ahya   (←顔文字を動かそう! 気になる方はクリッククリック!)

こんばんわ。

今夜は姉の家で酔っぱらってるぼんです。

いい酒飲んだ~!

新潟の「お福正宗」ってやつです。

やっぱ新潟の酒はいいですね~。

でも、越乃寒梅は味が落ちた。

酒屋の店員さんの話によると、杜氏さんがかわったせいで味がかわったらしいです。

なんかショック…。

まずくはないけど前より臭い感じがする。


それにしてもやっぱり甥っ子はかわいいですniya




さてさて。

先日の挙式① の続きです。



家族は席に着き、祭壇の方に旦那がスタンバイ。

私は父と入り口側にスタンバイ。

緊張…?というものは特に無かった気がします。

とりあえず気分はお姫様だったので♪


式が始まり新婦の入場!

父と一緒にバージンロードを歩くのですが、これ、まったく予行練習なしのぶっつけ本番。

直前に歩き方を教えられるだけでした。

右足を出し、次に左足を右足の位置にそろえる→出した左足の位置に右足をそろえる→そしてまた右足…

その繰り返しです。

それでゆっくり進むのですが、案の定うまくいかない…。

父が出す足を間違える間違える!

私の足はドレスの中で見えないのでたとえ間違えてもわからないですが、父はなんか変な歩き方です。

私はあせって父の出した足に合わせる…そうするととても不自然な歩き方になります(笑

やっぱり前の日にでも練習したほうが良いかもね。


siki


式は牧師さんと向かい合いうんちゃらかんちゃらやる段階にやってまいりました。

当然牧師さんはアメリカ人で、話すお言葉は英語。

牧師さんの自己紹介からお話から誓いまで全て英語。

私たち夫婦はほぼ全く英語はできません。

ただでさえわからない英語。

もごもごしゃべられてわかるはずもなく、とりあえず何言ってるのかわからないまま牧師さんをみて頷いてみます(笑


しかし!

聞き逃してはいけない一言があります。

「ペラペ~ラ、ペラペ~ラ、Yes, I do?

ここ!これ聞き逃していけません↑

このとき私たちふたりはとりあえず意味わからなくても「Yes, I do.」と言うわけです。

これでまぁ「はい、誓います」みたいなことですね。

ただこれだけじゃ終わりません。

英語の試練はまだまだ。

誓いの言葉を言わなければなりません。

これは牧師さんが一言一言区切って言ってくれるので私達はそれに続いて言えばいいというものです。

しかし、うちの旦那はホント、情けないくらいテキトーな英語で繰り返します。

打ち合わせはちゃんと聞きましょう。

変な英語をしゃべることになりますよ。

そしてもうちょっと勉強せーよ。



式は終盤へ。

指輪を交換し、証明書にサインし、そして誓いのキス

牧師さんが英語で「新郎は新婦にキスしてください」みたいなことを言うわけです。

しかし、私のベールはみてお分かりのように、マリアベールというやつなので、すでに顔が出ています。

旦那は手順をひとつ失ってしまったためどうしていいかわからず、いつもどおりの関西弁で「どうすんの?」と一言。

家族からクスクスと笑いが起こりました(苦笑

で、下の写真が問題のシーン。


siki_kiss


わかりますか?

私、なぜか腕つかまれちゃってます。

もっと腰とかに腕を回して欲しかったなぁ。

まぁ、でもこれも思い出ですね。



式が終わると写真は撮り放題です。

というわけで写真コレクション♪


usirosugata

↑旦那のひとり撮影を待つ私。

グァムにいく前に旦那とバイクで江ノ島に遊びに行ったとき、あろうことかノースリーブを着てでかけ、その日焼けのあとがくっきりでございます。

新婦は日焼け厳禁です☆



yokosugata

↑二の腕が太い!恐怖!

でも後の風景は美しいでしょ?(笑



yubiwa_buke

↑ネイルは日本でしました。

前日までに取れちゃったストーンを前夜に自分で修正…。

補修道具は持っていったほうがいいかも。



kage

↑うしろに付いてる白いバラのコサージュは本来なら前につける物なのですが、私は後に付けてみました。

前につけたらブーケで隠れちゃうし、後ろが寂しかったので。

こういう付属品は自分の好みで使うとオリジナルな感じでまた良いかも♪



soto_kiss

↑これは私のお気に入り写真のひとつです。

空がいい!この日は朝まで雨が降っていたのに晴れました!

しかも、私たちがホテルに戻るとまた降ってきた…。

強運だなぁ。

ちなみにこのキスも家族やカメラマンなど周りの人たちに何度も何度もさせられます。

ふたりともだんだんやけになってやります(笑

でもいい写真が撮れたし良かったかな♪



ふぅ。

どうでもいい写真を最後までみてくださってありがとうございます(笑



式後はホテルでレセプションパーティをしました。

披露宴的なものでしょうか。

列席者のグァムへの旅費はすべて各自の負担だったので、このレセプションだけは私たちが負担いたしました。

ビュッフェ形式で、本当なら地下のパーティルームだったんですが、ホテル側の粋な計らいで最上階のスイートルームに設定してくださいました。

ヒ○トンホテル、いいホテルだ…。

かわいいウェディングケーキも付いてなかなか楽しかった♪

ケーキカットやファーストバイトもして満足でした。

やることは全部やった感じ(笑

小さな子供もいたので個室は正解だったかも。

家族だけならアットホームなパーティになります。

ただ、年配者に配慮するとビュッフェよりコース料理の方がいいのですが、コースだと個室にならなかったので、まぁこれで良かったかな。


その後ホテルのロビーでバシバシ写真を撮り、部屋に着替えに戻ってからも写真を撮り、なんか帰ってみたらすごい枚数になってました…。

全員のカメラの分を集めたので1000枚は軽くいってると思われます。

それとビデオも撮った(式中はダメです)。

それら全てを編集しDVDを作って参加者に配ることになってます…でも、まだ完成してません。

旦那が出張で家にいないからさ。

あとはコピーして配るだけ。



お金はかかったけど楽しい旅行&式でしたよ。

お金だってかかったって言っても日本で普通に人呼んで、式と披露宴するのに比べたら1/3くらいだと思いますけど。

しかも旅行も一緒に楽しめるからお得です。

海外挙式、なかなかお薦めです!



…というわけで結婚式シリーズ、挙式から3ヶ月経ってようやく終了1

長らくお付き合い頂きありがとうございました(笑


これからは出来る限りリアルタイムで頑張ります。





***関連記事***

結婚式inグァム!~グァムのこと~
結婚式inグァム!~挙式準備~

結婚式inグァム!~挙式編①~





AD

長らくお待たせいたしました…。

もう挙式から3ヶ月経ちますが、中途半端もどうかと思い載せます。

どうかお付き合いくださいまし…。







当日はリハーサルメイクのおかげでヘアメイクは完璧に仕上がりました


ほんとにかわいくしてもらえた♪
私の人生の中で、いままで一番きれいに写っている写真は成人式のとき

だった…。
でも、今回それを更新しました!
ウェディングドレスの私が一番良い写り(笑
今までも、そしてこれからもこれより美しい私は残らないでしょう。
(なんか悲しい…)
馬子にも衣装…まさにこのこと!




私のドレス姿を見た旦那は、めったに見られないような満面の笑みで出

迎えてくれました。
高い金出してメイクしただけありましたね


12時過ぎ、ホテルの玄関にリムジンが到着。
白くて長~いダックスフントみたいなリムジンにのって式場まで向かい

ます…って行っても実は式場であるチャペルはホテルの敷地内。
歩いても3~5分程度のところ。


rimujin



リムジンは申し訳なさそうにゆっくりゆっくり、遠回りしながらホテル

の駐車場の中を通ってチャペルの前に到着したわけです(笑
リムジンの窓はスモークガラスになっていて、外で待っている家族から

は私達のことが見えていない様子。
しかし私たち2人からは見えているので、なんか別に見られてるわけじ

ゃないのに照れたりして(汗
変な気分でした。


到着すると介添えの方がやってきてドアをオープン。
ゆっくりと降りようとするのですが、もうここから早速プロによる写真

撮影開始!


pro_rimu



実はアルバムは日本では頼みませんでした。
だってめちゃくそ高いんですからっ!
20カットで5万くらい。
ありえん。
…と思っていたのに当日、打ち合わせのときに結局お願いしました。
やっぱり一生に一度だし、式中の写真欲しいしね。


注:大手のウェディング会社の多くが式中の写真撮影を禁止しています
  ケチ臭いです。




でも、この写真撮影楽しかったです。


otete


自分たちだけじゃ絶対やらないようなポージングなんかをさせられて、

ちょっと愉快でした。
見つめ合うのとかは正直恥ずかしいんですが…。









う~ん…長くなりそう。
ということで、挙式本番は次回に続く(笑





***関連記事***

結婚式inグァム!~グァムのこと~
結婚式inグァム!~挙式準備~

AD

グァムに着いた次の日には挙式だったので、着いてすぐにリハーサルメイクがありました。

成田空港には朝に行っても、グァムに着くのは夕方。

ホテルには4時半くらいに着いて、5時すぎにはリハーサルメイクです。


旦那さまにはドレスもメイクも当日まで内緒にしたかったので、リハーサルメイクには母についてきてもらいました。

でも、原則、旦那以外の付き添いはダメらしいんです。

なんで?

別に旦那じゃなくたって親とか、兄弟姉妹ならいいと思いません?

欧米の方じゃ付添人で姉妹とか友人とかにお願いしますよね?

そりゃ3人とか4人とか連れて行ったら困るかもしれないけどさぁ…。

なんか変なの。


メイクさんは現地の方です。

40代くらいのおばさんです。

日本語がカタコトでした。

こっちは英語がカタコト(笑


口紅の色を決めたときも…。



私「もっとライトカラー。ベージュアンドピンク…

ライトカラー。」

(?ちんぷんかんぷん)

メイクさん「ン~、ベリィナチュラルネェ、ハナヨメサン?」

私「うんうん、ベリーナチュラルでOK!OK!」

メイクさん「ン~…ベージュ?…ピンク?コレネェ。」

(いろいろサンプルを見せてくれる)

私「う~ん…(ごそごそ)じゃあマイルージュアンドグロスね。これでOK!」



こんなちんぷんかんぷんな会話がずっと続きます。(マジです)

お互い中途半端に相手の言葉が出来るのでこんなちんぷんかんぷんな会話になるんでしょうか

もっと日本語通じなかったら私も必死で英語しゃべるのに…。

通じてしまうのでこんな変な会話になっちゃいます(笑



でもとってもキレイなヘア&メイクにしていただきました♪

ヘアは編込みをつかったアップ

とっても気に入りました。


hair


ちょっとわかりづらいけどこんな感じです。




現地での結婚式の打ち合わせは当日の朝でした。

本当は前日にやると当日は結構余裕があるんでしょうけど、私達は夕方に到着したし、私のリハーサルメイクもあったのでできませんでした。


それで当日の朝8時集合。


前の日の夜、カメラやビデオカメラを用意したりと忙しかったので寝不足…。

しかもちょっと便秘気味☆

かなり体調最悪でした。

睡眠は絶対ちゃんととっておいたほうがいいかも!



打ち合わせでは主に結婚式の段取りを説明してくれます。

それから、旦那のタキシードが現地レンタルだったので、衣装合わせ。


しかし、ここでちょっとトラブル発生☆

このタキシードですが、日本で一応試着だけさせてもらってきたのです。

現地では、これが基本のタキシードだと聞いていました。

だからどんなものか分かっていたし、これならいいよね~、ふたりで納得して現地レンタルにしました。

ところが、現地で説明してもらうと、日本では追加料金がいらないといわれていたそのタキシードが、なんと追加料金200$と言うじゃありませんか!

しかも追加料金のかからないタキシードは全部ちょっとダサいんですよ~(泣


ここはさすがにいつもは控えめな(?)私も食い下がりましたよ。

だって一生に一回のことだし、ダサいタキシードは着せたくないじゃないですか!

ドレスはあんなに真剣に選んだんだから、タキシードがダサかったら終わりですよ!


そしたら担当の方がもっとエライ人に聞いてくださって、追加料金なしでそのカッコイイタキシードにしてくれることになりました。


良かった~!&ラッキー!!!


200$得しました♪



これであとはヘアメイクしてドレスを着るだけだっ!

ドレスとへアメイクは当日まで旦那には内緒だったので、正直反応が楽しみでした。

絶対「キレイ」って言わせてやるぞっ!と…。


さてさて結果はいかに?!



次回へつづく!(笑



***関連記事***

結婚式inグァム!~グァムのこと~

AD

海外旅行は一応初めてではありません。

中学生のときにお隣韓国へ行きました。

韓国の人は日本人と見た目が似てるし、町並みや気候もよく似てた。


しかし!

グァムは外国って感じですね~♪

椰子の木がたくさん生えてて、海は遠浅のエメラルドグリーン( ̄∇ ̄)

レトロな車が右車線を走ります!(実際は日本車がとても多いんですけど…)


なによりやっぱり外国を感じたのはチップですね!

グァムはアメリカ合衆国なのでチップの慣習がありました。

チップは初体験!


どうやって渡したらいいのかしら…(;´Д`)ドキドキ

いくら渡したらいいのかしら…(;´Д`)ドキドキ



式の準備やなんかがあるうちは、ウェディング会社とホテルを行ったり来たりします。

そのときの送迎は全てホテルの運転手さんが送り迎えをしてくれるので、そのたびにチップを渡さなければなりません。


だいたい3$~5$くらい。

リハーサルメイクをしたのでメイクさんに10$。

式の当日も運転手さんに10$~。

メイクさんに20$。

それから介添え人の方や、オルガン奏者やシンガーの方に10$くらいずつ。

牧師様にも10$。

カメラマンにも10$くらい。







もう財布のひもは緩みっぱなしヘ( ´Д`)ノ



でもそれも慣習ですからしょうがないですね~。

日本人が「つまらないものですが…」っていうのと一緒ですよ。


でもお金を渡すのってなんか抵抗がありますよね。

なんかやってもらって金を握らすなんて、なんか超偉そうじゃないですか?

これも日本人の感覚ってやつでしょうか?


結局その変な感覚のせいでついついチップを両手で渡しながらお辞儀してしまいます。


irasuto


こんな感じで…。(下手でごめんなさい 泣)


それって向こうの方にとってはヘビーですよね…。

もっとライトな感じで、片手でポンって渡すのがいいらしいんですが、なんか難しかったです。




あとグァムは日本人だらけ!

日本人のための島と言ってもいいくらいです。

そこらじゅう日本語だらけだし、現地の人は誰でもちょっとは日本語しゃべるし…。

戦時中の名残なんでしょうかね。


でも、日本語と英語ごちゃ混ぜの会話、笑えますよ。

恥ずかしいのが、こっちが英語で話しかけてるのに日本語で返されちゃうとき。



ウェイトレス「ナンニンデスカ?」

私たち「テン!(10人てこと)」

ウェイトレス「ジュウニン?OK!」


ガクっときますよ。

なんか気が抜けます。


とにかくそこらじゅう日本人だらけの観光地でした。




それから海と花がとってもキレイだったのが印象的です。


プルメリアというかわいらしい花が木に咲いているんです。

白くて花の中心がほんのり黄色いのですが、柑橘系のいい香りがして好きでした。

島のいたるところに咲いていて、ぜひ枝が欲しかったなぁ。


海はとってもきれいでした。

本当にエメラルドグリーンで、水もきれいで泳ぐのが楽しかったです。



もっとゆっくり書けばいろいろ思い出せそうですが、とりあえず今はこんなところでしょうか。

今度は挙式のことも書きたいと思います(^^)



1週間ほど結婚式&ハネムーンでグァムに行ってまいりました!


そのためブログはほったらかし状態で、どうもスミマセン…。


心配だった解剖学の課題とレポート1通(→過去記事 )もきちんと提出して行きましたよ!




帰ってきたのは先週の金曜日の夜だったのですが、次の日から都合で姉の家に泊まりに行ったりしていたのでなんだかバタバタ。

しかも、昨日の夜は溜まっていた疲れが頭痛になって現れダウン…。



おかげで人生初で行こうと思っていた選挙にも行けずじまい。

なんだかこのまま一生選挙に行かなくなってしまうんじゃないかと心配になります。



ちなみに旦那は選挙権を得て10年以上経つのに一度も行ったことがありません。

行く気もないみたい。



「政治家に世の中は変えられへん。」



とのことです(笑




とりあえず結婚式とグァムの話は小出しで書いていきたいと思いますので(長くなりそうだし)よろしくお願いしますね♪