12月17日(土)  九州1部リーグ


沖縄ステージ


13:00 キックオフ


8:05 福岡空港発の朝一の飛行機で沖縄へ


そのために夜の間に福岡へ移動し、福岡にて宿泊。


当然の鉄ナベ餃子を楽しみ早めに就寝。


朝の空港ではドタバタしたが、


予定通り沖縄に到着。


レンタカーを借りて、いざ体育館へ!


11:30頃 体育館に到着。


すべて予定通り。


問題なし。


ただ、ただ・・・


ただ、ただ・・・


大きな不安が1つ、


選手が6人しかいない。


ゴレイロ1人 + FP5人 = 6人


それも社会人0


高校生1人 + 大学生4人 + 大学院生1人 = 6人


社会人は何やってんだ?


まるで野村夫妻は修学旅行か宿泊研修の引率教員。


これもチーム事情というなら仕方がない。


とにかくやれるだけのことはやろう。


もちろん勝利を目指して!!


相手はホーム(沖縄)のモリマサ


この試合に負けたら1部の最下位に転落(-_-;)


まさに崖っぷち


モリマサはベンチ入り12人のマックス状態。


アズナは半分の6人。


残念ながら、たった6人ではモリマサの強風に耐えることができず・・・


選手6人 + 監督1人 = 7人 は崖から落ちてしまいました。


0-5 で敗退。


数字だけ見れば手も足も出せなかったボロ負け状態ですが、


アズナの子供たちは本当によく頑張って戦いました。


FP5人のうち、


コソドロとススムはほぼフルタイム。


1分か2分休ませたかな?


もともと腰に爆弾を抱えていた者がいて、


その導火線に火が付いてしまったようで、


コートに入れてもほとんど何もできない状態になり、


チームはさらに苦しい状態に追い込まれました。


この世に神様なんて存在していませんでした。


それでも本当に良く戦っていました。


パス回しも素晴らしかったし、


チャンスメイクもたくさんありました。


しかし、やっぱり最後のフィニッシュが、


ゴールの枠外だったり、GKに当ててしまったりで、


そして、チャンス後のピンチで失点していくパターン・・・


特に前半の3失点が悔やまれる。


3失点とも同じパターン。


サイドの深い位置までボールを運ばれて、


そこから一瞬ずらされたり股の下を通されたりで中に入れられて、


ゴールの正面に走り込んでくる選手を捕まえきれず、


インサイドキックで確実にゴールに押し込まれるパターン。


中に入れさせたのも中が追いついていないのもこちらのミス。


人数はさておき、


やはり最近のアズナは、攻めも守りも最後の詰めが甘い。


後半は、残り少なくなっていくスタミナとも戦いながら、


たった1人の休憩枠の者はむちゃくちゃ呼吸が荒く、


全くもって回復しないまま再びコートに入る。


本当に良く戦っていました。


出来ることならば、こんな40過ぎのおじさんでも、


コートの中に入って代わりに誰かを休ませてあげたい気持ちでした。






本当に苦しい戦いだったけど、


良い経験といえば良い経験。


でももう2度とこんな試合はしたくない。


私も立派な社会人の1人。


仕事場でもそれなりの役割を与えられて頑張っております。


でも、いろんな人に頭を下げて仕事の調整をし、


結婚式があっても、飲み会があっても、


家族(実家など)の大きなイベントがあっても、


実際におじいちゃんが亡くなったときでも、


フットサルを優先して頑張ってきました。


それが選手達を振り分けする立場にある私の誠意。


やる以上は絶対に手を抜かないという自分の性格。


そして負けるのが大嫌いな自分の性格。


みんなに押しつけるつもりなんて全くないけど、


コートの中には立てないけれど、


40過ぎのおじさんも戦っていることは分かってほしいです。


チームは今回の敗戦で2部降格が見えすぎる状態となりました。


自力はなく、他力を願うしかない。


もちろん最終で勝たなければ他力もへったくれもない。


アズナのみんな、


最終節は絶対に勝とうじゃないか!!


チームのために出来ること、全部やってください。





今は奇跡を信じてとにかく頑張ります。

AD

コメント(2)