にほんブログ村 競馬ブログへ ブログ村ランキング参加中!

~日頃より1クリックのご協力誠にありがとうございます~

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2006-11-24 23:20:06

ジャパンカップダート 

テーマ:競馬予想

日曜日のJCでドリパスをからめて大勝負に出たいのだが、そのためにはこのJCDをなんとかしたい。


というわけで、時間の許す限り考えたいがここはサクッと決めよう。(考え抜いた挙句ハズレるので・・・)


東京11R ジャパンカップダート


◎ 7.シーキングザダイヤ

○12.サンライズバッカス

▲13.ハードクリスタル

△ 6.ブルーコンコルド

△ 5.ジンクライシス


◎はシーキングザダイヤ。安定度は随一、普通にここは堅そう。


○はサンライズバッカス。乗れてる安勝でトライアルホース系の雰囲気を打破したい。


▲はハードクリスタル。いかにも3着っぽいが実際G1でも十分有り。この距離と横山典が魅力。


△はブルーコンコルドとジンクライシス。ブルーコンコルドは距離が未知数だが、幸騎手の進言で出走を決めたという過程から一応押さえる。ジンクライシスはJCD3着もあり東京なら要注意。



まだ京阪杯もあるので、とりあえずこれでUPします。

AD
いいね!した人  |  コメント(32)  |  リブログ(0)
2006-11-19 21:25:49

マイルチャンピオンシップ 「メジャーで仕方なし」 

テーマ:競馬予想
大本命ダイワメジャーを中心に計8頭をピックアップしたのだが、その絞込みが大問題。

結局、大胆に絞って少点数で勝負しようと決めた。

要するに資金の少ない者としては、1点当たりの購入額アップのために点数を絞るということ。

その結果、ピックアップしておきながら最後切ってしまったなんて悲劇がままあるのだが・・・

とりあえず土曜日の結果を


東京11R 東京スポーツ杯2歳S 結果


◎ 8.ドリームジャーニー(3着)
○ 4.フサイチホウオー(1着)

◎から○へ馬連とワイド、計2点。

ワイドで的中も、馬連同額買ってハズレたので回収はマイナス。「ワイド保険で掛け金の8割保障」なんてどこかの保険のコマーシャルみたいな結果に。まぁ、土曜日は当たっただけでも進歩したことにしよう・・・


さあ本題に入ろう

11/19京都11R マイルチャンピオンシップ

◎10.ダイワメジャー
○ 8.ハットトリック 
▲ 6.カンファーベスト
△15.マルカシェンク
△14.キンシャサノキセキ

◎はダイワメジャー。負けない可能性は高いが、天皇賞・秋にピークを持っていったことも強ちはずれではないだろう。3角下りで一気に動く京都では、以外に差し追い込み馬が1ハロンで射程圏まで詰め易い。連は外さないとは思うが、昨年のリプレイのようにゴール前外から一瞬でかわされることも想定しておきたい。

○はハットトリック。明らかにここに照準を置いてきたこの秋。京都マイルG1がこの馬にとっての最大の狙いであり、2度叩いたことで状態も確実に上昇しているはず。今のダイワメジャーは昨年とは馬が違うが、昨年同様の展開と想定した以上、メジャーに勝っているこの馬が得意の舞台で見せ場を作りたい。雨で馬場が悪化なら評価下げに。

▲はカンファーベスト。同じく京成杯AHの内容から穴として考えていた。7歳ということも含め上積みは疑問だが、明らかに今回の展開は有利に働きそう。雨でも降れば尚良しで、ハマった時の走りを期待。

△はマルカシェンク。秋初戦で古馬初対決となった毎日王冠で、ダイワメジャーの0.2秒差4着を評価したい。事前検証では消そうとも考えたが、個人的に3歳最強と思っているドリームパスポートを破った馬。約5ヶ月の骨折休養明けで挑んだ京都新聞杯、続くダービーでも大崩れしなかった。菊花賞はさすがに距離が長すぎだったが、これまで完調で挑んだレースはどれ位あったのか。そう考えると叩き3走目の今回、適距離で能力発揮を期待。牝馬に負けずに、現3歳世代の強さを証明してしてもらいたい

もう1頭の△はキンシャサノキセキ。非常に苦慮した1頭。前走でみせた強さは大変魅力的だったが、格的には厳しいか。厳しい流れで再度の末脚爆発に期待。雨で馬場悪化の時は評価下げ。


事前にピックアップした各馬については、

ダンスインザムード
マイルに戻って見直しが必要なのは周知のところだが、そろそろ伸び盛りの連中に足元を掬われそう。武豊騎乗でメジャーとセットだと当たり前すぎなので、ここは「あえての切り」

マイネルスケルツィ
京成杯AHの内容から穴として考えていたが、関西圏で柴田善騎手のサプライズはイメージしずらい。前走負けすぎの感もあり、絞りたい今回は見送り。

コートマスターピース
これも非常に苦慮した1頭。基本は日本の高速馬場への対応不安で消し。ただデットーリが怖いのも事実。貴重な国外参戦馬で、引退後は日本での種牡馬入りとの話もあり勝負がかりとは思うが、最内だけにそこそこ先行したいはずで、ハイペースでの持続力勝負で終いの脚が残っているか疑問。雨で馬場悪化のとき買い足す。

なんだかんだいって3頭減らしただけ。宣言通りじゃないなぁ。

◎軸、○~△相手に馬連4点、ワイド4点、計8点で。


あとは幸運を祈るのみ。


にほんブログ村 競馬ブログへ
ブログ村ランキング参加中!

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-11-19 17:40:54

マイルチャンピオンシップ 「◎メジャーG1連勝も馬券は・・・」 

テーマ:結果回顧
寒風吹き荒む今日この頃、皆様におかれましては元気にお過ごしの事と思います。

こちらはまさに寒風吹き荒む状態でございます。

11/19京都11R マイルチャンピオンシップ 結果

◎10.ダイワメジャー (1着)
○ 8.ハットトリック (8着) 
▲ 6.カンファーベスト (10着)
△15.マルカシェンク (12着)
△14.キンシャサノキセキ (5着)

ということで、ワイドすらハズレました。お見事(自暴自棄)

直前雨が激しくなりイヤな予感はしましたが、メジャー→ムードという何の変哲もない結果に。

3着にシンボリグランが入り、3連系で買われてた方は何とか配当にカッコがついた形でしょうか。

勝ち時計1.32.7 
前3F 34.0
中2F 23.5
上がり3F 35.2

前3Fは速いがマイルチャンピオンシップとしてはほぼ平均的なペースで、中盤緩んで先行勢が掲示板を独占。直前の雨の影響もあったかもしれないが1.2着は順当に終わった。マイルでこの2頭を切ってはいけないんですね。

最後に切ったダンスインザムードとマイネルスケルツィが2着4着と、予想はダメ予想となってしまった。


また次があるさとお気楽にいきましょう。

次週はいよいよJCウィーク。ディープ&ハーツの登場です。

例によってまたキテレツなことを考えたいのだが、注目はもちろん(個人的に)ドリームパスポート。横綱2騎相手にどのくらいやれるのかが楽しみ。まさにドリームな馬券も考えよぉーっと。

なんやかんやでまた1週間じっくり楽しみましょう。


にほんブログ村 競馬ブログへ
ブログ村ランキング参加中!

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2006-11-17 23:15:12

東京スポーツ杯2歳S 無検証予想 

テーマ:競馬予想

土曜日は、得意の無検証予想でいきます。



東京11R 東京スポーツ杯2歳S


◎ 8.ドリームジャーニー

○ 4.フサイチホウオー 

◎はドリームジャーニー。ここはスローが予想される展開、前走はオープンの芙蓉Sで抜群の瞬発力を披露した。デビュー2戦目でOPを楽勝した力を信頼。


○はフサイチホウオー。0.6秒の差をつける圧勝劇のデビュー戦だったが、2戦目でさらに上昇が見込める今回も期待したい。東京1800m経験済みの分でキャリア不足を補いたい。



◎から○へ馬連とワイド、計2点。




にほんブログ村 競馬ブログへ ブログ村ランキング参加中!

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-11-17 21:20:18

マイルCS 切りたいが切れない馬

テーマ:事前情報

今回は、問題になりそうな4頭について考えたい。


取捨に悩みそうな面子で、僕としてはかなりの難関と思っている。


その前に、枠順が発表されたので確認しておこう。



11/19京都 マイルチャンピオンシップ


1-1 コートマスターピース(牡6、L.デットーリ・E.ダンロップ)
1-2 スーパーホーネット (牡3、幸英明・矢作芳人)
2-3 プリサイスマシーン (牡7、松岡正海・萩原清)
2-4 ロジック (牡3、C.ルメール・橋口弘次郎)
3-5 テレグノシス (牡7、蛯名正義・杉浦宏昭)
3-6 カンファーベスト ((牡7、江田照男・佐藤吉勝)
4-7 ダンスインザムード (牝5、武豊・藤沢和雄)
4-8 ハットトリック (牡5、岩田康誠・角居勝彦)
5-9 ステキシンスケクン (牡3、小牧太・森秀行)
5-10 ダイワメジャー (牡5、安藤勝己・上原博之)
6-11 マイネルスケルツィ (牡3、柴田善臣・稲葉隆一)
6-12 ニューベリー (牡8、四位洋文・音無秀孝)
7-13 キネティクス (牡7、池添謙一・新川恵)
7-14 キンシャサノキセキ (牡3、秋山真一郎・堀宣行)
7-15 マルカシェンク (牡3、福永祐一・瀬戸口勉)
8-16 シンボリグラン (牡4、柴山雄一・畠山吉宏)
8-17 アグネスラズベリ (牝5、角田晃一・西浦勝一)
8-18 デアリングハート (牝4、藤田伸二・藤原英昭)


以上の18頭が秋のベストマイラーを懸けて激突するのだが、手に汗握る素晴らしい戦いを期待したい。



さて、話をもどそう。その問題の4頭は


マルカシェンク (菊花賞 7着)

デアリングハート (府中牝馬S 1着)

キンシャサノキセキ (桂川S 1着)

コートマスターピース (クイーンエリザベスⅡS 3着) 


である。順番にみていこう。



キンシャサノキセキ (桂川S 1着)

1600万条件の桂川Sを、上がり3F32.9という究極の切れ味でさ3馬身差の圧勝。前4Fが45.8は1週前に行われたプリサイスマシーンのスワンSと同タイム。レースの上がり3Fは33.6でスワンSより0.9秒も上回った。ここまで切れ味に勝ると、想定される底力勝負で早めに脚を使わされた時に持ち味が消されそうだが、反面言い知れぬ魅力もある。


デアリングハート (府中牝馬S 1着)
平均ペースで先行して直線抜け出し粘るというのが得意のパターン。基本的にはダイワメジャーと同系タイプっぽいが、中盤が締まった時のパフォーマンスについては疑問。同系がダイワメジャーとなると生き残りは厳しいか。


マルカシェンク (菊花賞 7着)

秋初戦の毎日王冠でいきなりの0.2秒差4着。勝ったのがダイワメジャーだけに当然ここでも期待されるだろう。ただ、菊花賞3000mの後のマイル戦というのはやや不安。距離適正から条件好転といえるが、2歳時のスローの上がり勝負だったデイリー杯以来のマイル戦だけに過信は禁物。人気になりそうで、できれば消したいが・・・

コートマスターピース (クイーンエリザベスⅡS 3着)
これはわからん!というのが本音。香港マイルでハットトリックの0.5秒差5着というのがひとつの指針だが、やはり日本の高速馬場への適正には疑問を付けざるを得ない。特に京都コースは、国内でも軽い芝としてより高速馬場適性が問われる舞台で、本来なら真っ先に消したい。ただ、デットーりというだけで無条件に△くらいは献上したくなるのは僕だけですか?



キンシャサノキセキとマルカシェンクとコートマスターピースは、切りたいが切れないというのが今回の結論となった。


これまでの検証からダイワメジャーを中心に、ハットトリック、ダンスインザムード、カンファーベスト、マイネルスケルツィ、キンシャサノキセキ、マルカシェンク、コートマスターピースを相手に詰めに入ろうと思う。


あとは枠も含め最終結論を出したい。




にほんブログ村 競馬ブログへ ブログ村ランキング参加中!

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006-11-16 19:23:33

マイルCS 相手探し

テーマ:事前情報

前回のエントリーで、中心はダイワメジャーに早々と決定。

焦点は相手探しということで、「昨年の好走馬」+「中盤厳しいハイペースでこそ好走できる馬」に絞ることにした。

●「昨年の好走馬」

昨年1着 ハットトリック
この秋、毎日王冠で始動し12着、続く天皇賞・秋は8着と昨年と似たようなステップ。ただ昨年のような勢いは感じられず苦しい感じではあるが、基本は叩き良化型。おそらくこの秋の目標はここで、天皇賞・秋すら叩き台としている過程はそれはそれで計算通りなのだろう。ペリエが乗ってパンパンの良馬場だったという最高の条件だったかもしれないが、今回出走予定馬でこの1年のうちにダイワメジャーを破った唯一の馬。ステキシンスケクンが出る以上、1発の魅力はある。


昨年2着 ダンスインザムード

常にダイワメジャーの後塵を拝してきた馬で「メジャーの後にムードあり」といった様相。牡馬相手となると瞬発力勝負は避けたい口で、好走条件としてダイワメジャーとの相性は抜群といえそう。マイルなら巻き返しも十分有りだが、前走の天皇賞・秋が相当タフなレースで消耗度合いが気になる。



●「中盤厳しいハイペースでこそ好走できる馬」


路線が様々で比較検証が難しい。まずは出走予定馬が多いマイル路線の富士Sから。



’06 富士S


1着 キネティクス 1.32.8 (6-5) 33.8

2着 エアシェイディ 1.32.9 (15-15) 33.3

3着 スズカフェニックス 1.32.9 (17-15) 33.3

4着 ニューベリー 1.33.2 (8-7) 33.9

5着 カンファーベスト 1.33.4 (8-7) 34.2

6着 テレグノシス 1.33.4 (17-15) 33.8

13着 マイネルスケルツィ 1.34.4 (4-7) 35.2

12.-11.0-11.5-11.7-12.1-11.5-11.0-11.6

前3F 34.9

中2F 23.8 

(前半5F 58.7)

上がり3F 34.1


中2Fが緩んだ平均ペースで、基本上がりの競馬。決め手を持つ追い込み2頭に2.3着を独占された。先行して抜け出した勝ち馬が追い込み2頭の急追を凌いだ。


今回おそらく近いと想定する’05マイルCSはどうだったかというと


’05 マイルCS

12.2-10.6-11.4-11.5-11.4-11.5-11.3-12.2

前3F 34.2

中2F 22.9 

(前半5F 57.1)

上がり3F 35.0


こう見ると富士Sは、今回全く性格の違うレースとなりそう。中盤の緩みがあって好走したと思われる馬は今回不要。勝ったキネティクスは’05マイルCSで9着でこの口だろう。4着ニューベリーは、スローを先行して粘るのが好走パターンで今回は不要。6着テレグノシスは中盤緩んで好走するのが勝ちパターンであり、この富士Sで6着というのはもはや終わった感が。


少しだけ好走の余地を感じるのは、カンファーベストとマイネルスケルツィ。この2頭、2走前にステキシンスケクンの京成杯AH2、3着馬。2着カンファーベストは中団から差して時計差なし。この京成杯AHのラップは、前3F 34.3中2F 22.4、上がり3F 35.3というもの。’05マイルCSに構成上近似しており、再度ハマればと希望的に見れなくも無い。マイネルスケルツィは2番手を先行して3着と粘った。逃げる勝ち馬を交わせず、2着馬にも差されたことから大きな期待は持てないが、直線で不利もあったことから若干の見直しは必要かも。



’06 スワンS


1着 プリサイスマシーン 1.20.3 (4-4) 34.1

2着 シンボリグラン 1.20.4 (8-8) 33.7

3着 アグネスラズベリ 1.20.5 (8-8) 33.8

4着 ステキシンスケクン 1.20.5 (1-1) 34.7

12.1-10.9-11.5-11.3-11.0-11.7-11.8
前4F 45.8

上がり3F 34.5


前4Fが45.8のスローを好位勢が上位を独占。逃げたステキシンスケクンは、やはりハイペースで飛ばしてこその馬。1400mのスローでは、後続もそこそこのペースで追走できるためマイルほどのアドバンテージにならないのだろう。スローを速い上がりでまとめた上位馬は、「あと1Fの距離延長」+「ダイワメジャーの底力勝負」での好走要因は示していない。



’06 カシオペアS


1着 スーパーホーネット 1.46.8 (3-3) 33.0

8着 ロジック 1.47.3 (5-5) 33.4

13.2-12.0-11.8-12.3-12.2-11.9-11.0-11.1-11.3

前5F 61.5

上がり3F 33.4


前5Fが61.5のスロー。3角昇りから徐々にペースアップし、下りで一気にスパートそのまま上がりの脚を競う展開。前半溜めれれば切れることを、朝日杯依頼久しぶりに証明したスーパーホーネットではあるが、中盤の厳しい持続力勝負で好走できる裏付けにはならない。53kgから56kgも消し要因。ロジックはルメール騎乗で穴人気になるかもしれないが厳しい。スローをスーパーホーネットよりやや後ろの5番手から進み結局8着と、古馬相手では荷が重い。



その他の馬


マルカシェンク 菊花賞 7着

デアリングハート 府中牝馬S 1着

キンシャサノキセキ 桂川S 1着

コートマスターピース クイーンエリザベスⅡS 3着 



次回はこの「その他の4頭」について考えてみる予定。




にほんブログ村 競馬ブログへ ブログ村ランキング参加中!




いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2006-11-15 21:24:13

マイルCS 展開を考える『歴史は繰り返すか』

テーマ:事前情報

昨年はペリエのハットトリックが見事な差し切りを決めたマイルCS。

今年は、昨年2着と寸でのところでそのハットトリックに勝ちをさらわれたダイワメジャーが人気の中心。

まずはマイルCSの過去データから展開を想定していこう。


マイルCS 過去6年


'05 1着 ハットトリック 1.32.1 (12-12) 33.3 追込

  2着 ダイワメジャー 1.32.1 (2-2) 34.9 先行

  3着 ラインクラフト 1.32.3 (9-8) 34.1 差し
  4着 ダンスインザムード 1.32.3 (5-3) 34.8 先行
  9着 キネティクス 1.32.6 (10-10) 34.1 追込
  12着 テレグノシス 1.32.7 (14-15) 33.6 追込
  17着 ローエングリン 1.34.3 (1-1) 37.2 逃げ
12.2-10.6-11.4-11.5-11.4-11.5-11.3-12.2
前5F 57.1
上がり3F 35.0

'04 1着 デュランダル1.33.0 (13-13) 33.7 追込
  2着 ダンスインザムード 1.33.3 (7-9) 34.4 差し
  3着 テレグノシス 1.33.5 (15-15) 34.0 追込
12.1-11.2-11.6-11.7-11.8-11.7-11.5-11.4
前5F 58.4
上がり3F 34.6

'03 1着 デュランダル1.33.3 (16-15) 33.5 追込
12.4-10.7-11.3-11.6-11.6-11.2-12.1-12.4
前5F 57.6
上がり3F 35.7

'02 1着 トウカイポイント1.32.8 (9-7) 33.5 差し
12.3-10.6-11.3-11.8-11.8-11.6-11.5-11.9
前5F 57.8
上がり3F 35.0

'01 1着 ゼンノエルシド1.33.2 (2-2) 34.2 先行
12.5-11.0-11.9-11.9-11.5-11.6-11.4-11.4
前5F 58.8
上がり3F 34.4

'00 1着 アグネスデジタル1.32.6 (15-15) 34.3 追込
12.1-10.6-11.3-11.3-11.6-11.8-12.2-11.7
前5F 56.9
上がり3F 35.7
※2.3着は追込


ここでまず注目したいのが'05と'00。前5Fが飛び抜けて速い(57.1と56.9)。結果勝ち馬はいずれも追い込みで、'00は3着まですべて追い込みで決まった。そんな中2番手を先行して2着に残った'05ダイワメジャーはやはり強い。

その'05、ハイペースの原因はローエングリンだが、今年はこのようなペースになる可能性はどうなのか・・・いましたいました、あくまで行ききりたい馬が。ステキシンスケクン、君だよね。

快速を飛ばして行ききったレース。

'06 京成杯AH 中山1600m
1着 ステキシンスケクン 1.32.0
12.4-11.1-10.8-11.0-11.4-11.8-11.6-11.9
 前5F 56.7
 上がり3F 35.3

前5Fが56.7の超ハイペースを凌ぎきったのだからこれは速い。逆にスローに落としても、あるいは溜めて味があるとかではないのがこの馬。現時点では、一本調子で行ききるのが最大の武器と言えそう。

となると今回このスピード馬が作り出すペースは、昨年のマイルCSに酷似してくる可能性が高く、ローエングリンとステキシンスケクンが同じ役割を演じることになる。それはそのまま昨年の着順、力関係があてはまる可能性を指しているのではないか。少なくとも、昨年のマイルCSから明らかな成長を遂げ天皇賞・秋を勝ったダイワメジャーにとって絶好の展開となるだろう。この秋の充実ぶりからいってダイワメジャーを負かせる馬は・・・いない気がする。'05マイルCS以降使った6レースで先着された馬は今回いないのだ('06安田記念2着アサクサデンエンが登録しているが回避予定)。

今回中心はダイワメジャーで不動。その展開は昨年の再現。ならば「昨年の好走馬」+「中盤厳しいハイペースでこそ好走できる馬」を選考条件にして相手探しをすればよい、ということでこのエントリーの結論としよう。

次回はその相手探しを考えたい。


にほんブログ村 競馬ブログへ ブログ村ランキング参加中!

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2006-11-13 21:04:53

マイルチャンピオンシップ 狙ってみたいのは・・・

テーマ:事前情報

さあ、今週はマイルCS。


人気はダイワメジャー、ダンスインザムードの天皇賞・秋好走組。


混戦模様が伝えられているが、意外と力関係ははっきりしているかも。


エリ女は絞りすぎてパンドラを落とし失敗したが、ここもやっぱり絞りたい気がする(困ったものです)。


まずは現段階での出否情報を整理しておこう。


マイルチャンピオンシップ 出否予定

◎出走予定または意思有り、●未定または回避予定

外国馬

 ◎コートマスターピース
賞金順

 ◎ダイワメジャー 

 ダンスインザムード

 アドマイヤムーン

 ハットトリック

 メイショウボーラー

 プリサイスマシーン

 ロジック

 カンファーベスト

 デアリングハート

 ステキシンスケクン

 シンボリグラン

 アサクサデンエン

 テレグノシス

 マイネルスケルツィ

 キネティクス

 ニューベリー

 スーパーホーネット
除外対象

 ●ペールギュント

 キンシャサノキセキ

 ◎アグネスラズベリ

 マルカシェンク

 オフィサー

 シャドウスケイプ

 ハリーズコメット

 ロイヤルキャンサー

 アルビレオ

 フォーカルポイント


検証前ではあるが、ここでは基本的にダイワメジャーが抜けていると思う。人気でも中心視かな。ただ、その他でいうと波乱の目は十分あるかなと。ダンスが3着を外すようだと配当も期待できるので、そんな見立てになってしまうかも。狙ってみたいのはハットトリック、コートマスターピース、カンファーベストあたりだがあくまで検証次第。


またゆっくりじっくり検証していこうと思う。



にほんブログ村 競馬ブログへ ブログ村ランキング参加中!


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006-11-12 01:10:07

エリザベス女王杯 新統一女王誕生

テーマ:ブログ

迷いに迷った。


さすがにこのレベルになると、どの馬にも好走の可能性があり、いざ決断となると取捨に苦しむ。


悩んだ末の結論は、新統一女王の誕生だ。



京都11R エリザベス女王杯


 ◎16.カワカミプリンセス

 ○11.ディアデラノビア

 ▲ 1.アサヒライジング

 △ 8.スイープトウショウ

 △13.サンレイジャスパー


◎はカワカミプリンセス。秋華賞ではオークス以来の休養明け、完調手前、4角で他馬と接触など幾多の不利を克服して完勝。時計もレコードに0.1秒足りない好時計で、世代レベルの高さをあらためて証明することとなった。2着3着のアサヒライジング、フサイチパンドラがそれぞれ完璧なレース内容だったこと、オークスの2着3着も両馬だったことから同世代での逆転は考えにくい。

また、デビュー以来逃げ、出遅れての追い込み、スローの中団差し、ハイペースの好位差しとあらゆる展開にも対応してきた能力は未だ底を見せていない。敗れるとすれば、後ろから並ぶ間もなく差される時か。


○はディアデラノビア。オールカマー、府中牝馬Sと連続3着。府中牝馬Sは乗りなれた岩田だったらと思わせる内容で、先行有利の展開を後方からクビ差まで詰め寄り、抜群の切れ味に翳りが無い事を証明。オールカマーは天皇賞・秋2着となったスウィフトカレントに先着、ここも勝ち馬にクビ差だった。重賞勝ちこそフローラSだけだが、エアメサイア、ラインクラフト、シーザリオ、ヤマニンシュクル、ダンスインザムードといったG1ホースと遜色ない戦いを繰り広げ、牡馬のG1馬ダイワメジャーとすら好勝負をした。仕上がり絶好の今回、メルボルンCで世界獲りを達成しこれまでにない勢いで臨む角居厩舎&岩田騎手。カワカミプリンセスを負かすなら、馬体を合わせず一気に差し切れるこの馬。


▲はアサヒライジング。桜花賞4着からオークス3着と距離延長で成績を上げ、今回この距離に全く不安は無い。アメリカンオークス2着後ぶっつけの秋華賞で2着とこの秋の成長も確か。驚きに値するのは、春のクラシック2戦のあと海外遠征、そして秋初戦の秋華賞、こなすだけでも大変な事と思うがこの成績を残した。恐ろしいほどの精神力、そして頑強な肉体がなくては無理な話。後ろに強烈な差し脚を持つ有力馬が多い中、先行して残れるのはこの馬。


△1番手はスイープトウショウ。この印は失礼なのは承知なのだが、今回はどうしても消えない不安がある。昨年と酷似したローテと結果で2連覇の期待も抱かせるし、天皇賞・秋からの臨戦は過去好成績なのも事実。ただ、昨年は秋初戦の毎日王冠から天皇賞・秋そしてエリザベスと460kg台の馬体重でほとんど変化がなく来ていたが、今年は前走で-12kgと変動が大きいことから、中1週のローテが昨年よりも過酷にならないか。明らかに昨年のできには無いとみる。


△2番手はサンレイジャスパー。好位から切れのいい差し脚を繰り出し、前走の府中牝馬Sではディアデラノビアに先着した。今年の充実振りは小倉記念、新潟記念と牡馬相手に好走していることからも明らかで、特に調教状態は2週続けて1番時計を出すなどまさに絶好調。乗り慣れた佐藤哲に戻るのも好材料で、上位に食い込む余地は十分ある。




この5頭で勝負してみようと思う。


馬券はもう少しオッズをみてから決めたい。決まったらまたUPします。



にほんブログ村 競馬ブログへ ブログ村ランキング参加中!

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2006-11-11 17:50:01

土曜の歴史は繰り返す

テーマ:結果回顧
まじめに考えても当たらんのに、手抜きで当たる訳がないということを「ほらやっぱり当たらんでしょ」と毎回実践している。

東京メインなんて、せっかく◎マイネルレーニアがきたのに○アドマイヤヘッドと▲ゴールドアグリがスタートで終わった感が・・・

福島なんてほとんど関係ないもん(拗ねてる風を演出)。


東京11R 京王杯2歳S
 
 ◎10.マイネルレーニア (1着)
 ○12.アドマイヤヘッド (5着)
 ▲ 7.ゴールドアグリ (4着)

結局◎→○▲の馬単2点で撃沈。ゲート出てご臨終。


福島11R 福島記念

 ◎10.ワンモアチャッター (3着)
 ○ 2.スプリングドリュー (12着)
 ▲13.ヴィータローザ (11着)
 △14.メテオバースト (10着)
 △11.セフティーエンペラ (9着)

◎1頭軸の3連複+馬連、計10点でしたが・・・いやぁ貯金ですわ貯金・・・


今日は参加だけのつもりでサラッとしか行ってないので傷は浅いから大丈夫・・・(今かなり涙目になってます)。

「こうなったら明日のエリ女、絞るだけ絞って厚く勝負じゃぁ!」みたいなノリで熱くなって沈むのがオチなので、今晩はゆっくりじっくり考えて「よーし明日おもいっきり勝負じゃぁ~!」ってなったら同じじゃん。

冷静に検証して、冷静に馬券買おうと思います。

予想は後ほどUP予定。


にほんブログ村 競馬ブログへ
ブログ村ランキング参加中!

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。