イギリスのテレビ番組とセレブ・ゴシップ・ブログ版。親サイトはこちらから

2002年からの膨大なテレビ記録と、セレブのプロフィール、あの人は今!などが写真入りで楽しめます。よろしくね!                 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年12月11日(日)

みんな死んでいくけれど

テーマ:このブログについて
7年ぶり!

10月にピート・バーンズの訃報を受けた時、このサイトがまだ完全に消滅していない事の不条理を思いました。

ピートの訃報を機にこの場所を思い出して訪ねてくださった方、まだ一年に一回ぐらいここを覗いていてくださっている方に、4年前に書いてアップロードしなかったメッセージをお届けします。

遅すぎるメッセージですけれど、できるだけ多くの方に届きますように。

______________________________________


2012年8月15日

ブログを書かなくなって三年半。

「また更新してくださいね」と優しい読者の方達から何度もお声をかけて頂いたにも関わらず、何も書かないでいた罰当たりは私です。

この三年半の間に、エイミー・ワインハウスは死に、ウィリアム王子は全世界に禿頭(とくとう)を見守られながら結婚。ラッセル・ブランドはケイティ・ペリーと結婚して離婚し、ジョーダンはピーター・アンドレと離婚、その後女装癖のある格闘家と再婚し、すがすがしいまでのスピードでまた離婚。

ジョーダンの二番煎じグラビア・モデルのシャンテルがジョーダンの離婚相手とデキて妊娠。
アダム&ジョーのジョー・コーニッシュが映画監督として大成功を収め、日本での映画公開に合わせて凱旋来日。ロンドンオリンピックの式典になぜかエル豚・ジョン欠場。


などなど、セレブの高速回転の人生模様を、鼻パックをしながら見守っていた三年半。
有名人の方々が結婚したり離婚したり死んだりしている間に、私もまた、人生の荒波をたゆたう一艘の小舟と化していました。

実は夫がホモホモ宣言をして別の男に走り泥沼離婚。
異国の地で仕事も見つからず、ドラッグ漬けで路上生活をしていたところをある篤志家の方に助けられ、その方の助力で勉学に専念、何と一発で司法試験に合格!・・後半は大平光代さんです。

私の人生の荒波は、そこまで激しくはありませんでした。ごくごく平凡に、妊娠→出産→育児をしていただけです。子ども達も元気だし面白いしで、育児ブログでも始めちゃおうかな☆と思ってみたり、思っただけでやめてみたり。
その程度の変化です。

とは言え出産してからというもの、ネット上であれ現実の世界であれ、他人の悪意に触れる事に対して、極度に警戒するようになりました。
自分はともかく、子ども達に悪意や攻撃が向かう可能性はとにかく避けたい、と。

蒸し返すつもりはありませんが、以前自分の書いた文章を勝手に使われ、それをブログ上で批判した時、私個人の性格を「暗い」「気持ち悪い」と誹謗し、サイトの内容について強く非難するメールを受け取りました。
IPアドレスで差出人はすぐにわかりましたが、「人は怒りにかられると、自分の立場を忘れてこんな低劣なことをしてしまうものなのか」と身震いしましたし、社会的立場もあろう方の「暗い」「気持ち悪い」一面を、まざまざと見せつけられた思いでした。

あれ以来、このサイトを続けることで他人の怒りや悪意に巻き込まれるのは金輪際嫌だと思うようになりました。
これを読んだ誹謗メールの差出人及びその取り巻き達から「今さら蒸し返しやがって!」と腹を立てられても困るんですけど、あくまでもサイトを中断した主な理由の説明の為に必要な話というだけですので。


他にも、サイトを続けるモチベーションががっくり下がった理由はいくつかあります。

メディアに関わる内容のサイトなだけに仕方ないのかもしれませんが、
実際に日本のメディアで仕事をされているプロの方達にこのサイトを利用されて失望させられた事が他にもいくつか続きまして、


あーあ


なんか


もういいや


と思いました。

子供達と居ると余計に、そういう残念な思いや腹立たしさ、赤の他人からのネガティブな感情からは完全に離れたいと思う様になりました。実際、サイトから離れてみてよかったと思っています。

子ども達は元気だし、私も夫も元気です。
見ず知らずのくせに悪意を向けてきた人間もどきどもに「ざまあみやがれ☆」と言いたい程度には幸せです。などと書くと、また反感を買って呪いのメールが来るのか?うへぁ~。

ただ一つ残念なのは、私のサイトを愛して応援して下さった方たちとの繋がりを失ってしまった事です。
このブログを未練がましく残しているのは、昔私のページを楽しんでくださっていた方が、ふと思い出して「Brits on TV」と検索したとき、「404 Not Found」が表示された時の気分を想像するのに耐えられないからです。
このサイトで皆さんと共有した過去の時間を完全に葬り去るには、私自身にもまだまだ時間が必要なのです。

Brits on TVを楽しんでくださった皆さんがお元気で過ごされていますように。
そして、愛と笑いのある毎日を送られていますようにと願っています。
また、いつかどこかで!
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2009年03月22日(日)

ジェイドの訃報

テーマ:セレブ_ジェイド・グッディー
何の説明もなく長いこと放置していて、大変申し訳ありません。頂いたコメントやメールは、全て拝見しています。このサイトの存在を忘れないでいてくださり、本当にありがとうございます。

英国では母の日にあたる今日午前3時14分、ジェイド・グッディが27歳の生涯を閉じました。
エセックスの自宅で、母ジャッキーと夫ジャック・トゥィード、そして家族ぐるみの友人に看取られて、眠りながら亡くなったそうです。
 
ジェイドの癌が末期であると判明して数週間後の2月22日、ジェイドは恋人関係を解消していた元彼ジャックと挙式を行い、そのニュースは世界中に配信されました。
ジェイドは挙式後数日間ホスピスに入院。入院中に息子二人の洗礼式を見届け、退院後は自宅で死期を待つ生活を送っていたとのこと。
そして自宅に戻ってから11日後の今日、ジェイドは波瀾万丈の短い生涯を終えました。

彼女の癌が発覚してからというもの、英国メディアはジェイドのニュース一色の毎日でしたが、自分の人生を切り売りするリアリティTVスターに対する報道の在り方を巡って、様々な批判も噴出しました。

いくら残される息子たちの為とは言え、病気や死をネタに億を超える莫大な額を荒稼ぎする事の是非、
犯罪者で服役中のジャックをスター扱いすることへの批判、
死をあらゆる事への免罪符とする風潮への疑問、
生前に追悼特集までするゴシップ雑誌(OK!誌)の非情なやり方への抗議などなど、枚挙に暇がありません。

ジェイドの病気報道によってメディアは多くの課題を与えられていたはずですが、元々モラルに乏しい英メディアの堕落は、ジェイドの登場によって歯止めがきかなくなった感もあります。

ジェイドは登場した瞬間から、メディアの望み通りに自らの馬鹿や無知を晒し続けてきました。そしてモラルの欠落した恥さらしの揚句に、人種差別発言で非難の標的となったわけです。
しかし癌が発覚してからは、ジェイドは完全に自分の意志に基づいてメディアを利用していました。英メディアは不治の病という「売れる話題」を前にして、我先にとジェイドの一挙一動に踊らされる奴隷に成り下がったのです。

ジェイド・グッディーがリアリティTVの生んだ不世出の怪物スターだった事は、癌を以て証明されたと言っていいでしょう。
容態の克明な変化と会話の内容が逐一報道され、それを全国民が注視して「その時」が来るのを待っているのは、まるで日本の「あの時」。
「あの時」とは、昭和天皇が崩御される直前のこと。天皇陛下の血圧や脈拍の変化が刻々とテレビ画面に映し出されていた、あの異様な時期のことです。

女優でも歌手でもない、社会の底辺に居たはずの若い女の死に至る過程が、天皇の病状報道を彷彿とする様な形でニュースになるなんて、イギリスでは前代未聞の出来事だったのではないかと思います。「下品で低能でブスな豚」とまで揶揄していた人物を英国が国を挙げて看取った(英国首相のゴードン・ブラウンまでが公式に弔辞を述べたのです)事は、メディア史に残る事件ではないでしょうか?

この数ヶ月間のジェイド報道の過熱は、いずれは歴史の汚点と言われる様になるのかもしれません。しかしどちらにせよ、ジェイドが彼女の望みどおり「私はカメラの前で生きてきたから、カメラの前で」死を迎え、英国民の記憶に残る人物としてこの世を去ったことは、消し難い事実です。




皆さんもご存じのとおり、私もジェイドに踊らされ続けたうちの一人です。
恐らく、日本人で一番ジェイドに踊らされていたのは私なんじゃないかと思います。

不愉快でムカつく存在だったけど、死を待つだけの彼女の事は書きたくなかったし、元気になってほしかった。
生きていてほしかったです。


ジェイド・グッディの冥福を心から祈りたいと思います。



Brits on TV-goodbye jade-dailymail




☆メインサイトの方のジェイドのページはこちら①(2002年~2004年)
と、こちら②(2005年~2008年)
AD
いいね!した人  |  コメント(49)  |  リブログ(0)
2008年12月16日(火)

TOKYO FM ラッセル・ブランド記事の件、経過報告

テーマ:日記
皆さん、お久しぶりです。
前回の留守宣言以降、皆さんへのコメントへのレスを全くしていなくて申し訳ありません。現在非常に多忙な上PCが壊れているので、時間の余裕ができ次第、一通ずつお返事させて頂きたいと思っています。

今回は、11月5日に書いたTOKYO FM(敬称略)盗作記事(http://ameblo.jp/bontv/entry-10160948914.html)の件の、事後&経過報告に参りました。
先日担当責任者の方よりご連絡を頂き、「Daily Planet(敬称略)」のホームページ(http://www.tfm.co.jp/planet/index.html)に本件に関する公式謝罪文を掲載する事になった由、ご報告頂きました。また、12月25日木曜日20:00~21:30のラジオ番組でも、謝罪放送をされると言うことです。HPの記事掲載は、放送日と同日のタイミングにされるそうです。

私が例の記事を掲載してから丁度二週間後、TOKYO FMから私宛てに、本件についての詳細な調査報告書が送られてきました。
調査報告の内容に関しては、私が個人的に納得していない事が一点だけあるので、それがクリアーになり次第、こちらでも経過説明をさせて頂きたいと思っています。

というわけで、当サイトの一部読者の方々の抗議メールが実を結び、先方からの公式な謝罪を得る所まで辿り着きました。皆さん、本当にありがとうございます。
私自身はここまで公式な話に発展させることは念頭に無く、「個人サイトで個人的な疑問を丸投げ」しただけでした。しかし、読者の皆さんから思いがけないお力添えを頂いたお陰で、先方から迅速かつ真摯な対応を頂く事ができた次第です。皆さんのご尽力に、重ね重ね感謝申し上げます!
お一人お一人にお礼をすることはできませんが、この件に貴重なお時間を割いてくださった読者の皆さんが公式発表の内容を確認し、納得して下されば幸いです。

本件に関しては、先方とのやり取りが完結した後、再度最終的な報告をして〆たいと思います。今回の記事はビジネス文書みたいになってしまいましたが、この件が終わったらまた元のブログに戻しますからご安心下さい☆

追記:前回記事でFM TOKYOが正式名称の様な書き方をしましたが、 「TOKYO FM」が正式名称だそうです。誤表記のお詫びを申し上げます。
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。