サラム!(salam /こんにちわ)

まずはイランの公用語のペルシャ語でご挨拶。イラン絨毯

  

イラン館では世界に誇るペルシャ絨毯の展示・販売をしています。

思った以上にキレイな物ですね~。シルク100% & 細かい精密な模様・・・、角度を変えて見ると絨毯表情が変わります。

「一枚欲しい~!」って思ったのですが、

値段を見て 「 Σ( ̄ロ ̄;)!!・・・・・・・」 帰ってきました。

 

  

絨毯の模様、色によって作られた地方が決まっていて、地方と作り手によって作品(絨毯)の善し悪しがきまるのだそうです。ですから良い絨毯を購入するためにはそれなりの勉強と交渉が必要だってテレビでやっているのを見たことがあります。日本の織物や染め付けも同じですよね。地方によって手法がちがったり 職人によって違ったり。まさに伝統工芸・芸術品ですね。



  

  
  

 イランもり絨毯
イラン絨毯つくり

左/絨毯の作成途中のものが 何枠が置いてあります。実演をしているのでしょうか?是非見たみたいですね。



右/イラン館の出入り口に飾ってあります。これも絨毯です。販売所にはオードリーヘップバーンの肖像画もありました。必見です。一目では絨毯とわかりません。 

伝統工芸が現代アートへと変化していくのでしょう。

  

 

 

  

素敵な絨毯を眺めながら「イランの紅茶」はいかがですか? 1杯 ¥200円。

角砂糖をなめながら熱い紅茶を口に含み、飲むのがイラン風です。

 

おみやげ屋で売っているピスタチオをおつまみに。イランのピスタチオっておいしいんですよ!

現地では専門店があってランクによって値段が違います。ランクの高いピスタチオはやっぱり美味しい!

イラン館で売っているのは どうでしょうね。試してみたいです。


 

 

イラン=イスラム教=紛争・テロ と感じる方もおられるでしょう。でもね、イスラム教って平和を愛する宗教なんだそうです。神の前では皆平等なんです。一部の過激な人が「良いことをすると徳を得られる」っていうイスラム教の信念を利用して過激なことをしているのです。テロは決して許されることではありません。でも一部の人間のせいでイスラムの印象が悪かったり、差別があったり・・・。それはとても残念ですよね。

皆さんはどう思われますか?そんな事も念頭において中近東ゾーンを楽しんでくださいね。 

 

 




【ペルシャ絨毯の産地とイランの地図】
http://www.kagoo.jp/persia/persia_map.html

 

【イランという国で/ブログ】

http://sarasaya.exblog.jp/

イランに留学中のサラさんのブログです。現地の声をどうぞ。 

 

【愛知万博公式サイト:】

http://www.expo2005.or.jp/jp/C0/C3/C3.10/C3.10.4/index.html


AD


やっと体験できました… σ(^◇^;)ふぅ

カタール へな カタール館 ヘナ

開幕当初から話題のカタール館の無料ヘナタトゥー☆

デザイン性と無料ということで、今じゃ知らない人はいない!ってくら人気☆

 

他バピリオンではイベント値上げ等の話がチラホラでているので、(ヨルダンとか…)

「もしや!カタールも有料に?」と心配で行って来ました。


休日の夕方5時頃にカタール館に入館。「ヘナタトゥー終了」の看板がでているのですが…

そのブースではスタッフが談笑していて、なんとなく「こりゃ、はじまるな!」という雰囲気。

しばらくカタール館内をうろついていたら、案の定はじまりました!ラッキー☆

 

心配していた料金も無料のまま。流れ作業的に30秒くらいでチャチャっとかいてくれました。

完成図は上の写真です。 直後と、乾かしてヘナを取り除いたあとです。

ヘナがすぐに乾かないように コマ目に水しぶきをかけて長持ちさせ、色を定着させました。

光の具合があるので、実際にはもう少しハッキリ模様がでます。

 

インド館の200円のヘナタトゥーより 断然素敵です!(インド館の様子はコチラで

  

 

 

私は調べ忘れたので、日本語でしか言えなかったのですが…

今後体験予定の方は、

 

アッ サラーム アレイコム〔as-salaamu alaykum〕/こんにちわ

 

シュクラン〔shukran〕/ありがとう

 

アラビラ語で言ってみましょう☆ きっとスタッフも喜んでくれるのではないでしょうか。


 

ところで、カタール館のヘナサービスは女性限定なんです。結婚式のときの装飾なので、女性限定とのこと。でも、旦那以外の男性に素肌はもちろん、顔もみせるのはご法度のイスラム教で、なかでもカタールは戒律の厳しいことで有名ですから、女性スタッフと、男性客の接触を回避するためかも? って思う今日このごろです。 どうなんでしょうね。

 

 





 


AD

コモン1:韓国館

韓国の民族衣装チマチョゴリでお出迎え。

美人スタッフ揃いの韓国館です。

    韓国館入り口トラ


  

韓国館の入り口をはいるとすぐに、五色の韓紙で作られたトラが居ます。

五色? 数えるの忘れました。


  

トラの先には、韓国で五方色と呼ばれる青(水)、赤(火)、黄(土)、黒(炭)、白(紙)の色ごとに分けた展示ブースで、文化の紹介や工芸品を展示しています。 

 

   

 

     韓国館水墨画
 

 

  

←コチラは黒(炭)のゾーン。

スクリーンの前で両手を広げて木の格好をすると…

自分の影が墨絵の樹となっって枝が伸び、花がついてゆきます。

なかなか面白いですね。人それぞれの樹が育っていました。

  

  

  

 

 韓国館ちょうちん




←コチラは白(紙)のゾーン。

白の紙で作られた提灯がつるされています。


下に鏡があってオフジェが奇麗に映っていたのをカメラで撮ったものです。

かすかにゆれる提灯が素敵でした。







  

展示物の他に、3Dアニメーションのシアターがあります。これが なかなか良い作品で、万博内の3Dでは上位ランキングに入ると思います。宮崎アニメの「ラピュタ」と「ナウシカ」を足して割ったような作品です。

ストーリーはいたって単純なものなのですが、アニメーション力と音楽の相乗効果もあって、上映最後には目頭があつくなりました。 (ノ_・。)  お時間があれば是非見てください。


 

 

 


【韓国館公式サイト】

http://www.koreapavilion.org/index.jsp

 

AD

モンゴルヨーグルト


 

モンゴル バーフティ ハーブティ に モンゴル ドライヨーグルト

ドライヨーグルト… スキームミルクみたいなのかなぁ・・・?

牛の絵が描いあるから牛の乳か… ヤギの乳じゃないの?

カルシウム、たんぱく質、ビタミン豊富なんだって。へええ。


パキスタン館    パキスタン レストラン [


有名な彫刻家によりヒマラヤ山脈が再現されています。

そして その山脈の下(!)にレストランが…

山に空いた窓から レストランのキッチン内がみれます。なんだか、変な感じ(笑)


  

パキスタンのナンは 丸い台に生地を広げ、それを釜に入れて、釜の側面に貼り付けるやり方。

お国によってナンの焼き方・釜もいろいろなんだ。

  

ナンを焼くパキスタン人に「すごいね~」って顔したら、嬉しそうに笑ってくれました。

 

 

レストランでシークカバブなる物を食べました。 グルメについては こちら で。


 

 

パキスタンってどんなとこ??

↓↓↓


なんとなくアジア(アジア地域の写真集・旅行記)

パキスタン他 アジアの写真サイト。

すごく綺麗な写真がたくさんです。


愛知万博公式サイト:パキスタン館


バングラディシュ自転車

 

一番(というか 唯一?)目についたのがこの「リキシャ」

バングラディシュではこのリキシャがポピュラーな交通手段なんだそうです。

語源は日本語の「人力車」、交通の形はヨーロッパから。

展示されているものは新品なので観光用か結婚式用かと思いました。

現地では、持ち主がそれぞれにデザインを工夫しているようです。

  

  

 

バングラディシュの人口は日本とほぼ同じで、

国の面積は北海道の2倍ほど…。人口過密ですね…。

日本みたいに経済的に裕福でもなく、貧富の差や様々な問題もあり、

電気・水道のない村もあります。

でもバングラディシュに滞在された方はみな口をそろえて「人があたたかい国」とおっしゃるようです。 

  


 

  

バングラディシュについてはこちらをご覧ください。

↓↓↓

『バングラディシュ ツーリスト ガイド』   (とても詳しいです)


ウズベキスタン共和国、カザフスタン共和国、キルギス共和国、タジキスタン共和国の共同館です。

 

国名を聞いても あまりなじみがなく どこだか分からないデス…。

で、調べてみましたら、ここでした。↓↓↓

nis諸国map

 

イメージ的にはシルクロード、遊牧・騎馬民族、旧ソ連からの独立といったところでしょうか。

国内情勢が不安定な部分もあったりするお国のようですが、

とにかくシルクロードの臭いがプンプンするところです。

 

 

 

 

 

 

中央アジア パオ

 

 

館内にはシルクロードっぽい展示物や、工芸品等を販売している

バザールがあります。

すごいなぁと思ったのがパオユルタ。

(キルギスでは「ユルタ」って言うそうです)

生で見るのは初めてでした。中には入れませんが、首を突っ込んで

ジロジロ見れます。

   

    

   

中央アジアパオ内

  

 

 

マネキン人形がいたるところに配置されていて、

某TV局のA様○様みたいです。

私に才能があればコラージュするのに… 悔しいぃ~。

 

 

 

  

 

中央アジア宇宙

 

 

宇宙飛行士の宇宙服などの展示も…。

カザフスタンにあるバイコヌール宇宙基地より、ミール宇宙ステーションへ

打ち上げられたロケット乗っていたタルガ・ムサバイエフ飛行士のようです。

この宇宙服が宇宙へ行ったってこと??

スゴイ! すごい!

 
 

  中央アジア騎馬民族  
 

 

 

 騎馬民族の衣装もあります。

黄金の武人

 

 

 

  

   

中央アジア仏

 

 

 

 アジナ・テぺで発掘された仏陀涅槃像(レプリカ)


 

 

 

 

 

中央アジア皿 バザールにはフェルトの工芸品や騎馬民族に関するものや、

こんな素敵なお皿も売ってます。

手書きなんでしょうね。一枚一枚絵が違うんですよ。

  

ガラスのお皿も展示されてました。

スパイスや保存食や植物をいろいろ展示しているスペースもありました。


 

 
 

 あと、出入り口の扉の細工がすばらしいので、お見逃しなく。

 


パオに滞在できるシルクロードのツアー旅行などもあるようなので、行ってみたくなりました。

一味違う旅行ができそうですね。

 

 









〔中央アジア諸国の情報は→「東方観光局」西谷様の個人HPより〕

http://www.eastedge.com/modules/countrydata/nis.php


〔愛知万博公式サイト:中央アジア共同館〕

http://www.expo2005.or.jp/jp/C0/C3/C3.10/C3.10.16/index.html


ON SALE!

  

 約200人の職人で1年がかりで作り上げた寺院 2億円で!

 

 

  

ネパール館

ネパール館入り口にはマニ車(マニシャ)

あります。経文の巻いてあるマニ車を真言を唱えならがまわすと、経典を読んだことになり、功徳を得られるというありがた~いものです。

皆さん じゃんじゃか回しておられました。

わたしもグルグル回しました~。

まずはマニ車をまわしましょう。

 

   

ネパール寺院2

 

 

 

中には立派な寺院があります。きれいです。

冒頭で書いたとおり、4月に2億円で売りにだされました。

その後買い手はついたのでしょうか?

 

 

 

  

  

ネーパ^ル寺院1  よ~く細部まで見てください。いい仕事してます。

全部(?) 売り物です。

寺院自体も、お釈迦様も曼荼羅も。

何ヶ月もかけて書いたという曼荼羅はビューティフル☆

黄金の曼荼羅は○百万だったかと。

見るだけでもありがたいです。 ネパール釈迦

                   

 

 

 

 

  

 

 

   

寺院を囲むように工芸品等を売るお店があります。

日本語が流暢じゃない方もいて異国情緒たっぷりです。

天然石の指輪、ネックレス、シルクスカーフ、植物で編んだカバン・帽子、

ウール100%であろうセータやストール等など。エスニックでかわいぃ~。

お値段もなかなか手ごろデス。

 

  

館内左奥にカレー・ナン等を売るお店があり、2階の食事スペースで

食べることができます。 グルメについては→こちら で…。

  

他の外国館はたいがい21:00で閉館なんですが、

ネパール館は21:00すぎても開いていました。

その辺りも好感もっちゃいます。ネパール館 好きです☆

 

 


〔ネパール・パビリオン公式サイト ネパール館の建設風景など見れます〕

http://www.at-imagine.com/expo2005aichi-nepal-pavilion/news.htm

 

〔愛知万博公式サイト;ネパール館〕

http://www.expo2005.or.jp/jp/C0/C3/C3.10/C3.10.12/



インド館

 

インド館は宗教美術だけではありませんよ。

 

香辛料の入った瓶がずらりとならびフタを空けて

犬のようにクンクン嗅げます。スパイシィーです。

 

インド舞踊の映像が流れていたり、工芸品が展示されていたり、 

インドがIT先進国でどれだけすごいかってことを知ることができます。

 

一通りインドにつて学んだら 2階のバザールへ行くでゴザール。

彫りのふか~いインド人が観光客をその鋭い眼光で狙っています。

押しの強い商売に弱い方は気合をいれて行きましょう。

でなければ遠巻きに見ていましょう。

「私は負けないわ!」という方、上手に交渉してまけてもらちゃいましょう。

私の近くにいた女子高校生(でしょうか?)は、その愛くるしい笑顔で、

これでもかと値切り交渉をしてました。見てるほうが面白かった。

でも、交渉は相手が気分を害さない程度 ほどほどに…。

  

 

…私の失敗…

 

「スペシャルヘナタトゥー¥200」という貼紙に踊らされ、

内容確認も交渉もせずに¥200をインドオヤジに渡してしまった私…。

どうにも絵は上手そうじゃないそのオヤジが書いたタトゥーは…

インドヘナタトゥ

 

こんなのでした…。( ̄□ ̄;)!!

何の絵なんだ???

 

「これだけ~!」ってゴネてたら、見本を持ち出し

「これは¥500、こっちは¥1000 30分かかる」って。

  

書かれる前にちゃんと交渉するんだった…と反省です。

海外旅行によくある失敗談みたいになってしまいました…トホホ。

 

 ※ヘナタトゥーとは染色質のあるヘナという植物をすりつぶして水と混ぜたもので、

  体の一部にペイントするアジアで良くみるお洒落です。国によっては花嫁さん

  がするものらしいです。ペイントしたものを30分~2.3時間乾燥させ、

  乾燥したヘナを落とすと皮膚に染色されているのです。5日~1.2週間

  楽しめます。ヘナは白髪染めにも使ったりするみたいです。



 ヘナが乾くのを待つ間、1階にあるレストランでインドカレーをいただきましょう。

 グルメについてはこちら で。