銀座の男性セラピストのブログ

健康オタクでアンチエイジングを趣味とするセラピストが、「リンパ療法」と「スウェディッシュマッサージ」に関連した思いを熱く語ります。たまに全く関係ない雑談も織り交ぜながら・・・

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:

足にトラブル(場合によってはコンプレックス)を抱えている方は本当に多いです。


足に以下のようなトラブルを感じている皆様・・・


「むくみ」

「太い」

「硬い」

「足首・クルブシや膝の存在がハッキリしない」

「ブヨブヨ(脂肪の塊)している」

疲労感・コリ・痛みがある

メリハリがない



実際、ほぼ全てのお客様のご来店目的に挙げられるのが、

なんらかの「足」トラブル。


併せて共通するのが、

長年抱えていて半ば諦めている感がある、

色々試してきたけどこんな感じだし・・・

少しでも改善したら・・・とあまり期待してなさげ、


消極的なご申告が多いのが特長です。


共通するのは、

トラブルを抱えている箇所だけを集中的にいじってきたということ。

(身体のトラブルは、その自覚症状のある箇所だけをいじっても一時しのぎにすぎません。)



抜本的改善は、リンパの流れや血流の身体全体の流れをよくすることが必須です。

一時的には、時間も費用もかかりますが、長期的にみると効率的です。


足のトラブルであっても、全身の流れを良くしながら、

個々人の足の状況に合わせた手技を取り入れることで

改善が図られます。


足の症状は個々人により特に違いが出る箇所です。


でも、どんな症状においても、


基本は、自然な柔らかさにすることから。


オールハンドの独自の力強い揉み解し手技で柔らかくします。


症状により個人差はありますが、

(特にトラブルを抱えてきた期間による差は顕著にでます)


「自然な柔らかさ」が定着するまで、


集中的に1週間~2週間毎を5回程度、


そのあとは自身が気になるタイミング3週間~2か月に1回程度で


維持・更なる改善を図ります。


その後は、セルフケアーで維持できてきます。


足のトラブル、日々お辛いですよね!


足の辛さからの開放は


生活の「楽さ」が全然違います。


また、健康な「足」になることにより、


結果、「美脚」になります。


※モデルケース


【足のトラブルでご予約・ご来店】


【カウンセリング】

詳細をお伺いし、症状を正確に把握させていただきます。

また、ご意向を遠慮なく全てお話しください。


【施術方針相互確認】

全身の流れ改善をした上で、足トラブル解消のための施術に重点をおいて施術


【足の温め強化】

フットバス(温度・時間調整)

ホットパットで、足首・ふくらはぎ・モモの温めを追加


【足を重点に全身施術】

都度、確認しながら効果的手順且つ適切な力加減で施術いたします。

足を自然な柔らかさにするため、丁寧に揉み解します。


【カウンセリング】

施術結果の確認、、今後の施術方針ご提案(アドバイス)

⇒ご予約の強要は一切いたしません。ご安心ください。


個人差はありますが、初期集中施術(1週間~2週間毎に3~6回程度)が効果的です。

初期(3か月以内)集中施術を受けやすくした、回数券(特別料金)をご用意しております。



足のトラブルを解消し、

「美脚」へ、そして「楽な」生活を手に入れましょう!



BODY PLUS TOKYO

(http://plustokyo.jp)


ご質問・ご予約専用メールアドレス
body@plustokyo.jp
































テーマ:

2か月程前から痩身目的でご来店いただいている、


和菓子屋の女将さんからいただいた、


秋の味覚、


画像を保存したままになっていたので、


少し遅れてのUPです!




お菓子に使用するもぎたてリンゴ、

お庭で取れた銀杏、

そして、山芋をアレンジしたお菓子

山芋がこんなことになるなんて・・・ヾ(@°▽°@)ノ

美味でした~


こんな美味しいものに囲まれたお仕事、

相当注意しないと、

ボディバランス崩してしまいますね(^▽^;)


女将さんは、月に2~3回の施術で、

脂肪分解時に伴う痛みも大分解消され、

身体全体が自然な柔らかさになってきて、

リンパの流れにのせて、

脂肪が順調に流れ、

自他ともに認知できるほど、

スッキリ感がでてきました。


何よりも、足の脂肪・むくみがとれ、綺麗なラインに!

くるぶし、足首がくっきり。歩行が楽になったと・・・^^

先日は初めてスカートでお越しになり、足を出せる喜びをはなされていました。


食べ物、お酒をお仕事にされている方、

銀座という場所柄もあり、

多くお越しいただいています。


当サロンの、

リンパ健康痩身は、

個々人の脂肪の付き方・硬さ・体質・プロポーションに合わせ、

オールハンドで、

個々の箇所状況に合わせた「手技・力」で、

身体全体をくまなく揉みほぐすことにより、

リンパの流れを改善し、

全身の肉質を本来の柔らかさにします。


その上で、


◇「定期的な施術」

(個人差はありますが3か月間は月2~4回、状況をみながら徐々にインターバルを長くし、半年目位から1~2か月に1回メンテナンスしていき、健康に楽に生活していける身体にしていきます。それによりボディラインも整い、維持されます。)

◇「水1.5L~2L摂取/1日」

◇「腹8分」

(年齢、体質にあった適量を各人が認識することが重要!)

◇間食は控える

(小腹がすいた時は脂肪燃焼のチャンス!直ぐに食べ物を口にしない!)

◇「早歩きでの散歩」

(走るのは関節を痛めるので慎重に!まずは早く歩く意識で十分、結果、長続きし効果がでます。)



食事は、まず「量」!

世間の情報に振り回されずに、

好きなものを我慢せずに

「バランスよく腹7~8分」がまずは基本。


陥りやすいのが「炭水化物外し」をしてるからと、

他のものを腹一杯、好きなだけ食べる・・・・

太ります。


肥満改善は、

まずは食べ過ぎを「腹7~8分」にすることから、

細かい中身の選択は次の段階!上級編です(笑)


そこで重要なのは

「腹7~8分」の解釈、

これは個々人で違います。

(年齢、体格、体質によって違いが出ます。)


当サロンでは、

負担やストレスをできるだけ感じずに、

長続きする、

リバウンドしない、

まずは「健康体」を目指し、

予防医学指導士のTAGAYAが、

個々人にあわせた施術内容とともに、

日常生活上のアドバイス含め、

カスタマイズさせていただきます。


お悩みを抱えていらっしゃる多くの方へ、

親身に寄り添い、

微力ながらお力になれればと思っております。











テーマ:

2カ月程、ブログ更新できませんでした・・・


実家の両親に異変があり、その対応に追われていました。


母は10年ほど前から持病による歩行困難、

でも、杖を使いゆっくりであれば自分のことはすべてできます。


1年程前に、元気だった父が転倒し足にマヒが・・・

夏ごろには、自力で起き上がれないまでに・・・


子供は3人いて、

私は3番目、お気楽なつもりでしたが、

兄は海外勤務、

姉は嫁ぎ先の親の介護、更に未だ中学生の子供が・・・


実家は鹿児島・・・


老夫婦2人暮らし


私は、子供も大学生・・・

ここ2か月、仕事の合間を縫って鹿児島を行ったり来たり・・・


父の面倒は、

母が頑張り、

ご近所さんにお手伝いをいただき、

時には消防隊員の力も借りて

何とか暮らしていたようです。


家の中も散らかり


あんなに立派だった父も・・・ただの老人


この先、どうなるのだろう・・・

誰も答えを持ち合わせていない、

老人介護の世界・・・


今後、どんどん増加していく高齢者、

寿命が世界上位に位置することを自慢している日本・・・

「健康寿命」に目を向けて現実を直視すべきですね!


現在、父は完全介護の施設に入居・・・

母は自宅に1人・・・

子供はいるがこのタイミングで同居は非現実的・・・

何とも寂しい余生・・・


今回、このような状況に直面し、

改めて「健康」について考えさせられました。


私の取り組んでいる「予防医学」に基づいたケアーの重要性も再認識しました。


現在、私のサロンでは、シルバー層(65歳以上)には割引制度を設け、

元気なうちに、または重症になる前に、

ケアーを受けていただくことを推進しています。


今後、更にシルバー層への対応に重きを置き、

社会貢献していきたいと考えています。


ここ2カ月あまり、ご予約が取りにくい状況が発生したこと

またお時間の変更等が発生したこと、

深くお詫び申し上げます。

併せてご協力に感謝いたします。



お客様の中にも、「介護」問題を抱えていらっしゃる方が

想像以上に多数いらっしゃいること、最近わかりました。


今後、メンタルケアーに際し、

介護問題に関しても積極的に関与させていただき、

皆様のお話に耳を傾けたいと思います。


元気に長生き!

私たちの究極の願いですネ!




テーマ:

一昨日、長野から新幹線で通われているお客様から地元産もぎたての「シャインマスカット」をいただきました。


皮ごといただける品種で、誠にみずみずしく、美味しくいただきました。


果物って、美味しいだけではなく、食卓にあると見た目も的にもテンション上がりますよね!



最近、アンチエイジングや肥満解消のためには

「果物を食べるとよい!」論と

「果物は食べてはいけない!」論が


あるようで、またまた混乱されている方も多いのではないでしょうか?



果物には果物の良いところがあります。


それを、「食べてはいけない、食べるべき」と極論で結論付けようとすること自体に無理があります。


いろんなケース・状況があるわけなので、個々人に合わせた見解が必要です。


例えば、先ほどご紹介しました頂き物の「シャインマスカット」・・・我が家では、夕食後に家族3人でいただきました。


が、これは、もともとメニューにあったものではなく、プラスされたもの。


ということは、これがなくても夕食は終了していたわけで、予定量より明らかにオーバー摂取となりました。


人間、まずは「腹八分」が基本、無理に食べたり、別腹と称して過剰摂取することが肥満につながります!!!




アンチエイジングや肥満解消のためには


「果物を食べると良い!」と聞いた方が、

今までの食生活に「りんご・キュイ・バナナ・・・」を追加し、

「なかなか痩せない」と・・・・

そう、逆に太ってしましますよね!


「果物は食べてはいけない!」と聞いた方が、

今までバランスを考えて取り入れていた果物をカットしご飯を増量・・・

これも変ですよね!


要は、何においても大切なのは「バランス」


本人が一番ストレスを感じないこと(本人の嗜好)も加味し、選択できる食材をバランスよく摂取すること!


「果物はダメ!」「果物を主食に!」ということを前提に考えることで不要なストレスを発生させる必要はありませんね。


ただ、それぞれの食材の特性を理解し、選択する際にどれでもよければ、その中で一番自分の目的にあった物を選ぶということは大切です。


でも、まずは、中身にこだわるのではなく、「適量」にすることが重要です。


アンチエイジング、肥満解消の基本は「腹八分」


それと、小腹がすいた時に間食しないこと(小腹がすいた状態は必要です。30分ほど我慢すると乗り切れますよ!)


まずは、細かいことは気にせず、簡単に軽い気持ちで「食べ過ぎない」、「小腹がすいたら脂肪分解中と認識し間食しない」から、はじめましょう!!!



テーマ:

ここのところ、時間外にもご予約が入り、ブログ更新・・・やっとできました。


先日の3連休、13日に、常連のお客様3名(40代OL、50代専業主婦、50代会社役員)と、当サロンオーナー私「TAGAYA」、当サロンのアドバイザー「NIIYAMA医師」とで、座談会を開催しました。


健康・美容に関し、日頃の想い・個々人の悩み・疑問、また、年齢的なものもあり、家族の健康のこと介護のこと、等々、多岐にわたり、熱く盛り上がりました。

さすが、私のサロンに足繁く通っていただいているお客様、「美意識」の高さはハンパないです。


約3時間、そろそろお開きの時間かと・・・


今回は、たまたま同世代のメンバーだっため、異様な盛り上がりをみせ、食事に行くことに。


通常、施術後は代謝が良くなり「吸収」もよくなっているので、「酒は厳禁、食事はあっさりと、」とお願いしていますが、本日は施術なしなのでOK!

ただし、40代後半からは、「食べ放題」的な食事はNG!常に腹8分目で。

〆のご飯物・麺類はカット!

身体の流れのケアーがなされている方は、これで、気にせずに好きなものを食べれます。


近くの、シンガポール料理(シーフード)へ。

「シーフード=ヘルシー」なイメージがありますが、とんでもありません!やはり腹8分目で!


お客様曰く、「このサロンで、流れを改善してボディラインを整えて以来、少々暴飲暴食をしても若いころのように元に戻るので、ほんと人生楽しい~」とのこと。


有難いお言葉です。が、結構、皆さん、飲んで食べてます・・・(^^:)


デザートを食べ、そろそろ・・・


えっ!!!当然のように2次会の場所決めに・・・(笑)

アドバイザーの医師も(少し)唖然!(笑)


このメンバーだから・・・「昭和のディスコ」を彷彿させるケントスへ。


皆、飲んで踊って楽しそうでした・・・


お客様曰く、「このサロンで綺麗になってから、人前にでたり、このような場で踊ったりすることへの抵抗がなくなった・・・逆に出たがりになった」とのこと。


これまた、有難いお言葉です。(泣)


そろそろ、最終電車の時間ですが・・・


更に盛り上がりを見せて、皆、まったく気にしてない様子・・・



このような息抜き(楽しい場)は、健康・美容にはプラス!


散々、踊って、そろそろお開きかと・・・


小腹がすいたとのこと・・・なぜかTAXIで築地へ・・・真夜中に寿司食べました・・・


最後、大人のBARで少ししんみりと・・・

飲み過ぎなので、皆に「水」を勧め排出を促しながら(笑)


明日からも頑張ろう!楽しもう!で解散!


3時まわってました・・・(汗)


最後に注意事項として以下を伝えました・・・

寿司を食べてからまだ1時間半、あと1時間半は寝ないように(笑)

皆:「わかってま~す」といって帰っていきました。



私のサロンに来られrている方は、

身体の流れを改善した上で、少々の暴飲暴食をしても以下の3点を実践され、綺麗で楽しい人生を送られている方が多いです。


注意①常に腹八分(余計な物は取らない。お腹がすいていないのに無理に3食食べない。50代以上は1日2食で十分、食べ過ぎたら次の食事を軽めに又は抜く、重い食事が予定されている場合、その戦後の食事を軽めに又は抜く)


注意②最後に食べ物を口にしてから3時間は寝ない(横にならない)、出来る限りインターバルをとること。


注意③水を1日1.5L~2.0L摂取する。お酒が過ぎたときは増量する。お酒の途中(30分~60分おきぐらいで)コップ1杯の水をガッと飲むと効果あり=トイレ頻度増


※水1.5L~2.0Lは「身体の流れがよい」という状態での摂取量です。身体の流れが滞った状態で水の多量摂取は水毒症等を起こす危険性があります。健康。美容のために、がむしゃらに水を飲めばよいということではありませんのでご注意を!



私自身も、この3点で、好きに食べて飲んで、アンチエイジング実践しています!


多くの方々がもっと幸せを感じていただけるよう、「明日からまた頑張ろう!」と強く思った1日でした。









テーマ:

私は、世田谷・新宿での開業を経て、現在、ここ銀座サロンのオーナーに至っています。


移転の度に、折角お越しいただいていたお客様も通うのが不便になり、それっきりになってしまわれた方もいらっしゃいます。


本日、以前のお客様、1年ぶりにご来店いただきました。


そのお客様は、いろいろなダイエットを経験し失敗を重ねたところで、知り合いの紹介で私のところにこられ、半年ぐらいで無理なく約-10Kgを達成された40後半、女性の方です。


丁度目標のボディラインになったのと、サロン移転が重なり、ついそのままになってしまった・・・と。


しかし、リンパの流れがよくなり、体重・ボディラインも改善され、身体も「肥満体」の記憶を削除できたタイミングでしたので、この1年間は大きなリバウンド等もなく、私のお願いしていた3項目「水を1.5~2.0L飲む」「1日2食(腹八分)⇒多く摂取したときは1日~2日内の合計摂取量で帳尻を合わせる」「最後に食べ物を口にしてから最低1.5時間、理想3時間は横にならない(寝ない)」を、7割方守った生活で維持できていたとのこと。


とは言え、私タガヤの施術を再度受けたい!とずっーと思っていたとのこと。


巷には、多くのサロンがあるにもかかわらず、数々の失敗経験がトラウマになってるのか、私にとっては本当に有りがたいお話です。


「継続は力なり」を実践されている方ではありますが、1年間の放置は年齢的なものもあり、流れはそれなりに滞り気味。

でも、改善がしっかり図られた上での1年間のブランクでしたので、90分の施術ですっきりされました。


健康維持向上を図りハツラツとした人生を送るため、1~2カ月に1回のご来店をお勧めしました。


お客様曰く「タガヤ先生に巡り合えて本当によかったとツクヅク思う今日この頃・・・・」と。

この仕事を選択したことへの幸せを感じると共に、「巡り合えて本当によかったと思うのは私の方です」と私からお客様へ。


こうやって、人と人が出会うと、それぞれが良い影響や感動を与え、幸せになっていくのだなぁ~と、話的にはありきたりなものでしょうが、再認識した1日でした。


これからも、もっと感動的な出会いが続きますように・・・


まずは、直近の課題である、一緒にサロン展開、事業運営をやってくれるセラピスト(希望者可)との出会いも含め・・・(^^)




テーマ:

当サロンへ痩身メニューでお越しいただいている方、全員に共通しているのが「食べ過ぎ」叫び


人間、年相応に代謝エネルギーは低下しているのに、それに対し「摂取する食べ物が多すぎる」=「太る」という単純な原理。


分かりやし事例として、高校生の食べ盛りの息子と同等の食生活を送っている40代専業主婦・・・そりゃ太りますね!(場合によっては、息子の食べ残しももったいないので食べてしまい、結果、息子より多く摂取(笑))

生活状況にもよりますが、一般的な定食レベルを前提に考えると、40歳超えれば1日2食で十分!

まずは、朝食を抜いてみてください!大盛りやおかわりは厳禁!常に腹八分以下。


食べたくもないのに、時間が来たから「食べなきゃ!」という固定概念をお持ちの方!注意です!


40代超えての空腹は、それを乗り越えることで体調を整えるという作用があり悪くありません。

ましてや、体重オーバー気味の方は、空腹に耐えることも重要です。

一番危険なのは、空腹を察知するやいなや「甘いもの」を口にすること。

肥満の方のほとんどこれ。併せて意味のない間食。

30分我慢してください!空腹感を忘れます。乗り越える癖をつけてください。

そのうち、慣れます。


このように書くと、過酷な食事制限!と思われるかもしれませんが、違います。

メリハリをつけた食事を、私は提唱しています。


例えば、今晩は焼肉パーティーという日は、昼は軽めに「かけ蕎麦」程度にし、焼肉を腹いっぱい食べたら(食べ過ぎたら)最後に口にした時間から、理想3時間以上あけてから寝る。(最低2時間)


これは、食べたいものを確実に摂取できる食生活を実現できるものです。


例「今晩は大好きな焼肉パーティー」

対策1)焼肉をたらふく食べるために「お昼は軽めに」

対策2)腹八分以上の焼肉を摂取をしたら、最低2時間~理想3時間インターバルを取ってから横になる(寝る)。※横になってTVを見るとかもダメ! (腹八分以下でも寝るまでに2時間以上のインターバルをとることをお勧めします。)

対策3)翌日の朝食(朝食抜きの方は昼食)を抜く。


これを、実行すればたらふく食べてよい!と考えたら、なんか幸せですよね!


ただ、既に「体重オーバーの方」=「代謝改善が必要な方」は、まずはその改善を行うことが健康体を維持し、豊かな食生活を送れる秘訣。


今一度、自身の代謝(リンパの流れ)チェツクしてみたらいかがでしょうか?


世間では「食事は3食取るべき」との定説もありますが、それは極論であり万人にはあてはまらないということ、是非ご理解 いただければと思います。










テーマ:

世間の情報には「極論」が多く、また次ぎから次へブームを呼ぶような理論が展開され、皆さんも混乱したことがあるのではないでしょうか?


「水」論議もその一つ。


ある専門家は、「1日1.5L~2.5Lを取らなくてはならない」、

片や「水の取りすぎは水毒症になる等のリスクがあるのでよくない」、

どちらも間違いではないので、どちらが正しいかを論じること自体無意味だと思います。

私のサロンでは、もちろん水の摂取を推進していますが、ただ闇雲に飲めばよいとはしていません。。

まず、お客様のお身体の状態により軟水~硬水の段階別の水をご用意して、飲む量含めたアドバイスを行います。

全身の流れが滞っているうちは水分の取りすぎはNG、流れをよくしていきながら徐々に増やしていき、最終的に1.5~2.5L/(日)に持っていきます。

その量の差は、食事、生活習慣、お酒の量、体格(体重)等々により異なります。

全身のリンパ等の流れがスムーズで、身体に必要な充分な水が摂取できていると、気持ちよいスッキリした排尿感があります。

尿で、老廃物や毒素がスムーズに排出され、身体もスッキリ軽くなり調子がよくなります。

お酒と共に、お酒と同等以上の水を摂取すると二日酔いが軽減されます。内臓にもよいです。

また、人間十人十色、皆が同じことをやって全員に同じような効果が出るはずはありません。


水の摂取という簡単なことにおいても、個々人毎にあった方法・タイミングで身体の状態に見合った適量を摂取することが大変重要です。

他の人がやって効果が出たこと同じことをやっても、自分には害になることもありますので充分注意しましょう。

繰り返しになりますが、「水の効果を得る」ためには、摂取量よりもまずは「全身の流れ」が滞っていないかということが重要です。

水を飲んでもむくむ方、飲んだ水に見合った排尿がない方、変な汗をかく方等、リンパの流れは大丈夫ですか?

内面的な改善により外見的にも若々しく、きっと精神年齢も若返りますよ💃


テーマ:

先月から毎週欠かさずお越しいただいていたお客様、先週今週連絡なく心配していたところ、今日連絡がありました😄

夏風邪ひいて治らないとのこと・・・・😣


夏風邪は厄介です!!!

皆さんもきをつけてくださいね😉



今日のランチ、久しぶりに銀座中央通りに行きました。

店内には多くの中国の方々が・・・店員さんも身振り手振りで一生懸命😌

何とか食事を終えて通りに出ると、バスが3台、中国人の方々のツアーバスでした。


これからの銀座を支えていくのは中国人~♬と感じたランチタイムでした。


中国語の勉強もしようかな~😃







テーマ:

最近、海外生活経験のある方々に、そのご紹介の輪で、多数お越しいただくようになりました。

本日お一人目のお客様もロンドン在住10年弱の経験をお持ちのご婦人で、1年ほど前から通われているご主人から勧められ健康増進・維持のために来店されました。


欧米に行かれたことのある皆様はご存知の方も多いと思いますが、欧米において「セラピスト」は普通に男性の職業で、一流ホテルのスパでは男性比率の方が高いところもあります。

最近、日本でも、あえて男性セラピストを探され、指名される方も増えてきました。

もちろん施術内容にもよると思いますが、私がご提供させていただいている「リンパ療法(リンパマッサージ)」と「スウェディッシュマッサージ」は、男性の特性が優位に働く施術と判断しご提供させていただいております。


東京オリンピック開催予定も拍車をかけ、外国人観光客の誘致も国として本腰を入れてきています。

それがどのように自分達に関係してくるのか、それぞれに置かれた立場であれこれ考え、ビジネスチャンス到来とワクワクされている方も多いのではないでしょうか?


このリラクゼーション業においても、外国人が好んで、そして安心して受けられる環境整備が急がれています。


まずは、「男性セラピスト」の養成が急務です。


私も遅れを取らぬよう、自身の技術を伝授し、一緒にサロン展開(会社運営)できる人材を探し始めているところです。

が、私が急いで進めたい一番の理由は、私の施術の原点である「私が受けたい施術」にあり、数々の資格取得の上で築き上げた独自の手技を、私に提供してくれるセラピストの出現を強く待ち望んでいます。(笑)





Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。