2007-03-12 23:35:48

女の勝ち組、とは? (黒

テーマ:読書

ブラックです。

いえろ、突然ぷつっと更新しなくなるの、無しね。


更なる精進をすべく、「女力アップ本」なんざ読んでみました。


まあ和田秀樹センセイに教わらなくても

一通りの実力はありますけどね。



和田 秀樹
「勝ち組女」になる技術 恋愛・結婚から、仕事・お金関係まで


「勝ち組女」には2種類

①恋愛「勝ち組女」

②仕事「勝ち組女」



時代が弱者に厳しい階層化社会に傾きつつあるからといって

あきらめず、背を向けるのは不幸。

自分に合った「勝ち方」を追求していくのが女性の幸せにつながる。

また、高齢化社会になるほど、一人でいることはつらさが増す。

上手に女性の武器を使って「人生の勝ち組」を目指すべき。


■「勝ち組女」への必要要素=知的である

・当意即妙かつ失敗から学び可能性を試せる理系的な発想。


■恋愛で勝ち組になるには

・絶対に結婚すること

・カス男は早めに見捨てること

・イイ男と恋をすること

・自分の女としての「属性」を高めるため勉強すること

・男を母親のように支えること

・イイ女から学ぶこと


■仕事で勝ち組になるには

・男性社会の矛盾に怒りをぶつけないこと

・男性以上に勉強し、周りを認めさせること

・女性としての強みを生かすこと

・仕事と両立できる相手を選ぶこと

・女性としての記憶力のよさや機転を生かした問題解決能力を伸ばすこと


■対人関係で勝ち組になるには

・相手に共感できること

・本音で話すこと

・エンヴィー型嫉妬を捨てジェラシー型嫉妬で嫉妬を問題解決を図ること

・男性とはけじめをつけ、年上女性に取り入り、年下女性に対等感を出す

・相手の自己愛へのフォローを行うこと

・人を疑う時のポイントをはずさないこと


■イイ女になるには

・出来そうで出来ない女をすること

・若返る努力を続けること

・セレブテイストを学ぶこと

・二人で過ごす時間を貴重に思わせること


■人生の勝ち組になるには

・自己投資を惜しまないこと

・ロングスパンで人生を考えること

・年下をむげにしないこと

・夫のいい母親でいること

・良く遊ぶこと

・良い子育てをすること

・マスコミやゆとり教育といった責任を持たないものを信じないこと


とまあこんな感じでした。

ありきたりではあるけど大事よね、と考えたブラックでした。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-03-08 01:12:20

『巨大人脈SNSのチカラ』 (黄

テーマ:読書
巨大人脈SNSのチカラ/原田 和英
¥756
Amazon.co.jp

仕事でSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サイト/サービス)を担当する以上は

必ず、「SNSって結局何がいいのよ」って聞かれます。

よく言われるのは「とりあえずmixiでなんかできない?」とかなんとか。

インターネット広告で「とりあえず」はかなり命取りなんだけど

良くも悪くもその辺に気づかない人もいたりする。

mixiをはじめとした

CGM(Consumer Generated Media)系のメディアでの広告の怖いところは

ユーザー同士の距離が近いということ。


広告会社のエゴやテキトーなやり方は、

いとも簡単にユーザーに見破られる程のデリケートさ。


だから、ストーリーをしっかり作らないと炎上しちゃったり、

全く泣かず飛ばずだったりする。


そういうことを初めての人に丁寧に分かりやすく伝える時に

この本は役立つと思います。


著者の原田さんはSNSでとても有名な方だし

ご自身で活用している人の一人なだけに、

知識も、経験も説得力が出ています。


SNSってなんぞや?

mixiって結局どんなもの?

という疑問や、

いまいち使い方が分からない、もっと活用したいという人に

いいきっかけを作れるのではないかな、と思いました。


※ちなみに、CGMは今はUGCと言われつつあります。

  User Generated Contentsの略で、

 「User自身がコンテンツを作って、それが更新されて誰かに共有されて、更新されて」

 という動きがもはやメディアでなくそれぞれコンテンツとして存在していく、、というニュアンス。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-03-04 17:38:44

『広告会社は変われるか』 (黄

テーマ:読書

織田浩一さんのブログ でも取り上げられていましたが、

『調査会社Forrester Researchが米マーケティング協会(AMA)を共同で調査したところによると、
93%の広告会社がマーケティング上の成功に自分たちが重要な役割をしたと考えているが、
広告主では63%のみが広告会社の役割について同じように考えていることがわかった。
従来型の広告会社のネットやCGMに対応する能力に疑問がもたれており、
広告会社は自らを変革するか、さもなければ滅びることになる、
とForresterのアナリストは答えている。 』とのこと。


近年、Web出稿に関するニーズは多様化してきていると思います。

広告主の立場に冷静になって考えてみれば、

自分達にメリットをきちんと見せてくれれば、広告会社でも、媒体でも

対面に立つ人は誰でもいいのではないかな、と思うのです。


藤原 治
広告会社は変われるか―マスメディア依存体質からの脱却シナリオ

という本も出ているので買ってみましたが、

あまり新しい感覚でもないです。ただ、タイトルはとてもトレンディです。


CGM(今はUGCといわれつつ)も、

マスもバランスよくオールインワンで提案できる力はとても大切だし、

やはり重宝はされると思いますが、

そうなると膨大な量の勉強量が広告会社で勤める以上は必要になる。


それについていける体制をしっかり整えたもの勝ちなんではないだろうか。


メーカーや金融では「お客さんのほうが商品に詳しい」ってことはあまりないけど

広告、特にインターネット広告に関してはよくある話。


頼りにできないから、いろんな広告会社や媒体社を試される。

いつまでたっても信頼関係がその程度になってしまい値引き合戦になる。


といった負のスパイラルから抜け出るためにも、

もっともっと勉強しなきゃなぁと思うわけです。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。