兵庫県の井戸敏三知事は7日、近隣11府県で連携して「近畿ブロック等口蹄疫対策協議会(仮称)」を立ち上げ、防疫体制などを構築していくと発表した。6月末から7月上旬までに体制の確立を目指す。

 協議会には近畿2府4県と、福井、三重、鳥取、徳島、岡山の計11府県が参加。10日に神戸市内で設立総会を行い、早期通報体制の確立や、情報共有などについて協議を進める。

 兵庫県は鳥インフルエンザの発生時にも近隣県との連携を進めたが、さらに広域での協力体制構築は初めてという。

【関連記事】
口蹄疫 大分も種牛候補を分散、9日に国東へ移動
口蹄疫 広島県の牛は検査結果“シロ”
口蹄疫 共同埋却へ接種牛の移動開始 補償費400億円超
口蹄疫 横浜が募金活動で義援金
熊本の競り、来月再開へ 宮崎・えびの市の終息を受け
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

たちあがれ、公認1人取り消し(産経新聞)
<南アW杯>意外な因縁 スイス合宿地と山形・大蔵(毎日新聞)
<APEC>閉幕 保護主義の抑止に向け閣僚声明も(毎日新聞)
<窃盗未遂容疑>非番の警察官宅に侵入…取り押さえられる(毎日新聞)
謝礼金少なく発覚 事故の身代わり仕立てた男ら送検(産経新聞)
AD