(NPO)母子フィジカルサポート研究会

「その人らしく」を大切に 一緒に笑顔になる

NEW !
テーマ:
こんにちはニコ

当会ブログにお越しいただきありがとうございます♪

前回に続き、沖縄でのセミナー報告です♪

ハイビスカスハイビスカスハイビスカスハイビスカスハイビスカス

冬とは思えない沖縄の過ごしやすい陽気晴れの中、2月17日に引き続き、
育児セミナー2ndと3rdを連日開催いたしました。




沖縄セミナーは12月からの毎月開催で
この育児セミナーで1クールが終了。

長い期間に渡り、母子フィジカルサポートの観点から
色々な時期の母子支援を一緒に考え、学んできました。
沖縄の皆さまどうだったでしょうか~!?

毎回お世話になっている世話人のK様
本当にありがとうございました!
いつもおいしいお昼ご飯おにぎりと最終日には手作り酵素ジュースジュース
エネルギー、たっぷりチャージされましたよチョキ




育児セミナーは3ステップで、
学んでいけるようになっているのですが、
最後にこんな感想をいただきました。

***
数ある育児行動の中で「抱っこ」にまず焦点を当てて、
そこから展開。

発達の基本・基礎をおさえるセミナーの方法。

いっぱいいっぱいある問題・困りごとに対して、援助の糸口を見つけながら考える。

自分で考えられる母親になってほしいという願い、目標が理解できる。

また、援助する側の気持ち・相手への温かいまなざし、
母親目線の深い意味、納得です!
***

T様、ありがとうございましたドキドキ
講師(代表、副代表)の二人で感激してしまいました。

時間をかけて、練って練って作り上げた
セミナーの意図を見事に汲んでいただくことができました。

沖縄の皆さんの熱い思いラブラブ
講師の私たちにもビンビン伝わりましたよ~!!

受講生の皆さんの周りで、今まで以上に
ママと赤ちゃんたちの笑顔が増えていくこと間違いなしですね!
また沖縄でお会いできる日を楽しみにしています!!




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちはニコ

当会ブログにお越しいただきありがとうございます♪

2月17日沖縄県にて
ブラッシュアップセミナー「骨盤ケアを使いこなす」を開催しました。





セミナーレポートをお届けします♪

***********

骨盤ケアがうまくいかない…ダウン
こんな悩みありませんかはてなマーク

今回の沖縄ブラッシュアップセミナー
「骨盤ケアを使いこなす」でも
グループワークでこんな声が聴かれました。

クローバー骨盤輪支持の時に…

・上手にアイテムが使えない

・強く締めすぎ、締めないとと思っている

・支持の選び方、自分で選べない、巻けない

・ずれやすい

・指導時間が取れない 

などなど~

セミナーの中では、受講した皆さんと一緒に
これらに対しての工夫も考えました。

例えば…
「強く締めてしまう」という悩みには~

・言葉の使い方を考える
「締める」という言葉は使わない

・骨盤輪支持の根拠を考える

・なぜ強くしたいのか?
アセスメントして他のことを試してみる

骨盤ケアって指導する方もされる方も
それぞれが色々なとらえ方をしているので、
実際にやろうと思うとうまくいかないということが結構あるものなんですよね。

そんな困ったときに役に立つ知識や技術、考え方などが、今回のセミナーではバッチリアップつかんでいただけたようです♪

一日かけてじっくり骨盤ケアを学んだ沖縄の皆さんからは、最後にたくさんの素敵なキーワードをいただけました!

・優先順位を考えて、生活の中でできることを一緒に考える

・どうしたら続けられるか考えるやり取りが楽しかった

・本人のやる気を引き出すやり取り

・今すぐできて、評価できる

・家に帰ったときに続けてもらえるケア 

などなど~

骨盤ケアを取り入れたいと思っているけど
うまくいかないという方は、
是非一度、当会のセミナーをご受講ください!

きっと解決の糸口が見つかると思いますよ♪

***********

最後にお昼のお楽しみ♪
お弁当お弁当をご紹介



月桃の葉?でしょうか
美味しそう~

~育児セミナーレポートに続く~
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちはニコ
当会ブログにお越しいただきありがとうございます。

2月5日に高輪にて、講師会議を行いました。



公式セミナーをよりわかりやすく、
しっかりと母子フィジカルサポートをお伝えするには???と改訂について、
新しいブラッシュアップセミナーについて、
熱く元気な話し合いが行われました。

I am OK!
You are OK!
「その人らしさ」を大切にした会議は楽しくて、ワクワクします。

このワクワクをお伝えする、
みんなが「一緒に笑顔になる」セミナーをお届けできるよう、がんばってまいりますグッド!


最後に会議のレポートを一つ♪


(NPO)母子フィジカルサポート研究会の講師会議でした。
母子フィジができる育児支援者が増えるよう、全員で熱く熱く話し合いました。
最後の20分で「みんなの心にひびくようなキャッチを考えたい」と理事会からの提案。
は=~~い、ファシリさせてくださ~~いと勝手に名乗りをあげ、キャッチコピーを考えていただきました。
もう疲れ切っているはずなのに、でてくるでてくる...
言葉の宝物
きっちり18分で終了して、理事会に言霊を届けました。



ちなみに↑このキャッチコピーの話し合い↑
通常30分はかかるものだそうですカナヘイびっくり

どれだけタフで元気なの??講師陣!!

そんな講師たちがお伝えする 母子フィジカルサポート研究会の セミナーに、ぜひお越しくださいませ♪ほっこり
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちはニコ

当会のブログにお越しいただきありがとうございます。

2月4日(土)東京体育館において、
2017年度 第19回通常総会と研修会を開催しました。



通常総会では、活動の5つの柱「広めます・実践します・研鑽します・研究します・楽しみます」に基づいた事業報告が行われました。

2015・2016年度と連続の黒字決算、セミナーが効率よく効果的に開催でき、さらに母子フィジカルサポートを幅広く伝える活動が行えたことがわかりました。

議事は、活発であると同時にサクサクと進み、2017年度の計画計画・予算案が承認されて、予定よりも早く終了しました。

午後は研修会。
赤ちゃん歯科ネットワーク代表 石田房枝先生による
「お腹の中から関わる口腔機能発達支援」でした。





姿勢や乳幼児の発達が、いかに口腔機能や顎の発達と関係しているか!
しっかり哺乳、おいしく楽しくしっかり食べることの基本
離乳食の基本的な考え方(目からウロコ&激しく納得!!)
・・・・・
母子支援の中でできることがたくさんあることがわかりました♪

研修会の中で、わらべうたを歌いました♪
みること、聞くこと、声を出すこと、模倣、同じ体験の共有と共感・・・
歌うとほっこり楽しくて、岩崎恵子先生の美声にもうっとり照れ
昔からの伝承を楽しく伝えることも、大切なことのひとつだなぁと感じました。



総会と研修会を通じて・・・
声が出る、意見が出る、質問が出る出る出る・・・

この会ってすごいねー♪と改めて再認識したのでした。

夜の街には高輪にて懇親会が行われました。
おしゃれなオーガニックのケータリングといろんなお酒生ビール日本酒赤ワインをいただきながら、楽しい時間を過ごしました。





今後の構想や深い話...
笑いながら倒れる人、泣く人、寝る人・・・

秋の沖縄で披露された「PPAP骨盤バージョン♪」に爆笑爆笑



そう、セミナーでは楽しくわかりやすく伝える工夫が盛りだくさん♪なのです。

そんな母子フィジカルサポート研究会のセミナーに
総会や研修会に、懇親会に
皆様のご参加をお待ちしています♪

~2/5講師会議に続く~


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

お正月明けまもない1月9

和歌山県田辺市にて

ブラッシュアップセミナー「骨盤ケアをつかいこなす」が開催されました。

 

田辺市にある ちひろ助産院院長、大平さんがご尽力くださり

セミナーを誘致してくださいました。

 

入門セミナーでは人のからだをみることでその人の特徴を捉える

妊産婦セミナーでは大きな変化に伴う生活状況をアセスメントし 

サポートが必要かどうかを考えました。

 

ブラッシュアップセミナーでは、骨盤ケアを深く考えてみます。

私たちは重力に抗してからだを支える機能を発揮して生きています。

それはからだの要である骨盤を中心に行われていることを理解し、確かなフィジカルアセスメントをすることで、安全で優しく気持ちの良い身体的ケアが提供できることを目指しています。

 

助産師経験数年目の人から20年、30年のベテランの人まで11名のご参加者が文字通り学びあい、伝えあうとても豊かな時間をすごしました。

 

皆さん日頃から母子フィジカルサポートに取り組んでおられるからこその悩みや疑問が、ワークや実習を通して宝物に変わっていく瞬間が何度もみられます。

 

同じゴールを目指す仲間だからこそ知識も経験も伝えあい、

自分の糧とできることの素晴らしさ。

セミナー講師として とても幸せな時間でした。

 

最後のふりかえりの言葉です。

・痛いといわれる人にアイテムを使うことで精いっぱいだったが、短時間で少しでも楽になれるケアが提供できそう

・こうしてあげようでは続かない。自分で行うことで継続できるし理解度が上がると思う。そのためには優先順位の高いものを伝えていくことが大事だと思った

・一緒にケアを考えることで変化していく。すると自分でしたという効力感が生まれ、育児を楽しくできると思う。助産師しかできない骨盤ケア、ここをぶれずにやっていきたい

 

 

これからも 皆さんと一緒に考えるセミナーを

展開していきたいと思います。

地元で受講したいと思われる方

どうぞお気軽に当会にご相談ください。

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。兵庫県の吉岡ですカナヘイうさぎ

近畿地方で開催される入門・育児1講師を

担当させていただいています。

日頃は神戸市の病院で分娩室と新生児室勤務をしています。

全国の病院勤務の助産師・看護師のみなさま~

毎日本当に激務お疲れさまです。

妊産婦さんや赤ちゃんにもっと、その人に合ったケアしたいのに。

それ以外のお仕事がいっぱいあったり、職場の人間関係なんかで

思うようにいかないのが病院勤務のツライところですよね。

 

母子フィジのセミナーに来ていただくと

「その人、そのべびぃ、その母子らしさ」を

より深く知るポイントがキャッチしやすくなります。

例えるなら、アンテナの感度が良くなって

情報処理速度が上がる感じ?カナヘイびっくり

なので、より「その人、そのべびぃ、その母子」に合ったケアを

スムーズに展開できるようになります。

 

私も母子フィジにハマってはや10年。

日々「その人を知る」アンテナの感度アップを実感しています。

母子のケア以外の日々の業務にも母子フィジが大活躍です。

先月メーリングリストに「母子フィジが学生指導に役立ってる」と

投稿がありました。

私もまったく同感です。てへぺろうさぎ

新卒や2~3年目の指導・学生指導などを担当したとき、

その人の「わからない、できない」をうまくサポート

できるようになりました。

おかげさまで指導する側、受ける側、周りのスタッフも

ストレスの少ない、みんなでTotal Winの関係を

目指して行くのに役立っています。

 

スタッフなどの人材育成にお悩みのみなさま。

ぜひセミナーにお越しください。

セミナーに来ていただくと母子フィジ活用体験談の

メーリングリストも読めるので、

いろいろみなさまのお役に立つと思います。

 

ではでは。

長文に最後までお付き合いくださりありがとうございました。

みなさまとセミナーでお会いできる日を楽しみにしています。つながる花1

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。いつも母子フィジカルサポート研究会を応援してくださりありがとうございます。

 

1113日、兵庫県立尼崎総合医療センターにて

「分娩時の新しいフィジカルアセスメント~姿勢と骨盤の査定に基づく安全安楽な出産~」

と題した研修を行いました。

 

これは兵庫県立大学看護学部/地域ケア開発研究所周産期ケア研究センター主催で行われた

中堅看護職対象の研修会4回のうちの1回です。

参加者は22

産科勤務5年目以上の助産師・看護師、ということでしたが

40代のベテランの方も何名かおられ

とても熱心な雰囲気の中、始まりました。

 

今回ゴールにしたのは

教科書、文献内容をいかに現場に沿うものにできるか

でした。

膨大な文献を探索し読み込んでいった結論は

「教科書はすごい!!」でした。

そこに書き込まれている事象を読み解いていく力、技術が

現場で妊産婦さんと接している私たちプロには

本当に必要な技術です。

 

研修中、骨盤誘導線を考えるワークでは

一瞬筆が止まっていました。

「骨盤誘導線って丸くなって天井に向かって力をいれるあれじゃないの??」

教科書的な原理を丁寧にたどっていくと、今まで気づかなかった真理に出会うことがたくさんあります。

 

当会の代表吉田が伝えています。

「教科書ベースをきちんと押さえて

それに沿って観察していくことで、

進行を妨げているものの端っこをつかむことができる

そこで、姿勢と骨格から観察を進めていくと

その妨げていることがよく見えてくる。

 

そして、対象者にとって無理のないケアで改善できれば

こんなに素晴らしいことはありません。」

まさにこれを6時間かけてたどる旅でした。

 

 

参加者のふりかえりです。

 

ケアに自信がなかった。一流の人ができる手技というイメージがあった。自己研鑽の必要性を感じた

骨産道はどうしようもないと思っていたが、仕方ないと思わず、ケアに活かしていきたい

今までの分娩のとらえ方と全く違うとらえ方ができた

アセスの引き出しが増えた

自分が普段やっていることの根拠を学ぶことができた

産婦さんの取りたい姿勢を支援することが大事。産婦が自分で産むことを感じてもらい、支援していくこと

内診所見に気を取られて、子宮の形には目が向いていない。きづけてよかった

――――――

 

同じセミナーを124日も行います。

 

この研修はクリニカルラダーレベル3認証申請に対応した研修です。

ずっとずっと伝え続けてきたことが、やっと助産師の力になると認められた瞬間です。

 

これからも助産師の力になるよう

セミナーを通して伝え続けていきたいと思います。

 

これからも(NPO)母子フィジカルサポート研究会を応援してください。

  

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは セミナースタッフの古川ですヽ(´▽`)/

先日開催されました妊娠セミナーのご報告です。

 

こちらの施設には毎年お邪魔させていただいています。

顔見知りの方も来ていただき、和気あいあい楽しい雰囲気でセミナーが進行できました。

 

そんな雰囲気からなのか、

ランチタイムに受講生の皆さんが気さくに気持ちを語って下さいました。

 

↓↓↓

 

しばらくぶりに病棟に戻ってきたら、

「骨盤ケアブーム」!

でも、理論が分かって納得できないとやり方を教えてもらっても、できない!と悩みを話してくださいました。

 

現在病棟では、骨盤ケアを進めていく!という目標を掲げているとの事です。

教室の担当者は母子フィジを受講して勉強してもらうようにしている。ヽ(*´∀`)ノとのことでした。

 

実際、セミナーも熱心に受講されていました。

 

自己紹介でも「時間がなくケアが取り入れられない」と悩まれていましたが、

骨盤輪支持指導練習では短時間で日常生活指導まで指導が終了し、

これなら、取り入れられそう!

あとどうしたら良いだろうか?

と、積極的に話し合われていました。

 

実践で役立てて頂けそうで、嬉しいです。

 

皆様に

当会のセミナーで引き出しをいっぱい増やしていただけるように、頑張ります!

(´∀`)

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
母子フィジカルサポート研究会
セミナーの内容

セミナー名 ブラッシュアップセミナー「骨盤ケアを使いこなす」
対象 妊産婦セミナーを1種類以上受講されている方
内容 「骨盤ケア」を使いこなせないのはなぜか?
・機能解剖学から読み解く、身体を支える仕組み
・身体の支持力アップを目指すケア
  しっかり立つためには?
  身体バランスの調整法とは?
  内臓下垂の改善に効果的な方法とは・支持力サポートの工夫いろいろ
・母子フィジカルサポートの実践演習0
    ~臨床でうまく使いこなすために~

時間  9:30~16:30
受講料 【非会員・賛助会員】 27,000円(税込・昼食付)
【正会員】     19,440円(税込・昼食付)
   ※教材(フィジカルフィットさらし)付き
持ち物 ①筆記用具
②フェイスタオル1枚
③バスタオル1枚、
④4分の1反さらし1本

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。(=⌒▽⌒=)
広島市で活動しています、小泉です。

しばらくお休みをしていましたが、大好きなセミナーが恋しくて復帰しました。
少しずつですが、中国地方・西日本のセミナーでお会いすることになると思います。

広島弁丸出しトークと、癒し系ハッピーボイス(最近言われてうれしかった褒め言葉を拝借)が持ち味です音譜
助産師として母子ケアサロン、新生児訪問、相談員、病院勤務などなど、いろいろなこと♪をしています。

お会いした方が、「気が楽になる」「体が楽になる」「明日が、未来が楽しみになる」
そんな時間と「しっくりきて実践可能な方法」を提案することを大切に仕事をしています。
日替わりの色々な働き方の基本となっていて、私の軸足にあるのは母子フィジカルサポート。
悩んだ時はいつも基本に立ち返って助けられています。

セミナーでは、対象を観る視点の変化、視野の変化を経験されるかもしれません。それはまるでアハ体験のようニコニコ
なんだかいいホルモンがドッと出て、明日からの仕事が楽しみになるような母子フィジカルサポート研究会のセミナーに、ぜひご参加ください。

お待ちしています。
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。