• 19 Feb
    • 実家ごはん

      退院以来過ごしていた実家から今日、自宅に戻る。わたしの身体の調子もまあ大丈夫だし、家族のことを考えてもこのタイミングでよかったと納得してはいるんだけど。実家暮らしが終わりに近づくにつれてなんとも言えないさみしい気持ちになってきた。この気持ちの理由を考えていてたどり着いたのは「母のご飯」。これだな、と。大人温度のお風呂にゆっくり浸かれるのも大量の洗濯物から解放されるのももちろんありがたいし魅力的だけれど、こうやって実家にいて何日も母のつくるご飯を食べることはたぶんもうないんだろうなと気づいてしまったら無性にさみしくなってしまった。次はわたしの番だね。家族が戻って来たくなるような家族を丈夫にするようなそんなお家ごはんをつくろう。そうして過ごす何年かはきっとかけがえのないものになる。

      テーマ:
  • 16 Feb
    • 新生児フォト

      フォトグラファーで、友人でもあるchacoさんがミッチィの写真を撮ってくれた。「新生児フォト」といって生後3週間までに撮るらしい。産まれたての柔らかな感じとかは自分だとなかなか上手に切り取れないので、とってもよい記念になった。ほんとうはウエーンウエーンと終始泣いていたのだけれど、そんなことは感じさせないピースフルな仕上がりになっていて感動した。友だちに子供が産まれたらお祝いに撮影をプレゼントしたらとってもよろこばれそう。泣き顔も撮ってくれていた。HAPPY。

      テーマ:
  • 14 Feb
    • 帰ってきました

      病院を退院して、チロとミッチィと3人で実家に里帰りしている。アニとは毎日会っているけれど、「パパがさみしがるから」と言って夜は父さんのいる自宅に帰っていく。ミッチィは兄さんたちにツンツンされたりトントンされたり、「ちんこないね」とか言われながら1日の大半を寝て過ごしている。こちらは友だちのイラストレーターで3人のママの先輩でもあるヘレーンまき姐さんが描いてくれたわたしとチロりの絵。チロの表情が実物そっくり。私は。。こんな風にいっつもニコニコしていられたらいいけれど。「ふんわり笑っていこう。」という自分へのメッセージを込めて、自宅に戻ったらキッチンに飾ろう。こちらは例のかわいい出産届けを出したとき沼津市役所でもらったもの。Sサイズのおむつとおむつ替えシート。この届けの写しが載った記念シートもくれた。メンバーが増えたので家族の年齢が一目瞭然なAge Listというアプリをダウンロードした。三兄妹の年週日齢がわかりやすい。ミッチィが生まれた日はワレワレ夫婦の7回目の結婚記念日だった。7年1週間と5日。いちにちいちにち時々ケンカをしたりしながら歴史を刻んでいる。今回の入院期間中、父さんは苦手な家事も園でのコミュニケーションもがんばってくれた。春だ。

      テーマ:
  • 11 Feb
    • ホイクエンオチタ さてどうする

      子育て応援サークルの代表であり友人の杉浦希未子氏がミッチィに会いに来てくれた。きみちゃんとは。「沼津を考えるママの会」で一緒に活動したり、沼津市の子育て支援課とママたちがつくる冊子「numaco」の制作に携わったり、沼津のこと、育児のことを一緒に考える機会が多いママのひとり。そんな背景もあり。新生児を見にきたママと産んだママが、ほんわか〜とシアワセを語る。。だけではいられない現状が残念ながらあって。以下きみちゃんのFacebookより:バイリンガルマムズinNumazuを主宰してるひろみちゃんのベビちゃんに会いに行ってきました♡いやぁー可愛すぎ!!!癒された後は、色々真面目な話も。産前産後の最大5ヶ月間、上の子(未修園児)を保育園で預かってくれるシステム(有料)が沼津市にはある。第6希望まで記入して落ちたそう。理由は、「待機児童がすでにいるので預かれない」と。そもそも仕事をしたくて待機してるママと同じ扱いなのがおかしいよね。産前はともかく、入院中と産後、上の子の面倒はすべてママかその周りにいる人がみることになる。近くに手伝ってくれる人がいるならいいけどさ。私は、義父だけが手伝える状況で、浜松から1ヶ月半わざわざ来てもらった。産後、義父、、、でも、そこしか頼るところがなかったから。頼るところがあったからいいけど、なかったら。たぶん、みんな、なんとなくたいへんながらも過ぎていったんだと思う。明日、朝一で子育て支援課の課長(出来る男!)に相談してくる!出来るやり方なんていくらでもある気がするんだけどー。ちなみに、去年5月に「マザーズほっとステーションぬまづ」という産後ケアシステムが開設された。この500円/1hを使って、上の子を見てもらうのかー、、、私は、「かわいそうな立場」の人でない。手伝ってくれる両親がいて、夫がいて、友だちもいる。3人目を出産するという状況が自己責任なのも理解している。実家が遠くて、近くに知り合いも少なくて、旦那さんの帰宅も遅くてなど、もっと大変な人はきっとたくさんいる。でも、これほどまでに「沼津は子育てに優しい街」と打ち出して、制度として出産前後の期間は未就園の兄弟は保育園を使えると言っているのに、めったに受からないなんてやっぱりおかしいよね。第6希望まで出して、「他でもどこでもいいです」とも伝えたけれど、結局はぜんぶ落ちてしまった。ずーっとの話しをしているわけではない。臨月で上の子となかなか遊んであげられない時期から、新生児を外に連れ出せない産後のしばらくの間だけのこと。未就園児の兄弟は、母親のお腹がいよいよ大きくなった頃から新生児の首がすわる頃まで、遊びや生活を大きく制限される。あまり外に遊びに行ったりできず、かと言って遊び相手の母親は産褥のからだで新生児のお世話と家事をするから疲れていて、100パーセント応えてはくれない。新生児がそばにいる幸せな時間が早く過ぎるように願うなんて、やっぱりさみしいよね。そうはいえども。10日間の入院は長かった。長すぎて体重もほぼ妊娠前に戻った。よし!帰ろう。

      6
      テーマ:
  • 09 Feb
    • 卵管結紮のこと。名づけのこと。

      「ヒロミ」左足には名字、右足には母の名前を、油性マジックで書かれているちび子。やっとやっと名前が決まって、今日父さんが出生届を出しに行く。彼女の名前にちなんで「ミッチィ」。こちらではそう呼ぼうとおもう。アニ5歳チロ2歳ミッチィ0歳これで3兄妹の完成。婦人科医によって帝王切開の回数やリスクに対しては見解が違うのかもしれない。もともと出産を予定していたクリニックの先生は、「何回でも切ることはできるよ」と言っていた。でも急な要請に応える形で私を受け入れてくれたこちらの病院での主治医は、「母体のためにも3回が限度だとおもいますよ。結紮手術をおすすめします」とスパーンと言い切ってくれたので私の中での迷いは、悲しみを伴うこともなく消えた。父さんはもともと私の好きなようにしたらいいんじゃないと言っていたので、こちらもスパーンと同意のサインをした。というわけで。お疲れさま、私の子宮。生理はまだくるけれど、日に日にシュルシュルと痛いくらいに収縮しているそれは、あと数日して元の位置に収まったらもうあんなに膨張したりはしない。アニに初さわりされるミッチィ。「手も足もまだちっこいね」「まだ」って言ったアニ。チロの成長を見てきたから、チビがいつまでもチビではないことが体感としてわかっているんだね。帰ったらたくさん遊ぼうね。パキスタンの伝統スタイルでお祝いをいただいた。ありがとう。

      テーマ:
  • 08 Feb
    • さしいれ。

      友達がさしいれてくれた金塊。中身はシスターズカフェのチーズケーキ。「おめでとう」「がんばったね」のメッセージ入り。うれしい!こちらは父さんが来たときにコンビニで買ってくれた「VERY」。都会のママはオシャレだね。「オールホワイトコーデ」で、うっかり水たまり遊びが始まったらどうするのかな。始まらないのかな。揺れるピアスやらバカラのワイングラスやら帰宅恐怖症の夫、やら。笑知らない人の私生活はインスタやFacebookでいくらでも見られるからたまに読むくらいでいいかな。でも普段読まない雑誌は気分転換には最適だった。ありがとう。生後6日のチビ子。NICUを退院して、今日から同室で過ごしている。やった!まだだいたい寝てる。寝顔を見ていると、わたしも眠くなってくる。こちらもさしいれ。proud NUMAZUの刻印いりクリームパン。入院が長くなってくると、訪ねてきてくれる人たちや外の世界のものの差し入れは本当にうれしい。ありがとう。「がんばった」

      テーマ:
  • 07 Feb
    • ギフト。

      アニにそっくりでうす毛のチビ子は、NICUでの経過も順調で、昨日からは点滴が取れて直母授乳もはじまった。私が入院している病院はいわゆる「周産期母子医療センター」。補足として以下Wikipediaより:周産期母子医療センター(Perinatal Medical Center)は周産期(出産の前後の時期という意味)に係わる高度な医療を対象とした医療施設で、産科と新生児科の両方が組み合わされた施設。「コウノドリ」の舞台になった病院もこの周産期母子医療センター。今お世話になっている病院もNICUを併設している。例のDダイマー値の上昇で急きょ転院したことによって、結果的には同じフロアを行き来するだけでチビ子に会えているけれど、もし予定していた産院で産んでいたら私は産院にいてチビ子は離れたこちらの病院のNICUでお世話になっていた可能性もある。そうなっていたら心配で心配で仕方なかっただろうな。真ん中あたりに虹がかかっている。写真には上手に写らないね。「例えば100万回のうちたった1度ある奇跡。下を向いてばかりいたら見逃してしまうだろう。さあ!空にかかる虹を今日も信じ歩き続けよう優しすぎるウソで涙を拭いたら虹はもうそこにある」  待合室でNHKの「べっぴんさん」を観ている方がいて、ミスターチルドレンの歌う主題歌の一節が耳に入ってきた。ヒカリノアトリエ、といううた。毎日バタバタと朝食の支度をしながらアニの鼻歌交じりバージョンで聞いていた歌が、全然違って聞こえてきて驚いた。NICUには長く入院している赤ちゃんもいて、搾乳した母乳を毎日届けるお母さんや沐浴をさせにくるご両親もいる。外からのばい菌を中に入れないよう二重扉の手前でうがい手洗いをして、使い捨てマスクやエプロンをつけて、子供たちのところにいく。そうやって両親が身支度をするエリアには、ここを卒業して大きくなってまたここに遊びにきた子たちの笑顔の写真がたくさん貼ってある。それはきっと今まだ入院している子の親にとっては何よりの励ましになっていて、同じくここを卒業した子の親にはそれがわかるから、ちゃんと元気に大きくなっている姿を見せに来るんだと思う。こんな世界があるなんて。NICUに入らない子だっておっぱいの飲みが悪い、とか全然泣き止んでくれない、とか日々の心配事は絶えなかったけれど、それでも保育器に入るでもなく体重が低すぎるでもなく当たり前のように日々成長してくれた兄弟の様子やわたしの言動が知らない間に誰かを傷つけていたかもしれない。チビ子がいなければここに来なければ気づかなかったことがたくさんある。She's such a gift.妊娠5ヶ月までそーっと存在を潜めてわりとシレッとやってきた最後の子。bundle from heaven。ボンヤリした私への天からの贈りものかもしれないな。私の知らなかった誕生や育児の側面に気づかせて、いつか誰かの役に立てることができるように。そんなわたしの昨日の発見。新生児でも、女の子はおりものがでる!しらなかったー。見たことなかったー。こちらはアニからのハガキ。「ままえままはやく かいてきてねまま だいすきだよ」兄さん、くっつき言葉の「え」は「へ」って書くんだぜ、とついつい言ってしまいそうになったけれど、ありがとう。ママもだいすきと返事を書いた。アニちろ兄弟にもはやく会いたい。

      4
      テーマ:
  • 04 Feb
    • ホームシック。

      Facebookが勝手に過去を振り返って教えてくれる機能によると生後3ヶ月のアニと父さんと私で「えいえいおー」としたのは2012年の今日の出来事らしい。3人チームでスタートした5年先の未来に、またこうして産婦人科に入院している自分がいるとは思わなかったな。直前の転院の理由は、血液検査の結果「Dダイマー」という値が高くて、血栓があるかできやすいから大きい病院に移ってくださいと言われたから。入院当日の変更であたふたバタバタしたけれど、念のためとCT検査をしても血栓は見当たらず予定通りちび子さんは帝王切開で産まれた。くしゃ。生後1日目で2回くらい吐き戻したらしくて、今は併設のNICUにいるけどきっと大丈夫。2740gで産まれた彼女は、4060gだったアニや3320gだったチロに比べてかなりチビに見えるけれど、大きな声で泣いて元気にしている。私はというとアトバラというやつが痛くても歩いた方が回復が早いというので屋上の洗濯エリアへ。海の見えるまち沼津。今日は天気がいいね。チロはじいじとばあばに挟まれて毎晩穏やかに寝ているそう。保育園にも泣かずに行って、夜泣きもしないみたい。アニは父さんと淡々と毎日を過ごしている。来週の作品展には行ってあげられないな。ああそうか。入院が長くて淋しいのは私のほうだ。読書だけはぐんぐん進むけれどもう家に帰りたいな。こども体温に挟まれて潰されながら寝たい。この本よかった。

      2
      テーマ:
  • 02 Feb
    • ご報告

      【Our new bundle of joy】We are happy to announce the arrival of our little girl.Born February 2nd, 20179:49 a.m. 2740g, 47cm.May your world be filled with love.Thank you, 今朝ほど無事出産を終え、我が家に新メンバーが加わりました。名前はまだないですが、以後どうぞよろしくお願いします。小さな彼女にたくさんの幸せを。沼津で子育て出来ることに感謝を込めて。(産前産後のチロの保育園は落ちてしまったけれど。ちぇっ。)コメントの返信が遅くてすみません。落ち着いたらゆっくり書かせてください。眠くて眠くて仕方ないので、寝ます!XO,

      10
      テーマ:
  • 01 Feb
    • 青空

      近所の神社へ最後のお散歩。こんな時ばかりの神頼み。私がいない間、ちび兄さんたちの心が平和でありますように。こわいことにあったりしませんように。おいしいものをたべて、かぜをひいたりしませんように。「ママちょっとだけ病院におとまりしてくるね」「あだよー」実は直前になって出産する病院や出産日が急遽変更になってしまって、動揺したりもしたけれど。新しくお世話になることになった病院の見慣れない待合席でモヤモヤしていたら、付き添ってくれているオットがコンビニから帰ってきて、「とりあえず現金を下ろしてきたけどこれでたりるかなあ。」と言ってこれを渡された。笑。やさしいひと。笑ったらいろいろが不思議と楽しみになってきた。与えられた環境に感謝して行ってきます。※ ※※今週末は市内各所で豆まきのイベントがある。マムズの定例会は2月8日。February meeting coming up@Poppo, NumazuWednesday February 8th*If you are new to the group, please look at the page info tab for the group information and send us a message if you are interested.*we have a change in our group guideline, and this <Poppo> meet will be basically for moms and kids only. Your attendance alone is also welcome!See you all on Wednesday😊

      6
      テーマ:
  • 30 Jan
    • 子も親もがんばる。

      最後の検診のおともに図書館で借りたこの本を持っていった。インターネットでまことしやかに書かれている情報は、時にママたちを混乱させる。ワクチンは必要ない?ウイルスに感染すると体が強くなる?玄米菜食がいちばん?精製された食品は毒?自然分娩がいちばんいいの?子どもは親を選んで生まれてくる。2分の1成人式は本当に必要?今のご時世ちょっと検索すれば、何かにあたる。でもその情報の出所は曖昧だったり、素人ライターが専門知識もなく寄せ集めの情報を書いていたりする。ここ数年、結局きちんとした知識は本で裏を取りたいと思っていて、時間も手間もかかるけれど私はその方がきちんと理解できる気がしている。またしばらくはゆっくり本も読めないかなと思う反動で、ここ数日すごくスイスイ本を読めた。そして検診を終えて、何年ぶりかに大戸屋に入った。野菜たっぷりのメニューに雑穀米を選んで。最後の最後にきてやっと妊婦らしい食事をひとりでゆっくりいただいた。そのあと兄弟と合流して少し散歩。実家に戻ってチョークと段ボールで遊んだ。里帰りの数日で、家族に少しずつ変化があった。チロは歯みがきを嫌がらなくなった。相変わらず寝るときは私とじゃなきゃだめだけれど、入院期間も穏やかに寝られるといいな。アニは市内の移動だけれど、ひとりでバスに乗れた。父さんとの生活は楽しいようで、よく食べよく寝ているそう。父さんはアニの持ち物を揃えて、朝ごはんを食べさせ身支度をさせて時間までに幼稚園に送り届けている。きっと私がするよりキレイに上ばきも園靴も洗ってくれたとおもう。痛みを想像するとこわいけれど、私もがんばってこよう。

      テーマ:
  • 27 Jan
    • さくら。

      今日は風が強い。庭の桜がもうすぐ咲きそう。出産に備えてチロとしばし里帰り。まだ状況を理解しきれない彼は時々すごく泣いて、「パパに会いたくなっちゃった」とか言ったりもするけれど。アニは父さんとの生活がたのしそうでとりあえずはよかった。自宅に戻って来る頃には桜がきれいだろうな。明日は最後の検診でノンストレステストをしてもらう。huluでコウノドリ一気見に続いて、「透明なゆりかご」の1巻から4巻まで一気読みしてしまった。命の誕生は奇跡。

      テーマ:
  • 26 Jan
    • おさがりとか。

      大阪の友だちから女子もののおさがりがたくさん届いた。喜んで中をあけてみると、わたしの持っているのと同じ便箋に書かれた懐かしい字。「がんばってね。たのしみにしてるよ」離れた土地でたくさんの選択肢から同じものを選んだと思うとそれもまたなんだか嬉しくて、同じ柄の便箋でお礼の手紙を書いた。近くのともだちや遠くのともだちがありがたいことにたくさんのお下がりをくれたので、出産からしばらくは本当に1着も買い足さずに済んでしまいそう。感謝を込めて、大切にして、わたしも次の家族にバトンを渡すことにしよう。さて。先日のお箸づくりワークショップのあと、友人とカフェDAYでランチをした。いつもたのむグリーンサンド。食事も終わって、ぼちぼちいく?という段で、まさかまさかのこちらが運ばれてきた。出産ギリギリで、動きが鈍いうえにトイレの近い妊婦とランチをしてくれただけでも感謝なのに、またしても結果的にご馳走になってしまった。なんだか返しきれないなあ。ありがとう。こちらは今朝の静岡新聞。お箸の仕上がりは1ヶ月半後。楽しみ。

      2
      テーマ:
  • 25 Jan
    • バイリンガルお箸づくりワークショップ

      昨日は「バイリンガルお箸づくりワークショップ」を開催した。講師は沼津グルメ街道にある串屋の社長土屋亜里沙さん。日本特有のお箸のマナーや正しいおはしの持ち方をていねいに教えていただき、日本人ママも外国籍ママも「へー!」と感心。そしていよいよ絵付け。自分にあったお箸の長さの測り方を教えてくれたけれど、示し合わせたように全員が「husbandにプレゼントしようかな」となって、長めのお箸を分けていただき作業開始。お箸になる木は、プロ野球選手の折れたバッドから削りだされたものだそう。いざ作業に取り掛かると、迷いなく色をつけて行く人、なかなか一筆目が出ない人(わたし)、性格の違いが出ておもしろかった。あっという間に時間は過ぎて絵付け終了。それぞれが想いを込めたお箸たちは小浜市のうるし職人さんのもとに送られて、約1ヶ月半後に手元に届く予定。バレンタインは過ぎてしまうけれど、よいプレゼントになるといいな。先生を囲んで。3歳以上からはできるというので、こどもたちが自分のおはしをつくるのもたのしそう。土屋先生ありがとうございました!

      テーマ:
  • 21 Jan
    • お箸づくりワークショップなど。

      最近のつれづれ。わが街沼津の大沼市長が緊急入院という心配なニュース。続報によると小脳出血だそう。早くよくなりますように。こちらはお年玉付き年賀はがきの三等でもらった記念切手。かわいらしいデザインこちらは今月末のバイリンガルお箸づくりのワークショップについて、静岡新聞で紹介してくれた記事こちらは沼津朝日。世界にひとつのオリジナルマイお箸のお土産つき。英語でお箸のマナーを伝えられるようになるチャンスです。割りばしよりマイ箸を使いたくなるそんなお話しも聞けます。みなさま楽しい週末を。

      1
      テーマ:
  • 18 Jan
    • ひとりのじかん。ふうふのじかん。

      今朝postcrossingのカードを4枚ポストに入れた。この4枚はそれぞれロシア、ベラルーシ、アメリカ、ドイツに向けて旅立った。飛んでけー!チロが保育園の日なので、いろいろ用事を済ませようと思って街に出た。今月末で上映終了の「湯を沸かすほどの熱い愛」を観ようかなと映画館に寄ったら、夕方からの1回だけになっていて観られなかった。久しぶり、そしてしばらくはおあずけになりそうな「ひとり時間」。迷わず本屋さんに向かって、買いたいと決めていたこれを買った。ピクチャーペディア。Facebookで友達が勧めていて、子供たちにももちろん読んでほしいけれど、まずは入院中のわたしの楽しいお供になってくれそう。そのあとはアニの肌着をじーっくり見比べて、店員さんの説明を聞いて納得したものを買った。ちょっと目を離すと迷子になりそうな人たちがいない、ゆっくりとした買い物というのは短時間でもなんとも快適だった。デパートで「30分託児サービス」とかあれば絶対ニーズがあるな、と思ったりして。そうこうしていたら父さんが「せっかくだからランチでもいく?」と迎えにきてくれて、これまた久しぶりに2人きりでゆーっくりランチをした。なんだかいい時間だったな。さてと。ちょこまか動くおもしろい人たちを迎えに行こう。

      テーマ:
  • 17 Jan
    • 真ん中は変わりダネ

      昨日の夜放送されていた「ワイルドライフ」にくぎ付けだったチロ。今朝は散歩の途中で工事現場を見つけて、座り込んだと思ったら20分以上眺めていた。 散歩からやっと帰ってきて、日なたで遊んでるなーと思っていたら変な体勢で寝ていた。「三人兄弟の真ん中は変りもの」とよく聞くけれど、彼を見ていると妙に納得することがある。ということでチロが寝たので昨日届いたポストカードを読み返す。postcrossingで昨日届いたポストカードは、フィンランドのおばあちゃん、イギリスの8歳と6歳の子たちのママ、ドイツの女性から。かわいい切手とか、外国のポストカードとかやっぱりすきだなー。どんな国かなって想像したり、いつか行ってみよう!と地図を眺めたりしてた中学生の頃とあんまり変わらない。こういう気持ちが私に英語の楽しさを教えてくれたんだった。子供たちはたくさんの興味の中から何を選ぶのかな。へんなかお。

      テーマ:
  • 16 Jan
    • きょうだいと。

      【のりものに乗る日】我が家に女子を迎えるまであと20日弱。先週の土曜日兄弟のすきなのりものにとことん乗ろうと思い立って徒歩で自宅を出発した。伊豆急行バス→JR東海道線→伊豆箱根鉄道(各停)→伊豆箱根鉄道(特急踊り子号)→楽寿園ののりものひろば途中親切なご老人にぴかちゅうの人形焼をいただいたり、隣り合ったフランスからのご家族と話したり。車に乗ればラクだけれど、見落としてしまうものもたくさんあるよね。とってもたのしそうだったし、運転席と後部座席ではなく横に並んで景色を指差したり運転の緊張感から解放されてふたりの目線を観察したり、わたしにとっても楽しい時間だった。初体験になるはずだったロープウェイは強風で止まってしまって乗れなかったからまた次回チャレンジしてみよう。ちび女子が生まれたらしばらくはこういう時間が少なくなるけれど、その間もきっと父さんやまわりのお友達と楽しいことをたくさん経験できるね。産み終わったら体力をつけて3人をまとめて抱っこできるくらいたくましくて疲れにくい母さんになりたいなこちらは1月24日のイベント。てづくりマイお箸のおみやげつき!

      テーマ:
  • 14 Jan
    • バイリンガルお箸づくりワークショップ

      バイリンガルお箸づくりワークショップの予約を開始しました。詳しくはバイリンガルマムズin沼津フェイスブックページをご覧ください。ご予約は先着順です。

      1
      テーマ:
    • からすのパンやさん ほか

      今夜の読み聞かせ。どのパンが食べたい?何味かなー。たんぽぽのスープ、おいしそうだね。春の味ってどんなだろうね。そんなふうに兄弟と話していると本当に食べてみたくなる。妹も本を好きな人になるといいね。昨日の検診で現時点での推定体重が2515gだった彼女。(妊娠35週2日)もうすぐ会えるね。これは明日の朝の小さなたのしみ。ヨーグルトの乳清(ホエイ)を分離させてギリシャヨーグルトのようにぼってりしたものにハチミツかジャムをかけるだけ。一度で一箱を食べきってしまうくらいアニもチロもだいすき。残ったホエイはレモンとハチミツをたして温めたらホットドリンクにもなるらしい。こんな寒い夜。huluに「コウノドリ」があるのを見つけてしまって、ひとり一気に観ている。妊娠期に胎動を感じたりしながらみるとまた心持ちがちがうね。出産前に観たいと思っている映画「湯を沸かすほどの熱い愛」は沼津では上映期間が2週間くらいしかなくて、今月の20日まで。タイミングが合えば行きたいな。アニがいつの間にか撮っていた写真。作品を見てほしかったのかな。

      テーマ:

プロフィール

ぼな

性別:
女性
誕生日:
1978年8月20日7時頃
血液型:
A型
お住まいの地域:
静岡県
自己紹介:
海外生活、都内での生活を経て 沼津にお嫁にやってきた。 都心から1時間ちょっとの町は おいしい...

続きを見る >

読者になる

AD

テーマ

一覧を見る

カレンダー

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。