2007年05月08日

夜は短し 歩けよ乙女 / 森見登美彦

テーマ:国内小説・男性
最近時々ネットで見かける「森見登美彦」さんという名前。初めて見たときに「この人の名前はどこで切るんだ??」と真剣に悩んだ私です。blogを読むと評判もよいみたいだし、なんだかとっても気になる方なのでさっそく手にとってみました。
読んでみたら、これがまたとってもまたキュート。愛らしいという表現がぴったりな女の子と男の子の恋愛話でした。舞台が京都というせいもあるのか、言葉遣いもちょっぴりレトロな雰囲気なんです。読んでいてぐいぐいと本の世界に引き込まれるような感じがありました。
彼女こと「黒髪の乙女」の背中を見続けている先輩は、なんとかきっかけを作ろうと偶然を装って彼女の行く先々に登場します。夜の先斗町、神社の古本市、大学の学園祭。そんな2人を待ち受けるのは奇妙な人々と、奇妙な出来事。小さな可愛い乙女の大冒険で訪れる不思議な世界で、黒髪の乙女と先輩は運命によって引き寄せられるのか?

この主人公である黒髪の乙女がとってもかわいらしいんです。天然系とでもいうのでしょうか。おっとりしていて、ちょっぴり思考が間抜けなところが本当に愛らしいんです。読んでいる私も、彼女を好きになってしまったくらい。そして、その乙女の背中をずっと見つめ続けて、なんとか視界に入るべく偶然を装っているのがもう1人の主人公である先輩。彼もある意味で天然のお間抜けさんかも。出てくる人物すべてがなんだかいとおしくなるような作品でした。


ここがいい、あそこがいいとかっていう部分的なものではなく、この本の流れや雰囲気が作るすべてのものがいい♪って感じ。んー、森見登美彦さん、他の作品も読んでみたくなりました。彼の作る作品の雰囲気は、私の好みのタイプみたいです。


この本の公式サイト があるみたいですよ~。
歩けよ乙女


タイトル:夜は短し歩けよ乙女

著者:森見 登美彦

>>Amazon  >>bk1  >>楽天  >>7&Y icon

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

みわさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

10 ■こんばんわ。

TBさせていただきました^^
私も評判を伺っていたので、気になっていた作品でした。
ようやく図書館で順番がまわってきたので、読めました~。
面白かったです。
森見さんらしい古風な文体ですが、恋愛小説なんですよね~
不思議です。

9 ■こんにちは

巷で評判が良かったので早く読みたかったのですが、やっと読めました!
アンソロジーで第一章だけ読んだ時はそんなに思わなかったのですが、単行本となったこの本を読んで評判がいいのがわかりました。かなり面白かったです。
黒髪の乙女の天然っぷりや、好奇心旺盛すぎるところなんかも本当かわいかったですよね。
私はあのラストの続きが気になるので、続編が出てくれるといいな、と思ってます。

8 ■>つなつなさーん

つなさーん、お久しぶり♪
暑いですよねぇ、ジメジメしますよねぇ。
苦手です。(T_T)

夜は短しはかなり気に入ったみたいですね。
つなさんの記事よんで、私ももう一度読みたくなっちゃました。
この本なら買って手元においてもよいかなー。
しかも、人に無理やり貸して「読んでみて♪」って
言ってみたくなる1冊かも。(*^_^*)

7 ■森見さん

みわさん、こんにちはー。
むしむしする日が続いていますが、お元気ですか?
さて、私もようやく「夜は短し~」よみました。キュートでポップで、楽しい本でした♪
私は「太陽の塔」も楽しかったんですが、こちらは可憐な乙女の助けがない分、男汁溢れる感じかもしれません…。笑
(みわさんとこって、トラバ承認制でしたっけ? ついてないみたいなので、またあとでやってみます)

6 ■>レコさんへ

そうらしいですね~。
王様のブランチで紹介された本って
結構ブレイクするとか、しないとか。
テレビの影響ってすごいですよね。

私も読みたい本がいっぱいあって
困ってます。(^^ゞ

5 ■>juneさんへ

juneさんも森見作品にはまってるのですね~。
じゃ、次は何を読んだらいいですかぁ?
先輩!!
きつねの話もきになってます。

4 ■気になります

私も森見登美彦さんが最近気になります。王様のブランチでも松田さんが絶賛していましたね。読みたい本がたくさんありすぎて、困っちゃいます^^;

3 ■無題

私は、すっかり森見さんにはまってしまってます。
これが一番好きではあるんですが、ほかの作品もぜひぜひ読んでみてください!

2 ■>やぎっちょさんへ

TB再度試してみました~。
今度は飛んだみたいですね。(*^_^*)

で、この本。本当にのほのーんとした雰囲気が
たまらなくいいですよね。
やぎっちょさんは、他の森見作品がダメでしたかぁ。
これってこの本だけの独特な雰囲気なのかなぁ。
私もなむなむって祈っておこう。(^_^)v

1 ■無題

みわさん
こんばんは~♪コメントありがとうございました。TBがどうやらうまく飛ばなかったようです。お手数ですが、今一度チャレンジしてみてもらえますか?
この本はほーんと雰囲気も空気も良いですよね~。大すきです。けど(個人差はあると思うんだけど)あちきは他の森見本はちょっとのめりこむことができませんでした。個人的にはこのシリーズだけ書いてくれてもいいかなぁ、な勢いなんだけど。。。黒髪の乙女のお姉さんが主人公とか★

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。