消費者の変化

テーマ:
月に一度、六本木ヒルズで開かれる勉強会に出ている。元外交官や大学の先生、文筆家や生物学者、そしてテレビ局のディレクターと、仕事はバラバラだがインテリ揃いの会で、会員の方が講師を務めたりゲスト・スピーカーを呼んでお話を聞いたりして、その後、議論するのが目的になっている。テーマは「憲法第九条」や「我が国の財政再建」、「ドイツ連邦議会選挙の結果」等々、真面目なものばかりだが、ついに、私が話をすることになってしまった。

にわか勉強をして取り繕っても他の皆さんの方が詳しそうだし、下手に質問でもされたら答えに窮するだろう。そこで、ファッション業界に身を置いているのは私だけという利点を生かし、「ここまで変わった女性の消費者」というテーマで、私の回りに起こったさまざまな出来事をお話することにした。

最初にお話したのは、ポーラ文化研究所が行ったアンケート結果だ。2016年に15才から64才の女性1500人に「来年(2017年)貴女はこれらに使うお金を増やしますか?減らしますか?それとも変えませんか?」という簡単な質問をし、ファッションや外食、レジャーや習い事、そして化粧品やエステ等に使うお金がどうなるかを聞いている。


結果だが、「増やす」一番手は「旅行・レジャー」、二番手は「自宅での食事」、これに対し「減らす」の一番手は「ファッション」で、何と二人に一人が減らすと回答、又、二番手は「外食」で、これも4割の方が減らすと回答している。外食はお洒落をする機会にもなるから、我々の業界にとっては憂慮すべき結果となったのだ。

そんな入口から、過去一年間に拾い集めたユニクロやしまむらの躍進を伝えるニュース、トイザらスの倒産やトリンプの苦戦など生々しいニュースを説明し、結果的には山ほど質問を頂き、大変活気のある会になった。今日の教訓は「雀の巣も構うに溜まる」だろう。ささやかなテーマだったが、張りぼてではない重みがあったのかなと思う。
AD

梅根性に柿根性

テーマ:
昨日は雲一つない快晴で気持ちが良かったので、お取引先のある表参道からオフィスがある青山一丁目まで、普段なら地下鉄に乗るところを歩いてみることにした。どうせ歩くなら排気ガスの少ない道の方が良いかなと、青山墓地の中を突き抜けたのだが、梅の花が咲いているのを見付けた。青空に映え、とてもきれいだったので、ますます気分が良くなった。


ところが、オフィスに着いてから梅の花言葉を調べたら、高潔、忠実、忍耐と出て来るではないか。アカン、私に不足しているものばっかりや、と少し情けない気持ちになったとき、「梅根性に柿根性」という言葉が目に入った。

梅根性とは、「煮ても焼いても梅は酸っぱいことから、頑固でなかなか変わらない人のことをいうようになった。良い意味で、がんばり屋さんのこと」だとか。 なるほど、上手い例えだ。

では、柿根性はどういう意味かというと、「柿は焼けば直ぐに渋が取れるし、干せば干したで甘い干し柿になることから、一見頑固そうでも変わりやすい性格をいう」とのこと。これも実に上手い例えだと感心したが、さて、私は梅派か柿派かどちらだろう。もし、自分で好きに選べるなら、「焼いても干しても渋味が取れない渋い柿」がいいかなぁ(笑)
AD

阪神タイガースのファン

テーマ:
阪神タイガースには熱烈なファンが多い。京都在住の元上司、Y村さんも筋金入りのファンで、熱い思いでしたためたお便りを定期的に送ってきて下さる。しかし、今回は封筒に厚みがあり、何が入っているんだろうと開けてみたら・・・


いやはや絆創膏とは驚いた👀‼️ 更に開けてみると・・・


思わず笑みが漏れた。普通の絆創膏は目立たぬように肌色のものが多いように思うが、タイガースの絆創膏は目立つことが目的のようだ。

これを貼れば興奮して血流が良くなり、早く治るに違いない。しかし、アンチ・タイガースの人たちからは、「タイガース・ファンはうるさいから、口に貼ってくれる?」と言われそうだ(笑) Y村さん、ありがとうございます!
AD