吉祥寺 ワイン&レストラン ボナペティのブログ

常時300種以上のワインをそろえた、シニアソムリエがいるレストランです。

         吉祥寺にあるワイン&レストラン ボナペティです。



                  ホームページはこちら↓

            http://homepage2.nifty.com/bon-appetit/


テーマ:

毎月第三月曜日開催の「ボナペティ主催月例ワイン会」を担当しております岡部です。今回はフランス・ロワール河流域の産地について紹介させていただきます。

Vallee de la Loire

ロワール河は中央山塊といわれるフランスの屋根のようなところに端を発しナント市で大西洋に至るまで、およそ1000㎞にわたって本流とその支流近辺に大小のまとまりをもった多くの産地が連なっています。ぶどう畑は、ローマ人によって植樹されたナント地方を除き、大修道院の奨励の下5世紀以降発展を遂げてきました。当時は河川での輸送手段のほうがより確実であったため、流域の産地は商業的にも容易に発展することができたようです。

 10世紀以前のロワール最古の品種はピノ・ドーニ(シュナン・ノワール)で、その育種によってピノー・ド・ラ・ロワール(シュナン・ブラン)が生まれます。ソーヴィニヨンはボルドーから来たという説もありますが、ロワール原産の説が優位で、事実、シュナンとソーヴィニヨンの類縁関係は証明されています。南西地方からの伝来種としてはボルドーからのカベルネですが、カベルネ・フランはナントで出来たのでロワール地方ではブルターニュ地方の名称ブルトンと呼ばれます。ブルゴーニュ原産品種としては、ピノ・ノワールとシャルドネが中世前期に導入され、16世紀以後にグロ・ノワールと各種ガメイが導入されます。1639年頃ムロン・ド・ブルゴーニュ(ミュスカデ)が導入され現在にいたります。

 1154年、アンジュー候のアンリ2世がイギリス国王に即位して以来飛躍的な発展を遂げ、その後1000年近くにわたりフランスとイギリスの国王たちはロワールワインの名声に貢献し続けます。フランス革命のヴァンデの会戦ではぶどう畑が荒廃し、帝政下では輸出が困難になりましたが、クーレ・ド・セランの愛好者だったジョセフィーヌ皇后の助力でアンジューワインは再びパリで名声を獲得し、復活したといわれます。

 このクーレ・ド・セランは、日本では通称「食通の王」(現地では「美食家の王子」)として有名なフランスの料理評論家キュルノンスキーが1930年代に提唱した「フランス5大白ワイン」のひとつとして、モンラッシェやソーテルヌのシャトー・ディケム等と並び称された名品です。7月の月例ワイン会(第三月曜)でお楽しみ頂けます。ちなみに、5大白ワインの残るふたつはローヌ地方のヴィオニエ種によるシャトー・グリエとジュラ地方のヴァン・ジョーヌ(黄ワイン)でシャトー・シャロンです。

 ロワールのワインはまだ一般的な知名度が低いためか、ブルゴーニュやボルドーのような価格高騰には至っておりません。今のうちにこの産地に目を向けて色々とお好みを見つけるのも面白いと思います。これからの暑い時期にピッタリのロワールワインをお楽しみください。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

毎月第三月曜日開催の「ボナペティ主催月例ワイン会」を担当しております岡部です。今回はフランス・ブルゴーニュの産地「モレ=サン=ドニ」をご紹介させていただきます。

Morey-St.-Denis

1936年に原産地呼称制度ができる以前は、モレの白と赤のワインはほとんどがジュヴレやシャンボルの名前で販売されていたようです。現在約150haとコートで最も狭いアペラシオンのひとつといえるこの栽培地は、グラン・クリュが5つもあるためにそれ以外は影が薄く感じられますが、プルミエ・クリュ、そして村名アペラシオンにさえ「クロ」と呼ばれる石垣で囲われた区画がクリマとして存在することが示すように、その一般的水準は非常に高い産地です。

 モレ=サン=ドニのワインは丘陵の上のものも麓のものもがっしりとした厚みを持っているのが特徴ですが、背斜谷から落下した砂利混じりの土壌の場合は比較的軽いワインになります。

 有名なジュヴレ・シャンベルタンとシャンボール・ミュジニーに挟まれ、少し地味な印象をお持ちの方もいらっしゃると思いますが、ジュヴレの力強さからシャンボルの上品さまで、様々な表情を見せるワインを生み出している注目すべき産地です。

 6月の月例ワイン会(第三月曜)でお楽しみ頂けます。

ここからは、5つのグラン・クリュの特徴を記しますので、ご興味のある方はどうぞ!

「クロ・ド・ラ・ロッシュ」

 ラトリシエール・シャンベルタンの南の延長部分にあたり、濃密でカタく引き締まったワインが生まれる。モレで最もしっかりとした構成のワインを生み出すグラン・クリュで、最も長く熟成する力を備えている。力強く、濃い色合いで、非常に複雑な香りを纏うが、それらは果実の香りが主で、特に野生のサクランボやラズベリーあるいはブルーベリー、カシス、また、炒ったコーヒー豆、キャラメル、更に年とともに黒トリュフの風味も醸し出すよ うになる。そこにしばしばスミレやコケモモ、湿った森の香りが優雅に組み合わさり、豊かでコクのあるワインとなる。

「クロ・サン=ドニ」

 常に肉厚で芳醇なワインで、お隣のクロ・ド・ラ・ロッシュに比べ優雅さがすぐに発揮され、香りは際立って上品で、赤い果実や野バラ、シナモンや炒ったアーモンドなどがバランスよく感じとれる。口に含むと繊細な滑らかさがあり、心地よいまろやかさと魅力的な長く続くアロマとが感じられるこのワインは、さらにその構成と力強さによって、偉大なワインへと熟成を遂げる。因みに、1927年にモレ=サン=ドニ村が誕生した際、それまでの村名「モレイ」に農地名「サン=ドニ」がついて新村名となったという由緒ある畑です。

「クロ・デ・ランブレ」

 ワインは上質で気品があり、洗練され、クロ・ド・ラ・ロッシュほど野生的ではないが、長い熟成に適している。このグラン・クリュは低部の小さな区画を除いて、その殆どはひとつの偉大な生産者(ドメーヌ・デ・ランブレ)の手に委ねられており、しっかりしたキュヴェの選択で、一貫性が感じられる個性のワインが生み出されている。

「クロ・ド・タール」

 ワインは力強い味わいで、まるみがあり持続性も長い。このワインは力強さと優雅さという相反する2つの側面を兼ね備えている。このミネラル分を感じさせる優雅さはシャンボルのワインも思わせる。また、スミレ、バラ、野バラ等の花や、キイチゴ、サクランボ等の果実、スパイスや白トリュフのニュアンスも感じられ、そのアロマは際立っている。そして、繊細さを失わずに、たいへん素晴らしく熟成するワインである。このグラン・クリュは現在モメサン家の単独所有であるが、古くから名声を得てきたのは、中世にタール大修道院のベルナルド会修道士たちによって植樹されたことに始まる。

「ボンヌ・マール」

 15haの内13.5haがシャンボル側に広がり、残りの僅か1.5haがモレ側に位置するグラン・クリュ。モレ側のワインは輝くような濃い色合いをし、サクランボやスミレ、スパイスや香木のアロマが感じられ、力強く豊満で粘性があり、若いうちはカタく厳しい味わいで、多少異なるがシャンベルタンを思わせるようなワインである。因みにシャンボル側のワインは、モレ側で特徴的なときに厳しく感じられる力強さが抑えられ、より洗練されている。しかし、シャンボル特有の優雅さや繊細さからは程遠いワインとなる。このグラン・クリュは畑の位置的にシャンボルのグラン・クリュとしてのイメージが強いが、生まれるワインの特徴はモレの要素が多いように感じられる。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

毎月第3月曜日開催の「ボナペティ主催月例ワイン会」を担当しております岡部です。今後少しずつ造り手や産地のご紹介をさせて頂きますので宜しくお願いします。


Champagne Tarlant

タルランの畑があるヴァレ・ド・ラ・マルヌは北緯49度付近を東西に流れるマルヌ川沿いにあります。私の出身地である函館が北緯42度、日本最北の稚内でも45度です。緯度からいえば、北海道より更に北に位置する事となりますので、シャンパーニュの産地がぶどう栽培の北限に近いと云われるのも頷けます。

タルラン家のぶどう栽培の起源は、ピエール・タルランが1687年にエーヌ県で始めた事によると言われています。ドン・ペリニヨンやルイ14世の時代と重なり、このメゾンの歴史の深さを感じますね。

1780年にルイ・タルランが、現在まで受け継がれる事になるマルヌ県ウイィ村に移り、1928年にルイ‐アドリアン・タルランが、いち早く元詰を開始以来、自家ぶどう栽培の製造販売(R.M.)の先駆者として名高いメゾンです。

現在、栽培・醸造の指揮をとる、12代目にあたるブノワ・タルランは1976年生まれの若手です!父親の代からの先鋭的精神を引き継いだ彼は、キュヴェ:ヴィーニュ・ダンタン(※注)に代表される、テロワールシリーズを展開するなど、新しい事にチャレンジし続けている、現在注目の老舗メゾンです。(タルランH.P.及びインポーター資料を参照しております。)

タルランはなるべくドサージュ(補酒:最終的な甘辛度を決める事となる、コルク密栓の前に糖分を加えたシャンパーニュ原酒を補う事)をせず、テロワールの味わいを自然のまま表現する事に力を入れています。ヴィーニュ・ダンタンの砂質土壌に植えられたシャルドネは、コート・デ・ブランに代表されるチョーク質や石灰質土壌特有の硬質で鋭いレモンのような酸味や余韻とは違い、柔らかで丸みをおびたオレンジ色の柑橘類やスモモのような酸味とフワフワとした軽やかな余韻が続きます。また、自根であるが故かとても複雑・濃厚で力強さを感じます。是非一度味わっていただきたい逸品です。個人的には現当主で11代目のジャン・マリー・タルランの生み出したキュヴェ・ルイのようなクリュグ的な造りも大好きです。

5月の月例ワイン会(第3月曜)でお楽しみ頂けます。

(※注)ヴィーニュ・ダンタン:

シャンパーニュ全域で唯一、接木無しの自根のシャルドネから造るキュヴェ。ちなみに接木無しの自根のピノ・ノワールで有名なのはボランジェ社のヴィエイユ・ヴィーニュ・フランセーズで、こちらは110万円超えの超高級品です!

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。