たった90日で「瞬間的に英語がとび出す」方法

「英語を使えます!」
と自信を持って言えるようになります。
最短であなたの英語力、目標達成をサポートします!

メルマガのご登録はこちらから↓↓↓

ご登録はこちらから



英語コーチングを受けると、最短3か月で身につけたい英語力を獲得できます。

・TOEICのスコアが、450点→600点にアップした!

・外国人のお客様への対応を同僚に手伝ってもらっていた。
→ 一人で自信を持って英語で対応できるようになった。

・英会話スクールに2年通っても会話が一方通行で続かなかった。
→ 自分から英語で質問ができるようになり、会話が続くようになった!

・何となく英語の音は聞き取れるが、内容がよくわからなかった。
→ 映画を英語字幕で見るようになった。



NEW !
テーマ:
● 英語を速く話すことよりも大事なポイントとは?
 

こんにちは。水橋睦子です。
 
英語コーチングで、今、アウトプットのトレーニングまっさい中のクライアントさん。
 

 いつも、「気付き」がすばらしいのですが、そんな彼女のリアルな「気付き」を今回シェアしたいと思います。
 
それは・・・
 
「外国人に対して、いきなり100%満足のいく会話内容は望まないようにしました。」
 
あなたも、英語で話そうとする時、つい100%を目指そうとしていませんか?
 
ここ、まじめで勉強好きな、日本人の方ほど、要注意です(笑)
 
100%を目指すとどうなるか・・・?
 
まず、言いたいことの最初の言葉も、出なくなってしまうんです!
 
どういう状態かというと・・・
 
100%を目指すと、どう言おうか、最初の言葉は何にしようかと、頭の中で、あれこれ考え始めてしまうんです。
 
それも日本語で・・・
 
日本語で考え始めると、英語は出てこなくなります。
 
さらに、そうこうする内に、今度は何を言おうとしていたのか、わからなくなってしまいます(汗)
 
どうですか?
 
このような心当たりはないですか?
 
この状態にならないためには・・・
 
まずは、少しハードルを下げてあげるといいですね。
 
「だいたい伝わればOK」で会話を始めてみるんです。
 
ただし、ここで押さえておきたい大事なことをお伝えしたいと思います。
 
それは、「主語と動詞をはっきりと言う」ことです。
 
実は、これが苦手な方が多いんですよね。
 
なぜなら、日本語では、主語や動詞が省略されることがよくあるからです。
 
英語で話すときは、「主語と動詞」を決める。
 
これさえ押さえれば、英語が出てくるようになるし、相手に伝わりやすくなります^^
 
また、英語は速く話せばいいものではありません。
 
まずは、たどたどしくても、ゆっくりと主語、動詞、と言葉を発しながらつないでいく練習をすると、会話のキャッチボールができるようになります!

「言葉をゆっくりと発しながら、英語のリズムでつないでいく」トレーニングに興味のある方!
 
まずは体験英語コーチングにお申込みください。
 
次回体験英語コーチングの優先予約についてはこちらから↓

「体験英語コーチング」予約はこちら
 


テーマ:
● 私の英語嫌いふたたび!!
 
こんにちは。水橋睦子です。
 
またまた中断してしまいました。
 
私の英語経験について(笑)
 
特に楽しみにしていない、ですって?
 
まあ、そういわずに温かい目でお付き合いいただけるとうれしいです^^

現在の英語コーチに至るまでのエピソードを、ご紹介しているのですが・・・
 
ざっくりわけると、
 
第一次英語嫌い時代

英語がよみがえったきっかけ

英語嫌いふたたび!!(今回はここです)

私の英語の印象が180度変わったできごと

英語コーチとの出会い
 
という流れで、今になります。
 
これを少しずつ小分けにしてご案内しています(笑)

さて、高校を卒業して外国語大学へ進んだ私。
 
入学式で聞いた学長のあいさつがまず、衝撃的だったんです!
 
それは・・・
 
「英会話がしたい人は、英語の専門学校に行ってください。」
 
つまり、大学は「英会話」を習うところではない、ということだったんです。
 
今流行りの、「実学志向」ではまったくなかったのです。
 
 
そして、私はといえば、入学早々から恥ずかしい思いの連続でした。
 
初めてのネイティブの先生の授業で、よりによって一番バッターで当たってしまった私は・・・
 
3分間英語でスピーチする課題をなんと!「3行」と勘違いして、とても恥ずかしい思いをしたり。
 
一番バッターでなかったら、そんな恥もかかずに済んだんですけどね。
 
(そもそも、そういう問題ではなく、私のリスニング力の問題なんですが 汗)
 
またある時には、友人と英文の要約課題を分担して共同してやったはずなのに、私のレポートだけ評価が悪かったり。
 
(見る人が見ればわかる、ということですね 苦笑)
 
さらに、卒業を控えた大学4年のときには、必須科目の前期試験で欠点(48点!)を取ったり。

と、外大に入ったために、私の英語のあらが浮き彫りになったのでした。
 
こんなことがあって、周りの英語のできる人との差を思い知らされた私は、すっかりまた、英語嫌いになってしまいました。
 
こんな風にまた英語嫌いになったにもかかわらず・・・
 
外大を出たばかりにその後も英語は私について回り、花の社会人生活を貿易商社からスタートすることになりました。
 
でも、その社会人生活のおかげで、英語コーチとしての今の私があるんです。
 
英語力がアップしたのは、断然!社会人になってから。
 
次は、いよいよお待ちかねの、「私の英語の印象が180度変わったできごと」について書いていきます。
 
英語は学ぶより、実際に使う!これに限ります。
 
それも少しずつ恥をかきながら・・・(笑)
 
-----
 
英語脳になりたいあなたはこちらから↓↓↓
完全無料メールセミナー
「瞬間的に英語がとび出す!英語脳になる5ステップ」
● 最初の言葉が、英語でスラっと出てくるようになる方法と3つのポイントとは?
 
こんにちは。水橋睦子です。
 
今日もいいお天気ですね♪
 
お天気がいいと、どうしてもお布団を干したり、カーテンなど長いものを洗ったりと、つい家事に精を出してしまいます(汗)
 
お天気のいい日こそ、緑の多いところに出かけていきたいのですが・・・
 
緑の多いところには行けていないのですが、最近、京都に出かけることが多いです。
 

 
先週金曜日も京都、そして今週の金曜日も京都。
 
京都といえば・・・
 
もう年がら年中、外国人観光客だらけです!
 
パン屋さんでも、必ず外国人観光客が列に交じっています。
 
レストランでも、外国人の隣の席に座る確率は、私の最近の経験では本当に50%くらいです!
 
いつでも、英語の会話が聞こえてくるし、一声かけれる状態です。
 
先週も、カフェで外国人の会話がなんとなく聞こえてくる中で、私は英語コーチングのクライアントさんの課題をチェックしていました。
 
なんか格好いいでしょ?(笑)
 
チェックしていたのは、クライアントさんの録音した音読音声です。
 
特に、「英語を声に出して読むとき」に押さえておきたい3つのポイントをチェックしていました。
 
これらのポイントを押さえておけば、日本人が発音する英語から、自然な英語に近づくことができるんですが、
 
その3つのポイントとは・・・
 
「間、波、強弱」です。(順不同です。笑)
 
「間」とは、一息つくところです。
 
一息つくところも、語句や意味の「塊と塊の間」と、だいたいパターンがあります。
 
そして、「波」ですが、これは抑揚、イントネーションのことです。
 
一つ一つの英単語を正しく発音しても、日本語のように全体が単調だと、せっかくの英語が「日本語」のように聞こえてしまいます。
 
そこで、声の調子を上げたり下げたり、起伏のある「波」のイメージで英文を発音します。
 
そして3つ目の「強弱」。
 
これは、「波(抑揚、イントネーション)」とセットのようなもので、英文を声に出して読むときには、強く発音するところと、弱く発音するところがあります。
 
「間、波、強弱」
 
いづれも、音読の練習をしていけば、自然とコツがつかめてくるので、クライアントさんに課題としてよく取り組んでいただいているんです。
 
こういうトレーニングを毎日しながら、英語の筋肉を耳と口で鍛えています。
 
そうするといつの間にか・・・
 
あんなに口から出てこなかった最初の言葉も、英語でスラっと出てくるようになるんですよ^^
 
-----
 
メルマガ(無料でご紹介中!)
英語初級者が「言いたいことを英語で話せるようになる方法」

ご登録はこちらから

 

テーマ:

● おもしろかった英語の授業が突然、the end!

 

こんにちは。水橋睦子です。

 

私の英語経験についてつらつら書いてきましたが、昨日、一昨日と中休みさせていただいていました。

 

なんとなく、他の記事が書きたいなーと思い、衝動にかられるまま書きたい記事を書きました(笑)

 

今日はまた、私の英語経験について、記憶をたどりながら書きたいと思います。

 

記憶はすぐによみがえってくるんですが、それを記事にまとめるのが結構難しかったりします。

 

さて、私の英語経験・・・

 

高校生の時に、ある屈辱経験があって、第一次英語嫌いになったものの・・・

 

王子様ならぬ、腕時計マニアの少しダンディな先生が現れたおかげで、私の英語がよみがえってきた、ところまで書きました。

 

 

元英語嫌いの私が、なぜ今英語コーチをしているのか? (その1)

 

私の第一次英語嫌いはこうして起こった! (その2)

 

屈辱経験を経て、私の英語がよみがえってきたワケとは? (その3)

 

今回はその続きです。

 

実はその救世主となった、私のお気に入りの少しダンディな先生が・・・

 

なんと!わずか3か月ほどで突然教師をやめてしまったんです!!

 

(ショック!)

 

先生が教師を辞めた理由はわからないまま・・・

 

そして、なんとその後任として、私の英語嫌いの原因ともなった、あの文法の先生がまた、担当になったんです!!

 
(ショック!!)
 
また担当となった、文法の先生が言うには・・・
 
あのダンディな先生は、元々講師で、契約終了ではなく、本当に突然教師をやめた!ということでした。
 
推測するに、高校の英語教師、それも文法担当という仕事がおもしろくなくなったんでしょうね。
 
とても残念だったんですが、わかるような気もしました。
 
なんとなく、教師らしくなかったんで(笑)
 
でも、授業はおもしろかったんですよね~!
 
でもご本人がおもしろくないのでは、仕方がないですよね。
 
おそらく、教師とは別の、何か新しい道に進もうとされたんだと思います。
 
「何か新しい道」
 
私も丁度この時期、次に進むべき道を選択する時期にきていました。
 
次回は、いよいよ高校のお話しは卒業して(笑)、大学時代の英語の経験について書いていきます。
 
入学式からびっくりだったんですよ^^
 
-----
 
英語脳になりたいあなたはこちらから↓↓↓
 
完全無料メールセミナー
「瞬間的に英語がとび出す!英語脳になる5ステップ」
 

テーマ:
● 突然、海外の人と交流する機会が訪れたクライアントさんの例とは?
 
こんにちは。水橋睦子です。
 
あなたは、インスタグラムをしていますか?
 
 
インスタグラムとは・・・
 
写真と簡単なコメントを投稿するだけで手軽にできるSNSです。
 
同じ趣味の仲間や友人と、写真や動画をベースに手軽にコミュニケーションがとれたり
 
投稿した写真で、経営するお店の口コミ人気が広がった人もいます!
 
以前参加した朝会で聞いたところによると、
 
10~20代はインスタグラム。
30代以上がフェイスブックを利用。
 
と、その利用者層が分かれているとのこと。

私は、年齢層からするとフェイスブックなんですが(笑)、フェイスブックも苦手ですね~。
 
そもそも、写真を撮ったりする習慣があまりないんですよね。
 
面倒というか・・・(汗)
 
そんな中、英語コーチングのクライアントさんから、こんなご相談がありました。
 
英文メッセージがインスタグラムで私宛に届きました。
 
私なり訳した文を読んでもらって、間違ってる箇所を直してもらえますか?
 
で、もし良ければ返信する文章の指導もしてもらえたらと思います。」
 
中略

こんな風にSNSなどでも、海外の人と交流するのが夢でした。
 
だから、今とても嬉しいです。さらに頑張っていこうと思います!」
 
このクライアントさん、
 
「言いたいことを、簡単な英語で言えるようになりたい。」
 
と、英語コーチングを継続中なのですが、こんなところからも海外の人との交流が新たに始まっています。
 
実際に、英文も添削してみると、結構表現できているんです!
 
言いたいこと、伝えたいことがあると、英語は出てくるもんです。
 
そしてもちろん、これまでの「簡単な英語で言うトレーニング」が、英作にも役立っています^^
 
今、英文を書くのが苦手なあなたも、インスタグラムで写真の力を借りながら、少しの英文コメントを加えることで、簡単に世界とつながれそうです♪
 
-----
 
メルマガ(無料でご紹介中!)
英語初級者が「言いたいことを英語で話せるようになる方法」

ご登録はこちらから