2007年05月19日

14歳 / 千原ジュニア

テーマ:国内小説・男性
ふ~ん、千原ジュニア って誰?という私がなぜかこの本を手にとったかというと、本の帯を東野圭吾さんが書いていたから。そして、興味を持ってからネット検索したらお笑いの人だって・・・。ちっとも知りませんでした。そして、14歳の時に彼が引きこもりをしていたというストーリーだと知ってちょっとびっくりしました。なんとなく私の勝手な想像で、お笑い芸人の人たちって友達も多くて明るいっていうイメージだったからです。でも、彼は違う。もし、この本の彼が本当の彼だとしたら、ものすごく内向的で暗い気がしますよ。そして、心が結構強い。きっと、人を笑わせる才能と性格の明るさって別物なのかもしれない。

主人公は千原浩史14歳。頑張って進学校に入学したものの学校に行くのが嫌になって、引きこもりへ。パジャマを着て一日を自分の部屋で過ごす日々が始まった。時々外へ買い物に行くけど、それもパジャマのまま。パジャマ姿を不思議がる人の視線にも慣れた。


僕は何になるんだろう。
僕は誰になるんだろう。
僕はどうなるんだろう。
僕はどうするんだろう。


そんな葛藤を抱えたまま、14歳の少年は部屋で苦悩する。

みんなと同じであることが嫌だ。自分がすすむ道、自分がいるべき場所を探して悩みはじめた彼の葛藤がヒリヒリと痛いほど伝わってきた。そして、彼の両親(特に母親の立場)の苦しみや悩みも伝わってきた。どうしてうちの息子はみんなと同じじゃないんだろうと悩む母、どうしてみんなと同じじゃなきゃいけないんだろうと苦しむ息子。どちらの気持ちもわかるから痛い。言葉の端々から、「なぜ」という強い思いが伝わってくる。

このくらいの年齢の子どもって、確かにこういう「どうしてみんなと同じじゃなきゃダメ?」っていう疑問を持つことが多いと思うけど、この千原少年はその気持ちがとてつもなく強いんだと思う。普通はどこかで折り合いをつけて、なんとか今いる場所で戦っていくんだろうけど・・・。きっと、無理だったんだろうな。居場所が見つけられるまで、やりたいことが見つけられるまで・・・という気持ちがすごかったです。今の彼のお笑いという場所が見つかって本当によかったと感じた。そして、彼におばあちゃんや兄ちゃんという心の支えがいてくれて本当によかったと感じました。千原ジュニアさんのこと、ちっとも知らないくせにちょっと好きになったかも。というか、14歳の時の千原少年に会って「大丈夫だよ」って言ってあげたい気持ちにさせられました。


ここ で14歳発売のインタビュー記事見つけました。


タイトル:14歳
著者:千原 ジュニア
>>Amazon  >>bk1  >>楽天  >>7&Y icon

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

みわさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■>オオキタさんへ

そうそう、オオキタさんの感想読んで
「やっぱ読んでみたい」って思ったんですよ。
とってもよかったです。(*^_^*)

1 ■おお!

ジュニア
14歳

ともに大好きです。

いい本ですよね。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。