トークイベント「勝手にサーカス!?」の登壇者のおひとり、石川玄哉さんは、鵠沼海岸(藤沢市)でオーダー家具屋を営んでいらっしゃいます。

その家具屋さん「KIJIN」のコンセプト・・・



今、私たちが創った家具が、

これから先、三世代先=100年後まで人生の時間すべてに、

想いを込めて使い継いで行ける。


そんな幸せな家具とともに生きる暮らしを、

当たり前の暮らしにしていきたい


KIJIN ホームページ http://kijinwood.jp/ より

・・・・・


これって、わたしの大切にしている〈絵本〉への想いとおなじ。


「絵本の100年と未来研究会」を立ち上げたばかりのタイミングで石川さんと知り合えたことが、とてもとても嬉しいです。


『はるにれ』(姉崎一馬/写真 福音館書店)も、優しいおうちにもらわれて幸せです。


※上の写真、そして以下の文章はKIJINさまfacebookページからコピペさせていただきました。

素敵なご紹介をありがとうございます!

・ ・ ・ ・ ・

KIJIN

絵本の専門家、
「東條知美」先生から、

『はるにれ』
という絵本を頂戴しました。

東條先生は、
〈絵本の100年と未来研究会〉
という会を発足され、

100年後でも読める絵本を通して、
「想いと時間」を大切にされて。

KIJINは、
木のオーダーメイド家具屋として、

100年使い継げる家具を通して、
「想いと時間」を大切にしていて。

その想いが重なり、意気投合し、

『KIJINさんに是非!』

ということでいただいたこの絵本は、

北海道の十勝平野に立つ、
ハルニレという木の大木を
春夏秋冬・朝昼晩、いろんな表情を切り取った写真の絵本です。
文章は一切なく、写真だけで物語を想像させてくれる、素晴らしい絵本です。

ちなみに、
このハルニレの木、分類としては

〈ニレ科ニレ属〉

になりますが、

KIJINがお勧めする6種の銘木の一つである、

「ケヤキ http://kijinwood.jp/2016/04/22/26/ 」

は、

〈ニレ科ケヤキ属〉

実は同じ科の木です。

写真で絵本を載せているテーブルは、
KIJINオーダーサロンに置いている、ケヤキの一枚板。

なんともありがたいご縁を感じます。

「はるにれ」の絵本、
江ノ島エリア鵠沼海岸の、
オーダーサロンKIJIN“想”談部屋(http://kijinwood.jp/contact-us/order-salon/)に置いておりますので、

ご興味ある方は是非物語を感じに、お越しくださいませ(^ ^)


・ ・ ・ ・ ・





絵本コーディネーター 東條知美


AD