架空の外注費を払ったように装い、消費税など約1億2千万円を脱税したとして、ビル管理会社「世起」(東京都杉並区)と木内俊二前社長(68)が東京国税局から消費税法違反と法人税法違反の罪で東京地検に告発されたことが12日、分かった。同社はすでに修正申告したとみられる。

 関係者によると、同社は実際は自社の従業員を直接発注元に派遣しているのに、実体のない関係会社に外注費を支払ったように装い、平成20年までの3年間で、消費税約7千万円と法人税約5千万円を脱税した疑いが持たれている。

 同社は「前社長が外出しており、詳細は分からない」としている。

【関連記事】
開業医の養女、遺産隠し2億円脱税 名古屋
眞鍋かをり、脱税疑惑!弁護士を通じ反論
税理士が3500万円脱税 東京国税局が告発
首相、脱税の次は過少申告!? 公邸改修費に偽装公表疑惑
六本木地上げ、2億脱税容疑 東京国税局

福祉用具の利用者の声を収集―テクノエイド協がサイト開設(医療介護CBニュース)
沖縄返還「密約」文書、東京地裁が開示命じる(読売新聞)
福知山線事故 JR西 脱線防止策進ちょく状況など報告(毎日新聞)
死亡女児に健診受けさせず=虐待発覚恐れ? 姉妹3人は受診-全身にあざ・大阪府警(時事通信)
<女性遺体>ふ頭で頭部発見 諸賀さんの可能性 福岡(毎日新聞)
AD