酸性腐敗便とは

テーマ:
酸性腐敗便は、毒素や有害物質を多く含んだ便ですので、おならの臭いや便臭が非常に強くなる特徴があります。

また、腸内に溜まった毒素や有害物質が腸壁から再吸収されると、血管を通じて全身を巡りますので、口臭や体臭が強くなる原因になります。

酸性腐敗便は、腸内の悪玉菌が多くなっていたり、宿便がたくさん溜まっていると発生しやすくなります。

そのため、乳酸菌や納豆菌などをこまめに摂取して、腸内の善玉菌を日頃から増やすように心がける事が大切です。

腸内に善玉菌の数が多くなってくると、腸の消化能力やぜんどう運動など、胃腸の働きが活発になっていきますので、酸性腐敗便ができにくい体質になっていきます。
AD