古いボトル

珍品を見つけました。

1800年代に作られたワインのボトルです。

イギリスのテムズ川周辺から出土した物で(おそらくフランスからの輸入品)

所々、銀化しています。

 

銀化とはガラスが地中で化学変化により独特の色合いに変わることをいいます。

人口的に銀化をさせる事は今のところ不可能で

最低でも50年は地中にないと始まらないそうです。

このボトルのように変化するにも100年はかかります。

こういった出土品は

主にトレジャーハンターのような人達が探します。

遺跡の近くや物が埋まっていそうな場所の見当をつけて掘るそうです。

おもしろそうですね。

AD

九谷の猪口

今月のお料理で使うためにお猪口を入荷しました。

明治期に作られた九谷焼のお猪口です。

以前からこの類のお猪口は持っていますが

大きさに違いがあったので新たに3つを加えました。

 

直径3センチに満たない小さな世界には

作家の様々な想いが込められているように感じます。

 

 

さて、このお猪口をどのように使うかといいますと

天目台と呼ばれるお茶托にのせます。

お猪口には自家製の唐墨を裏ごしたソースを入れます。

周りにはその唐墨と野菜を添えました。

野菜は唐墨ソースに付けて召し上がって下さい。

唐墨は昨年末に仕上がった物と

一年前に漬けた物の2種類です。

 

AD