プードルが大好きです。
中でもトイプードルが大好きです。
もう、毛をくしゅくしゅと指にからめて、垂れ下がった耳をパタパタと上下させ、鼻と鼻をこすりあわせつつ、そのまま小脇に抱えて、母校の校庭を息切れしながら10週したいほど好きです。
そんなプードル好きも大満足。
Amazonでこんなかわいいカレンダーの予約が始まりました。

THE DOG プードル 2005年度 カレンダー

ああ、このつぶらな瞳。
そんな目で上目遣いに見つめられたら、私の胸はとろけてハチミツのように食パンに染み込んでしまうに違いありません。

毎年毎年年が明けてからお安くなったカレンダーを買っていましたが、今年はちょっと早めに予約しちゃってもいいかも。
そんな気分になっています。

ちなみに、今年のカレンダーはカエルでした。ケロケロ。

merino
AD
バイオハザードII】や【ドーン・オブ・ザ・デッド】等、今年はゾンビ系の映画が元気がいいなと思っていたら、真打がいました。その名も【ショーン・オブ・ザ・デッド/Shaun of the Dead】(笑)。
タイトルからして【ドーン~】のパクリですが、まずはこちらの予告編をご覧下さい。
どうーですかーお客さーん!!【バイオ】や【ドーン】が正統派のゾンビ映画ならばこちらはまさにお笑いゾンビ映画の王道では無いですか!
バタリアン以降、久しくヒットの無かったお笑い系ゾンビ映画の救世主となりえるのか?

ちなみに日本公開は未定ですが、日本語吹替版になんと「郷田ほづみ」さんが参加しています。
え、知らない?怪物ランドの「郷田」さんですよ。外苑東通りの狼の「郷田」さんですよ。
装甲騎兵ボトムズ」のキリコ役の方と言ったほうがわかりやすかったかしら?

投稿:JMaster
AD

金田一。

テーマ:
10/1に金曜エンタで稲垣吾郎主演「八つ墓村」を放映するとの事。
前回のも面白かったから、非常に楽しみ。
金田一物は何年かおきに見たくなる作品だ。

その中でも、一番好きなのが、
【病院坂の首縊りの家】

これは、金田一最後の事件にあたり、
この後アメリカに渡り行方不明になっている。

内容は見てもらえばわかるとして、
とても好きなシーンと台詞がある。


「…冬子が待っている」

そして、風。
それを坂の上から見、去る、金田一。


作品としては横溝先生の世界が集約されているので、
それほど複雑ではない。
しかし、そう言う事ではなくて、
それから感じる遣り切れなさや、切なさ、
それらの世界観に惹かれてしまうのだろう。

だから、これは見事な一品。

是非、ご覧あれ。


by sai
AD