1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
テーマ:教養・自己啓発
2008-05-22 09:27:01

地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」

地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」 地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」
細谷 功

東洋経済新報社 2007-12-07
売り上げランキング : 178
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
★★★★★★★★★☆

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
テーマ:教養・自己啓発
2008-04-22 10:01:42

レバレッジ人脈術

レバレッジ人脈術 レバレッジ人脈術
本田 直之

ダイヤモンド社 2007-12-14
売り上げランキング : 440
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
★★★★★★★★★☆

先日、といっても先週の火曜日なので1週間が経ってしまいましたが、上海で開催された「JBNアントレセミナー」に出席をしてきました。JBNとはジャパン・ビジネス・ネットワークの頭文字を取った組織で、海外で活躍している日本人を応援しようという目的で作られたようです。メンバーは5名いらっしゃるのですが、どの方も有名人でセミナーは非常にためになる話ばかりでした。


セミナーにはJBNメンバーの、本書の著者である本田さんもいらっしゃいました。レバレッジリーディングを発売されてすぐに読み、勝手な著者像を作っていたのですが、初めて見た本田さんは予想を良い意味で大きく裏切ってくれました。日焼けで黒くなった肌と、筋肉で盛り上がった上半身はビジネスで成功した人とは思えない出で立ちでした(失礼)。


セミナーの最後の締めくくりに「人脈」形成のコツについて一言ありましたが、その言葉に感銘を受け、一緒に販売されていた本書を購入しました。

その一言は、本書の中でも一貫したスタイルで書かれています。


「人脈形成で大切なことはコントリビューション(貢献)の精神である」

「ギブアンドテイク(論外)」ではなく、「ギブアンドギブ」でもない。「コントリビューション」とは、具体的には相手のために自分が何をできるのか、考えて行動をすることです。


目から鱗という話はないのですが、全体を通して、一本筋があり、理論立てて書かれているので非常に読みやすく、頭にもすんなりと入ってきます。僕は喫茶店で休みなく読めました。


たくさんの人脈形成のためのノウハウやツールが書かれていましたが、やはり一番大切なことは「コントリビューション」の精神を持てているか、という点に尽きます。


「誰を知っているか」ではなく「誰に知られているか」


仲間を見つけ、つながりを持ち、ともに高め合う


自分が何をしたいのかを明確にし、人のつながりを大事にし、マインドの高い人とのつながりを持つ


以上3点は特に、心に留めておき日々過ごしていく必要があると感じました。


現在は、仕事で多くの人とと会う機会がありますが、相手のために何ができるのか、相手に必要とされる人間となるという意識は非常に薄かったと反省しています。小さなことでもいいから、自分はこの人に対して何をすることができるのか、どんな手伝いをすることができるのか、を考え続けることで素晴らしい人脈を形成することができるのだと思います。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ランキング参加中です。参考になりましたらクリックお願いします。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
テーマ:教養・自己啓発
2008-04-19 14:09:17

上達の法則

上達の法則―効率のよい努力を科学する (PHP新書) 上達の法則―効率のよい努力を科学する (PHP新書)
岡本 浩一

PHP研究所 2002-05
売り上げランキング : 1646
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
★★★★★★★☆☆☆

今、中国語の学習が一番の課題です。昔から語学が苦手で、英語は避けてきたのですが、今回の中国語に関しては避けることはできません。というよりも、やっぱり中国にいるからには、中国語をしっかりと話せるようになりたい!という気持ちがあります。


少しでも、語学の上達の役に立たないかと思い、購入したのが本書です。新書形式で読みやすい点も、いくつかある上達に関する書籍の中から決め手となりました。


本書は主に、スポーツや趣味(将棋やピアノ)の上達の仕組みについて書かれています。


本書を一言でまとめると、


「上達のためには、上達したいという気持ちを持つ」


これだと、ただの精神論に聞こえてしまいますので、もう少し噛み砕いてまとめていきますが、基本はやはりこの考え方にありそうです。


「上達には近道ではなく、法則がある」


という点も忘れてはいけません。僕もついつい近道できる方法を探すのですが、そもそも上達に近道がないとわかれば、そんな努力をして落胆することもありません。法則があり、それを知っている人(何かひとつでも上級者である)は、その法則を他のものにもうまく応用して上達スピードを速めています。つまり、法則を知った人は、


「一芸に秀でるということは、多芸に秀でる」


という結果に結びつきやすいということです。


語学では、よく言われることで夢が英語で見れるようになった、時に「見え方が変わった」となります。本書では、この見え方が変わる経験が中級者が上級者になるひとつのステップとなると書いています。では、この「見え方が変わる」経験をどのようにしていけばよいのか。


それはもちろんトレーニング(練習)が必要となります。ただ、このトレーニングも毎日毎日すれば良いというわけではないようです。毎日トレーニングを続けていると、忙しくなって休まないといけなくなった時に、急激に忘却していきます。寝ている間に脳では整理が行われていると言われますが、毎日トレーニングをしていると情報過多で、整理がおいつかず脳に定着しないのかもしれません。


そこで、本書では多くても週に3回程度に抑えてトレーニングをし、長期的に続けることを推奨しています。こうすることで、脳の記憶を担当する箇所、ワーキングメモリに負担がかかりすぎず、スキームというたくさんの情報をひとまとめにするツールを作り上げていくことができます。


上級者はこのスキーマを数多く持っているので、多くの情報をより早く処理することができるわけです。大事なことは、ワーキングメモリはトレーニングで増えることは(ほとんど)なく、スキーマをつくることで情報の圧縮をして対応しているという仕組みです。人間の構造って面白いと感じる部分ですね。


スキームを助けるものに、もうひとつコード化というものがあります。これは、言語にできない経験や現象を専門のコードに変換することで、処理を助けているわけです。僕は経験がありませんが、上級者同士の会話ではすべてを話さなくても、共通のコードによって分かり合えるということもあるようです。


少し、横文字が増えてきましたので、話を簡単にするために、次のステップで何をすればよいのか書かれていたことをまとめていきます。


ある程度上達してきた時、大半の人が上達の壁にあたります。そこで、諦める人もいるのですが、本書では対処法として、超上級者のプレイを観察するか、直接指導を受けることを推奨しています。つまり、より高い次元の人に自身の状態を見てもらうことで、自分が気付けなかったものを教えてもらえるというわけです。


本書の内容は、誰しも当たり前だと感じる理論が書かれていますが、これだけコンパクトにまとまった書籍はないので、何か上達をしたいという人は、がむしゃらにトレーニングを始める前に読んでみると効率良く上達できるのではないかと思います。


「上達への強い意欲」

「繰り返しトレーニングすること」

「見え方が変わる瞬間がくることを楽しみに待つ」

「できないことを悔しがる」

「上手い人を参考にする」


これらが大切なポイントとなります。残りの理論については、知っている程度でも良いでしょう。


教育機関の機能には二つの種類があると著者が述べています。


ひとつは、必要な知識を習得するための「知識習得機能」です。そして、もうひとつは学ぶ経験を通して、自分の能力へ信頼感を持ち、将来必要な知識や技術を習得しようとする内発的動機を持たせる「学習性獲得機能」です。


現代の学校教育では、前者の「知識習得機能」ばかり進めて、後者の「学習性獲得機能」がないがしろにされていると述べ、危惧を抱いています。これを読み、今までは「ゆとり教育」の意義は何かわかっていませんでしたが、「ゆとり教育」の導入によって、自由な考え方や自分の好奇心のままに動ける能力がつくことを目指しているのかもしれません。


最後は少し話がずれてしまいましたが、何か上達したいという気持ちを持った方にはお勧めの一冊です。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ランキング参加中です。参考になりましたらクリックお願いします。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
テーマ:教養・自己啓発
2007-01-23 23:09:38

好きなことには集中できるのに、仕事になると集中できない人へ

好きなことには集中できるのに、仕事になると集中できない人へ 好きなことには集中できるのに、仕事になると集中できない人へ
双田 譲治

あさ出版 2007-01-18
売り上げランキング : 76797

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
★★★★★★☆☆☆☆

いいね!した人  |  リブログ(0)
テーマ:教養・自己啓発
2007-01-18 23:27:10

朝、会社に行きたくなる技術

朝、会社に行きたくなる技術 朝、会社に行きたくなる技術
梅森 浩一

日本実業出版社 2006-10-19
売り上げランキング : 104509
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
★★★★★★★☆☆☆

いいね!した人  |  リブログ(0)
テーマ:教養・自己啓発
2007-01-10 20:00:46

ウェブ人間論

ウェブ人間論 ウェブ人間論
梅田 望夫 平野 啓一郎

新潮社 2006-12-14
売り上げランキング : 75
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
★★★★★★★★★☆

非常に面白く考えさせられる書籍でした。本日に感想を書くと自分で納得できない気がするので、一週間ほど再考してうまくまとめられたものを記事として書ければと思います。
いいね!した人  |  リブログ(0)
テーマ:教養・自己啓発
2006-08-11 06:49:54

3週間続ければ一生が変わる

3週間続ければ一生が変わる―あなたを変える101の英知 3週間続ければ一生が変わる―あなたを変える101の英知
ロビン シャーマ Robin S. Sharma 北澤 和彦

海竜社 2006-02
売り上げランキング : 4
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
★★★★★★★★★☆

いいね!した人  |  リブログ(0)
テーマ:教養・自己啓発
2006-07-12 00:23:29

鏡の法則

鏡の法則 人生のどんな問題も解決する魔法のルール 鏡の法則 人生のどんな問題も解決する魔法のルール
野口 嘉則

総合法令出版 2006-05-10
売り上げランキング : 21
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
★★★★★★★☆☆☆

少しずつ仕事にも慣れてきたので、毎日のストレスの量も減ってきたように思います。やっぱり仕事を覚えて慣れるまでが一番大変ですね。これから、余裕を持ってしっかりと考えて、工夫をしながら仕事に取り組んでいければいいな、と思っています。

今日の一冊は、上司が読んで感動したと言っていた本です。先輩が借りて読んでいたのを、同行中に拝借して読みました。非常に読みやすい内容で量も多くないので、すぐに読むことができます。

いわゆる啓発書なんですが、ストーリー仕立てでどういった行動、考え方をすればよいのかを提示してくれています。とても良い本なのですが、少し不満?なのがひとつだけ。それは「親子」を題材に使用していることです。こういう話に親子の絆とか関係とかを持ち出したら感動しないなんてことはないわけで。。。いわゆる「鉄板」というやつですね。

それにしてもかなり売れていますね。やはりシンプルでわかりやすい本を多くの人が求めているということなんでしょうか?シンプルで伝わる内容としても充実しているので全然良いことだと思うのですが、やっぱり少し物寂しくなるのは否めません。

ざっくりと本書の内容をまとめてしまうなら、タイトルだけで十分です。ってこれはあまりにも乱暴ですね。でもタイトルにある通り、全ては「鏡の法則」で成り立っているのだな、とつくづく思います。

相手に好意を持てば、相手も好意を持ってくれる。自分が緊張すれば、相手も緊張する。自分が相手を傷つければ、相手に傷つけられる。相手を憎めば、憎まれる。などなど挙げていけばきりがないぐらいです。

その中でもやっぱり大切なのは、相手を許すことと自分が楽しむこと、相手を大切にすることなどになってくるんじゃないかな、と思います。なんてことを書きながら、どれもこれも大切だなとも思ったりするのですが。。。

今の自分に一番欠けているのは、自分の感情を表に出すこと。具体的には相手への好意を表現することになります。他にも、相手に緊張しない、とか恐がらないとかもあるんですけれど。特に人と接する機会の多い仕事になるので、この「鏡の法則」は常に頭に入れながら、行動していくことを習慣化しないといけないと痛感します。

にほんブログ村 本ブログへ ←面白い書評ブログがたくさんあります


◆トラックバックさせていただいたブログ◆

@My Room ... 野口 嘉則 「鏡の法則 」
小さなことを喜ぼう!~女40歳の「ちょいハピ」な日々~ | 野口嘉則『鏡の法則』~すべてはつながっている!
愛と感動の怪しいものランド: 「鏡の法則」野口嘉則著
日替わりランチ:野口嘉則 「鏡の法則」
南の島のたったひとりの会計士の「ワクワク★ビジネス情報」:鏡の法則 野口嘉則
Happiness like knife | 鏡の法則 - 野口嘉則
いいね!した人  |  リブログ(0)
テーマ:教養・自己啓発
2006-07-02 00:57:06

一生懸命って素敵なこと

一生懸命って素敵なこと 一生懸命って素敵なこと
林 文子

草思社 2006-01-13
売り上げランキング : 12697
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
★★★★★★★☆☆☆


今日は実家に帰ってきています。大学の後輩の集まりに参加させてもらってきました。社会人になってまだ3ヶ月しか経っていませんが、学生と社会人の違いを少なからず感じてしまいました。若いから、若くないからではなくて、結局は属性がその人の考え方や習慣を変えてしまうものなのかな、と思います。

ダイエーの代表取締役、会長兼CEOである、林文子さんの著書です。林さんの本を読むのは、「失礼ながら、その売り方ではモノは売れません」に続いて二冊目になります。

本書では、ダイエーの良いところ、再建のための強み、などについて書いた上で、後半は林さんの今までを振り返りながら経営、営業において大切な点について書かれています。

とても勉強になる部分の多い一冊でしたが、残念だったのが後半部分の内容が前著「失礼ながら、その売り方ではモノは売れません」の内容と被るところが多かったことです。もう少し、ダイエーのことについて触れながら、林さんの考え方について書いてもらえれば、啓発書というよりもビジネス書として読むことができたのではないかな、と思います。

お客様を好きになるのも才能の一つ

という考え方、御用聞きという営業スタイルで多くの人とつながりを作り、トップセールスを維持し続けた林さんは素晴らしいビジネスパーソンであると心から思います。

結局、仕事でも私生活でも成功するためには「相手のことを心から考えて、行動する」ことが欠かせないわけですね。頭が良いだけでは、正論を話すだけでは、人を惹き付けたり、引っ張ったりすることはできません。

林さんの挙げるセールスに必要な要素の三つを意識しながら仕事に取り組もうと思います

1.人にも物事にも好奇心がある
2.目標数字をプレッシャーと感じず、自分をレベルアップさせて達成感を得ることを喜びと感じられること。チャレンジ精神があること。
3.明るくポジティブな性格であること。


今の自分はまだ三つともしっかりと身に付いていないので、意識し続けることが始めていきます。

にほんブログ村 本ブログへ ←面白い書評ブログがたくさんあります


◆トラックバックさせていただいたブログ◆

ニューヨークものがたり*NY好きな人、観光で来る人、住んでいる人、留学したい人…楽しく&役立つ情報満載のブログ。毎日更新!
一生懸命って素敵なこと|顧客満足視点を養うBlog
FP KYO-Gのコラム:「一生懸命って素敵なこと」を読んで
林文子「一生懸命って素敵なこと」|地方ではたらく精神科医のblog
その後: 一生懸命って素敵なこと?
work & life:一生懸命って素敵なこと
ジリツ道: 一生懸命って素敵なこと
じょーむ49才 地方都市会社役員の毎日思うこと日記:一生懸命って素敵なこと
いいね!した人  |  リブログ(0)
テーマ:教養・自己啓発
2006-06-28 00:18:45

うまくいっている人の考え方 (発展編)

うまくいっている人の考え方 (発展編) うまくいっている人の考え方 (発展編)
ジェリー・ミンチントン

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2004-03-15
売り上げランキング : 177493
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
★★★★★★★★☆☆

もう少し面白い書評というか、見に来てくれている人にとってためになるようなブログを書きたいな、と思いながらもなかなかその壁を抜け出せない日々を過ごしています(苦笑)ちょっとした考え方の変化をするだけで面白くなるのかな、とも思うのですが、頭の固い僕にはなかなかの重労働のようです。

今日は、自己啓発関係を読んでみました。社会人になったからなのか、読み終えて思うことは今まで以上に心に響く内容が多くなっているということです。

「うまくいっている」という定義づけ自体が「成功」に対する価値観と同じで、人それぞれでなかなか難しいと思うのですが、僕の中では、毎日を活き活きと過ごせている人のことを指すのだと判断しています。

人生は山あり谷ありとはよく言ったもので、常にハイテンションで過ごすことなんて難しいものです。僕自身、今も上がったり下がったりの毎日を過ごしている状態です。全てにおいて大切なことは、起こった出来事や結果に対して、自分がどのように捉えるかだと思います。その捉え方を上手にするためのヒントが本書にはちりばめられていました。

今まで読んだ本や経験を足し合わせて、本書から学んだことをシンプルに表すなら、

自分を大切にして、相手も大切にする

過ごし方をするだけなのかな、と思いました。

残り全てはこのことを達成するために存在する枝葉であるのだとも思います。もちろん、それぞれの要素が複雑に絡み合って、その時の自分の思考や行動を決めているのですが、いわゆる人生における理念・信念はこの一言に詰まっているように思います。

自分自身を大切にするためには、自分自身を好きにならないといけなくて、好きになるためには、コツコツと決めたことを達成して自信をつけることが遠回りのようでいて、一番の近道であると思います。数多くの啓発書はその方法、ノウハウを記しているのだと感じています。

ただ、理解することと実行することの差は想像以上に遠いものです。と言いながら、遠いようで近いものかもしれないな、とも思う自分がいます。結局のところ、この部分もその人の心の持ち方次第なのですね(笑)

にほんブログ村 本ブログへ ←面白い書評ブログがたくさんあります
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。