行け! 武蔵小山撞球隊

長年性懲りもなくビリヤードをつづけてきたおじさんが、
なんだかんだといい加減なことを綴ります。

NEW !
テーマ:


夏も中盤戦ですね。

ずいぶん昔、南紀白浜の海辺で見た花火が今でも忘れられないくらいきれいだったので、今度は関東の海辺でも花火を見たいと思っています。
どこかいい所ありますかね?




ところでみなさんは、絵はお上手ですか?
上の動画の女性は、絵が下手なことで一躍脚光を浴びた歌のおねえさんで「はいだ画伯」と呼ばれています。
彼女の絵を見た子供が泣き出したといいますから凄まじい威力ですが、私の友人はこの絵を見たくて「おかあさんといっしょ」を録画しておりました。
世の中は何が幸いするかわからないものですね。



さてビリヤードの世界にも、彼女に勝るとも劣らぬ画伯がおられます。
それが仙台の大御所ポルさんです。

かつてビリヤード愛好家が集まる「Pool Players」というサイトがあって、そこには全国の腕自慢が集まっていましたが、その中にあってもポルさんの球理論は一目置かれていました。

ただ・・・
たまにポルさん直筆の配置図、のようなのが登場するのです。
その多くは球と矢印と穴を書いただけの簡単なものでしたが、球の形はゆがみ矢印は曲がっている。
時には穴を書くのを忘れていたりしますので、それはもう古代の象形文字を解読するくらい難解を極めておりました

私は彼の記事をじっくり時間をかけて熟読した後に、



「ポルさんごめんなさい。わかりません。」

いつもPCに向かって降参していたのです。




1ヶ月ほど前、そのポルさんが所用で江戸に来られるというので、さっそく会いに行きました(左から2人目がポルさん)。
これが初対面です。

私は不安でした。
記事を読む限り彼は相当な凄腕に違いない。が、絵を見ると雑な気もする。
「一体どっちだ?」


対戦が始まりました。






ポルさんは、絵はヘタだが球はうまいぞ!



対戦後にポルさんのキューを見せてもらったところ、タップに21世紀の新工夫が施されていました。



どう?
タップの一部を削っているんですけど、わかりますか?



これは私の絵です

このようにタップの一部を斜めに平に削ります。
それで、この削った部分が手球に当たるように撞くとあら不思議、キレが鋭くなるのです。
私も試してみましたが、明らかに引き球が強くなりました

これは使えそうなので、さっそくアーティスティックの選手に教えてあげようと思います。



しかも削った部分がわかるように、シャフトにマジックで印をつけている。
引く時はこの印を上に、押す時は下にして撞く要領です。


ああ、なんという細かい気配り!
絵が雑だからといって、決してビリヤードが雑なわけではない。
こうして私は、絵の才能とビリヤードとは何の関係もないことを知ったのです。




絵で思い出しましたが、最近セルビア人と知り合いました。
彼は母国セルビアでビリヤードを教えている「ビリヤードの先生」ボリス君です。
「さっそく一丁やろうか。」
対戦を申し込んだのですが、出会った場所が人里離れた山間部でしたので近所に球屋がない。
「うーむ、困ったな・・・」

そこで国際法に則って、お互いの似顔絵を描くことにしました。



これは彼の愛用のキュー「MUSASHI」です。

「くっそー、オレよりいいキューを使ってやがる。」

くやしかったので、



「猫に小判」と書いてやった

意味のわからない彼は大喜びでしたので、出血大サービスで「猫に小判」の正しい発音も教えておきました。
意味は教えておりません。



こちらはボリス画伯が描いた私の似顔絵。

うーむ・・・
ハンデ2つくらい出す感じですね。


言葉の通じない外国人となかよくなるには、
●ビリヤードで対戦する
●似顔絵の描きっこをする
この2つが決定版です。
ビリヤードで対戦中に「ナイッショー」を連発すれば完璧。

国際派ロマンスグレーをめざす私からの提言です。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。