2006-07-10 16:36:05

結婚式に轟く美声??~果たして何を歌うべきか~

テーマ:ブログ

一大事である。


なんと、今月22日に行われる友人の結婚式で歌う事になった。もちろん、歌を
である。短歌とかは詠まない。



その災難(?)は、土曜日の夜に突然訪れた。携帯の着メロと共に。



----------------------------------------------------------------------
僕 :もしもし?


友人:おう。お前さ、俺の結婚式で歌ってくんね?


僕 :へ?(゚∇゚ ;)!?


友人:だから、俺の結婚式で歌を歌うの。


僕 :俺が?


友人:そうそう。言って置くけど消去法じゃ無いからな。真っ先にお前が浮ん
だ。まあ、消去法でもお前だけど。


僕 :そ、そうか。。。


友人:んでな、来週中に歌う歌を決めなきゃなんないんだよ。


僕 :そりゃまた急だねぇ。。。


友人:別になんでもいいからさ。結婚式とかこだわんなくていいし。


僕 :余計に範囲が広がるな。


友人:Get Wildとかにしとく??


僕 :なぜ、Get Wild??


友人:逆襲のシャアは俺がBGMで使うから歌に使っちゃ駄目だ。


僕 :で、なぜGet Wild??


友人:なんとなく。まあ、なんでもいいよ。


僕 :ふーむ。ちなみに一人?


友人:一人でも良いし、誰かと一緒でもいいよ。ちなみに、誰使っても良い。
当然、俺を使っても良い。司会者は俺を使って欲しそうだ。


僕 :なるほど。


友人:ちなみに、お前には断る権利もあるからな。もし、お前が2時間楽しく飯
を食わせろって言うんだったら、それはそれでいい。


僕 :そ、そうか。。。まあ、考えておくよ。。。
----------------------------------------------------------------------



と、まあ、こんな感じで災難(?)は訪れた訳ですが、まあ、そんなめでたい席
でわざわざご指名してくれたのだから、当然断るつもりはありません。


とはいえ、僕はバンドとかライブとかやっちゃう様なナイスガイである訳も無
いので、人前で歌うのはカラオケくらいで、その他は車の中やお風呂でひっそ
りと歌うのである。


それがいきなり100人からの聴衆を前にして歌を熱唱である。しかも、歌う歌
は決まっていない。ちなみに、嫁に相談してみたら他人事なもんだから、すご
く楽しそうにニヤニヤしている。(▼∀▼)


そのニヤニヤ笑顔を見ていると「誰を使っても良いんだから、嫁を使っても良
いんだよな」とか黒い考えが浮んで来るが、とりあえず嫁にはナイショである。








そんなことより僕のデビュー曲である。結婚式で歌って盛り上がる歌。誰か教
えてプリーズ。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-07-06 17:51:16

くだらない日常

テーマ:日記

さて、僕は元々性格がいい加減なので、仕事中もいい加減である。


|д゚)・・・シッテル。。。



僕は仕事柄(?)残業が多いのだけど、2年前のその日も23時頃まで残業していた。


|д゚)・・・コドモハ、ネルジカンダ。。。



そんな中、同じグループの後輩がボソッと



後輩:「あ~あ。たまには早く帰りたいなぁ。。。(´・ω・`)」



とつぶやく。


まあ、僕らは仕事が嬉しくって時々感極まって「くぅ~!!!(o>ロ<)o」とか奇
声を上げるタイプでは無いので、基本的に毎日早く帰りたいし、ぶっちゃけ、
僕なんか出社したくない。o( ̄^ ̄)oエッヘン


|д゚)・・・ナサケナイ。。。



そんな訳で、後輩は本音だけどもかなわぬ夢を語っているわけで、僕は僕でそ
んなことはわかっているのでいつもはほったらかしである。


|д゚)・・・カナワヌユメ。。。



とはいえ、僕もすっかり仕事に飽きていたので、少々からんでみる事にした。



僕 :「まあ、たまには早く帰りたいよな。(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。)ウンウン」


後輩:「ほんっと、最近、疲れが溜まってきてるんですよ。(;´д`)」


僕 :「あんまり、疲れると、ハゲに良く無さそうだしな。」


後輩:「ハゲてません!!ヽ(`Д´)ノ」


僕 :「いやいや、お前、最近、薄くなったんじゃね??(´゚д゚)?」


後輩:「そういう事実は言わないで下さい!!ヽ(`Д´)ノ」


僕 :「しょうがないな。かめはめ波出したら帰ってもいいよ。」


後輩:「へ?・・・いやいやいや!!!無理ですって!!」


僕 :「なんでさ??(゚Д゚≡゚Д゚)?」


後輩:「いや、だって、あれ、漫画じゃないですか。(-ω-;)」


僕 :「だからどうしたの?お前、本気でかめはめ波出そうとしたことないだ
ろ?(´゚д゚)?」


後輩:「いや、そりゃないですけど。。。(o´・ω・)」


僕 :「ほらな。本気でやればできるかも知んないじゃん。あの柱の影で練習
してこいよ。(*゚∀゚)ノ」


後輩:「いや、無理ですって!!っていうか、かめはめ波出せたら帰っていい
んですか?仕事終わってないですよ?(o´・ω・)」


僕 :「そんなこと言ったって、かめはめ波出すような奴に帰っちゃ駄目なん
て言えるわけ無いじゃん。俺だって命は惜しい。(-ω-;)」


後輩:「( ̄Θ ̄;) ムゥー。かめはめ波が出せたらなぁ。。。。」


僕 :「ほら、本気で力(リキ)込めてやってみろって。(σ・∀・)σ」


後輩:「いや、ですから、無理ですって!!!ヽ(`Д´)ノ」


僕 :「じゃあ、お前、今日徹夜な。上司には俺が報告しといてやる。(゚д゚)(。_。)ウン!」


後輩:「いや!徹夜なんかしたら髪の毛抜けちゃう。。。・゚・(´っω・。)・゚・」


僕 :「太陽拳の使い手になるのが嫌だったら、かめはめ波を習得するんだ!!」


後輩:「ハゲません!!ヽ(`Д´)ノ」


|д゚)・・・シゴト、シヨウヨ。。。








そんなやり取りをしていたら、すっかり終電の時間になっちゃったので帰りま
した。当然仕事は終わりませんでした。そんな僕の日常。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。