おはようございます。

 

 

梅雨明けが宣言されて

いよいよ夏本番ですね!

 

太陽が燦然と輝くこの季節。

 

自分という個性の太陽もキラキラと

輝かせていきたいですね~~~はーと

 

 

ここ最近、私の周りには

自分との信頼を取り戻し、

過去のすべてを許し、認めながら

 

 

自分の持てる力を発揮していゆくという

気持ちに溢れた、本当に愛の深い方が

集まってきています。

 

 

もちろんまだ、ご自身で気づかれていない

人もいらっしゃいますし。

 

気づいて開花している人もいます。

 

 

この数カ月で、目の間にいる方の

変化のプロセスをみながら、実感させて

もらっています。

 

 

 

過去のいろんな経験から、

自分を本当に信頼することができないで

苦しく、葛藤の多い日を過ごしていることも。

 

 

未来のどこかで必ずクリアになった時に、

必要な経験であったことを実感してゆく

時がきます。

 

だから、今がどんなにつらくても

苦しくて、出口が見えない状態であっても。

 

 

自分を信じる気持ち、大事にしていきましょう。

 

 

 

私も、、、ここにきて一気に。。。

 

この数年やってきたとの全てが

パズルのピースのようにはまって、

つながって一つの全体になっていくのを

感じています。

 

 

過去の、一つ一つの点が集まって

統合されてゆくとき、本当に自分が

通過してきた経験が、全体の中で

奇麗な輝きを放っていくのですね。

 

 

自分の過去や未来がクリアになって

ヒーリングされてゆくと。

 

本来の自分の輝きが蘇って。

 

 

自分の本質や個性で生きないわけには

いかなくなってゆくのですから。


 

 

過去を否定したまま、封印したまま

今自分を見ないようにしたまま、

 

自分らしく生きるということは

できません。

 

 

 

過去から今につながるすべての

自分に。

 

感謝とエールを贈っていきましょう。

 

 

今日もますます自分との絆が

強くなっていく日になりますようにハート

 

 

 

 

こんにちは。

 

 

「自分らしくいきる」というと。

 

 

楽な道をい選ぶこと!

嫌なことはやらなくてよい!

ありのままでいいんだ!

 

そんなイメージでとらえる人がいますが、

実際にはそんなに甘く楽な道ではありません。

 

 

自分らしく生きるということは、

自分の持てるすべてで、この人生という

大海を航海し続けてゆくことなのですから。

 

 

自由を手にする代わりに。

安心・安全で守られた領域から飛び出して。

 

未知のことにチャレンジしたり、

変化してゆくために、覚悟を決めないと

いけないことなどが沢山あったりするからです。

 

 

ガラパゴス諸島に住む、イグアナの

進化について、過去の記事で何度かシェア

してきたのですが。

 

 

自然も地球も宇宙も、どんどん移り変わり

変化しつづけているのですから、その自然の

一部である、私たちも変化しないでいるわけには

いかないのです。

 

 

抵抗して、変化しない自分でいつづけるなら、

本当に魂が望む進化や成長はないのです。

 

生命的にも、身体や心にストレスや滞りが

生じたり、抵抗から症状が発生したりして。

心身の健やかさは失われてゆく方向へ

向かうこともあるでしょう。

 

 

生きている限り、変化してゆくもの。

 

生命は幸せになってゆくために、

また自然に生きる法則にしたがって

死に向かって枯れてゆくのもまた

進化成長でもあるのです。

 

 

この自然の法則には、誰も

抗うことはできません。

 

 

地上にいる限り、重力という

条件がみんな平等にかせられて

いるのと同じことですね。

 

 

自分らしく生きるという道は。

 

 

決して楽で平たんではありませんが。

 

自分の意志で、魂を磨き進化成長

し続けるプロセスがあるだけです。

 

 

そして、

それこそが、自分の本質が、求めて

この世界に生まれ出てきた所以でも

あるのです。

 

 

自分らしく生きることや。

自分の力を発揮して生きる道に、

正しいも間違いもありません。

 

 

どんな選択をしようとも。

どんな仕事をしていようとも。

どんな環境にいたとしても。

どんな体や心の状態にいるとしても。

 

 

 

その今この時にいる現場において。

 

自分らしくいきるという選択を、

今この瞬間からしてゆくことは可能です。

 

 

自分の心がそう決めればよいだけですから。

 

 

 

頭でっかちになりすぎて。

自分探しをしすぎているがゆえに。

 

 

 

何か、もっと別の大きな出来事や

天の啓示みたいなものが、自分を変えてくれる。

 

 

そんな夢みたいな期待をしていたりしませんか?

 

 

 

多くは・・・

 

夢を見ている間に人生が終わってしまう

可能性大です。残念ですが。

 

 

 

はーと今日はちょっと辛口ですねはーと

 

 

口では変わりたい。

 

本当に変わりたいと思ってるよ!

 

 

と言ってはいても。

現実そうなっていかないのは。。。

 

自分の生命場にあるいろんな先入観

固定観念、もうゴミと化したような

雑多なプライドや、思い込み、意地

のようなものが。

 

 

沢山あるほど、変わってゆくには

足枷というか、重たい荷物を背負って

いる状態と言えますね。

 

 

変化してゆくには。

 

時に全身全霊で向かわないといけない

こともあるのです。

 

 

イグアナのように。

 

 

宇宙も自然も、変わっていこうとしている

この天のときに。

 

 

変わらないでいる選択をしつづけていくなら。

 

 

ますます生きづらいことになってゆくかも

しれないですね。

 

 

 

私はますます進化・成長していきますハート

 

そして、その覚悟がある方々と一緒に、

魂のステージを上げてゆくようなチャレンジを

沢山していくことを、これからの未来に

コミット(宣言)していきます。

 

 

 

 

 


 

 

 

こんにちは。

 

日曜日の午後・・・いかがお過ごしですか?

 

 

昨日は、社会人になって最初に勤めた会社の

同期&先輩方との会がありまして。。。。

 

 

もうほとんど連絡をとらないまま20年越しの仲間や

退職して以来・・・という約30年越しの面々もいて。

 

すごーいドキドキしながら向かったのですが。

 

 

会えなかった時間が、すぐに埋まって濃い交流が

始まってゆく感じがとても不思議で心地よくって。

 

 

ハワイアンあお店で、途中・・・フラの踊りを

見せてくれて。。。そして、一緒に踊ってしまいました♪

 

 

腰みのはつけてくれたのですよぉ~~~おんぷ

 

エチオピアの踊りで、慣れているこのようなコスプレウインク

まったく違和感なく。。。楽しんでしまいました。

 

 

昨日は、ちょっとエスニックなお店で買った

ワンピースを着ていったのですが。

 

 

20~30年ぶりに会った同期の面々は、

最初カフェで待ち合わせをして、入っていった瞬間

 

 

目を見開いて

 

{えぇ~~~ひろみ~~~~」

 

と異様な盛り上がりが。。。笑い泣きはーと

 

 

私的には、もうこれが普通となっていたのですが。

 

想いかえせば、20代初めの頃の私というのは、

わりと地味な装いの落ち着いた(?)OLでして。

 

カーキとか茶系、グレー、黒・・・。

 

まぁ頑張って「グリーン」かな。

 

バッグも、黒や茶色が多かったな。。。そういえば(遠い目)

 

 

 

 

そして

 

そんな20代の頃の同期写真を

見せられた時。

 

 

私 「この中に私いないね」

 

友 「ヒロミ、これじゃん!」

 

私 「うそ!これ誰!?」

 

皆 「そうそう、これがヒロミだよ」

 

 

 

マジですか!?

 

っていうほど、私が自分で自分を

認識できないほど、今の私とは

別人って感じになっていました。

 

 

だいたい、ヒロミが赤って、

なかったよね~~~。

 

 

とも言われて。

 

 

昨日は、赤い派手なバッグの私。

 

 

また次回会う時も、別の衣装着てきてね!

(腰みのは別ですよ~。赤と紺のワンピースのこと)

 

 

って言われたけど。。。これは普段着ですから~~とほほ

衣装ではありませんわは♪

 

 

あの頃の私は、どっちかというと聞き役になることが多く。

もっとおとなしい印象だった・・・らしいです。

 

 

いやはや・・・月日というのは、人を変えるものですね

 

 

あの頃の私は、いつも残業で疲れた顔もしていて。

 

 

 

「ヒロミ、いつも疲れてたよね」

 

 

とも言われました。

 

 

いまみたいな元気印な私ではなかったのです。

 

肩こりやイライラもすごかったし。

 

 

自分らしく生きるなんて、想いもしませんでした。

 

 

ただ。。。

 

親や誰かの価値観を押し付けられるのは嫌。

 

誰かの言いなりになるのだけは、我慢できない。

 

そんな気持ちがどこかにありました。

 

 

 

そのような抵抗や、自分を出さない抑圧が、

次第に年月を経て。

 

 

 

私の生命は何度も、繰り返し

 

 

自分らしく生きていないよ!

自分を出せていないよ!

 

 

そんなメッセージであり、警告でもあった

のだと思うのですが。

 

 

いろんな症状や病気を、私のカラダに

創りだしていったのでした。

 

 

好きなものをやろうとすると否定される。

 

私らしく、私が好きなように表現しようと

しても否定される。

 

 

何度か、そんなことを繰り返してきて。

 

すっかり自分でもその価値観を採用して。

 

 

自分を出さない。

 

自分で好きなように表現しない。

 

という選択をし続けてきた私でした。

 

 

 

だから。

 

本当に好きな事。大事なことは。

人には分かち合わない!

 

 

というような枠や制限をつくってきた

のだと思うのです。

 

 

 

あの頃から、いろんな病気や出逢いの

経験を通過して、私の中では、変化して

いたプロセスがあったのだということ。

 

 

言葉との出逢い

 

踊りとの出逢い

 

エチオピアとの出逢い

 

ボディーワークとの出逢い

 

自然治癒力との出逢い

 

マヤ暦との出逢い

 

 

他にもたーくさん

一つ一つすべての経験があって

 

 

その出逢いによって、古い殻を

うちこわしたり、変化してきた私が

いたのですね。

 

 

 

でも、昨日再会したみんなにとっては。

 

地味でおとなしい(どっちかと言えば)私が。

いきなり、派手な服装で、明るくなっていて。

しかも、気軽に踊っていたりして。。。

 

 

そんな変化に目を見張るほどのインパクトが

あったようなのです。

 

 

30年の月日ってすごいですね。

 

 

だって。本当は一年たてば、

体中の細胞はすべて入れ替わるのですから。

 

一年前の自分とも、細胞レベルでは別人。

 

それが30年ともなれば・・・・もう誰!?って

感じてもおかしくはないのですよね。

 

 

 

口下手で、あがり症で、赤面症だった

私にとって(今となってはもう別人ですが)

 

 

人前で、こんな風に大胆に踊るなんて

無理なことでした。

 

 

同期のなかでも、飲み会やパーティーで

自分を解放して踊れる子がうらやましかった

私だったんです。

 

そのことを、まざまざと思い出しました。

 

 

私は○○子みたいにはなれない!

 

 

そう思ってあきらめていた私がいたことを。

 

 

誰かと比べて、自分を否定することや。

 

誰かの価値観や生き方に合わせて

 

自分を変えようとしたり、押さえつけたり

 

することも。。。

 

 

ほんとはもっと違う生き方を選択しても

よかったのかもしれないのですね。

 

 

 

でも、私は、自分を抑えて、人の価値観を

受け入れることで、自己表現をしないできた。

 

 

その経験があること。その経験を通過してきた

ことも。。。私にとっては必要なプロセスだった。

 

いまはそう感じています。

 

 

人も自然も常に移り変わり変化してゆくもの。

 

 

 

約半世紀を生きてきて。。。

 

 

これからもますます変化しつづけながら、

この人生のチャレンジを楽しんでゆこうと

あらためて心に決めました。