ボルネオ7番のブログ

ブログの説明を入力します。

NEW !
テーマ:
ガブリエル・マリーの「金婚式」を弾き終わると、「アンコールは?」という小さな声が聞こえたので、「準備して参りました。大変厚かましくて恐縮ですが、アンコールの声に応えさせて頂きます」と宣言して笑いを誘った。

「これから美味しい食事とお酒を頂き、大いに盛り上がると思いますが、夜はちゃんと良い子に戻り、大人しく寝て頂かなくてはなりませんので、シューベルトの『子守唄』を弾きます(笑)」

子守唄どころか、神経を逆撫でする音があったかも知れないが、私自身は大変気持ち良く弾かせて頂いた。このクリスマス会で一番楽しませてもらったのは、ひょっとすると私かも。そういう場があり、素敵な仲間に恵まれたことを幸せに思う。

最後に、今年入会された方とお話していたら、メガバンクに勤務されていたことが分かった。たまたま、丸紅勤務時代の同僚のお父さんが同じ銀行におられたので、そのお名前を伝えると、6年間ほど上司、部下として共に働いておられたことが分かった。その方によれば、良く孫自慢(ということは私の同僚の子供自慢)をされていたとか。世間はやっぱり狭い。

バイオリン
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
会長は日本を代表する総合商社で活躍された方で、博識の上にお話がお上手で、ユーモアたっぷりの語り口についつい引き込まれる。だから、会長の回りにはいつも人が集まり笑いが絶えない。奥様は神経の細やかな方で、いつも回りの人たちに気を配る優しい方だ。しかし、会長はそういう奥様に「家庭では虐げられたりしている」とおっしゃるから、又、笑いが起こる。そういうご夫妻のことを思い浮かべ、カードには次のように書いた。

「ご結婚されて50年、この年月を夫婦として無事に過ごしてこられた理由は何でしょうか、と尋ねてみたい気がしましたが、ひょっとすると、会長は『私の忍耐の賜物です』とおっしゃるかも知れません(笑)。しかし、そういうときも、奥様は聖母マリア様のような寛大な心と優しい笑顔でさらりと聞き流されるのかなと想像しております(笑)。どうかこれからも、私たちの目標となるご夫婦でいらして下さい。」

大きな拍手が湧いたが、みんな、会長ご夫妻のことが好きなのだ。その後、準備していたプレゼントをお渡しした。

「金婚式ですので、お祝いに金の延べ棒を、とも思いましたが、ご結婚された1964年を調べましたところ、この年にカルビーが『かっぱえびせん』を、大関が『ワンカップ大関』を発売していたことが分かりました。これは金の延べ棒よりもお喜びになるに違いないと強引に考え、『かっぱえびせん』と『ワンカップ大関』をお祝いに買って参りました(笑)。喧嘩しないで仲良く召し上がって下さい。」

かっぱえびせん
(かっぱえびせんとワンカップ大関)

プレゼントをお渡ししたあと、ガブリエル・マリーの金婚式を弾いた。1カ所間違い、何カ所か正しい音を出せなかったが、心を込めて弾いた。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
私が所属する合唱団、「うたおうかい」のクリスマス会が催された。

うたおうかい

来年3月のイベントで歌う予定の「Stand Alone」など3曲を最初に合唱し、パーティの後、今度は「もろびとこぞりて」や「神の御子は」など5曲の賛美歌を合唱した。経験者がほとんどいない合唱団だが、いつも新しい曲に挑戦するという姿勢が素晴らしいと思う。

合唱と合唱の合間に、バイオリンを弾かせてもらった。最初に「きよしこの夜」、次はボッケリーニの「メヌエット」とプログラムには記載されていたが、実は今年金婚式をお迎えになった会長ご夫妻のために、ガブリエル・マリー作曲の「金婚式」を練習していた。サプライズで会長ご夫妻の金婚式をお祝いしようと、伴奏頂いたピアノの先生と準備を進めていたのだ。

「先日、会長ご夫妻が金婚式をお迎えになられたと知り、これは何かお祝いをせねばと思い、ガブリエル・マリー作曲の金婚式という曲を演奏することにしました。ただ私が下手くそで、演奏はプレゼントになりませんので、お祝いのカードを準備してきました。」

(続く)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード