みんなと共有したレディオヘッドの嬉しさ

テーマ:

8/20(土)は夜に下北沢レインボー倉庫でのイベントにちょこっと顔出してから、幕張へ移動してSUMMER SONIC 2016(サマソニ)東京のオールナイトイベントHOSTESS CLUB ALL-NIGHTER(ホステス)から参加して来ました。

アメリカのオルタナシーンが産んだ寵児?Dinosaur Jr.(ダイナソーJr.)を観たのだけど、過去にフジロックで観た無意味にマーシャルアンプを積み上げて爆音、どの曲も同じテンポに聴こえる、少し歌ってギターソロがやたらと長い、という潔いのか変化球がないのかよくわからなかった記憶がまざまざと蘇って来ました(笑)

 

いくつかのバンドを観た明け方は近くの温泉宿に移動して仮眠、そしてサマソニ東京2日目を観ました。

すべてはRadiohead(レディオヘッド)を観る、この一点に尽きますね。

 

Radioheadは1985年に前身バンド(On A Friday)からスタートした5人組ロックバンドで、1992年のメジャー・デビューし、デビューアルバムからのシングル「Creep」がいきなり大ヒット。そこから誰も予想すらできなかった成功と冒険を続けている素晴らしいバンドです。外部ミュージシャンの出入りはあるけれど、結成以来メンバー交代してないことも、レディオヘッドの素晴らしいところですね。

 

Radiohead - Creep

 

フジロックやサマソニに代表されるフェスの醍醐味は何と言っても広大な場所・大きな空間を満喫することですね。なるべくタイムテーブルに縛られず、くまなく観ようとせず「フェスという空間」を存分に満喫すること。みんなと共有体験できることが大きいですね。

 

この日はヘッドライナーのレディオヘッド目的で来場する人が多かったので、久しぶりに再会できた人が何人かいて嬉しかったです、マルちゃんとか。

 

QVCマリンスタジアムでは夕方のTHE YELLOW MONKEYから観ましたが、出し惜しみのないみんなが聴きたかった名曲をこれでもかと連発してくれて、あの日から止まってた時計が再び動き出した感じがしました。それにしても凄い歓迎でした...

 

その次にサカナクションが演奏してからの、ヘッドライナーで登場したレディオヘッドがとても素晴らしかったのです。最初から2時間演奏すると予告したことも凄いけれど、最新アルバム中心のセットリストに僕らが愛したサードアルバム「OK Computer」の名曲の数々を随所に潜り込ませるところが憎いなと。そしてアンコール後の終盤に伝説の「Creep」を解禁して、ラストはセカンドアルバム「The Bends」から僕が葬送曲としてお気に入りの「Street Spirit(Fade Out)」を演奏して大歓声の中、彼らはステージを後にしました。

 

Radiohead - Street Spirit(Fade Out)

 

こんな素晴らしいセットリストとライヴを日本で見せてくれたレディオヘッドに感謝したいです。

音楽的な充電が完了したので、僕らも頑張ります!

----------
8/26(金)三軒茶屋Heaven's Doorに音響ユニットHaru & Bori with VJ Manakoで出演しますので、よろしくお願いします。

制作中のLosingMySilentDoorsアルバムから新曲を1曲初披露する予定です。

今度のアルバムはなかなか充実した面白い内容になるな、と実感してるところです

「opposition to pops」
日程 2016年8月26日(金)
場所 三軒茶屋Heaven's Door
開場18:30/開演19:00
前売¥2,000/当日¥2,500(+ドリンク代500円)

 

【出演】
Haru & Bori with VJ Manako(20:20頃~)
NA/DA(ex.s/s/c)
THREE RING CIRCUS
ゲルチュチュ
Reverse Gear

 

 

それでは最後にshuhariの野田浩平さんがゲスト参加してくれた「Nowhereland」をお送りします。


「Nowhereland」by Haru & Bori with VJ Manako 三軒茶屋Heaven's Door 2016.06.18(Sat)
特別ゲスト:野田浩平(shuhari)
写真撮影・提供:セオサユミ

 

 

Bori(LosingMySilentDoors/音景-Onkei-)

 

写真撮影・提供:セオサユミ

 

AD

リメイクやリブート作の醍醐味は新旧の違いやお約束を新旧のファンに訴えられることかもしれないですね。80年代に大ヒットしたSFコメディ映画「ゴーストバスターズ」のリニューアル版を見て観て来ました。
 

 

Ghostbusters (1984) - Official® Trailer [HD]

 

1作目は1984年に公開され、レイ・パーカー Jrの「ゴーストバスターズのテーマ」も含めて社会現象になるほどの大ヒット作になったけれど、次回作の頃には揉めに揉めて、2作目止まりだった作品。

主人公3人のひとりレイモンド・スタンツ博士を演じたダン・エクロイドが脚本も関わるという多才ぶりで、ピーター・ヴェンクマン博士役のビル・マーレイのとぼけた演技が良かったですね。

 

Ray Parker Jr. - Ghostbusters

 

レイ・パーカー Jrの「ゴーストバスターズのテーマ」も大ヒットした途端にヒューイ・ルイス&ザ・ニュース側に盗作騒動で訴えられて泥沼裁判になったせいで、彼のキャリアも落ち目になったという…元々は映画制作側がヒューイ・ルイス&ザ・ニュースの「I Want A New Drug」をテーマ曲に使いたいと打診したものの断られたので、レイ・パーカー Jrへ「すぐに似たような曲を作ってくれ」という無茶振りで完成したのがこの曲で、大ヒットした途端にヒューイ・ルイス&ザ・ニュース側に訴えられ敗訴、和解条件として和解内容をオープンにしないことになってたのにヒューイ・ルイスがテレビ番組でバラしてしまって逆提訴され…とまぁ裁判大国ならではだけど、この2曲の元ネタは1979年にリリースされたmの「Pop Musik」だったというのが何とも微笑ましいですね。結局は音楽的輪廻転生を繰り返してた訳です。

 

 

2作目が不評だったこともあって打ち止めとなってから約20年後、新キャストでリブートする企画が持ち上がった時、監督も含めたオリジナル・キャスト再集結で制作する方向で動いていたけれど、残念ながらイゴン・スペングラー博士役のハロルド・ライミスが亡くなったことで二転三転し、ビル・マーレイが出演するとかしないとか、脚本を練り直すとか、制作が難航したようです。新キャストは主人公を女性のみとして、脚本も練り直し、満を持して制作が再開されました。

 

2016年4月1日のエイプリルフールにソニーが「幽霊捕獲装置プロトンパックの開発に成功」という憎いニュースリリースをして、リブート作への期待感が高まりましたね。

 

 『ゴーストバスターズ』予告編

 

-----
● スタッフ
監督        ポール・フェイグ
製作        アイバン・ライトマン、エイミー・パスカル
製作総指揮    ポール・フェイグ、ジェシー・ヘンダーソン、ダン・エイクロイド、他
原作        アイバン・ライトマン、ダン・エイクロイド、ハロルド・ライミス

 

● ストーリー
コロンビア大学で教鞭をとっていた素粒子物理学博士のエリン・ギルバートは心霊現象を科学的に解明するための研究を行っていた。しかしある日、かつて自分が幽霊の実在を主張する本を書いていたことが明るみに出たせいで笑い者になってしまったばかりか、研究費を打ち切られてクビになってしまう。

 

大学での居場所を失ったエリンは本の共同執筆者であるアビー・イェーツと再会し、自らの知識と技術力を生かすべくある計画を打ち立てる。それは、街を襲う幽霊を自分たちの手で退治するというものだった。エリンは原子力エンジニアのジリアン・ホルツマン、地下鉄職員のパティ・トーランを仲間に加え、専門会社「ゴーストバスターズ」を設立し、幽霊退治に乗り出す…

 

● 女性が主人公
主人公は理系女子3人組(後に4人組)、しかもモテない「負け組の」女性たち…いかにもハリウッド女優らしい華やかさがないけれど、物語が進むにつれて可愛らしく見えてくるところが何とも不思議ですね(特におデブなアビー・イェーツ役のメリッサ・マッカーシーさん)

このキャスティング起用についてはアメリカ全土で大論争になったそうで、予告編が公開されるや否やYouTubeで史上最高数の「良くないね」が付けられたそう…アメリカはこういう保守的な考えが未だに根強いのですね…ちなみに脚本にはケイティ・ディポルドという女性が関わってるとのこと。

 

● 小気味よいテンポ感
たぶんヒップホップのテンポ感なんだろうと思うけれど、物語の展開にダルさがなく終始小気味よい感じで続くので観ている側としても中だるみせず観れました。この「テンポ感」というのは起承転結と同じぐらい映画の重要なファクターだと思います。

 

● 新旧の絶妙なバランス感
旧作からお馴染みのレイ・パーカー Jr「ゴーストバスターズのテーマ」もラップが入った現代バージョンにアップデートされて、懐かしい「幽霊進入禁止」のロゴマーク、消防署、幽霊捕獲装置プロトンパック、旧作3人のキャラ設定をを継承した新キャスト、お馴染みの作業服、緑色の液体、マシュマロマン、そして旧キャスト陣の嬉しいカメオ出演。
物語の規模をNYの一区画に限定したところも、良かったと思います。

 

● 多民族共生を象徴する街NY
主人公や脇役のキャストを見て気付くのは「圧倒的に白人が少ない」ことです。そしてイケメン・ハリウッド女優らしからぬキャストで固めたところが良かったですね。
ゴーストバスターズの事務所は中華料理店の2Fだし、NYは白人よりも多人種・多民族で成り立ってることが明確に描かれています。

 

● 効果的な3DCG
付け足したような意味のない3DCG映画は好きではないけれど、この作品のゴーストは3Dで目の前に飛び込んでくる感じが効果的でしたね。この映画は3Dで観た方が良いと思います。

リブート企画ものでも「ゴーストバスターズ」は素直に面白かったですね。

 

 

さぁ次はどんな映画を見ようかな。

 

Bori(LosingMySilentDoors/音景-Onkei-)
 

 

 

 

 

 

AD

映画鑑賞記「インデペンデンス・デイ:リサージェンス(Independence Day: Resurgence)」

 

1996年にドイツ人ローランド・エメリッヒ監督の知名度を世界レベルまで轟かせたハリウッド映画の過剰さを凝縮して大ヒットした映画「インデペンデンス・デイ」の続編を観に行きました。

 


 

 

 

ローランド・エメリッヒ監督は「インデペンデンス・デイ」以降も「デイ・アフター・トゥモロー」や「2012」など地球規模の映画を制作し、「ディザスター映画(パニック映画)界の巨匠」とか「ハリウッドの破壊王」とかありがたくもない異名がつけられてますね(笑)

 

「インデペンデンス・デイ(Independence Day)」とはアメリカ合衆国の独立記念日のことで、なぜかそのタイミングで地球侵略にやってきた宇宙船が、地球人たちの一致団結と知恵で破壊されるという、ロックンロール!な痛快活劇でした。

その20年後の続編として当時のキャストが同窓会的に集まったという意味でも興味深いところだったけれど、前作主人公だったウィル・スミスはギャラの高騰で出演せずお約束の「事故死」という設定に(笑)

 

【ストーリー】
人類が恐るべき侵略者を撃退し、宇宙における独立を高らかに宣言した記念すべき日から20年。きっと奴らはまたやってくる。その来たる時に備え、地球防衛システムを構築した人類の備えは完璧のはずだった…。
今回到着したポスターでは、煌々と光輝く日本を中心に、アジア地域全体がまるで覆われるように宇宙船に狙われており、「あの日から20年。決戦に備えていたのは、人類だけではない。」というコピーが描かれている。再び襲来を目論んでいた侵略者は、我々の想像をはるかに超える巨大化と進化を遂げているようだ!タイトルのリサージェンス[一度中断していたことの再開]が示すように、襲撃が再開される時、地球に何が起こるのか。

 

【概要】
『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』
公開日:2016年7月9日(土)
監督:ローランド・エメリッヒ
出演:ジェフ・ゴールドブラム、ビル・プルマン、ブレント・スピナー、ジャド・ハーシュ、リアム・ヘムズワース、ジェシー・アッシャー、マイカ・モンロー、セラ・ワードら

 

------

 

僕自身、音楽でも映画でも作品の影響元を探るのが好きで、そこに作者(脚本・監督)の想いや顔が見えてくる気がします。クリストファー・ノーラン監督などは影響元を包み隠さず告白してくれつつ、自分の血肉化してエンターテインメントとして昇華できてるところが好感持てますね。

前作と今作を比較しながらまとめてみました。

 

「新旧キャスト対決」
前作の20年後という設定で、旧キャストほぼリアルに20年歳を取って続投(ウィル・スミスを除く)したことで、新旧キャストがどう絡み合うか気になってました。

旧キャストのお約束で老獪な演技の方が印象深く、新キャスト人間ドラマが掘り下げ切れてないのもあってキャラとして弱かった感じがしました。旧キャスト勢の「まだまだ俺たちの時代は渡さないよ」という気概が感じられましたね。特に元合衆国大統領役のビル・プルマンは今回も良い味を出してました。
新キャスト勢の中では飄々としたチャーリー・ミラー役のトラヴィス・トープが今後伸びていく気がします。

 

 

「世界名所の破壊シーン」
前作では宇宙船がホワイトハウスやマンハッタンをレーザーで破壊するという政治的にも強烈に印象的なシーンがありましたが、今回は…街全体が重力で持ち上げられて落とされるという、スケールとしては大きいけれど前作のお愉しみが半減しましたね…

 

 

「CG映像の感情移入」
前作はCG大作映画でありながら、ミニチュア撮影を多用したり、それぞれの家族のドラマを伏線として挟んだりとアナログ感満載でしたが、今作はほぼCGで表現してることもあって、僕らはCGだと気付いた時点でその規模やスケール感が醒めてしまうのが残念でした。いくら地球を覆ってしまうほどの宇宙船としてもCGかと思ってしまうと…

同時に家族ドラマが薄かったかなと思います。もしくはリメイク版的なシナリオの焼き直しが目立ってました。

クリストファー・ノーラン監督作品で有名なIMAX撮影に影響されて今作はIMAX3Dで撮影されたそうですが、僕は3Dメガネが苦手なので2Dで観ました。

 

 

「野蛮 vs 知性」
地球侵略する巨大宇宙船と不気味なエイリアン=野蛮に対する知性として謎の白い球体が登場しますが、「野蛮 vs 知性」という構図は「悪魔 vs 天使」と同様に大昔から何度も繰り広げてきた物語で、最後のサヨナラ満塁ホームランを打つにはとっておきの伏線でしたね。でもこの白い球体はスタンリー・キューブリック監督の「2001年宇宙の旅」で登場したディスカバリー号や「地球が静止する日」のゴートみたいでしたね。

 

…全体的に雑な印象で、それぞれの設定や物語をもう少し丁寧に掘り下げていれば、面白さや感動もまた違ったのかもしれないと。週末に観るファミリー向映画として最適なポップコーン映画ですね。

 

-----

 

僕自身、過去に短編製作したことがあって「Angel or Devil」というフィルム・ノワールですが、当時は低予算や演技レベル・撮影技術・編集などに未熟なところがあって満足できず未完成に終わりました。

 

でも短編映画を制作した経験や技術が後のMV制作に活きてるので、あの経験は決して無駄ではなかったなと。いつか予算と日程さえ合えば当時のキャストに再集結してもらって再制作したいものです。

 

 

Bori(LosingMySilentDoors/音景-Onkei-)
 

AD