──────────────


中高年夫婦の世界一周ブログ


ご訪問ありがとうございます!



2011年7月3日~2012年7月5日までの1年間、


夫婦2人合計112歳で単独世界一周旅行、


 「世界遺産」100踏破しました!


…このブログは1年間の世界一周旅行旅の


計画から記録、その後の途中下車エッセイです。


これから世界を旅される方に役に立つ情報交流と


世界と日本を考えるそんな発信を心がけます。


現在、世界でロングステイを計画中。


ご支援をよろしくお願いいたします!     

─────────────────


現在の途中下車先……日 本


─────────────────


         


ブログランキングに参加中。あなたの応援がブログ継続の力に!


ぜひ1日1クリックお願いします!  ↓     ↓


 

             にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
            

              にほんブログ村







1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年07月21日(金) 16時01分00秒

三連休をなめていた、の巻

テーマ:帰国後・日本
7月にも3連休があったんですね!

夫と妻、今年はじめから、ちょいと新しいことにチャレンジしており、
(それもこれも、地球へ途中下車パート2のためなんですが……)

例年になく、多忙な日々、世間感覚とズレた日々を送っており……。

で、妻の昔の知り合いから、
「17日、そっちに泊めてもらえませんか? 夕方、6時~7時頃、着きまーす」

OK!

夫の男子会仲間から、
「もう1家族と合流で、3家族やけど、ニジマス釣りに行かへんか?」

OK!

ん?同じ日?……

まあ、ニジマス現地を3時に出たら大丈夫でしょう!?

てわけで、朝、いつも通るコースではなく、スマホの新しいナビアプリが教えるコースで行ったのです。
そしたら、いつもは3時間半かかるところ、2時間半で着き、現地集合、一番乗りで現地に着きました。さすが、ト⚫タのカーナビ!
素晴らしい!
帰りもナビに従えば大丈夫でしょう!


で、お魚釣りして、バーベキュー食べて、新しく知り合ったご夫婦とも楽しくおしゃべりして、最後に大物のニジマスもつり上げて、午後3時。そろそろ現地を出ます……。


泊まりに来るお友だちには、ねんのため、駅へのピックアップタイムは7時に、そして、最寄り駅まで来ると待っている場所がないので、30分前に連絡を入れるので、その前の乗り換え駅の商業施設に本屋やカフェがあるので、そこで時間調整をお願い、と言っておいた。

安曇川の「道の駅」まではなんの問題もなかった。スイスイ。

明日の朝ご飯のパンや玉子を買い、さあ、帰るかと、道の駅を出たら……およよ、車が渋滞してる。ん?本線に出るまでが混んでるのかな?
どうやら、ちがった。

そこからずっと、大津まで、ほんとに動かなくなった!

湖西の161号線の渋滞は有名で、昔は、夏は水泳客や冬はスキー客によるもの、と言われた。しかし、要は、琵琶湖と山に挟まれた狭い陸地のここしか道がないところに、休日になると、どうしても、大阪・京都・滋賀大津から、みんな福井や湖北へ遊びに行く。水泳・スキーでなくっても、それこそ、釣りやバーベキューやマリンスポーツなんかで。



動きません。

メールで、あと30分というめどがたつまで、そこで待っていて、と連絡、いま、どこ、いま、どこ、とメール入れたら、あれ?さっきからぜんぜん進んでませんよ?

そのうち、彼女の携帯のバッテリーが不安になってきた。やばい!
連絡は30ふんおきに、その間、電源オフにします、、、

カーナビの渋滞情報や、脇道情報、みんな同じものを見てるから、161も湖西道路も、どこへ逃げても一緒! 琵琶湖にギリギリ面した民家の軒下通る細い道まで、車でびっしり!

たぶん、朝、出かけるときはそれぞれ思い思いの時間に出発するてしょう、行き先も違うし……。ところが、夕方、帰路につくときは、家に6時、7時頃には帰りたいなあ、だから現地をちょっと早めに3時過ぎにでようか、なんていうのは、誰もが考えること! めざせ渋滞直球どまんなか、どストライクな大衆行動だったようで、もっとも渋滞するさなかに、飛んで火に入る夏のムシ……的に飛び込んだようなのでした……。

冷や汗をかきながら、彼女には、予定より2時間近く、コーヒーSHOPでねばってもらい、
8時20分、ようやく合流!


三連休をなめたらアカン!

渋滞なめたらアカン!

反省……







AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2017年06月06日(火) 17時06分39秒

ノスタルジ-な小学校の記憶に癒される……

テーマ:帰国後・日本
このまえの日曜日、夫と妻はひさびさ京都市内にでかけました……。

まずお昼の腹ごしらえは、御幸町にできたタイ料理や。タイの屋台をイメージした、ちゅうことですが、あとのメニューはふつうでしたが、手前のトムヤムスープがめっちゃおいしくて、クセになりそうで、また行くと思います……


そのあと、国内・外からの観光客でごったがえす錦市場をかきわけかきわけ……

うーん、錦市場って、昔から京の台所、って呼ばれて、京野菜とかおさかなとか、おばんざいとか、それなりにめずらしい、いいものが安い、というイメージが京都人にとってはあるのですが……
こうなると……世界中の、市場・メルカド・マルシェに共通していますが、観光地化して、観光客比率がある数値を超えると、どこも同じ顔の「観光名所市場」になりますね……

なんで、京都人の我々が、日曜日、わざわざこんなとこにこなあかんねん?ムードです……

で、そんな錦通りをずんずんすすみ、アーケードがなくなっても、すすみつづけて、烏丸通りを越えて、一筋目を右に。

すると、見た目わりと地味ですが、「京都芸術センター」という名前で、昔の(明治時代)京都の小学校(明倫小学校)の歴史的な建築物を保存して、創作活動なんかの拠点にしようということで、展示会、イベントなんかをやっている元小学校跡があります。

ここがちょっとステキです!それぞれの思いを抱いて何度も行きたくなる場所です。




こんなに、映画のセットのようにステキではなかったですが、妻が卒業した市内の小学校も明治時代に建てられており、なんとなく、雰囲気が、共通している……。


「廊下は、走らない!」

声が聞こえてきそうです……

床の油引きの臭いがただよってきそうです……




この階段の手すりのところ、いつも男子が、勇気ある女子も、股がって滑り降りるから、(ふつうは後ろ向きで、たまに前向きで滑り降りる輩もいる)、磨きあげられて、ツルツルになってた……とか、



運動場の横の足洗い場とか、講堂とか、校長室とか、ていねいな木造建築と、白いモルタルの造りがとにかくなつかしくて、小学校時代の記憶がどっとフラッシュバック!

(エレベーターは最近つけたようです)


教室の一室でおしゃれなカフェも営業しており、賑わっていました!

この日は講堂で生け花展と、一教室で美術展をやっていました!




京都観光される方へのおすすめスポットでした!




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年05月01日(月) 17時47分41秒

松本観光(イチオシみやげはおやき!)

テーマ:帰国後・日本
遅くなり杉ですが、松本の報告です!


……といっても、今回はお見舞いがメインだったので、駅前でレンタカーを借り、浅間温泉に泊まって、駅前市内観光しかしていませんが……。

松本城からのぞむ南アルプス
(左の、ちょっとだけ見えてるちっこい三角形が槍ヶ岳の頂上らしい)。

ここでーす⬇


すこし遠出し、松本美術館はオブジェがかわっています。外人親子がまったり遊んでいました(ちょっと世界観がこわいけど……)



さて、松本市内観光は、まず、駅前から歩いて松本城へ。
世界遺産・姫路城が、白さゆえ、白鷺城と呼ばれているのに対して、信州の松本城は、その黒い外観から烏山(からす)城とよばれているそうです。日本のお城でもうひとつ、世界遺産が選ばれるとするならここがいいかなあ?と。白と黒で、対照的。




その後、白壁土蔵の古い建物を再現した城下町をそぞろ歩き、スイーツをたべたべ、わさび漬けを試食し、ソバを食し…(「盛りそば」と「ざるそば」の違いについて知り……)





……浅間温泉では、和泉荘という旅館に泊まったのですが、ここには、ちょっとびっくりさせられました。
お料理のレベル(もちろん個室、後だし)、女性は選べる浴衣、お部屋の生花、朝食のあとのコーヒー無料、浴室の行き届いたお掃除、それから接客(サービス)の質が、コスパ的に、かつて経験したことないほど、ありえないほど、最高でした!
いやいやいや、ジッサイ一泊一人3万~4万とかする有名旅館ならそれもこれも当たり前?と思うけど、ひとりマジで一泊11000円なのです。値段に相応するサービスとしては破格すぎです。ほんとうにゲストとして、大切にされているなあ……来てよかったなあ……と思えて、ひたすら感動でした。浅間温泉全体がそうなのか、ここだけなのかは、わかりません……






……

最後に松本のオススメみやげです。
これは和泉荘のお茶菓子で出ていて、美味しかったので、これに決めました。りんごせんべい。すりおろしりんごを焼いています。


そして、自宅用、親しい人用には、なんといっても、おやきの冷凍をイチオシ!


写真は「なす」ですが、おすすめはやっぱ、野沢菜。駅の半地下に土産品が一堂に集まっており、帰りにまとめて買うのに便利ですが、このなかのかなりのスペースを占め、4社ぐらいの冷凍おやきが競いあっています。保冷剤で7時間後、ぜんぜん大丈夫でした。
お酒は、同じく駅ビルの2階に地酒、地ビールがそろっています!


でも、なによりもよかったのは、水と空気のよさでした。

夏も日中は少しぐらい暑くても、夕方になると、ひんやり冷たい空気につつまれるようです。

ちょっと、ハワイのオアフ島を思い出させる空気を感じました!

7月の18切符で、今度は中津川で降り、馬籠~妻籠を行く予定です!







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年04月12日(水) 12時38分52秒

夫と妻、18キッパー・デビューする

テーマ:帰国後・日本
4月の「青春18きっぷ」有効期間最後の2日間、信州松本まで、普通車で片道6時間20分、往復12時間40分乗車の列車の旅にでかけました……。



知っておられる人は、すでにじゅうぶん知っておられるかとは思いますが、
「青春18きっぷ」は、JRが年3回、1ヶ月半ぐらい期間有効で販売している特別切符で、年齢制限なし、普通列車(新快速OK)が1日乗り放題、1日何回改札出てもOKで、5枚つづり(一人で5日使ってもいいし、一日に5人一緒に乗り降りしてもOK)で、11850円(1回あたり2370円。ちなみに松本まで普通乗車券を買った場合5620円、新幹線・特急を利用すると9960円)ですが、ディスカウントチケットshopに行くと、残りあと何回、って切符が売られていて、さらに200円ほど安い。今回、我々は残り2回のチケットを2枚、購入したのでした……。




さてスタートは山科駅、朝7時51分。米原まで1時間ちょいです。日曜日なのにけっこう混んでいます。最初は立って、途中でバラバラに座れて、途中で隣りに移動して、1時間はすぐにすぎました。
米原での乗り継ぎ時間が5分で、あせり、大垣まで30分。ここは座れる。ふたたび乗り継ぎ時間5分で名古屋まで30分。名古屋到着は午前10時。
ここまではアッとという間でした。


名古屋駅では乗り継ぎ時間が、24分あるので、中央線ホームを確認したのち、一人が改札を出て、駅弁を買いに走る。
名古屋名物9品が入った豪華版です。ホームのキオスクにはコンビニ弁当しかなかったのです。こういうとき、やはり改札を出られるきっぷは便利です。

名古屋からの中央線は空いていて、4人がけコンパートメントを確保。駅弁はまだ食べず、中津川まで1時間半、イヤフォンで英会話や音楽を聴いたり、うとうと寝たり……。二股イヤフォンジャックで同じスピードラーニングを聴いてみたり……。

中津川駅で乗り継ぎ21分、12時発の松本行き。


ここからは2輌編成の列車で、無人駅で乗り降りするときは前の車輌で運転手さんが改札もするワンマンカー。



一気に、18きっぷ、ローカル線の旅らしくなり🎵気分はアゲアゲ⤴⤴です。

さて、外国人乗客の好奇の視線にさらされながら、車内でおもむろに駅弁をひろげる2人。

ん~、日本の鉄道の旅は、やっぱ、これにかぎる!です!


どて煮、みそおでん、ひつまぶし、手羽先、てんむす、名古屋コーチンめし、きしめん、まんなかにドーンと味噌カツ、その奥にどでーんとでっかいデザートのういろう!

……にしても、さっきから外国人の多いこと!

さいきん、日本の観光地はどこもそうですが、塩尻、木曽福島などで、トレッキングの格好や、リュックを背負った外国人観光客が、大量に乗り降りしていきます。それに鉄道ファンが車窓の風景や、無人駅の写真を撮っていたりするのを見ていたら、飽きることなく、2時間15分は過ぎていきました!


タイクツしのぎにユーチューブやdビデオなどを用意していったけど、行きも帰りも出る幕なしでした!


〈今回、デビューしてみてわかったこと〉

大垣、米原で乗り替え5分のとき、すごい人数の、みなリュックを背負ったり、ベストに帽子のような、軽登山ふう、軽旅行者ふうのいわゆる団塊世代が大量に同じ流れで乗り継ぎ行動をしていました……。
ちょっと、「おっ」とびっくりしました……。

われわれは今回が18キッパーデビューで、いままでこのきっぷのことをあまり知らなかったのですが、もしかして、世間では、18きっぷというのは、一部国民にとっては、ものすごくメジャーで、広く流通しているものなのですか?
……ディスカウトshopに、残り何回券、として売られていることからも……

そして、通勤路線や時間にぶつかって、車内が多少混雑していても、長距離を乗っていると、たいていどこかで座れるもんなのだということ。ずーっと立ちっぱな……てことはあまりなさそうです。考えたら、普通の乗客は、普段そんなに長い距離を乗っていないのですね。

そして、JRの車輌には、前と後ろと、場合によっては真ん中付近に、必ずトイレがあり(2輌編成の中津川─松本にもあった)、それがけっこうよく利用されており、整備もされており、そんなに汚くナイ。
少なくとも南米の長距離バスのトイレに比べたら、ベッカムにキレイ。紙もある。
(南米長距離バスのトイレは、床が○○まみれなので、行くなら、出発後すぐに。心ない男性によって便座が汚されないように、便座はバネではね上げ式になっており、それはナイスなアイデア賞なんですが、悪路、車体の揺れでドアが開き、真っ最中の人が車内になだれ込んでくるような悲惨な事故を防止してるのか、ドアロックがちよっとやそっとでは開かないように固くなっており、一度は「閉じ込められた……」と勘違いするようになっている。出るときは刑事ドラマのようにドアを蹴破るぐらいの勢いで体当たりして出る……)(余談おわり)。

……いままでJRの車内トイレの存在は知っていましたが、昔の臭い・汚い・悪いイメージがあり、使ったことがなかったのです。ま、考えたら普段、JRにそんなに長時間、乗ることがないし、なんなら到着まで我慢して駅のトイレに行くし。
それが2時間以上も乗るとか、乗り継ぎ時間が5分しかないとなると、これはもう、やむをえず、今回、普通に、おおいに、利用しました。トイレがあるのは心強いし、これは18きっぷ利用の必須条件ですね!

そして、乗り継ぎのとき、乗り継ぎ列車が、その日の最終だったり、1日数本しかない便だったりするときは、到着が数分遅れても待っていてくれるのですね。

帰路、中津川到着が、4、5分遅れていたのですが、名古屋行きは待っていてくれたし、米原で乗り継いだのは、夜9時頃で5分遅れだったのだけど、米原発の姫路行きとしてはその日の最終だったようで、「姫路行きはこの列車の到着を待ちます」、と車内アナウンスがありました。

なんだか、今回の旅行で、確実に「日本の18キッパー・けもの道」に足を踏み入れた気がしました!






★海外旅行や世界一周旅に関するご質問など

わかる範囲でお答えします。お気軽にどうぞ!★

世界一周ブログ村のランキングに参加しています。
よければ1日1回、クリックをお願いします!
  ↓     ↓
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2017年04月01日(土) 16時55分40秒

100年後の読者にむけて、時間を旅をする本

テーマ:帰国後・日本
今日から4月だというのに、外はまだ少し寒いです…
 桜の蕾が日ごとにふくらんでいくこの季節は好きです。




…ところで、夫と妻は、本をつくる仕事をしています。

3月は卒業シーズンや年度末の関係で、毎年、一年じゅうで一番たくさんの本をつくって納品する季節で、超忙しい季節だったのでした…。
 

そんななか、昨年末からかかわっていた本ができました。

地元・山科の神社の歴史本です…
 


箱入り、



表紙はクロス(布)張りで





製本は、上製本(堅い表紙)、しっかりと開く丸背製本で、

文字は金箔の型押しです。



しかも硫酸紙で巻いています。




…はっきりいってこれはたいそうな本です…。

ふつうの、表紙が柔らかい本は「並製本」と呼ばれています。
世間一般に流通している本は並製本のほうが圧倒的に多いです。


しかし、妻は、こういうローカルでニッチな歴史を語り継ぐ本や、たとえば個人がつくる自分史や家族史などの本のように、読者が限定されていて、ほんとうに読んでほしい読者が、いまの時間ではなく、どちらかというと50年先、100先の未来にいる。…そんな本には、たいそうな装丁が必要だ、と思っています。

なぜかというと、本は、本当に必要とされる人が生きる、未来の時間まで、その人の手に渡るときまで、これから半世紀単位の長い旅に出なければいけないからです。

その途中で本が出会う、まず第一の危機は大掃除です。それから引っ越しによる荷物大量整理。…決定的なのが持主の喪失、家屋の解体などです。
そんな荒波を、柔らかい本はおそらく乗り越えて、存在し続けることは難しいのです。
それに比べてたいそうな本は、そんな時代を超えて生き残っていける可能性が高いのです。
なんかしらんけど、これは我が家にとって、大事な本か?…と思ってもらえる可能性が、本当にその本を必要とする100年先の読者の手に届く可能性が、高いからです…


そしてあるとき、ひだまりのなかで、ひいお爺さんが残した古い道具のなかから、ひとりの若者が、変色した箱に入った一冊の本をみつけます…。

なに?これ?

えっ?
これって、うちの先祖の話なの?


…そのとき、本は長い長い眠りから覚めて、よみがえり、ときを超えていきいきとした物語を語りはじめるのです…。


本は、どの本も、いつか誰かの心に響くこと、生き方の助けになることを夢みているのかもしれません…









 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。