1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2005-09-30 14:46:54

真夜中の電車道2~抱え込んだり包まったり~

テーマ:日記

さて、朝晩だいぶ涼しくなってきた今日この頃。これくらいの時期になってく
ると、さすがにクーラーが要らなくなってくるので、booze家も和室に布団を敷
いて寝るのをやめて、エアコンの無いリビングにあるセミダブルのベッドで寝
る様になりました。


今まで、シングルサイズの布団に寝てたため、毎晩、布団が戦場と化し、領地
拡大の為に血で血を洗う争いが繰り広げられていたのですが、セミダブルとは
いえ、土俵が広がった為に、今では領地拡大の争いは無くなりました。


|д゚)・・・ヘイワガイイヨネ。。。



これでやっと気持ちよく寝れる。。。( ~-ω-~)zzz~



と、思いきや、新たな争いごとが勃発。Σ(・ω・ノ)ノヒー!


|д゚)・・・ヤッパリ。。。



それは、「毛布」。


|д゚)・・・シクモノノツギハ、カケルモノカ。。。



現在使ってる毛布は、僕がイトー○ーカドーであまりの手触りの良さに一目ぼ
れして、50%OFFの5000円で買った品。一人暮らしの時から「フェイバリット毛
布」と名づけて愛用していて、引越しの際に一緒にやってきた、まさに僕の相
棒。クーラーをガンガンに効かせてこの毛布に包まって寝るのが夏の至福とな
り、冬はこの毛布とばあちゃんの形見の羽毛布団で寝るのが至福となる、1年中
大活躍するニクい奴。そんな僕の毛布です。



ちなみに、嫁が使っていた毛布は、今現在押入れで一人寂しく出番を待ち続け
ております。


|д゚)・・・リストラ・・・?



んで、クーラーを使わなくなったこの季節。僕の睡眠スタイルはどうなるのか
と言うと、このフェイバリット毛布を抱きかかえて寝るのが僕の至福。当然、
この時期、朝は冷え込むので、寒くなったら抱きかかえているフェイバリット
毛布をナチュラルに身体にかけて暖をとるわけです。



相変わらず嫁は仕事が忙しいようで帰りが遅く、僕が先に床に就くことが多い
のです。と、言うわけで、フェイバリット毛布を抱きかかえ、気持ちよく就寝。
( ~-ω-~)zzz~




そこに布団の覇者。嫁登場。





ゴッ!!!ガスッゲシッ!!!「うりゃ!」「うぅぅ。。。」





さて、どうなったのかと言うと。。。



嫁、先ずは、僕を跨ぐ為にベッドの上に足をかける。その際、「ゴッ」っと言
う音と共に、僕を蹴ることを忘れない。


次に、嫁が僕を跨いで壁側まで移動する際、右ひざで「ガスッ!」と蹴って、
さらに左ひざで「ゲシッ!!」と僕を蹴っていく。


壁側まで移動した嫁は僕からフェイバリット毛布を奪い取ろうとする。
イヤo((>ω<o))((o>ω<))oイヤと抵抗する僕を尻目に「うりゃ!(/>_<)/」
と、僕から毛布をもぎ取る。


|дT)・・・ムゴイ。。。



その後、嫁は悠々と毛布に包まり、ひとかけらの優しさなのか、フェイバリッ
ト毛布の角っちょの部分を僕の身体に申し訳程度にかけてくれる。僕はそのフ
ェイバリット毛布の角を握り締めながら、「つдT)oうぅぅ。。。」と涙で枕を
濡らすのである。


|дT)・・・ウゥゥ。。。



ちなみに、最近は朝方冷え込むので、嫁はさらに強固にフェイバリット毛布に
包まる。ひとかけらの優しさだった、フェイバリット毛布の角っちょすら、「
うぬにはもったいないわ!!!」と言わんばかりに取り上げられ、寒さに震え
る僕がフェイバリット毛布を奪取しようとしても、押しても引いてもビクとも
しない強い眠りにより、やっぱり僕は寒さに震えながら今日も眠るのである。。。








っていうか、押入れ(窓際)で待機して(干されて)いる嫁の毛布を出して、嫁が
使えばいいと思うのだが、どうだろう?

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-09-29 14:06:59

連休の過ごし方~スケジュール管理ツールを見つめながら~

テーマ:結婚準備

さて、今秋に結婚式を行うといいながら、全然結婚準備が話題に上がらない僕
のブログ。


なぜ、あまり話題に上がらないのかと言うと、それはあまり準備をしていない
から。(o ̄∀ ̄)ノ”


じゃあ、準備は進んでいるのかというと、当たり前だけど、これがちっとも進
んでない。(o ̄∀ ̄)ノ”



結婚式まで2ヶ月を切った今、これはかなりやばいんじゃないかと。ヘ( ̄□ ̄;)ノ ヽ(; ̄□ ̄)ヘ



もう、うちら夫婦の結婚式への準備の出来てなさっぷりったら、招待状の送付
が済んでいるのが奇跡としか言いようの無い状態。言い方を変えると、そこに
しか注力していない。( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)えっへん!


|д゚)・・・イバルトコロ、マチガエテルヨ。。。



と言う訳で、あせった僕ら(と、いうか、主に嫁。僕は相変わらずのほほん。)
は、急遽エクセルに一つ一つの作業アイテムを書き出し、管理を始めた。


ちなみに、一つ一つの作業アイテムの重さを考えなければ、作業アイテムは嫁
の方が多い。このままだと、また僕の作業アイテムが増えそうなので、現在僕
は関係ない作業アイテムの増加に注力している。例えば、嫁アイテム「ビザ取
得」があれば、その下に僕アイテム「ピザ注文」。「脱毛」があれば、「脱帽」
と、なんとなく楽そうなアイテムを追加しているのだが、嫁に見つかるといつ
の間にか削除されていたり、完了扱いになっているので中々油断ならない。

いったい、いつ脱帽したのか?


|д゚)・・・ダツボウハ、サギョウナノ・・・?



閑話休題。



この、嫁作成のスケジュール管理Excel(作業アイテム一覧)なんだけど、嫁も僕
もサラリーマン。嫁は嫁で昼間働いてるし、僕は僕で昼間働いている。しょう
がないので、このExcelをメールでやり取りしながらスケジュールを管理してい
るのですが、原本がどれだかわからなくなったり、原本を決めても、マージす
る手間があったりと、とことん不便極まりない。



しょうがないので、PHP使ってWEB上で進捗を管理することを提案。元、ソフト
ウェア会社係長にして、僕の上司だった嫁に作らせようと考えてたところ、あ
っさりと、「かっけーわあい\(^▽^\)(/^▽^)/わあいっ」と言われ、あえな
く僕が作ることに。orz...


|д゚)・・・ヨメニハ、カナワナイヨ。。。



そもそも、結婚式まで2ヶ月を切ったところで初めてスケジュール管理ツールを
作る辺りに僕たちのやる気の無さが感じられるが、元々、2次会の参加登録ペー
ジをWEBで作るつもりだったので、ついでに作る事に。


とはいえ、不詳booze。PHPなんぞほとんど使ったことが無い。ずいぶん前に、
仕事での情報共有用の社内ページを遊びで作ったくらいだ。


|д゚)・・・ウワァ。ムネイッパイニ、フアンガヒロガルヨ。。。



思ったとおりに、作業は難航。PHPの本すら無いもんだから、一生懸命WEBで検
索しながら作る!作る!3連休も夜なべしながら明け方まで作業して作る!たと
え、嫁が僕の横でイビキかきながら気持ちよさそうに寝てても作る!ここでさ
らに進捗を遅らせる訳にはいかないのだ!!(* ̄0 ̄)/ オウッ!



そんなこんなで作り上げた僕の血と汗と眠気の結晶。しかも、PHP組むのになれ
ていないもんだから、パッと見JavaScriptを組んでいるかのよう。それに、画
面にあまりにも色気が無い。。。orz...


|д゚)・・・アマリ、ヒトサマニハミセラレナイイッピン。。。



なにはともあれ、2日間の徹夜の末、出来上がったスケジュール管理ツール。
出来上がった旨を嫁に報告すると、



嫁:「(* ̄- ̄)ふ~ん」



と冷たい反応。今回、これが一番コタエタ。。。( p_q)えーん


|д゚)・・・アンナニガンバッタノニ。。。








そんなこんなで、奇跡的に動いているスケジュール管理。なんだかんだいって
役に立ってるから不思議だ。

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2005-09-28 14:06:50

先輩は風の子

テーマ:日記

先月までのあれほどまでの暑さもどこへやら。朝晩はめっきり冷え込むように
なり、ちょっと肌寒かったりする今日この頃です。ちなみに、「めっきり」っ
て言葉を使うと、妙にジジ臭くなった気分になるのは僕だけでしょうか。



そんな、朝晩涼しい日が続いていた昨日、バスを降りたところで下ネタ大好き
H先輩
と会いました。そのH先輩、僕の姿を見るなり、





H先輩:「boozeずるいなぁ。ヽ(`Д´)ノ」


僕 :「何がですか??(゚Д゚≡゚Д゚)?」


H先輩:「長袖なんか着てさ。ヽ(`Д´)ノ」


僕 :「僕はいつも長袖ですよ。半袖のワイシャツ持ってないですもん。」


|д゚)・・・ナンカ、リユウガナサケナイネ。。。



H先輩:「そうか。そうだな。なんか、みんな長袖着てるんだよなぁ。。。」


僕 :「いや、だって、もう、朝晩はかなり涼しいじゃないですか。みんな
長袖どころか、半分くらいの人が上着着てますよ?」


H先輩:「そっかぁ。。。そうだよなぁ。。。もう、衣替えの季節だもんなぁ。」


僕 :「そうですよ。今だって、相当涼しいのにまるで年中無休で半そで短
パンの季節感の無い子供みたいですよ?」


H先輩:「そこまで季節はずれじゃないだろう!?ヽ(`Д´)ノ」


僕 :「30の半ばを超えたおっさんには充分季節はずれですよ。あ、あそこ
にお仲間がいますよ。」


H先輩:「w( ̄△ ̄;)wおおっ!俺はギャルと一緒か。」


僕 :(ギャル?( ̄ー ̄?)


|д゚)・・・ギャル・・・?



――――二人で無言でその女性を凝視しながら歩いて近づく。。。(通り道)



僕 :「・・・ギャル・・・ですか・・・?(¬д¬。)」


H先輩:「難しいところだね・・・(^。^;)」


|д゚)・・・ビミョウナトシゴロヤネ。。。



H先輩:「それにしても、なんか、恥ずかしくなってきた。。。(´・ω・`)」


僕 :「むしろ、両袖取っちゃったらどうですか?"(o ̄∀ ̄)ノ」


H先輩:「の、ノースリーブ?Σ(- -ノ)ノ」


僕 :「そうそう、ますます、ギャルっぽくなりますよ?(o ̄∀ ̄)ノ」


H先輩:「おっさんが肩出してて嬉しいか???[壁]д=)」


僕 :「セクシーじゃないですか。(o ̄∀ ̄)ノ」


H先輩:「おっさんのそんなセクシーはいらんだろう!ヽ(`Д´)ノ」





昨日、朝からそんなバカ話をしながら歩いていた訳ですが、今朝もH先輩とバ
スで一緒になりました。


そして今日、昨日の教訓を踏まえたのか、ノースリーブではなく長袖のワイシ
ャツを来たH先輩は、とても嬉しそうに



H先輩:「うひょぉう!あったけぇ!!ヽ(*⌒∇⌒*)ノ」



と、おっしゃってました。なんで、そんなんなるまで半そでで我慢してたのか?








ちなみに、H先輩はTシャツを着ないからいつも乳首がスケスケセクシー。
肩出しセクシーはNGで乳首スケスケセクシーはOKなおっさんの心はいつも
謎に包まれている。。。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-09-27 13:41:50

死に際に発する言葉

テーマ:ブログ

なんとなくネタが無いので、トラックバックステーションのお題に乗ってみる
ことにする。



んで、僕が最期に言う言葉ってなんだろなーと考えてみる。っていうか、こん
なお題が出てくるんだったら前々から考えておけばよかった。。。


いやあ、高校の時くらいは遺言書を持ってたんですけどねぇ。あ、別に何の効
力も無い物でしたが。まあ、最低限の意思表示って奴です。実際、僕が死んだ
後なんて、誰が儲かって誰が損してもあまり関係ないですし。せっかくですか
ら、嫁には保険金たっぷりゲットしてもらって、余生を楽しく過ごして欲しい
かと。葬式中の嫁は保険金たっぷりで笑いがとまんねー。みたいな。どうせな
ら笑顔で見送られたい。


|д゚)・・・ソンナエガオデイイノ・・・?



まあ、とりあえず話を元に戻して、最期の言葉。。。なにがいいだろう??



例1
「ぐぁぁぁ。いやだぁぁぁ。死にたくねぇぇぇ。助けてくれぇぇぇ。」


・・・( ̄  ̄;) うーん。そもそも、寝たきりになったり、癌とかでかなり痛い
とかいう目に遭うくらいだったら、とっとと安楽死させてもらいたいと思って
るくらいなので、これは無いな。



例2
「私の死は3年は隠すのだ。」


これは、有名な武田信玄の遺言。現代社会でこんなことをしたら、サクッと死
体遺棄で捕まっちゃうのでこれも却下。



例3
「とっぴんぱらりのぷう」


東北の方の昔話の終わりの言葉。「おしまい」って意味ではこの辺に落ち着く
のがいいかも知れないけど、死に際のおじいちゃんが、「と、と・・・ぴんぱ
・・・ら・・・りの・・・ぷ・・・・ぅ・・・」とか言っても、苦しさでおか
しくなっちゃったとしか思えないし、そもそも、誰も意味がわかんなかったら
寒くてしょうがない。僕の死体がそのまま冷凍保蔵されそうな勢いである。


|д゚)・・・マワリノヒトタチモ、トウシシソウダネ。ミチズレ・・・?



例4
「我が人生、一片の悔い無し!」


北斗の拳で宿敵ラオウの最期の言葉。これの問題点は仁王立ちして、拳を天に
高く突き出し、さらにどぉぉーーーん!!!とか言う効果音まで用意しておか
無ければならないこと。身体から天に向かって光が出れば完璧。完璧と書いて
あるが、死に際にここまでの準備は無理。



o( ̄ー ̄;)ゞううむ。なんだか、何も思いつかないぞ。大丈夫か僕。こえじゃ
あ、死んでも死に切れない。ちょっと、近日中の課題にさせて下さい。なんか
思いついたら、ブログに書くかもしれないですし、書かないかも知れません。


どうしても、僕の最期の言葉を聴きたい人は僕の死に際に集合!!!
.....(((((ノ^^) b (^^) o ヘ(^^ヘ)))))).....アツマレー!








そもそも、自分からトラックバックステーションに乗り込んでおいて、落ちを
つけないってのはどうなんだろう?

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-09-26 12:04:48

幽霊さん

テーマ:ブログ

季節は夏から秋に移り変わり、日々涼しくなってい今日この頃ですが、往生際
悪く、今回は幽霊のお話。


とりあえず、今回は世の中に幽霊が存在するという前提で進めていきます。た
とえ大槻教授(なんか幽霊とかが大嫌いな人)がどんなに声高らかに 「幽霊なん
かいない!」と主張しても今回は涙を飲んで我慢してもらいます。


|д゚)・・・ガマンスルンダ。。。



実は、僕は幽霊に興味があるんです。いや、別に霊能者になって除霊で生きて
いきたいとかそういうのでは無くてですね、聞いてみたい事があるんですよ。
例えば、「普段はなにしているのか?」とか「おもしろい?」等という基本的(?)
に外れてる事から、応用編まで挙げていけばキリがないほどに。


|д゚)・・・ソンナ、キサクナユウレイ、イルカナ・・・?



でも、この間ふと思ったのですが、こちらが何かを質問し、それに対して答え
を返して貰うとなると相手には考える力が必要になります。


でもね、でもですよ、彼らにそれは無理なんです。だって、彼らには物理的に
脳がないんですもん。


脳が無ければ考えるのは無理です。エンジンのない自動車が走り出せないのと
いっしょです。


|д゚)・・・ソレハチョット、チガウンジャ。。。



たぶん、彼ら(?)の存在要素はいわゆる「念」と呼ばれるものだと思われます。
怨念とか相手をいろんな意味で強く思う気持ちとか、生きてる時にやりたかっ
たことを思う気持ちとか。


と、いう事は、彼らはその「念」に従って行動するわけだから、その「念」に
対する発言しかできないと思われます。(「「念」に対する行動も脳がなけりゃ
無理なんじゃねーか?」という、至極もっともな意見はこの際無視します。)




では、ここでちょっとシュミレーション。





case1>お岩さん


僕 :「あのー、ちょっと聞きたい事があるんですけど。。。」


お岩さん:「一枚足りなーい。」


僕 :「あのですね、」


お岩さん:「1枚足りなーい。」


僕 :「あの・・・、」


お岩さん:「1枚足りなーい。」


僕 :「・・・。」


お岩さん:「1枚足りなーい。」



case2>交通事故で死んだかわいそうな子供


僕 :「あのね、ちょっと聞きたい事があるんだけど・・・。」


子供 :「ねえ、一緒にあそぼう?」


僕 :「あのね、」


子供 :「ねえ、一緒にあそぼう?」


僕 :「あの・・・、」


子供 :「ねえ、一緒にあそぼう?」


僕 :「・・・。」


子供 :「ねえ、一緒にあそぼう?」





ちょっとは人の話を聞いて欲しいものです。やはり、幽霊さんに話しかけるの
は難しいか。。。そもそも、恐怖心を克服できるかが、大きな問題になる。


問題は常に僕にある。








でも、テレビの心霊特集を見ると霊能者の呼びかけに対して幽霊さんはちゃん
と受け答えしてるんだよなぁ。どこで考えてるんだろう?
不思議なもんですね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-09-22 14:53:24

ハリケーンミキサー

テーマ:ブログ

それはまだ幼少の頃。。。


共働きだった両親のおかげで、学童保育に通っていた頃。。。
(学童保育は小学校5年生の時に卒業。)


でも、ランドセル背負ってなかったんで、多分小学校4年生。。。
(僕は小学校4年生の時に誰よりも早く勝手にランドセルを卒業。)



まあ、それくらいの子供なんて、毎日何やって遊ぶかとか、どんないたずらを
しようかとか、そんなことしか考えてないような年代だったんだけど、御多聞
にもれず、僕もそんないたずら大好きな少年でした。



ある日、いつものように学童で遊んでいると、先生がおやつの作成に使用した
ミキサーが置いてありました。


普通に考えて、今だったら大問題になりそうなこの状況ですが、当時はその辺
も甘々でしたし、そもそもいたずらして怪我したらいたずらした奴が悪いって
感じなので、普通に置いてありました。


|д゚)・・・マア、イタズラシタヤツガワルイヨネ。。。



そこに喰らい付くは僕と先輩。この先輩。僕の1個上なのですが、気は優しくて
力持ち。行動が微妙に変な人だったのでみんなに「キヨタレ」という微妙なあ
だ名で呼ばれる先輩だったのですが、とても面白い先輩でした。


|д゚)・・・ワライドコロマンサイ。。。



早速、僕とキヨタレ先輩はその辺に転がってるキャベツの芯だとかをミキサー
に放り込んではみじん切りにして楽しんでいました。


と、そこでキヨタレ先輩、「刃を2つ搭載させればダブルパワーで凄いんじゃな
いか?」と言い出します。


そして、「ダブルパワー」の名に引かれ、目を輝かせる僕とキヨタレ先輩。


早速ミキサーの中に2つの刃を搭載させようと試みる僕とキヨタレ先輩。しかし、
当たり前だけどミキサーは2つの刃を搭載させるようにはできてないので、中々
うまくいかない。


しょうがないので、一つの刃の上にもう一つの刃を乗っける方法を取る。当た
り前だけど、刃は固定できないし、フタも閉まらない。しょうがないので、フ
タはキヨタレ先輩が上から押さえつけることにする。


見るからに、危険どころがいっぱいなこの状態。なぜか小学生には完璧にダブ
ルパワーを実現したようにしか思えないから不思議だ。


|д゚)・・・ボウヤダカラサ。。。



僕とキヨタレ先輩はダブルパワーミキサーにキャベツの芯を投入!元々フタな
んか閉まってないから、隙間から投入!!そして、おもむろにスイッチを入れ
る・・・!!!






ヴィーン!ガガガガッ!バシュッ!!!!






<音響解説>
・ヴィーン!
バカ2人がスイッチを入れたおかげでミキサーが始動した音。


・ガガガガッ!
当たり前だけど、固定されてないから、刃は回り始めたとたんにバランスを
崩し、ミキサーの中で暴れている音。ここでスイッチを切らなかった辺りが
今回の敗因。


・バシュッ!!!!
ミキサーの中で暴れる刃の強攻に、キヨタレ先輩のフタを抑える手が耐え切
れずちょっと緩んだ隙に、高速回転している刃がミキサーから発射された音。




バシュッ!!!!という音と共に回転しながらミキサーから飛び出す刃。それ
はあたかも、時が止まったかのようにスローモーションで見えながらキヨタレ
先輩の方に飛んでいく。。。


|д゚)・・・クルン、クルン。。。



そして、キヨタレ先輩の腕にメガヒット!!まさにザックリと腕を切り裂き、
血みどろになって床に落ちるミキサーの刃。そしてキヨタレ先輩の腕から飛び
散る血しぶき。


傷口を押さえながら「いってー!!いってー!!」と叫ぶキヨタレ先輩。そり
ゃあ、ザックリ切れてるんだ。痛いだろう。っていうか、そんだけの怪我をし
て置きながら、「いってー!!」で済んでる辺りがさすがキヨタレ先輩。


当然ながら、キヨタレ先輩はそのまま病院へ直行。傷口をモリモリと縫われて
帰ってきました。


|д゚)・・・ヌッタアトッテ、センロミタイダヨネ。。。








ちょっと前に、えんちさん のところで、ミキサーで熱い思いをしてたので、ち
ょっと書いてみました。
子供(特に男の子)は思いも寄らない行動を取るので、お気をつけあそばせ。

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2005-09-21 13:59:25

バスタオルとマイノリティ

テーマ:ブログ

以前、引越しの際に掃除を手伝ってくれたI先輩(→参照 )。


先日、そのI先輩から電話があり、数ヶ月ぶりに一緒に飲みに行ってきたまし
た。


その、I先輩、基本的にかっちょいいイケメンタイプの先輩だったのですが、
久々に会ったI先輩は激太りしてて、蝶がサナギになるかの様な変身をとげて
いました。



それはさておき、このI先輩、なんと、バスタオルは毎日取り替えるとのこと。
基本的に1週間使いっぱなしの僕としてはかなり衝撃的でした。というか、一人
暮らしの時は平気で1ヶ月くらい使ってました。


|д゚)・・・モウチョット、コマメニアラオウ。。。



いや、だってですよ?バスタオルが活躍するのは、全身くまなくきれいに洗っ
た入浴後ですよ?仮に入浴前に一回全身を拭いてから、入浴して再度身体を拭
くのなら毎日取り替えるのもわかりますが、入浴後に拭くだけだったら、別に
毎日取り替えなくてもいいじゃないですか。


と、I先輩に投げかけてみると、



I先輩:「だって、ちん○とかも拭くんだよ?嫌じゃん??」



という答えが返ってきました。



いや、確かにちん○も拭くのですが、結局ちん○も入浴後のフレッシュなちん
○じゃないですか。別に気にすることでもないのかなぁ。。。と思うのですが、
どうなんでしょう??


|д゚)・・・イッソ、チン○ヲフカナケレバ、イインジャナイノ・・・?



そもそも、我が家は1LDKの賃貸マンション。2人分×1週間で17枚ものバスタ
オルを置く場所なんかありゃしません。I先輩はそんなにたくさんのバスタオ
ルをどこにしまっているのか?





と、ここまで、I先輩のマイノリティっぷりを書いてみたものの、実は僕がマ
イノリティってことは無いだろうか?


|д゚)・・・ヒィィ。。。



実は、みんなパンツを毎日履き替えるかの様にバスタオルを毎日取り替えてい
たり。。。( ゚o゚)ハッ。実はみんなパンツを1週間くらい履き続けていたらどう
しよう。。。実は毎日取り替えているのは僕だけとか。


|д゚)・・・アタフタ。。。








って考えていたら収集が付かなくなってきました。と、言うわけで、皆さんが
バスタオルをどれくらいで取り替えるのか教えてもらえると幸いです。

いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2005-09-20 13:43:33

ブライダルフェア祭り~あとの祭り編~

テーマ:結婚準備

さて、僕を1日振り回してくれたブライダルフェア。


ここまでのいきさつはρ( ̄∇ ̄o) コチラ

・ブライダルフェア祭り
・ブライダルフェア祭り~ハングリー編~
・ブライダルフェア祭り~奔走編~


と、言うわけで、僕の苦労は嫁の右手によりすべてが水の泡になった訳ですで、
あとは、スタッフの人と帰りのホームルームをして帰るところまでこぎつけま
した。


もう、この時点で疲れ果てていた僕は、これから車を運転して帰ることなど考
えたくも無いような事態になってました。


ですが、嫁が金額面で不審な点を発見したらしく、スタッフと嫁との議論が始
まりました。(-ω-;)ウーン。確かによーく考えるとお金は大事だよなぁ。と
思いながらも、議論に参加するガッツは既に消え失せてる僕は、熱く語る嫁の
横で...( = =) トオイメをしておりました。そもそも、その辺の議論では、
嫁は僕では足元にも及ばないような技量を持っているので、安心です。


|д゚)・・・モウチョットダ。ガンバレ。。。



案の定、議論は嫁の勝利に終わり、不審な点を排除した形で見積もりを出して
もらえることに。


ヾ(´ε`;)ゝ ふぅ。。。やれやれ。と、一息つきたいところですが、今日と
言う日はまだ終わらない。


なんと言っても、嫁のご両親は今日という日の為に北陸は金沢から上京して来
ているのです。ご馳走の一つもしないで帰らせる訳にはいきません。それが世
の常って奴です。


|д゚)・・・ホントハ、トッテモメンドクサイクセニ。。。



とりあえず、父が築地のお寿司屋さんに予約を入れているとのことなので、そ
こまで移動することに。ちなみに今いる場所は池袋。山手線で言えば、築地に
対しほぼ対角線の位置。移動は当然僕の車。疲れ果てている僕の運転。いろん
なことが重なり、気分は「早く帰って寝たい!」モードに。とはいえ、当然な
がら、そんなことは許されない。悲しき花婿の立場が涙を誘う。



そんな事を考えている間にお寿司屋に到着。いやぁ。カーナビってすごいね。
とりあえず、駐車場が無いので店の前に縦列駐車。お店の人に、「見といてね。」
とお願いして店に入る。


当然、ここでも、皆は酒を飲む。昼間も飲んで、夜も飲む。どうなってんだ?
当たり前だけど、僕はここでも禁酒。どうなってんだ?


|д゚)・・・サ、サケ。。。



ここではコースの料理をお願いしていたのですが、デブな僕は当然規定の量で
は足りる訳もありません。デブの体型を維持するのも中々大変なのです。

そんな僕を気遣って、元々小食なお義母さんが、色々と食料を横流ししてくれ
るのですが、お酒も飲むことができない僕は、いまや食べることしかできない
ので、お義母さんの横流し程度の食料では物足りないので、鉄火丼を頼む事を
決意する。となりで母が「食べすぎよ!」と怒っているが気にしない。


しばらく待っていると、待望の鉄火丼が出てくる。うん。今の僕のお腹にぴっ
たりの量だ。隣からは相変わらず母が「食べすぎよ!」と壊れたレコードの様
に繰り返しているが、母はすでにただの酔っ払いになっているので、そんな言
葉には耳を貸さない。


|д゚)・・・トットト、クッチマエ。。。



と、おいしく鉄火丼を食べ満足した状態でお茶をすすっていると、突如お袋が
てんぷらを僕に寄越してくる。どうやら、ビールの飲みすぎでお腹いっぱいに
なったようで、てんぷらを僕に食べさせようという魂胆らしい。さっきまで連
呼していた「食べすぎよ!」はどこいった?


|д゚)・・・オソラノホシニ。。。



しかも、父もお義母さんもてんぷらを寄越してくる。既に自分の分のてんぷら
を食べた後だが、実に3人分もてんぷらが集まってくるとは。まさに空前のてん
ぷらフィーバー。なんで、僕は4人前もてんぷらを食べているのか。まあ、当然
全部食べた訳ですが。


そんなこんなで、「お義母さんからもらったものは残さず食べる」という、別
の任務も発生して、後半ちょっとフードファイト気味になっていたお食事会も
無事に終え、老人達(お義父さん、お義母さん、父、母の事。疲れのあまり少々
口が悪い。)を上野の駅まで送る。


上野駅で老人達を降ろしたあと、いきなり寝に付く嫁。確かに食事中に寝てい
いとは言ったが、老人達が降りてわずか1分30秒で睡眠。昼間、僕の昼寝を許可
してくれなかったのに睡眠。三年寝太郎もびっくりな寝っぷりに、姉の「申し
訳なくて、助手席では絶対寝れない」と言う言葉が虚しく思い起こされる。


でも、横でグーすか寝てられるのは、なんとなく腹立たしいので、全身全霊を
もって嫁の睡眠を邪魔する僕。そしたら嫁の奴、後部シートに避難して、本格
的に横になって眠り始める。僕の車に標準装備されている毛布がとても気持ち
よさそうだ。


とはいえ、話す相手もいたずらする相手もいなくなった僕。事実上、たった一
人で神奈川県に向かって車を走らせる僕。今、僕の目の前に立ちふさがるのは
他の車でも信号でもない。唯一つ、睡魔のみ。


睡魔と闘いながら( ゚ ρ ゚ )ボーっと運転していたら、うっかり赤信号を見落
としかけて急ブレーキ。うん。睡魔の他にも信号機は僕の前に立ふさがってい
たみたい。


|д゚)・・・デ、デンジャー。。。



なんか、急ブレーキの瞬間、後部シートの嫁がシートから転げ落ちたらしく、
「ぐぇぇぇ」とか「痛ぁーい」とか聞こえてくるが気にしない。というか、天
罰じゃ。


|д゚)・・・ネテイイッテイッタノニ、ヒドイ。。。



そんな小粋なイベントもありつつ、なんとか無事に家に辿りついた僕。家で荷
物を降ろした瞬間、崩れ落ちるように眠りに落ちたのは言うまでもありません。








と、言うわけで、長々と書いてきたブライダルフェアにおける花婿の苦労はこ
れにておしまい。
と、ここで、ブライダルフェアでちょっとしたアドバイス。


・動きやすい服装。動きやすい靴で。
・車で行くのは止した方が吉。帰りに荷物が増えたらタクシーを使いましょう。
・婿殿は、いつ無理難題をふっかけられるかわかんないので、なるべくこまめ
に休憩を取りましょう。

・お昼ごはんの予約は朝一にしましょう。

・譲れないものがあるときはお義父さんかお義母さんを味方につけましょう。
・(嫁に対して)Noと言える日本人になりましょう。


でわでわ、皆さんもブライダルフェア頑張って下さいね~。(-∧-)合掌・・・

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-09-18 01:30:00

のんべえバトン~ほろ酔い気分でGo!~

テーマ:ブログ

(* ̄∀ ̄)ノ■☆■ヾ( ̄∀ ̄*) のむぞぉ――――!!!!



ってことで、DiLLさん からのんべえバトンを戴きました――――!!!(=゚ω゚)ノ



うーん。boozeの名にふさわしいバトンだ。。。ちなみに、boozeって、スラン
グで「飲んだくれ」とか言う意味があったりします。お酒の話題全然書かてな
いので、今となってはなんでこんなIDなのかわかりませんが。。。


|д゚)・・・シッカリシトケ。。。



と、言うわけで、僕のためにあるようなこのバトン!早速いきまっせー!-=≡ヘ(* - -)ノ




【Q.1:今、冷蔵庫に入ってるお酒の量は?】
結構入ってますよー。boozeの名に恥じない感じです。


ビール[350ml] :4本
氷結果汁[350ml] :8本
氷結果汁[500ml] :1本
白ワイン[750ml] :2本
発泡ワイン[750ml] :2本
杏露酒[500ml] :1本
米焼酎[1合] :1本
もち米焼酎[1合] :1本
麦焼酎[300ml] :1本
日本酒[4号] :1本
よくわかんないリキュール[500ml]:2本


こうやって見ると結構入ってるなぁ。。。合計24本。なんでこんなにあるんだ
ろう?これは少し整理しなければ。( ̄¬ ̄*)じゅるぅうううう





【Q.2:好きな銘柄は?】
最近一番飲むのは、氷結果汁のシャルドネスパークリング。飲みやすいし、う
まいっすよー。


僕は、料理作るときにもグイグイと飲んでいます。





【Q.3:最近最後に飲んだお店は?】
ついさっきまで、僕の結婚式の2次会の幹事達と打ち合わせしながら、お酒飲ん
でました。僕がいつも利用している駅の近くにあるちょっとおしゃれな感じな
んだけど、中身はただの居酒屋って感じのお店。結構安くて料理がうまい。


ちなみに、昨日も会社の先輩と同じ店で飲んでいました。いや、別に2日連続で
行くほど好きなお店じゃないのですが、なんか流れでそうなってました。えへ。





【Q.4:思い入れのあるお酒は?】
思い入れがあるのは、I.Wハーパー。大学時代、そこそこお酒の強かった僕は、
ビールじゃ酔わなかったので、いつもバーボンを飲んでました。I.Wハーパーは
安いけどおいしいお酒だったのでずいぶんとお世話になりました。


ちなみに、僕の姉もI.Wハーパーが好きだったので、当時の姉との晩酌はいつも
I.Wハーパーでした。ちなみに現在の姉との晩酌は日本酒です。





【Q.4:ジョッキを渡す5人】
まあ、相変わらず、5人に渡すなんざ夢のまた夢。と言うわけでいつもどおりの
この方へ。


★~うにゃっと結婚~★【しろえるさん】
もう今や僕からのバトンはすっかり嫌になってるかも知れませんが、そんなの
お構いなしにまわして行きます。ま、まあ、嫌ならほったらかしておいて下さ
い。








さて、いつもどおり、回す人がいないという寂しい結果に終わる僕のバトン。
あ、ぜひバトンを回して欲しい人はこっそりと申し出てください。喜び勇んで
バトンを回させていただきます。(o ̄∀ ̄)ノ”ちゃお!

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-09-16 13:53:32

パブロフの犬

テーマ:ブログ

よく耳にする言葉に、「本屋に行くとトイレに行きたくなる。」がある。皆は
聞かないかも知れないけど、僕は年に5回くらい聞く。


年単位だと少ないみたいだけど、実際これだけ聞くと嫌でも覚えるし、それが
世界標準みたいな気分になる。本屋に行ったらトイレに行きたくなることが当
たり前な感じで。


でも、僕は本屋に行ってトイレに行きたくなったことがない。トイレに行きた
くて本屋に行ったことはあるけど。



とはいえ、人間、誰もがそういう、条件に対して発生する欲求みたいなものは
あると思うんですがどうでしょう?


あると思うとか言いながら、僕そんなんあったっけな?と考えることしばし。。。




あった。ありました。僕の欲求はボタンです。ボタンを見ると、どうにもこう
にも押してみたくなる。



そもそも、僕は小さいときに僕が大人になった頃(つまり今)にはもっと文明は
発達していて、なんか周り中がモニタになってるような所で、1辺が3cm位あり
そうなキー(旧式のエレベーターのボタンみたいなやつ)をガチャガチャと押す
ような世界が広がってるに違いないと思ってました。


|д゚)・・・ハカナキユメ。。。



まあ、今考えれば、そんな人間の手の大きさを無視したボタン(キー)でブライ
ンドタッチとか絶対無理ですし、そもそも、いろんな物の大きさを小さくしよ
うとする世の中で、ボタン(キー)だけが巨大化していくっていのも変な話です
が。。。


と、言うわけで、僕は一人でエレベータに乗るときは一人でガチャガチャとボ
タンを押して幼き夢を叶えるのです。


|д゚)・・・ヘ、ヘンナヒト。。。



そんな僕が最近狙っているのが、駅で駅員さんが押す「ぷるるる・・・」って
鳴らすボタン。


あれが、中々大きくて丸くてもったりしてていい感じで御座います。しかも、
押したいと思うボタンの大事な要素「押したらいけない」ってのがいいです

よねぇ。


この、「押したい!」ってのと、「押したら怒られる」ってのの葛藤が良いの
です。基本的にボタンは押してはいけないものほど押したくなっちゃう僕です。
核ミサイルの発射ボタンとか渡したら、思いっきり身悶えるに違いない。


|д゚)・・・ヘンタイ。。。



そんなこんなで、目下、僕の夢は駅の「ぷるるる・・・」ってならすボタンを
押すことですが、多分、このブログをみちゃった人はこれからあのボタンを見
ると押してみたい衝動にかられるはず・・・!それが人間のサガって奴です。








関東南部の駅のホームであのボタンを押して駅員に怒られてる人がいたら、そ
れは多分僕です。(←思い出したら我慢できなくなってきた。)

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。