9期を迎えました

テーマ:

 

7月1日を迎えることが出来てすごく感激です。

 

Seedersは9期に入ることが出来ました。

 

目を閉じたら8年が過ぎていた気持ちになります。

 

自分が若返っているわけではなく 会社は最高に忙しく

 

もはや自分の趣味ややりたい事の域は超えているのだ

 

そんな風にも思います。

 

Seedersという「歴史」を作ることが1番大切なのだと

 

思いました。会社には些細な事でもルールが有り

 

それを浸透させることが歴史なんだと思います。

 

私はまだまだ迷うことが多いのですが、これからも

 

前に進もうと思います。

 

 

昔々に感じた・・・

 

「世の中にないアイディアの一投を投げた時に

 

社会に新しい波紋が生まれる瞬間が感動」

 

そういう気持ちを大切にしたいと思います。

 

 

これからもSeedersを宜しくお願い致します。

AD

コメント(1)