ピンチです☆

テーマ:

先週のある夜、ボンが38度の発熱!!


久々の発熱で慌てましたが、とりあえず脇を冷やして様子を見ると、翌日には平熱に下がり、


元気に保育園に登園することができました。


「なんて親孝行なの。。。」と思っていると、その2日後、今度はッペが、38,8度の発熱!!


「やっぱりか。。。」と思い、その日は午後から休みを取って、(午前はパパの実家にて預かってもらいました。)


病院へ連れて行き、しっかり看病をしました。


結局2日保育園を休ませましたが、薬のおかげか早めの復活!!


「やっぱりウチの子たちは強いわ。」と根拠のない自信にひたっていたら。。。


昨日からまたボンが38度の発熱です!!腹痛を訴え、下痢を伴っています。咳も。。。


そして、ッペもあやしい咳。。。まだ完全に治っていません(涙


夜は甘えたくてフニャフニャでベタベタです。


今週は仕事も忙しく、帰りが遅いので、連日パパの実家で夕飯をお世話になっているほどです。


先週休みを取ったしこの時期もう休むのはムリ!


子どもたちのことを考えると、休みを取って一日べったり甘えさせて看病をしたいところですが、


どう考えてもムリです。。。



ワーキングママの辛いところです。。。。。。。。。。。。。


ごめんねぇ~~~!(涙

AD

ひゃ~。

テーマ:

すごい勇気を出してアップしてみてます。

使い方は前と同じかしら。。。大丈夫??


今年4月から職場が変わり、新たなメンバーの中で働いています。

上司も同僚もとってもいい人ばかりなので、本当に気持ちの良い職場です。


ですが。。。忙しすぎます。。。

独身時代に、いつまでもず~~っと残って仕事していた頃を思い出します。。。

そしてあのときの時間が欲しい。。。


ワーキングママ(っていうか、私ですっ)は朝もバタバタの出勤、そして帰りもバタバタ。。。

「今日の夕飯のメニュー何にしよう。。。」

「明日保育園に持っていかせる物はなんだったっけ?」

なぁんてことを考えながら職場を後にします。


家に帰っても仕事の時間なんて全くなし!

朝、放置して出掛けた物の後かたづけ。

そして夕飯準備。もちろんその合間にも子どもたちに保育園での出来事を聞いたりスキンシップ取ったり。。。

もう、いったい自分が何をしているのかわからないくらいいろんなことを平行して行うことが増えましたね。


でも、そんな慌ただしい時間の中でも笑顔にさせてくれるのは子どもたちです。

兄妹仲良く2人で歌ったり踊ったり。

そんな姿に幸せをもらいますね。


子どもたちのためにも、笑ってるお母さんでいたいな。

よ~し、来週も!(いや明日も仕事あるんだった。。。)がんばるぞ~~!!


久々の更新なのに、本当につぶやきで終わっちゃった。。。あは。


AD

つぶやき。。。

テーマ:

お久しぶりです。

そして明けましておめでとうございます。とうとう新年になりましたね。


昨年はボンとッペが保育園に通い出したり、なんといっても自分が仕事に復帰したり。

本当に忙しくあっという間の1年でした。

仕事と育児と家庭との両立、考えていたよりもず~~~っと大変でしたっ!!

(声を大にして言いたい。)



「久々の仕事!」と張り切っていたもののいろ~~んなことをすっぱり忘れちゃってて、一つ一つに時間がかかるし、会議の度に頭痛はするし。

時間に余裕があればいいけど、毎日急いで帰って夕飯の準備もあるため残業できないし。。。


世のワーキングママさんたちはどうやってうまくやっているのでしょうかね。


今日はどうしてもこの休日中にやっておかなければならない仕事があったので、パパにボンとッペを連れて遠くのショッピングモールまでショッピングにでかけてもらいました。

おかげでかなりはかどりました。(まだ終わってないんですけどね。)


先ほど「今から帰る」メールが届いたので、仕事中断してこれから夕飯の買い物に出かけてきます。

久々のupですがこんなくだらないつぶやきでした。。。


また明日からがんばろ。。。


AD

お久しぶりです。

テーマ:

かなりご無沙汰してしまいました。

ここに遊びに来ていただいた方々に、なぁんにも書かないままstopしてしまっていたので、

もしかしたらご心配おかけしてしまったかもしれませんね。

申し訳ないです。


2月からボンが保育園に通い出し、3月から続いてッペも。そして4月から私もとうとう仕事に復帰しました。

年末から入園準備や、家の中の大掃除、そして仕事に復帰するための準備。。。とかなり忙しい年度末を過ごしました。


4月からは、もう何と言っていいやら。。。

とにかく3年半離れていた仕事に復帰し、そのリズムに慣れるまでに時間がかかり、そして会議の度に頭痛がして

思っていた以上にきつかったです。


今はもう慣れましたが、

朝は5時半に起きて子どもたち二人のお弁当をつくり、朝ご飯作り、洗濯、保育園準備、

自分の準備。。。etc

夕方は6時頃にパパの実家に子どもたちを迎えに行き、(保育園のお迎えは頼んであるので)買い物に行って帰宅。

洗濯物を取り込んで、保育園から持って帰った汚れ物を洗濯しながら夕飯の準備。

洗い物の片づけをして、お風呂に入れて洗濯物干して絵本を読み、寝かし付け。

その後起きあがれた時には、保育園のお帳面を書いて自分の持ち帰り仕事をして就寝。

時には掃除も。

ほとんど子どもたちを寝かし付けたまま自分も沈没してることの方が多いですけどね。


そ~~んな毎日でなかなかブログに向かう時間が取れずに今日まで来てしまいました。


これまでいろいろありましたが、またそれはいつかゆっくり時間が取れた時にでも、書こうと思います。


子どもたちも保育園生活を楽しんでくれて、安心です。

実は明日は保育園の運動会があります。

初めて我が子の運動会に参加するのでとってもワクワク楽しみにしています。

お弁当がちょっと苦になるけれどがんばってつくろうと思います。


またこれからも時間が空いた時にちょこちょこupするかもです。

かなりスローペースですが、よろしくです。

日曜日のオーディション、無事に終わりました。

皆様、暖かいコメントをありがとうございました。

週末からパパが超ハードな仕事マンになってて、PCが使えなかったのと、私がちょっと体調を崩しちゃったので、お返事&記事upが遅くなってしまいました。

ごめんなさいね。


さて、オーディションの伴奏ですが、なんとか問題なく役を終えることが出来ました。

会場についてすぐに、音出しと指慣らしのつもりでちょっと弾いたのですが、オーディションを受ける人たちが一緒に歌ってくれたりしたので、とっても和やかな雰囲気でスタートすることが出来ました。


オーディションの流れですが、まずは歌指導。

歌は、今回のミュージカルの曲を担当する高井達雄先生の曲、「鉄腕アトム」と「しあわせの歌」です。


演出の帆足敏先生が全てを仕切りながら進んでいきました。


歌指導が終わると、次はウォーキングとステップです。

5人ずつ帆足先生の指示に従って動きます。

私は見てるだけだったので、かなり笑いました。

笑っちゃいけないとは思っていたんですけどね。。。

50~60代のおじちゃんおばちゃんのスキップや、ステップ。。。

想像してみてくださいね。

みんな素人ばかりですから。。。

その辺にいるおじちゃんおばちゃんですから。。。


帆足先生も和やかな雰囲気を壊さないように、かなり褒めながら進めていくんですけど、

「う~~ん。良いですねぇ。上手だ!   全然違うけど。。。」

とか突っ込みも入れたりするんです。

「本人気付いてないですよ!」とかね。

だからかなり笑えたのです。


ウォーキング&ステップの次はいよいよ歌です。

一人ずつ2曲のうちの1曲を指定して歌います。

なので、かなりの回数、伴奏を弾いたことになります。

でも、最後の方は本当に緊張感も無く、楽しんで弾くことが出来ました。


歌が終わると最後は演技です。

事前に台本の抜粋が配られていたようで、それぞれが一場面を演じます。

素人ばかりですからまだまだこれからかなり指導を入れて仕上げていくようです。


最後にまた全員で2曲を歌って気持ちよく終わりました。


久々に子どもたちと離れて(義母に預けてました。)社会参加してきました。

とっても緊張しましたが、新鮮で楽しかったです。

日頃の生活の中にはない感覚でしたね。

今回はピンチヒッターということでしたが、何らかの形でこのミュージカル制作に関わっていくことになりそうなそんな感じなので(←ちょっと声がかかりました。)また楽しめればいいな、と思っています。


今日は義母に預けるときに、初めてボンが後追いしたので、胸がキュ~っとなりました。

仕事復帰したら大丈夫かな??


この間、実は音大卒だってこと書いちゃいましたが、久々に伴奏の依頼が来ました。

といってもピンチヒッターで一日だけですけどね。


私の住んでいる町で、ミュージカルをつくりあげる計画があります。

素人集団で作るので、どういうものになるのかはわかりませんが、そこに東京で活躍されている、脚本家や作曲家、演出家が指導に入ってくれるらしいです。

なんと作曲家は「鉄腕アトム」を作曲した高井達雄先生です。


そのミュージカルを作り上げる実行委委員会に実は義父が入っています。

義父はミュージカルなんて全く関わったことがない人ですが、詩吟の先生をしていて、地域の文化振興の役をしています。

どうもその関係で実行委員会入りしたようです。


一昨日の夜遅くに、義父からtelがありました。

(実行委員会の会議中だったようです)

「今度の土曜にオーディションがあるんだけど、その時の伴奏を頼まれてもらえないだろうか?」


「え?!いきなり?!」

「しかも明々後日??」


ってことでどうしようかと思いましたが、正規の伴奏者がその日都合が悪いらしく、なかなか代わりの人が見つからず困っているということだったので、引き受けることにしました。

きっとこんなに日にちが迫って頼んでくるんだから、簡単なものに違いない。。。

そう勝手に思い込んで引き受けたのです。。。



間違えてました。


会議後、夜中に楽譜を届けてくれたのですが、かなり難しい伴奏譜でした。(後悔)

とても2日でマスターできるようなものではなかったのですが、どう言っても2日しかありません。

ということで昨日、今日と実家に行ってピアノの練習です。

もう何年もピアノを触りもしていなかったので、かなり鈍っていましたが、2日間ボンとッペを父に押しつけて練習に励みました。

頑張りました。

ちょっと不安なところもあるけれど、ほとんど暗譜してしまいました。

頑張りました。

ちょっと腕が痛くなったくらい頑張りました。

だって、作曲者本人がいるんだから、ごまかして弾くわけにはいかないでしょう。

だから、かなりムリして練習したんです。

猛練習したんです。


































聞いてください。。。。。。


今夜オーディションの予備日があるとのことで、2人を義母に預けて見学に行ってきました。

正規の伴奏の先生(もう70歳くらいのおじいちゃん先生で合唱の指導者)が来ていました。

作曲者の高井先生ともいろいろお話をされていました。

私は今日は見学だけなのに、勝手に緊張していました。





オーディションが始まり、弾き始めました。
















































かなりごまかして弾いています。


間違ってもいます。


とっても和やかな雰囲気のオーディションです。


ガクッ!!!!!!!!!!


「伴奏譜通り弾いても、みんな歌えないから。。。」だそうです。


確かに。。。。。

とってもジャガジャガした伴奏でしたから。。。

だから弾きにくかったんです。

難しかったんです。。。






勝手に緊張して勝手に練習しすぎて勝手に張り切りすぎていたようです。


はっきり言うと、なぁんだそれでいいんだ。って感じでした。





私のこの2日間はなんだったのぉぉぉぉぉ?????








でも、久々に長時間集中してピアノに向かったのは、すごく新鮮でした。


今日のオーディション見学も、久々に社会参加したみたいで楽しかったです。


明日はいよいよ出番です。


1日だけのピンチヒッターですが、頑張ってきます。





chipapaさん主催のTB企画に参加です。

わが家は2003年1月生まれのボンと、2004年10月生まれのッペの2人の子どもがいます。

結婚が2002年の5月だった私たち夫婦、仕事の関係もあり結婚後すぐに新婚旅行なるものは計画していませんでした。(夏あたりに南の島なんかに行ってのんびりしたいねぇって話してました。)

とりあえずはこれまで仕事の合間に式の準備を進めてきたので、疲れを取りにってことで、挙式後すぐに福岡のシーホークへ。


新生活をスタートさせ、さぁ、これからっ!ってはりきっているウチにボンを妊娠したことに気づき、夏の海外旅行は諦めました。(安定期に入ってからTDLに連れて行ってもらいましたけどね。)

んで、12月から産休に入り、1月末に出産、そのまま育休 ~  ということになったわけです。

もう若くない私たち(認めたくないけど!)なので、すぐに子どもができたことはとても幸せなことだったと思います。

育休も3年取れるようになっていたけれど、やはり仕事も嫌いではないのでとりあえず1年と2ヶ月取って、新年度スタートの4月から復帰する予定でした。。。


がっ!1歳を間近に迎えた頃のボン、(親バカなのでごめんなさい)可愛くて可愛くて仕方なかったんです。

言葉や仕草もどんどん増えていって、私が教えたことをガンガンやってくれるんです。
それで、「あ~~。。。もっと私がいろんなことを教えたい。。。」
(とはいっても大したことではないんですけどね。)
「こんな時期を人に任せたくない。。。」
(義母がみるということになっていたのです。私は保育園に預けようかと思っていたのですが。)
「こんなにどんどん成長する姿を目に焼き付けておきたい!!」
と思うようになってきました。

んで、もう一年やっぱり育休取ろうかなぁって思っていたけれどなかなかパパに言い出せずにいました。
そしたら周りももう私の仕事復帰に向けて動き始めてしまい、どうにもならない状態になりました。
(義母がパートをやめる手続きをしていました。)

それで、もうこれは予定通り素直に4月から復帰するか、ここで2人目を妊娠してちょっと無理矢理だけど育休延長するか、ってことになったのです。
(自分の中でね。)

もともと子どもは3人くらいは欲しいなぁって思いがあり、2人目までは早めに産んで、3人目くらいにゆっくり時期を考えようって思っていたので、2人目をすぐにつくるということは私もパパも迷いはありませんでした。

できれば、遅くとも3月に入る前に妊娠がわかるとそのままスムーズに延長できるからいいなぁって話していたのです。

もちろんそんなにうまくいくとも思っていませんでしたが。。。

そしたら、もう半分諦めかけてていた時、運良く妊娠していたことが判明しました。

(2月の終わりくらいだったかな?)
仕事先にはちょっとご迷惑をかけてしまいましたが、急いで延長手続きの書類を作成してもらって提出。

結局お盆辺りまではボンの育休延長、そしてお盆過ぎからッペの産休、そして育休→今に至る。って感じです。

本当にスムーズに2人目まで授かり、今に至っています。

ほとんど年子で、育児は大変なことも多いけれど、私は今の生活がとても気に入っています。
続けて産んで良かったなって思っています。
ボンは今のところ順調に育ってくれて、一応私なりに納得のいく育児ができている気がします。
ッペも年の近いお兄ちゃんに無理矢理いろいろなことをされていますが、楽しんでいるようです。
お兄ちゃんの存在が嬉しくてたまらないようです。
兄妹2人の姿を見ると、私自身も幸せな気分になるのです。


来年の4月に私が復帰するとき、ボンは3歳と2ヶ月、ッペは1歳と5ヶ月になります。

今のように2人の成長を目の前でず~~っと見れなくなるのはとても残念ですが、私自身仕事もそろそろって気もしてきているので、復帰したら今度は仕事をしながらの育児を楽しみたいと思います。

3人目の出産時期を今から考えたりするときもあります。
パパはもう、続けて産んだら。。。なんてことも冗談交じりに言いますが、私としては一度仕事に復帰して、仕事のやりがいもまた感じたいと思っています。

そして、3人目はきっと最後の出産になるだろうから、それは大事に、「人生のお楽しみ」に取っておきたいなぁって思っています。

年齢が上がれば仕事をする上でもいろいろなことを任され、大変になってくる時期なので難しいことも増えてきます。(出産時期など)
でも、やはり私は仕事も大事だけれど、子どもを産み育てるって言うことは、もっと大事かなって思っています。

仕事先にはいろいろと迷惑をかけることはわかっているけれど、仕事に戻ったときにできる限りきちんと恩返しできれば。。。と考えます。

今は、今しかない2人の育児を思いっきり楽しんで、3人目を妊娠し出産する体力作りにがんばりたいな、と思っています。

あ~っ。あと11ヶ月半しか残っていないのはさみしい。。。

今日は、【WM友の会】第10回TB企画:「子どもが愛おしいと思うとき」「子どもが嫌いになりそうなとき」についての記事を書こうと思います。



まずは「子どもが愛おしいと思うとき」


ボンとッペをみつめている時は、ほぼず~~っと愛おしいと思っている私。
どんな時かと聞かれると、沢山あります。



<ボン>

・朝「おはよ~!」と眠たい目をこすりながらも一人で起きてくるとき。

・寝顔をみているとき。

・夜中に寝ぼけて起きても、ほっぺをくっつけてあげるとまた眠り始めるとき。

・私の身体に傷を見つけると(どんなに小さい傷でも)「だいじょうぶ?」「(病院の)先生行ってトントンしてもらったの?」と聞いてくれるとき。

・お友だちとのコミュニケーションを一生懸命とろうとしているとき。
(最近は誰にでも「おだばえは?(お名前は?)」と聞くことができます。)

・お出かけ前に、自分の荷物を「んっしょ、んっしょ」と言いながらリュックに詰めているとき。

・私が歌を歌い終わると必ず拍手してくれるとき。

・「かあしゃんちゅち(好き)!」と言ってくれるとき。

・お風呂の前に一生懸命自分で服を脱いでいるとき。

・そしてその服を落としたり拾ったりしながら洗濯かごまで持っていくとき。

・お気に入りのフルーツなどでも、私やパパの口に入れてくれるとき。

・布団の中で「むかーしむかーしね、おじーさんとおばーさんとおったっち。」と私とパパに昔話をしてくれるとき。(←これはおすすめ)

・思いがけない発想で話しかけてくるとき。
「赤ちゃん産んだ」「たんたん産んで」「内緒なの?」・・・など)

・ッペの授乳中は甘えたくても我慢して甘えてこないとき。

・っぺの世話をしてくれるとき。
(っぺにとっては迷惑なことも多々あるけれど。)

・自分の知らない言葉を覚えようと、復唱しているとき。

・おもいっきり甘えてくるとき。 

・パパが帰ってすぐ、その日一日の出来事を話してあげているとき。

・私やパパの大きなスリッパを履いて歩き回るとき。

・お気に入りの本やおもちゃを必死に抱いて眠っているとき。

・一緒に遊んでいて「きゃっきゃっ」と声を出して大喜びするとき。

・「○○してくゎあしゃい。」「これも○○してくゎあしゃい。」と私にいっちょまえに指示を出してくるとき。

・「お片づけしてから○○しようね。」と交換条件を出すと、
「おっかっけ~♪」「おっかっけ~♪」と歌いながら素直に片づけるとき。

・っぺにお兄ちゃんぶって話しかけているとき。

・機嫌が良いときに鼻歌を歌うとき。

・動物番組が始まると異常に大喜びして観ているとき。

・私にいっちょまえに反抗してくるとき。

・トイレなどでボンの前から姿を消すと、「おかあさん?おかあしゃん?ママ?」と探し回るとき。

・「じいじ&ばあばに行く」と自分から言い出して遊びに行ったときでも、迎えに行くとダ~ッと走ってきて抱きついてくれるとき。

・できないことができるようになって一緒に喜んでいるとき。

。。。。。。。。。。。。。。。などなど。

<ッペ>

・笑っているとき。

・泣いているとき。

・おっぱい飲んでいるとき。

・寝てるとき。

・手足をバタバタ動かしているとき。

・色んなものに手を伸ばしているとき。

・抱っこしているとき。

・私の顔をじ~~っと見つめてくれるとき。

・ぎゃ~っと大泣きしていても、私が抱っこすると泣きやむとき。

・目が合うと、ニヤッと笑うとき。 

・ボンに触られても何も言わずただボンの顔をのぞき込んでいるとき。

・機嫌良く色んな所(天井)をキョロキョロ眺めているとき。

・色んな表情を見せてくれるとき。

・他の人に抱っこしてもらおうと渡そうとしたときに、しっかり私の服を握っ
て離そうとしないとき。

・眠っている私の顔をこちょこちょ触ってくるとき。

・あくびをするとき。

・泣きそうなのを我慢しているとき。

・近づくと体中で喜びを表してくれるとき。

・「あ~う~」と、語るとき。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。などなど。



とりあえず思いつくことをダダダ~っと書いてみましたが、まだまだあります。

というか、ボンやッペの日々の成長が愛おしいし、ボンやッペの存在そのものが愛おしくてたまりません。

子どもを持つ方なら誰でもそうなのではないでしょうか??

自称かなりのバカ親である私は、本当に常にわが子たちのことを愛おしく思っています。


では、今度は「子どもが嫌いになりそうなとき」を考えてみると。。。。。









う~~ん。。。。。『嫌い』という表現がちょっと違うのかもしれません。

『嫌い』になりそうなときというのはなかなか思い当たりませんが
一緒にいてついイライラしてしまうときっていうのはありますよね。

ただそれは、よくよく考えてみると、こちら側の要因です。
忙しかったり、時間に余裕がなかったりっていうときです。

例えば、片づけをなかなかしないときも、こちらに余裕があれば片づけが終わるまで
とことんつき合ってあげられます。(イライラすることなく)

でも、時間のない時にいつまでも片づけが終わらないでいると、ついイライラして
さっさと私が片づけてしまいます。

余裕があればいくら甘えてきても、おもいっきり甘えさせてあげられます。
余裕がないと「抱っこ」の一言にも
「ちょっと待ってて!!」と言ってしまいます。

全てにおいて、育児には手がかかり、時間もかかるものだと考えているので、
こちらに余裕さえあれば常に愛おしい気持ちだけでいられるかな。。。
と思います。
反抗期のボンの言動も全て可愛く思えます。

子どもたちに対して「愛おしい」って気持ちを感じるときは、
自分自身も幸せを感じるときですからね。

自分たちに恵まれた尊い命たちですから、いつまでも大事に愛おしく思いながら育てていきたいものです。


(現実はそうも言ってられない場面も多々ありますけどね。。。。。)




退職祝い

テーマ:


昨夜は、職場の上司の退職祝いに出席してきました。

退職される方というのが、今までに私が出会ったなかで一番の
仏様のような方です。

もう60歳になられるのですが、誰に対しても表裏無く暖かい眼差しで接してくれます。
どんなに年下の人に対しても、丁寧な言葉でお話をされ、
決してイヤミや悪口などマイナスな言葉を口にされません。

一度、職場で大変なことが起きました。
みんな困り、「どうしよう。。。」と凹んでいたのですが、
この方が一言
『ピンチはチャンス!!』
とおっしゃいました。

この言葉に全員救われたと、私は今でも思っています。


昨夜の退職祝いでも、この方のすばらしい人間性を見せてもらった気がします。

会が始まり、いろんな方からのお祝いの言葉があり、その後乾杯となりました。

会に出席している人たちはもちろん乾杯して、お酒やジュースなどを口にしました。

でも、この方は飲まずにすぐ、紙袋を手に下手の方へ進み、挨拶をされました。
(司会の方は打ち合わせていなかったので、慌ててました。)

○自分のために忙しい中このような会を開いてくれたことに
 感謝しているということ。
○この会に出席するために時間を作ってくれたことに心から感謝していること。
○自分の仕事ぶりを振り返り、反省すべきことが多いということ。
 (実際はそんなことはありません。誠実に仕事をされる方です)
○今日はお祝いしてもらうと思うと重たすぎるので、みんなの楽しい
 「追い出しコンパ」のサカナになればいいと思って来たということ。
○9時にはタクシーを予約しているので、それまでの間楽しい時間を
 過ごしたいということ。

   。。。。。などでした。

そして、おもむろに紙袋の中から譜面立てを取り出し、組み立て始めました。

自分の趣味である、尺八ハーモニカを吹きたいということでした。

私はこの方が尺八を趣味でされるというのを以前聞いたことがあったので、
その時に聴かせて欲しいとお願いしたことがあったのですが、
披露するほどのものではないので。。。と断られてしまっていたため
昨夜の演奏はとても嬉しかったです。

独学でされているものなので、決して上手な演奏では無かったけれど、
とても心地よい音色でした。 

そして、その方は曲名を紹介した上で、次々に演奏していきました。
とても楽しそうに吹いてらしたので、聴いている方も楽しくなりました。

どんどん曲が続くので、周りからは「もうそろそろ飲みましょう」
という声が出ましたが、
「私は飲んだり食べたりすると、楽器に悪いので、先に吹いているのです。」
「みなさんはどんどん飲んで食べてください。」
と食べ物や飲み物を口にせず、演奏していきます。

結局その方は今日の会を自分の退職を祝ってもらうための会ではなく、
みんなが楽しむ会に変えてしまいました。

最後まで楽しい雰囲気を壊さず、自分の歩んできた退職までの道のりを
長々と話すわけでもなく、ただただみんなが笑ってばかりの会でした。

さすがに9時が近づくと、司会者の方も慌てて
「宴たけなわではございますが・・・」
とみんなからの記念品花束色紙などの贈呈の時間を設けましたが、
受け取ったこの方は丁寧なお礼を述べられ、
最後にみんなのために自分も万歳と言わせてください。と、自ら
場を取り仕切って、時間通り退席なさいました。



こんな退職祝いは初めてでしたが、とても心に残るものでした。
この方は最後まで自分のためではなく、みんなのために動いた方でした。


なかなか同じことはできないけれど、少しでも真似ることができたらなぁ。。。
と自分自身を振り返ることのできた時間でした。



この会の中で、同僚から「そろそろ復帰してきたら?」
というありがたい言葉もかけられました。
仕事仲間と過ごしていると、刺激も多いし自分自身に張り合いもできるだろうなぁ
とは思いますが、やっぱり今は、自分の子どもとしっかり向き合うことのできる
今の時間を大切にしたいなぁと、思います。

来年の4月からは復帰する予定なので、これからの一年は時間を無駄に
することなくしっかりボンとッペの成長を見守って行きたい!!
と改めて感じることのできた一日でした。



食料の調達

テーマ:
この記事は、chipapaさんとこからのTB企画記事です。
【WM友の会】に参加していながらなかなか記事をかくところまでいってなかったので今日は書いてみることに。

ボンを妊娠してるときは、9ヶ月まで仕事してそれから育児休暇に入ったので、お腹が大きくてもちょこちょこ動くことにそれほど不便を感じていなかったかな。

んで、出産のためにも足&腰を鍛えてた方が良いよという友だちからのアドバイスに、毎日ウォーキングを始めました。
育児休暇に入ってすぐから始めて、初期は1時間くらいかな?
徐々に増やしていって予定日前後には3時間~3時間半は歩いてたなぁ。
1月末に出産だったから寒くて寒くて。
でも、不思議と毎日歩かないと気が済まなくなってくるし、歩いてるとポカポカ暖まってくるし。

妊娠中はそんな感じでしょっちゅう外に出て歩き回ってたから、そのついでに買い物を済ませてました。

ボンを産んでからは、さすがになかなか出ることができなくて、やっぱり首が据わるまでは週末にまとめてしたり、パパに頼んだり。

首が据わったらほとんど自由に買い物してた私。
(今はほとんどのスーパーにカートがあるから便利ですよね。)


でも、2人目を産んでからはやっぱりすごく不便に。。。
とりあえず、トイレットペーパーやオムツ、ティッシュなどかさばるものは出産前に物置いっぱいになるくらい買いだめをしていたのがよかった。


食料品はさすがにそうはいかないので、今の方法はこれ。

週末に、翌週の献立を大方立てて、その材料をまとめて買う。
ッペはパパに預けて、ボンは散歩がてら連れて行く。(といっても車だけど)


1週間分の献立を立てて買い物に行くと、無駄買いをしなくなった。
これも大きなメリット!
また、魚肉は冷凍の必要があるので、冷凍庫も無駄なものは入れられない。
ということは、「アイス44%引き」の誘惑にも打ち勝たなければならないためダイエット的にもちょっと良い。

前に比べて食材を最後まできちんと使うようになったし、献立も立ててあるので毎日「今日は何にしよう。。。」と悩むこともなくなった。

ッペをパパに預けてる関係で、ダラダラいろんなものを見ながら買い物することもなくなったし、買い物も必要なものを必要なだけパパッと手早く!

それでも買い忘れがあったり、大安売りのチラシが入ってたりしたときは、可能であればパパに仕事帰りに頼むってこともあります。

これは近所のスーパーが22:00まで営業するようになったのと、ウチのパパがかなり協力的だから可能なわけですけど。

あと、今はグリーンコープにも興味を持っています。

個配をしてくれるっていうのももちろんだけど、品物が良いみたい。
どなたか利用されてる方に、様子を聞いてみたいなぁ。