルもかなり重宝する。Fishよりこっちのほうが初心者によくオススメされる。

 

と、基本的な紹介をしてきたが…このゲーム、やることはひたすらすべての敵を倒すのみとシンプルながら、とてつもなく難しい。エリアは全部で7つあり、1プレイで最終エリアまでたどり着く時間は長くても20分程度だが、そこに到達するまでに100回は死ぬと言われている。自分はおそらくそれ以上に死んだ。

なんせ自キャラのHPが(通常は)8しかないのに、エリア1からして3ダメージの赤弾や、2ダメージの緑弾がガンガン飛び交うのである。それ以降のエリアでも高速体当たりなど、様々な攻撃でプレイヤーを苦しめる。

回復できるチャンスを増やすMutationもあるが、まずは攻撃を回避することが重要。近接武器なら敵弾を打ち払えるので、持っていると回避が楽になる。

 

エリアが進む毎に激しくなる敵の大群と弾幕をかいくぐり、いよいよエリア7-3のThroneまで到達したら、あとはThroneを起動し、倒せばエンディングである…のだが、これで終わりというわけではない。

Throneの手前にある4つのジェネレーターを破壊してからThroneを倒すと、なんと過去の世界であるエリア0に到達する。そこに現れるI.D.P.D.という警察の集団と、Throne第二形態を倒すことができればループして、またエリア1に戻ることになる。…しかし今度はそれまでよりずっと敵が増加しているうえに、攻略途中にI.D.P.D.が頻繁に乱入してくるようになる。

 

このゲーム、腕前さえあればループして戦えるので、1プレイの中では終わりらしい終わりが見えてこないのである。実績にも、ループ後の世界にしか出現しないボスを倒すことなどを要求する実績がかなりあるので、完全攻略を目指すには避けて通れない。

2回目のループまでを繰り返しプレイできればいずれは解除できるようになっているので、ある意味2ループ目あたりが終着点といえるだろうか。とはいえ全実績解除目指すのは、それこそ超鬼畜な茨の道である。自分はまだ3/5程度しか解除できていない。

ちなみに3ループ目以降は動画で見る限り、敵が多すぎて処理落ちしすぎてて何が起こっているのか全くわからない。

 

こんなにとてつもなく難しく、時にはひどい理不尽コンボに遭ってブチブチにブチ切れる事もあるのに、なんでプレイし続けているのか?それはひとえに中毒性がものすごく高いからである。

高難易度な分、上手いこと敵をぶっ飛ばしまくって快進撃を続けているときの気分が最高なのである。UltraMutationによる超火力も加わると尚更。

しかも1プレイの時間が短いので、死んだ時も「は?あぁ………もうちょいやろう、まだ時間あるし」みたいな感じで延々リトライしてしまう。死んでも何度もリトライしてしまうこの感覚はまさにRoguelikeのそれと言っても過言ではない。

 

ちなみに、Steamはセールが始まると殆どのゲームが安くなる(割合はまちまち)が、このゲームは今のところ一度も安くなったことがない。

早期アクセス(βテストみたいなもの)の時期に「定価でも構わず買ってくれる人たちの意見が聞きたい」とのことでセールをしなかったようだが、その方針は早期アクセスを終えた今でも変わっていないようだ。

そういうわけなので、いつ買ってもおそらく損はしない。上手い説明はできなかったが、もし興味を持ったら是非プレイしてみて欲しい!

http://store.steampowered.com/app/242680

(Amebaはiframeタグが使用禁止なので埋め込みができなかった)

AD

テーマ:
もう少し時間かかるかと思ったが意識していればプレイ時間は増えるもので、この前ソルのプレイ時間も200時間を超えた。

やっぱやらざるを得ない状況になることが多いメディとくらべてソルは対人でやる機会は少なく、俺がどのくらい上手くやれているのかイマイチわからないのだが、チャンスができていざやってみると結構スコア上位に入れることが多い。とりあえずそこら辺のヤツらなら軽く蹴散らしていける…
が、無論俺よりうまい人もいくらでもいるのでなかなか太刀打ち出来ないこともよくある。特にずっとメディック引き連れてる奴とスナイパーはすごい厄介。

装備は以前からデフォ、Reserve Shooter、Escape Planで変わりない。敵スナがうざいとか、そういう状況によってはBlack BoxとBattalion's Backupの墓石セットに切り替えることもある。ほかの武器を使うことは少ない。

Reserveは昨冬のアップデートで多少性能が調整されて、ミニクリが入るのは爆発ジャンプとかエアブラとかそういう"(ざっくり言うと)普通のジャンプ以外"で浮いてる敵のみに変更された。ついでに切り替え後5秒間の時間制限は撤廃された。
まぐれのミニクリは入らなくなったけど、ロケジャンへの対抗策とか浮かせた敵への追撃に使うなら以前と変わりなし。切替速度の速さもそのままなので特にnerfされたなと感じる面はあまりない。

ロケジャンの使い所は説明できても、相変わらず実戦ではあまり使ってないのだがちょっと感覚的にわかってきた感じはある。引こうとしてる敵を見て「野郎逃がすか」って時に使えばだいたいうまくいく。
あとスナイパーもよっぽどイカれた奴じゃなければ、飛べば簡単には手出しできないので飛んで始末することにしている。もっともそれができない場面もあるので、そういう時は墓石セットを持ち出すようにしている。手数減るからあまり使いたくないけどね。

装飾は早くから決め、わざわざクラフトして作ったJumper's Jeepcapに強い思い入れがあるので、これのアンユージュアルを買うことは絶対にない
とはいえこれ以上装備とかをいじれないないのもなんかモヤモヤするので、ひょっとしたらそのうちロケランをもっと派手な奴にしてしまうかもしれない。アンユ柄武器とかオーストラリウムとか。とはいえ自分の財布はこれ以上遊びに出せる余裕が無いので、何かバイトとかを考えなくては…

いずれにせよ、フレンドにもいくらでもいるソルがうまい人達と比べたらまだまだである。俺はようやくのぼりはじめたばかりだからな、この果てしなく遠いソルジャー坂をよ…
AD

テーマ:
相変わらずTF2をプレイしています。
どのクラスやるにしても俺より上手い人ってのはどこにでもいるもので、それで落ち込んだりもしたけれど私は元気です。 

で、色々やっているうちにメディックのプレイ時間がソルのプレイ時間を超え、そして200時間を超えたので、ここらでちょっとこれまでを振り返ろうと思う。
mo-muri鯖に篭っているのは相変わらずだが、5月くらいからようやく公式鯖とかに乗り出す気になってそこそこの頻度で対人にも行っている。

多少、ま、メディックには自信というか、なんとかなるでぇっていうか、やったれムンムン、(ユーバー)かましたらぁー!みたいな気持ちで来たんですけどもね、ところがもう全然現実は、もう、そうでなくて…自分の思うようにできないんですよ。敵チームも味方チームも強さが常に一定じゃないから。

…敵が強すぎて(味方がアホで)クソみたいな戦いになる時もあれば、味方が強すぎてmo-muriみたいなリスキルまでは行かずともつまらん戦いになる時もある。mo-muri以外では実力が拮抗したいい感じの戦いを求めているのだが、そういった戦いになることはあまりない。せっかくフレンドと組んでもautobalanceで敵対することになって、fuckと愚痴ったこと多数。

まあそれも過去の話である。7月のアプデで大幅の改定が行われて、公式鯖は全てマッチメイキング形式になり、ほぼこれまで通りのcasualと、6v6でランクリ無しの結構ガチな戦いをするcompetitiveの2種に別れることとなった。
competitiveはまだプレイしてないのでcasualの話になるが、最大6人まで事前にパーティーを組んでサーバーに接続することになる。試合中はこれまでと変わらないがautobalanceは一切入らない。で、2ラウンド終了後にランクの経験値が入って終了となる。

まあこれまでの公式鯖に自由に参加できる形式がいきなりなくなったので、公式鯖に入り浸ってたプレイヤーからは非難が多い(最初はマッチメイキングにもかなり時間かかってたようだし…)。コミュ鯖にはこれまでどおり普通に接続できるが、日本では繁盛してるコミュ鯖も数えるほどしかない。日本だけでなく海外でもいきなり変えた不満は多いようである。

autobalanceもなくなったらなくなったでragequit多発の劣勢チームへの救済策がなしってことになるので、そうなるとより酷い試合になるが…個人的にはさっさと切り上げて次にいけるので特に文句はない。チームにムラがあるのは変わらないもんな…

個人的に文句あるのはパーティー作成の方である。パーティーに参加するにはまず招待を貰い、そこからパーティーに参加して(6人まで)接続しないといけない方式になっている。なので最初に参加してもいいか聞いて招待貰ったり、事前に招集かけたりしないといけないのでめちゃダルい。
プレイ中に乱入するのは仕様上無理だろうけど、せめて接続待機中の空いてる所に自分から入れるようにならないものか。casualと言っても堅苦しすぎる。

…肝心の自分のプレイの話をしていなかった。kothを除いて、もっぱらメディックを務めることがほとんどである。やっぱどこに行っても最初からメディをやってくれる聖人がいることはクッソ稀なので、自分がやるしかない。
それに…メディ上手い人でもそれ以上にアタッカー任せたほうが強い人は沢山いる。なら俺がメディになって、その人達を支援したほうがずっと良い戦いになる。誰かがメディを求めているというのなら俺が行かずして誰が行くのだ。
そうして戦ってるうちにより見栄を張りたいという考えが強くなって、とうとうストレンジKritzKriegアンユージュアルVintageTyrolean(AcesHigh)まで買ってしまった。こんなのTF2にハマる前の俺が見たら笑うでしょう。

流石にアタッカー(特にソルジャー)やりてえなと思う時もあるが、メディを続けることにそこまで不満があるわけでもないので、このままでもいい。アシストによって静かにメディガンのキルストリークを上げていくのは、他のクラスではできない楽しみだから。

そしてメディやってると当然自分を狙ってくる輩もゴマンといる…あんまり狙ってくる奴が多い時は、CrossbowからOverdoseに持ち替えるようにした。
アプデによってスピード増加率が+20%に引き上げられ、ユーバー100%ならスカウトに近いスピードが出せるようになったので実用性が結構上がった。代わりに与ダメは-10%から-15%にされたが、前にも言ったようにこれは些細な問題である…注射銃は敵をブチのめす為の武器じゃないので。
とはいえ、近寄るスパイ程度なら返り討ちにできる火力はある。AmbassadorでHSしようとしてきたり、ふざけた動きをしてこっちをハメて刺すスパイもたまにいるので油断ならないが…どんなスパイだろうと負ける訳にはいかない。スナはどうにもならないがスパイはまだなんとかなるはず。

あとその他には、かなりVCを使うようになった。やっぱチャット欄に打たず即報告できるのは便利なもので、自分の計画を実行するために味方プレイヤーを呼び止めて誘導したり(英語はできないので日本人前提)もできるので楽しい。
ミュートにしてる人もいるだろうけど、応じてくれる人もそれなりにいるのでありがたい。とはいえ後で他人の録画確認してみると、何言ってんだかよくわからない時もあるので滑舌を良くする必要がある。

対人で多くの人と関わる性質上、フレンドもそれなりに増えていった。VCの影響で申請してくれた人もいる。まあフレンドになったからといってそれからすぐに一緒に戦うわけでもないが、Twitterの方は明らかに前より会話が多くなった。

プレイ時間ももうすぐ2000時間を超える…が、まだまだである。
俺はようやくのぼりはじめたばかりだからな この果てしなく遠いメディック坂をよ…(次はソルが200時間超えたらブログに書くと思う)
AD

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。