エクアドル共和国、ベネズエラ・ボリバル共和国、ペルー共和国、ボリビア共和国

中南米4カ国の共同館です



 

海… 陸… 山へ…


緩やかなスロープを上ると共に写真も変化していきます。

 

色彩鮮やかな海、魚、植物、

ユーモラスな動物達、

 

アンデスの豊かな情景を 素敵な写真で知ることができます。

(現地の写真家が撮った作品のようです)


アンデス 海 アンデス蟹 アンデス貝

 

 

 

 

アンデス鳥植物

アンデス植物

 

 


アンデス花 アンデスなまけもの


   アンデス爺 アンデスりゃま

 

 


AD
05-08-11_19-38.JPG
 
  
 
毎時00分から行われているアルゼンチンタンゴショー。大人のタンゴ、素敵です。官能的でした。男性ダンサーがめっちゃ私の好み(*^o^*) 眉間にシワを寄せた彫りの深い悩ましい顔にドキドキです。ダンスより彼に目がいっちゃいます(笑)
AD

05-08-03_22-48.JPG

口コミの力で企業館並にいつも列を作るようになったパビリオンです。開幕当初は空いてたのに…。



ウワサのシアターの前に赤十字の紹介ゾーンがあります。壁に書かれた文字とミニアニメーション(赤十字の起源を紹介しているのだと思います)、シアターから漏れ聞こえるミスチルの音楽で、すでに胸が熱くなっている私…。入り込み過ぎでした(笑)


噂のシアターでは、世界で起こっている飢餓、紛争、貧困、地雷などによる問題と、それに対して行われている赤十字の活動を映像で紹介しています。
リアルな映像、悲しみの顔、純粋な笑顔、流れるMr.Children『タガタメ』の歌詞……。胸が痛い。
赤十字



私はいったい何をしてるのでしょう。

何ができるのでしょう?



まずは赤十字館へ多くの方が足を運んで下さるよう、ここで宣伝します。

AD



コモン2の記事は初めてかきますね~。アメリカ、カナダより先に国連館・・・・(笑)

国連館  国連館2  国連館3


国連館の中に、なぜか「高齢社会と血管疾患」の展示をしたブースがあります。世界の高齢化と長寿と医療について学びましょう ってことでしょうか。

 

ブースの一角に正常な血管と動脈硬化を起こした血管の模型などがあり、触ってその違いをたしかめられます。年輩のご夫婦が真剣な表情で確かめていらっしゃいました。

 

セルフチェックコーナがあり、タッチパネルで自分のデータを入力して心血管疾患になる確率を算出したりり、ロープを使って内臓脂肪を計ったりと、心血管疾患になる危険性をチェックしてみてください。

私の10年度の危険度は 0.4%でした。 ホッ(^^;) 

 

大人の皆さん、夏休みの宿題として 自分の健康と世界の長寿について考えてみるのはいかがでしょうか。

 



【愛・地球博 国連館HP】

http://www.unic.or.jp/expo_un/index.htm


【万博トピックス:創設60周年、国連デー 記念切手シート発売】

http://www.expo2005.or.jp/jp/E0/E1/0627.html

ニューヨーク経由目的地行き! 国連ポストに投函したい。