私たちは、ふっと誰かの、

『人生の ロンド』 に立ちあわせて頂けるチャンスがあったりする。


今日はそんなシアワセな 瞬間 (とき) の感動を、みなさんとシェアしたいなっと思います。






* ロンドとは、主題が、異なった楽想の挿入部を挟んで何度か繰り返され形式の楽曲。

転じて、必然の巡りあわせという意訳はいかがでしょうか?





ひと月ほど前、作曲家でピアニストの新垣隆さんと、

ヨーロッパ仕込みのヴァイオリニスト礒絵里子さんの

デュオCDリリースに向けての取材させていただときの感想ブログがこちら。

↓↓↓

アノ方のピアノの音色はとってもやさしかった♡- Duo concert♪ -




そして、待ちに待ったコンサート音譜

ときはまさに、東京の桜が満開を迎えた3月30日。

場所は東京、上野。。。。。







っということで、


新垣さんの再スタートを、満開の桜の花が祝福するように咲き乱れている上野公園。

その中に在る『東京文化会館』 で行われた、

ヴァイオリニスト礒恵理子さんとのデュオコンサートに行ってきました。







音楽の殿堂、東京文化会館小ホール。

ここへ還ってきた!と仰る新垣さん。

きっと、ご自身の作曲なさった『ロンド』を物語る心境なのですね。






演目は、発売したばかりのCDの中から選曲された、珠玉の名曲たち。

まず、一曲目はハンガリーの民族音楽からインスパイアされたエネルギッシュな名曲、

モンティ作 『チャルダッーシュ』 からスタートしました。


わぁ~~お二人の品のいい掛け合いに、もう期待値マックス!!




ベルギーブリュッセルで学ばれた礒さんのヴァイオリンは、

ヨーロッパのノーブルなセンスと、世界で活躍なさってきたキャリアが根底に在って、

『あっ!この音色、好き~!!』 って思った。


なんかね、『潔いなぁ~!』 って思ったんです。 

力強さではなくて、柔らかでしなやかで繊細なのに、

媚びていない、聡明さと透明感を兼ね備えた音色。


そうそう、私ね、ダンスにしても音楽でも、

こういう 『気負いのない抜け感』 をもった方のパフォーマンスに惚れちゃうのドキドキ




一方、新垣さんのピアノはあくまでもやさしく、

礒さんの伸びやかに広がるヴァイオリンの音色をすべて受け止めて、包み込んでいるみたい。

きっとご本人が 本当に穏やかであたたかい方なんだろうなぁっと。。。

音にその方の生き方が現れるのってすごい!! 目


学生時代から共演なさっているお二人の、息の合ったあうんの演奏はすばらしいな。

曲の合間に話されるエピソードも演奏とおんなじ感じ。

ラジオのパーソナリティも務める礒さんがリードしていて、

会話のキャッチボールがとっても心地よいんですニコニコ







インターミッションの後、第2部のスタートは、新垣さんのソロで始まりました。

ご自身作曲した『ロンド』に、タイムリーな『さくらさくら』を即興で織り込んで。

とっても寡黙な新垣さんですけれど、いったんピアノに向かうと、

まるでいたずらっ子が無心に興じているような、極めきった遊び心が随所に感じられて、

きっと天才性を発揮するってこういうことなんじゃないかしら!? って、

ふっと思ったの。




後半の聴きどころは、もう一曲新垣さんのオリジナル、『哀しい鳥』

こちらは、メロディアスでタイトルのようにちょっと哀しげな曲だけど、

しっとりとした『和』 のテイストを感じる,曲でした。


サンサーンスの白鳥とか、マスネのタイースの瞑想曲などなど。。。

美しい曲満載のときが流れて行き、

あっと言う間にアンコールの時間に。。。


ポンセの『エストレリータ』 と、

クライスラーの『愛の喜び』 

ポンセはこの曲の著作権を申請しなかったというオチが、オーディエンスの笑を呼んで、

乗り越えたヒトの聴き手への思いやりを感じる、ホット和んだエピソードを披露してくださった。


新垣さんが時代的にも大好きだと仰る、クライスラーは

私も大好きな時代である世紀末ウィーンで生まれ、パリを経て、

アールヌーヴォーからアールデコへの時代を通して、

ニューヨークで活躍したスタイリッシュな作曲家さん。

とってもお洒落な選曲のアンコールで、愉しいコンサートが終了しました♪




コンサートでは聞けなかった、エルガーの朝の歌/夜の歌など、聴きやすいステキな楽曲が

たくさん入っているCDなので、お家でも聴いてみようっと。

↓↓↓











コンサート終了後も、サインを求める長蛇の列のファンのみなさんと笑顔でひとりひとりとお話されて、

みんなが応援したくなっちゃう、ステキなお人柄なんだね~ラブラブ!





サインが長引いて、閉館時間を過ぎてしまったのにあせる

撮影させて頂いたポートレイトをぱちり。


ホントに、東京文化会館に戻ってきたんだ!っていう喜び、

しかもその思いを込めた『ロンド』というタイトルバックの曲とともに。


昼夜2回公演を終了した、やり遂げた感あふれる、うれしい笑顔だな~って感じでした。






私も『イケメン化計画』などで、みなさんのスタイリングする時、

あ~~もしかするとこの方の『人生のロンド』に、かかわることが出来るのかもしれない!!っと、

いつもどこかで思っている。


だからこそ、今回のコンサートを聴いて感じた、清々しい感動は、

乗り越えたヒトが奏でる、

味わい深い音色だったのかもしれないなっと、

そんなふうに思ったんです。


あーー余韻が残る、ステキなコンサートだった~~~音譜






ご縁を繋いでくださった方たちと一緒に帰る途中で、

奇しくも、今世界でも話題の『マッサン』 (竹鶴ウイスキー) に出逢ったよ(笑)



音楽とウイスキー創りと。。。フィールドは違うけど、

自分の感性を信じて、それを貫くライフスタイルを貫くひとたちから、

人生を謳歌して生きていくためのパワーを、いっぱいいっぱい頂いた、本当にステキな夜でした♪



シアワセな 瞬間 (とき) をご一緒させてくださってありがとうラブラブ


Thank you so much ~~ドキドキ






お二人のコンサートツアーは、上野文化会館をかわきりに、

来年にかけて全国各地で行われる予定なのだそう。


あなたの街でも、ステキな Happy ナマ Live を聴けるチャンスがあるかも~目!?

2015年

5月22日(金)   川口総合文化センターリリア音楽ホール

6月14日(日)   飛騨スピリットガーデンホール

7月16日(木)   愛知県立芸術劇場(コンサートホール)

7月20日(月・祝) 石川県立音楽堂(コンサートホール)

8月28日(金)   横浜みなとみらいホール

9月8日(火)    札幌コンサートホール キタラ(大ホール)

9月23日(水・祝) 福知山市厚生会館

9月26日(土)   山梨 コラニー文化ホール(小ホール)

10月15日(木)  紀尾井ホール(新垣隆コンサート)

11月11日(水)  浜離宮朝日ホール

12月4日(金)   長野県民文化会館(中ホール)

2016年

1月9日(土)    富山県民会館(大ホール)

1月16日(土)   加東市やしろ国際学習塾L.O.Cホール

1月17日(日)   福井ハーモニーホール



秋は東京の浜離宮に戻っていらっしゃるみたいなので、またステキな音色に逢いにいこうかな~ニコニコ





【Bonne・Maturite】


ジュエリーその他のお問い合わせは 

info@bonne-maturite.com   まで



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


【Bonne・Maturite】


キレイになっちゃう、ステキになっちゃう、心がらくちんで愉しくなっちゃう、

セルフイメージ カラー&スタイリング ☆ ナビゲーション @ 渋谷ヒカリエ

デイリービューティ ムーブメント ☆ セッション @ 渋谷ヒカリエ

リボーンジュエリー☆フリーコンサルテーション&アドバイス @ 渋谷ヒカリエ



カラー&スタイル、ナビゲーションセッション

@ 渋谷ヒカリエ8階 クリエイティヴラウンジ MOVで、お会いしましょう~~!

↓↓↓
【Bonne・ Maturite】

【ボンヌ・マチュリテ】 パーソナルカラー&スタイリング パーソナルジュエリーデザイン 公式ホームページ
( トータルであなたのステキを惹きだすサイト )


ライフスタイルがきらきら耀く Bonne-Maturite オフィシャルブログ  
(日々の気づきを書いています)


河面 乃浬子 Facebookページ 

(乃浬子プライベート フェイスブック)

ボンヌ・マチュリテ ジュエリー Facebookページ  
(新しいジュエリー製作集ほか )


Bonne-Maturite のシュエリーご購入はこちら


あなたのライフスタイルが耀いて、

あなたのステキをカタチにするための。。。

乃浬子@ 【ライフスタイルコーディネイトのポイント♪ 音の色彩と書いて、音色なんだ~ (‐^▽^‐) 】


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■