盆栽鉢:手で持てない豆鉢は

テーマ:


上絵付けは、描いた絵を触ると消えてしまうんですね。
だから絵を描くにつれて、だんだん持つところが無くなっていってしまうんですよ。
特に厄介なのが、豆鉢。
唯でさえ小さくて持ちにくいのに、、、、

そこでいつも使っているのが、このピンセット。



こんな風に鉢底の穴に突き刺して、、、



こんな風に持って、絵付けをしているんですよ。
ね、厄介でしょ。
こんな感じで持ちながら、くるくる回して絵付けをしていくんです。

さて、こんな小さな鉢に何を入れるんでしょうね。
豆盆栽?
豆盆栽は原則的にはやらないほうがいいんだけどね。
豆盆栽って、上手なひとは極僅か。
ほとんどはタダ小さいだけの存在だからね。

盆栽として作っていいのは、ミニ盆栽から。
(勝手に決めるなって?)

まあ私としては、ミニ盆栽飾りの下草を想定してるんですが如何でしょうか。
3月のウチのお店の展示会で、
これぐらいの鉢に5年も持ち込んでいるタンポポ(白)を下草として展示された方がいましたよ。
太さが小指くらいに太ってました。

まあ、商品にゆとりがあれば、
手元に残して、私も何か草ものでもねじ込んでみようかな、、、
下草もちょっと贅沢な鉢にいれてやると、きっと展示も引き立ちますよね。
・・・・・・・・
残念ながら、私も貧乏人。
そんな贅沢はなかなか許されそうもありませんね。
やはり商売が優先になりそうです。


AD