4/16(日)は下北沢ろくでもない夜でリビドーと悪魔レコ発ツアーファイナルに出演して来ました。総勢11組という彼ららしい規格外のイベントで愉しかったですね。

 

リビドーと悪魔2nd E.P「Devil's circle」RELEASE TOUR FINAL「DEVILS PARTY」
--------------
日時:2017年4月16日(日)
場所:下北沢ろくでもない夜
時間:開場15:00/開演15:30

出演:
リビドーと悪魔 x MOGIKOJIN
NDNQ(富山)
PeopleJam
NADSAD
noman
ampcharwar
pororocks
COMezik
Haru & Bori with VJ Manako ⇒ LosingMySilentDoors
the mantle brothers
バス☆ガイド
転換GJ(Guitar Jockey):亮弦-Ryogen-

 

最初にリビドーと悪魔の平さんからオファーを受けた時は僕のバンド「LosingMySilentDoorsで出演して欲しい」というものだったけれど、LosingMySilentDoorsはアルバム制作中でメンバーはみんな助っ人なので、まずは「Haru & Bori with VJ Manakoで出演します」としてから、リズム隊でお願いしているナオさんとリュウイチ君(不遣ノ雨)に参加確認して快く出演OKをいただきました。そしてハルボリのハルさんにVJ Manakoさん。ライヴ撮影にセオサユミさん。

 

そこからライヴ用のリハも開始しましたが、リズム隊に関しては現役なのでほとんど心配いらなかったですね。心配だったのは僕が多忙過ぎて個人練習するヒマが少なかったことと、ライヴでクリック同期付DTM音源を使うには新しいAudio I/Fと、新しいマイクが必要でした。それが間に合うかも調整しながらの準備となりました。

 

リハはたくさんできなかったけれど、新しいLosingMySilentDoorsとして何とか間に合わせることができました。ということで当日は事前告知のないシークレットライヴという形で出演させてもらいました。

-----
下北沢ろくでもない夜でリビドーと悪魔レコ発ツアーファイナルは昼間の15:30から開演して最初からpororocksでエンジン全開になって、3番目に僕らがブランニュー・LosingMySilentDoorsとして晴れて出演しました。アルバム制作中の新曲群を用意して。

4/16(日)下北沢ろくでもない夜でのセットリスト
 Tea's Bomb
 砂漠の上の少年
 I Share Mary
 Nowhereland~Neverending

 

全曲DTM音源とのクリック同期なので1曲目のタイミングが合わずにやり直したり、3曲目の「I Share Mary」でギターの2弦が切れても持ち時間が少ないのでそのまま続行したけれど、最後のアウトロ「Neverending」の途中からギターの音が出なくなってしまい、原因がわからず参りました…今までならここで諦めてステージを降りるところだったけれど、リズム隊がちゃんとリズムを残してくれたので気を取り直して、ギターをアンプに直結して最後までやり切ることができました。

 

 

久しぶりのバンド演奏ということもあってトラブル続きだったけれど、人生いろいろあるように良いことも悪いこともすべて表現できたらいいですね。僕のギターが復帰するのをあったかく見守っててくれた皆さんに感謝します。

 

このメンバーで出演できて本当に良かった。

 

 

この日は急きょ、転換GJ(Guitar Jockey)としてホールから亮弦-Ryogen-さんが演奏してくれたのが心強かったです。彼が弾いてくれるだけで場内の体温が2℃ぐらいあがったし、絶えずホールを賑やかにしてくれました。

 

僕らのライヴの後はPeopleJamとampcharwarとトリのリビドーと悪魔でVJを担当しました。PeopleJamはアヤナさんがギターで入ってから2回目のVJですが、定番と安定のライヴでしたね。

 

ampcharwarではクロメのギスケさんがサポートドラムとして叩いてくれて、ボリチャーワーとしてのプロジェクターのまばゆい光を浴びるのは初めてだったみたいで戸惑ってたみたいです。黄色い声援が面白かったです。

 

そして大トリのリビドーと悪魔ですが、大方の予想通りこの時点で終演が0時を回ってしまい途中退散の方が多かったみたいですが、ステージの方はもう無茶苦茶なぐらい激しい彼らで素晴らしかったです。

 

LosingMySilentDoorsのMCでもお話ししましたが、彼らとの出会いは2015年にshuhari主催の野外イベント「剣乃舞2015」のブッキングを手伝っていた頃、下北沢ERAに知り合いのバンドを観に行った時にたまたま遭遇した共通の知人と話し込んでる時に現れたアフロの巨人が「絶えずBEATしろ」の元ベーシストの平さんで、彼が新バンドを結成したというので半ばお試しのつもりで「剣乃舞に出てみます?」と降ったら「出演させて下さい!」と即答してもらったことがキッカケで、剣乃舞2015セカンドステージのクロージングアクトとして出演してもらいました。

 

その時に初めてリビドーと悪魔という全貌を体験したのですが、そこからここまでの快進撃を考えるとあの日に遭遇してなかったら僕らの関係はどうだったんだろうか、彼らはここまで快進撃してたのだろうか、いや彼らのことだからどっちにしろ快進撃してただろう、と巡り合わせについていろいろ考えさせられました。

でも重要なのは「いま、ここにいること」でこのツアーファイナルを一緒に共有できて本当に良かったです。どの出演者も面白かったし、最初から最後まで楽しかったです。

 

改めてリビドーと悪魔のお二人、ツアーファイナルお疲れ様でした!

 

【次回ライヴ】
-------------------
次回ライヴは4/28(金)三軒茶屋Heaven's DoorにHaru & Bori with VJ Manakoとして出演させて頂きます。イタリアのバンドRoyal BRAVADA来日ツアーのサポートになります。

 

今回のハルボリ特別ゲストは対バンのmonomo...?のリズム隊である池田君とユッコさんです。彼らとのコラボレーションもこれで3回目ぐらいになるので、だいぶ息が合って来ました。monomo...?は1番手19:00出演、ハルボリは3番手20:00頃の出演予定なのでよろしくお願いします!

 

【Royal BRAVADA Japan Tour】
日程:2017年4月28日(金)
場所:三軒茶屋Heaven's Door
Website:http://www.geocities.jp/xxxheavensdoorxxx/
時間:開場18:30/開演19:00
料金:前売2,000/当日2,500円(ドリンク代別500円)

出演:
Royal BRAVADA(Italy)
monomo...?(19:00~)
Haru & Bori with VJ Manako(20:00頃~)
NA/DA
死んじゃうじゃんか

 


Bori(LosingMySilentDoors/音景-Onkei-)
写真撮影・提供:セオサユミ

 

AD

SOUND ON LIVE vol.0を終えて

テーマ:

2/28(火)は高円寺HIGH・AMP cafeで音楽試聴・販売サイトSOUND ON LIVE主催イベント「SOUND ON LIVE vol.0」を開催して来ました。

 

初開催ということもありますが、まずは大きなトラブルもなく無事終了できてホッとしています。

 

 

 

「SOUND ON LIVE vol.0」
日程:2017年2月28日(火)
場所:高円寺HIGH・AMP cafe
時間:開場18:30/開演19:00

 

出演者:
shuhari        http://shuhari-tokyo.com/
ザ・クレーター    http://thecrater.jimdo.com/
内藤重人        http://naito-shigeto.com/

 

フードコーナー:
 ・ 神田お茶の水 三月の水(ベトナムチキンココナッツカレー)
 ・ ねこのて食堂(パキスタンチキンカレー)

 

総合VJ:Bori(LosingMySilentDoors/音景-Onkei-)    
スチール撮影:セオサユミ
ビデオ撮影:武蔵野映画社

 

展示ブース(併設AMP cafe):
・ SOUND ON LIVE   https://www.soundonlive.com/
・ Jimdo        https://jp.jimdo.com/
・ g.o.a.t        https://goat.at/
・ Peatix        http://peatix.com/

 

SOUND ON LIVE Vol.0 特設ページ:
https://events.soundonlive.com/

 

SOUND ON LIVEは「楽曲の共有・販売を今までになくシンプルに」をキーワードに運営されている音楽サイトで、これからいろんな機能を盛り込んで成長していきます。

 

ちなみに僕のバンドLosingMySilentDoorsも登録しています。
https://www.soundonlive.com/@LMSD


SOUND ON LIVEの担当から「SOUND ON LIVE主催イベントを初開催したい」というお話をいただいて、イベント企画・制作から参加させてもらえることになりました。

 

イベントの目的として従来の音楽イベントの形を取りつつ、それだけに留まらない将来的な発展に結びつけられるよう積極的に音楽レーベルへプレゼンテーションしていこうというもので、その為にいろんな音楽サービスの方々に参加してもらったりと縦と横のバランスを取りましょうと。

 

まずは会場選びからスタートしました。会場は清潔感のある100人規模のところが候補で、前々からお世話になっている高円寺HIGHにお願いして、併設のAMP cafeも音楽サービスの展示ブースとしてお借りすることになりました。

 

それから出演者のブッキングを進めて、shuhari、ザ・クレーター、内藤重人(Three Questions)が決定し、総合VJは僕が務めることになりました。

 

スチール撮影(ライヴ撮影)はいつもお願いしているフリーフォトグラファーのセオサユミ氏、ビデオ撮影(ライヴ動画)に武蔵野映画社に協力していただくことになりました。

 

フードコーナーは高円寺HIGHのご厚意で神田お茶の水 三月の水(ベトナムチキンココナッツカレー)とねこのて食堂(パキスタンチキンカレー)に出店してもらえることになりました。

 

展示ブースは最終的に音楽サイトのSOUND ON LIVE、誰でも作れるHP作成サービスのJimdo、スタイリッシュなブログサイトのg.o.a.t、そしてオンラインチケットサービスのPeatix、となりました。

 

 

それからDDDiscというサービス会社に協力してもらって、来場者特典として缶バッチを無料配布することにしました。この缶バッチはDDDiscのWebサイトでカメラアプリを起動して缶バッチの模様を撮影すると、特定のサイトに誘導できるというものです。

DDDiscの缶バッチサービス:https://dddisc.com

 

 

今回はSOUND ON LIVEのイベント特設サイトでイベント当日のライヴ写真をほぼリアムタイムでアップロードしていく試みをやってみました。

--------

 

19時過ぎに内藤重人さんが登場して独特の唱法で弾語りを始めると、僕はそれに合わせて草花を中心とした風景写真をVJし始めました。彼の歌も素敵だけれど、MCもまた素敵で今ここにいることについて良いこと言うなぁといつも感心します。とても素敵なライヴでした。

 

 

20時頃に登場したのがザ・クレーターで、彼らとは数年前、新宿Motionで毎月開催してた月刊ザ・クレーターというイベントでVJを担当していたので、僕にとってはお久しぶりという感じでした。入場から退場まで試合運びがうまいというか、徹底したショーマンシップでさすがだなと。良いライヴでした。

 

 

この日のトリとして21時過ぎに登場したのがshuhariで、彼らとは野外イベント「剣乃舞」を始め、台湾ツアーやカナダツアーにVJで同行して一緒にたくさんの経験を積んで来ました。この日はようやくSOUND ON LIVE関係者にその姿を観てもらえるので、感慨深いものがありました。最近は相手に合わせて抑え目だったVJエフェクトもshuhariの時はエンジン全開で僕自身とても気持ち良かったですね。とても素晴らしいライヴでした。

 

彼らはこの日のフィナーレに1曲だけアンコールしてくれました。

 

打ち上げは併設のAMP cafeで語らい、観に来てくれた知り合いの方々とたくさんお話しできました。

 

「SOUND ON LIVE vol.0」は初回ということもあって主に運営面にいろいろ課題が残りましたが、出演者のライヴは今まで以上に素晴らしかったし、これをベースにここから発展させていけると思います。

 

ご来場の皆さん、スタッフの皆さん、出演者の皆さん、高円寺HIGHの皆さん、ありがとうございました!
そしてSOUND ON LIVEの皆さん、今回の機会を与えてもらってありがとうございました!

 

Bori(LosingMySilentDoors/音景-Onkei-)

 

写真撮影・提供:セオサユミ

AD
strange world's endが満を持して3/22(水)に発売する2nd Album『やっぱり、お前が死ねばいい。』からリードトラックの「カレイドスコープ」MVが公開されました。

strange world's end - カレイドスコープ (MV)

strange world's end 「カレイドスコープ」
原案:飯田カヅキ
制作・監督・脚本:Bori (LosingMySilentDoors/音景-Onkei-)
撮影:吉岡泰介(ima studio)

strange world's endのMVは過去に何本も制作してきて、その度にストーリー路線から徐々に過激な路線に変化してきましたが、今回はより「楽曲」に知った内容でいきたいというクライアントの要望により、楽曲の世界観を深く掘り下げていくことになりました。

ご参考までに前作MVはこちらになります。
strange world's end - 窒息 (MV)
 
今までだと企画段階で夢想した絵が予算の関係でNGだったところ今回は実現可能になったので、「こんな絵を撮りたい、こんな演出をしたい」と夢想したものがある程度実現できることになり、あとはどうやって現実化できるかを考えれば良いことになりました。

撮影はスタジオトルカという大きな白ホリドームの撮影スタジオで、普段は新車のパンフレット写真撮影を中心に使われています。スタジオの中心に回転台があってクルマを回転させてアングル固定してから写真撮影します。

ドームスタジオ・トルカ(TORUKA)
http://www.st-toruka.com/turntable.html


スタジオトルカを下見した後、クライアントといろいろ案を出しながらアイデアを固めていく中で(実は無責任にアイデアを考える段階がいちばん楽しかったりする)、バンドメンバーが回転しながら演奏シーンを動画撮影するという原案になりました。それと高さを変えられる移動台車があるので、普段は見れない真上からのアングルも撮れることになりました。

より立体的にバンドメンバーを捉えることができましたね。

もうひとつ閃いたアイデアとして今回の楽曲のキーワードが「走馬灯」だったので、僕なりに走馬灯をイメージした時、ふと彼らのライヴ写真をVJで白壁に投影してみたいと考えました。それが死の直前に体験するという「走馬灯が見えるかのよう」(今までの人生を一瞬で追体験する)に通じるのかなと。ライヴ写真はフリーフォトグラファーのセオサユミ氏が撮り溜めたstrange world's endのライヴ写真から提供して頂きました。

問題はスタジオトルカに隣接する建物の関係で音出し制限が通常よりも厳しくて、ドラムありのクリック音源と同期させるにはどうすれば良いか?ということでした。そしてバンドメンバーは回転台の上でグルグル回り続けるので、クリック音源をイヤフォンケーブルで渡す訳にもいかないなと…そこをクライアント側で試行錯誤してもらったのですが、アイデア次第でここまでできるんだなと感心しました(内容は割愛します)

カメラ撮影は今回もima studioの吉岡泰介さんにお願いして、照明の調整から高解像度撮影やスローモーション撮影までいろいろ対応してもらいました。前日の徹夜明けで眠たいはずなのに撮影してる時の吉岡さんはすごく活き活きとしてて、やっぱり撮影が大好きな方なんだなと(笑)

前々日のテスト撮影を経ていざMV撮影開始…となってバンドメンバーが回転台に乗ってカメラで動画撮影し始めたのですが、人間は何回もグルグル周ってると気分が悪くなる生き物で、しかも演奏したり演技しないといけないのでかなり気分を害されたようで…いやいや原案は僕じゃないからと言い逃れしましたが(笑)


そんなバンドメンバーの頑張りとスタッフ陣の努力で完成したstrange world's end「カレイドスコープ」MVをぜひお愉しみ下さい。


最後に今回の撮影に使わせていただいたスタジオトルカさん、素晴らしい動画を撮影してくれたima studioの吉岡秦介さん、貴重な経験をさせてもらったstrange world's endとスタッフの皆さん、愉しみに待っていてくれた皆さんに感謝します。

Bori(LosingMySilentDoors/音景-Onkei-)
AD