Boston Diary

はじめての海外生活~旨いものと安いものと面白いものを探して

アメリカようこそ、Boston Diaryへアメリカ




2009年6月より初めての海外生活を送っていましたが、とうとう日本に帰国しました。









テーマ:

帰国して約2か月がたち、日本の日常にも慣れ落ち着いてきました。


だらだらと続けてきたBoston Diaryですが、そろそろこのあたりで、区切りをつけたいと思います。

Boston Diary  Boston Diary

2年前のちょうどこの時期、不安を胸にしながら、ボストンへやってきました。

本当に来る前はどうなることか心配でできれば行きたくないと思ったことも。


Boston Diary  Boston Diary

でも、ボストンの素敵な街並みに恋し、そこで出会ったたくさんの素晴らしい友人励まされ、

頼りになった日本の家族の温かなサポートに感謝し、

そして、戦友ともいうべき旦那様と過ごした日々。


この皆さんに支えられて私は、このような貴重な経験を無事に過ごさせていただいたのだと思います。


Boston Diary  Boston Diary

正直、キツイ出来事もあった2年間。

それ以上に得るものが大きかった2年間だと思います。


Boston Diary  Boston Diary

また、このような稚拙な文章のブログをを楽しみにして読んでいただいた方々。

本当にありがとうございました。

皆さんのアクセスが私のボストン生活のガソリンであったと思います。


Boston Diary  Boston Diary

帰国して、今本当にボストンで生活できてよかったと心から思います。

このようなチャンスをくれた旦那さん、ありがとね。


どこかで歩き回っているmkeyがまたどこかに現れるかもしれません。

その時はよろしくね。



Boston Diary

いつかまたお会いできる日まで。


たくさんのありがとうを込めて。


mkey

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

だんだん自己満足的になりつつありますが、アメリカでおみやげに買ったもの、その3です。


@カップケーキのラッピング類


意外とアメリカで手作りお菓子のラッピング用品は多くないかも。日本のほうが種類が豊富だし、しっかりしてます。

でもたまに、ググッとくるものがあるんですよね。とくにアメリカで主流のカップケーキは可愛いのが多いかも。


Boston Diary

左のはFlower Shop Cup Cake Boxというもので、パンジーが咲く窓の中にカップケーキを1個置いてプレゼントができる箱。中が見えるのがかわいらしい。ネットで探すと大きいサイズもあるようですね。私はiPartyで購入。

後ろの2つもカップケーキのデコレーションで、24枚のカップケーキケースと24本のケーキに刺すキャラクター付き爪楊枝がセットになっています。真ん中奥のはFairy Cupcake kitと名前がついており、爪楊枝にはチュチュを着た女の子の妖精さんがいます。これもあちこちで見かけてたんですがちょっと高めの12ドル。それがTJ-MAXXで安売りしていたことがあって5.99ドルで買えました。

別々のところで買ったこれらのもの。今気づけば同じメーカーの商品のようです。

Meri Meri http://www.merimeri.com/

ペーパークラフトの会社のようで、他にも可愛らしいカードや紙バックなどもたくさん。アメリカらしからぬ?色も結構好きです。

ただ、こちらカリフォルニアの会社みたいだけれど、Made in China。 ウィルトンのカップケーキケースで焼いたときに色がケーキに移ったりしたこともあるので、ちょっと心配。焼きあがったケーキを移してもいいのかもしれませんね。



@スタバのマグカップ


こちらの大学ではオリジナルの学校名を記したマグカップなどもたくさん売っており、主人は自分用にいくつか買い求めたのですが、会社ではなんとなく使いにくいかな。でもこれならどうだと主人が買ってきたのがスタバのマグカップ、ボストンバージョン。


Boston Diary

ボストン・パブリックガーデン内にあるワシントンの銅像が表に描かれ、裏にはボストンの街並みのシルエットが描かれています。落ち着いたグリーンで、素敵。スターバックスのシティマグコレクションシリーズはあちこちの主要都市にはあるようですので、旅行に出かけたら集めるのも楽しそう。

ただ種類も多く、コンプリートは難しそう。しかもこれ大きいんだな。たっぷりボストンの思い出に浸かれそうです。



@クロスステッチキット


バンカーヒルに登った帰りにお土産屋さんで見つけたのがこの刺繍セット。


Boston Diary Boston Diary

Little Patriot Drummer Boyとあります。

説明によると独立戦争のころ、戦いの合図などにこのような恰好をした少年がドラムをたたいて合図を出したようです。アメリカらしいデザインに惚れて購入。刺繍糸と台になる布、針がセットになっています。是非母に!と思って買ったのですが、とりあえず私が作ることになりそう。落ち着いたらゆっくりとりかかろうかな。



@アメリカンコレクティブルの食器


あんまりブログには書いてませんでしたが、アメリカに来て一番ハマったのが、アメリカの古い食器。

1950年代から1970年代くらいのちょっとレトロなガラス製食器。ファイヤーキングとかオールドパイレックスとか日本でも人気ですが、アメリカではただの古いものとしてかなり安い値段で売られています。

細々集めてたのですが、帰国するまでにどうしても買いたかったのがスナックセットと言われるもの。

大きめのケーキやサンドイッチなどを乗せられるお皿とカップがセットになっています。

これがあることを知ってから欲しくて欲しくて、アンティークショップや蚤の市などで気にして探していたのですが、やはり新品とはちがって、状態がよくなかったり、種類がなかったりとなかなかコレというものが見つからず。

最後にはebayで落とすか・・・と思っていたら、ケンブリッジアンティークモールで出会いがありました!

それがこれ。

Boston Diary

フェデラル社のガラス製のスナックセット4客です。モール内の小さなブースの片隅に重ねられていたのですが、これだ!と思いお持ち帰り。スナックセットは他にもいろいろと種類があるのですが、結構大きかったり重かったりで私の求めていたちょっとケーキが乗るくらいというサイズがなかなかなかったのです。

お皿の模様が羽みたいで優雅です。

おそらくこれも40年くらい前のもの。アンティークは100年を超えるものをいうらしいので、これはビンテージ、コレクティブル。でも海を越えてこれから何十年も使えばアンティークに育つかな?


長々書いてまいりましたが、これが私のお土産たち(の一部!?)。

ボストンのお土産というより、ボストンで買えたお土産というべきか?ボストンならではのお土産を探すならフリーダムトレイルにあるお土産屋さんを探すのがいいかも。USS Constitutionのお土産屋さんが種類が多い気がします。あとはちょっと安いものを探すならTJマックスとか、アウトレット。高くていいブランドものを探すなら、、、、どうぞほかの方のブログのほうが充実してるかも(苦笑)なんたって、これは「旨いものと安いものと面白いものを探して」と副題がつくくらいですから・・・あはは。



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

私が買ったボストンのお土産、その2。

人にあげたものというより、自分のためのお土産も多いのですが…。


@MBTAグッズ


MBTATとはMassachusetts Bay Transportation Authority(マサチューセッツ湾交通局)の略で、マサチューセッツ州の公共交通機関事業者です。

車のない我々は本当にバス、電車とともにMBTAには大変お世話になりました。

そんな思い出深いMBTAのグッズをポーター駅近くのWard Maps http://www.wardmaps.com/  というお店で購入。
Boston Diary
おなじみ、レッドラインのハーバード駅にある駅の看板。それが小さなマグネットになっています。もちろんレッドライン以外に、グリーンライン、オレンジライン、ブルーラインなどもそろっており、大きな主要駅は網羅されています。(うちの最寄駅はなかったけれど・・・)


Boston Diary
それとひと目見て、欲しーいと思ったのがこれ。グリーンラインの車両のオーナメント。


Boston Diary
24Kメッキ仕上げでピカピカしてます。本当はよく利用したレッドラインが欲しかったのだけれど、お店の人曰く、このグリーンラインがシリーズ最初で、毎年一つずつ発売されるそう。来年がレッドラインか、はたまたオレンジラインか、まだわからないらしい。レッドラインが欲しかったー。


このWard Mapsというお店、他にも地図をモチーフにした商品が多数。見ているだけでも面白いです。



@エコバック


Boston Diary

アメリカでは主流なエコバック。お店オリジナルのエコバックのデザインはかなりCUTE。またお値段も99セントから4ドル程度で買えるので買いやすい。

上の写真では左からWhole Foodsが2枚、Trader Joe'sが3枚、右下がShaw'sのもの。

特に日本ではトレーダージョーズのエコバックが人気みたいで、赤いのが1500円ほどでアマゾンで売っていたり・・・。布製なので使いやすくて便利でした。ただ、お土産でも多いのか、日本に帰ってからやたらトレジョの赤バックを持っている人を見かけます。人と違うのを目指すならホールフーズのほうが少ないか?右下のShaw'sのはちょっと前の寒いころに買ったのですが、これがお気に入り。色が写真ではわかりにくいけれど紫色でCheer(歓声、応援)と入っています。確か何かのチャリティーの企画商品だったような。もう一枚買いに行こうと思ったらすでに売り切れで残念。
Boston Diary 他にも左からNYのZABARS、真ん中がNYの書店、Strand Book Storeのエコバック、右はFlat of the Hill  のエコバック。特にこれは、後ろにチャックもついていて、ちょっとした第二カバンとしても使えます。だまし絵プリントが珍しいです。


それにしてもこんなにエコバックばかり集めてどこがエコなんじゃい!と主人からの目線がイタイ。。。

でも最近は日本のスーパーでもエコ割とかあるし、せっせと使ってます。

エコバックとはちょっと違うけれどこんなバッグも
Boston Diary ケンブリッジMAPバッグ。ひと目ぼれで購入。ちゃんとMBTAの駅や名所が入っているんですよ。お値段はちょっとお高めの15ドル。でもかわいいからいいんだー。

ハーバードスクエアのPassport Boutique  で購入。







@ジェシースティールのエプロン http://www.jessiesteele.com/


前にもブログでSATC2で使われていると紹介 したエプロン。買いましたよー。


Boston Diary
ウエディングケーキ柄がラブリー。最近結婚した義理の妹にもおそろいでプレゼント。しかも、Anthropologieでセールだったんだもん。定価32ドル→14.95ドル。日本だと4000円前後くらいかな。Anthropologieのセール品売り場は要チェックです!

ただ、ここのエプロン、ちょっと縫製は甘いです。日本のエプロンとかのほうがしっかりしているかも。実用というよりはカワイサ重視のエプロンです。



@NORDIC WAREのケーキ型


日本にいるときからここの型に惚れて、クリスマスプレゼントに母に買ってもらったノルディックウエアの型。

が、渡米してあまりの安さに愕然・・・・。

日本だと5000円前後の高級型。アメリカだと定価でも30ドル前後。

うそーん、、、

しかし、あまりに大きくて(日本のオーブンだと入らない大きいサイズも多い。)重い、この型を持って帰ることを考えると迷ってたのですが、帰国前最後にお友達に連れて行っていただいたレンサムアウトレットの中のウィリアムソノマでなんと、大セール。製菓用型が全品40%オフ。それで買ったのがこれ。
Boston Diary
ブラウニーパン18ドル!安いー日本で買ったのがなんだったのか。で、早速焼いてみました。
Boston Diary
こんな感じ。もうちょっと焼き色を付ければよかった。練習します。もし購入を予定される方で日本に帰国予定の方は日本のオーブンの庫内サイズを要確認です。入りきらず斜めになってしまうものもあります。ちなみに私が日本で買ったのは王道プチフールフラワー。これも可愛らしくて楽しい型。ぜひ安いときに買ってください・・・・・・・・・・・。






@Microplaneのゼスター


これも前々から狙っていたもの。レモンの皮やハードチーズなどを削るものです。
Boston Diary
アメリカの料理番組とかでもよく使っていたり、日本の料理研究家もよくおすすめしています。

しかし、やっぱり日本だとお高い。

これまたウィリアムソノマのアウトレットで20%オフの10.5ドルで購入しました。

まだ使っていないけれど、この歯がすごくいいらしい。

ん、何かを思い出すような・・・あ、足の角質取りにそっくり。。。パルメザンチーズ。。。。。。。



まだもう少し買ったものがありますね。もういい?でもまだまだつづきますよ。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。