体育会系の傘

テーマ:

一昨日のみぞれ混じりの雨の中、予期せぬ突風を受けて傘が裏返ってしまった。相当使い古していた傘なので骨が何本か折れ、折れた骨が生地を突き破り、見るも無残な姿になってしまった。これでは使えないので、前から目を付けていた傘を買うことにした。

 

 

実は、東京ビッグサイトで催されたギフトショーに「裏返った状態の傘」が展示されていた。一体なにごとかと思い、係の方に尋ねたら、「折れにくい特殊な骨を使っていましてね、それをPRしているんですよ」とのだった。急な雨に遭うとついつい安価なビニール傘を買ってしまうが、骨の折れたビニール傘が捨てられているのを見ると心が痛み、腹立たしくもなるので、次に買うときはこれにしようと決めた。

 

お取引先には傘を取扱っておられる会社もあり、直接申し上げたこともあるのだが、百貨店で販売されている傘には文句の付けようがなく、逆にそれを物足りなく感じてしまうことがある。言い方に語弊があるかも知れないが、優等生で中性的であるように思えるのだ。見た目よりも軽いし、閉じたあと巻いていくと折り目通りに美しくたたむことができる。それが如何にも出来が良い秀才のように思えるのだ。

 

 

その点、今回買った傘はずっしりと重い。それから、閉じて巻き始めたら折り目と折り目の幅が均一ではなく、でこぼこになってしまった。良く言えばワイルド、悪く言えば雑、しかし、簡単には風に負けません、又、雨も通しませんからご心配なく、と宣言しているように思える。秀才タイプではなく、昼休みと放課後に俄然元気になる体育会系なら、私にピッタリだ(笑)

AD

財布のひも

テーマ:

私の取引先にはバッグや財布、傘やハンカチというファッション商品を扱っておられる会社が多いが、最近はなかなか思うように売上を伸ばせないとおっしゃる。どうしてだろうと考えたが、要するに消費者は「既に持っている」から買わなくても困らないのだろう。私自身もそうだ。財布のひもが固くなっている。

 

元々、ファッションの最先端を行っている訳ではないので、着るものも履くものも身に付けるものも、多少古くはなっているが一通り揃っている。だから、「余程のことがない限り」財布のひもが弛まない。その財布のひもが、去年の冬、久し振りに弛んだ。ダウンコートを買ったのだ。

 

(NANGAのHPから)

 

着古したコートを2年前の冬に処分し、その後はコートなしで過ごしてきたのだが、雨の日にはコートが便利だ。早速、インターネットで探し始めたが、「欲しい!」と思えるものがなかなか出て来ない。もう買うのは止めようかと思い始めたとき、このコートが出てきた。

 

「ナンガ」という初めて耳にしたブランドだったが、色やシルエットより長年「寝袋」を作ってきた会社の商品であることが分かり、俄然興味が湧いた。山男の為の寝袋を作ってきたメーカーなら、きっとこのコートもタフな作りで寒さから身体を守ってくれるに違いない。

 

この「意外性」が私にとっては「余程のこと」となり、求めやすい価格だったこともあり、衝動買いへとつながった。商品は直ぐに到着したが、軽くて暖かく、極めてシンプルな作りだった。内ポケットが無いことには驚いたが、これも不満には思わず、さすが寝袋を作ってきたメーカーで無駄がない、と感心してしまった。

 

「余程のこと」とは「サプライズ」なんだと思う。何もかも持っている消費者からすれば、商品を目にしたとき、手に持ったとき、何かしら驚きがないと欲しいとは思わない。大変な時代になったと思うが、「サプライズ」のある商品ならインターネットや口コミで市場が広がることもある。面白い時代だと思うようにしよう。

 

AD

人間とAIの違いは?

テーマ:

囲碁の井山六冠を始めとする日中韓のトップ棋士と日本最強のAI、DeepZenGoとの総当たり戦は韓国の棋士が3戦全勝で優勝、DeepZenGoは1勝2敗という成績だったようだ。AIはどこまで強くなるんだろう。

 

DeepZenGoは日本の井山六冠に勝利し、中国の棋士との対局でも前半戦は優位に戦いを進めていたらしい。ところが、明らかな「ミス」から形勢を逆転させてしまい、最終的には敗れてしまったとのこと。AIもミスを犯すと知り少しホッとするが、AIのことだから人間とは違い、同じミスは繰り返さないのだろう。だから、AIはまだまだ強くなるに違いない。さて、人間はどうあるべきか。

 

ソフトバンクの孫正義さんの弟でガンホーの創業者、孫泰蔵さんは「ホワイトカラーの仕事もブルーカラーの仕事もAIに出来るが、保険の外交員とスナックのママは人間じゃないと出来ない。彼らはお客さんのニーズが分かり、話を聞いて相談に乗っている。すなわち、顧客を創造している人たちだ」と述べておられた。人間は創造的であれば良い という意味だろう。

 

確かに、機械やコンピュータが助けてくれてはいるが、空を飛びたいと最初に思ったのは人間だし、月に行ってみようなどと大それたことを考えたのも人間だ。そう思うと、人間が大事にしなければならないのは、夢や希望や願望という未来に対する情熱や関心ということになるのかも知れない。AIと共存するには、過去のデータや複雑な計算はAIに任せ、人間は未来への夢や希望でAIを圧倒し、支配しないといけないのかなと思う。

 

 

AD